新型コロナ発症前の患者からクラスター発生

新型コロナウイルスに感染した人が、症状が出る前に周囲に感染を広げ、クラスター(感染者の集団)を発生させていることが、シンガポールにおける追跡調査で明らかになり、米疾病予防管理センター(CDC)のレポートとして報告されました。

ウイルス、ダニ、カビを撃退! リビング・寝室のホコリが餌に

今、感染症対策の一環として「そうじ」に注目が集まっている。家庭内でも感染予防のためには、効果的な掃除が必要になる。「ダニやカビ、細菌、ウイルスなどを取り除けていないと、インフルエンザやアレルギー悪化の一因になることも」と語るのは、亀田総合病院で実践してきたそうじ術を教える松本忠男さん。部屋別の健康を守るそうじ術を聞きました。

副鼻腔炎に効く漢方

副鼻腔炎は、鼻腔の周辺にある「副鼻腔」に炎症が起きる病気で、日本人がかかるケースが多い鼻の病気の1つです。鼻づまり、鼻水、頭痛や顔面痛など、さまざまな症状が生じます。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「かぜなどで引き起こされる急性副鼻腔炎なら、抗菌薬を服用するうちに治癒することが多いのですが、長期化して慢性化した場合は、漢方薬による体質改善治療が効果を発揮します」と話します。

社員のがん検診率向上 カギは会社からの手紙の送り先

自身もがんになったライター、福島恵美が、がんになっても希望を持って働き続けられるヒントを探るシリーズ。前編「社員のがん、制度なくても支援 相談しやすい環境づくりから」では日立システムズのがんと就労の両立支援体制について紹介した。後編では同社のがんの予防や早期発見のための取り組みについて聞いた。