悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

「テレワークで糖尿病」を防げ! 血糖値を下げる5分間エクササイズ

新型コロナウイルス感染症の拡大を受け、会社に行かずにテレワークをする人が増えている。となると気になるのは、運動不足だ。フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは、「最も気をつけたいのは、体を動かさないことによる糖尿病リスクの上昇」だという。そこで、自宅でできる血糖値を下げるためのエクササイズを教えてもらおう。

座り仕事はご用心 その肩こりは「頸肩腕症候群」かも

デスクワークの人は用心した方がよさそうだ。首筋や肩のひどいコリは「頸肩腕(けいけんわん)症候群」の可能性がある。パソコンに向かって長時間、同じ姿勢で作業する人に表れやすい症状だ。ただのコリと違い、仕事から離れても解消しない。悪化すると、腕や指先の痛みやしびれが慢性化することもある。気になる人には整形外科の受診を勧めたい。