なぜ腰痛で病院に行っても「様子を見ましょう」と言われることが多い?

カラダについてのお悩み、ありませんか? 体調がいまいちよくない、運動で病気を予防したい、スポーツのパフォーマンスを上げたい…。そんなお悩みを、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんが解決します! 今回は、腰が痛いのを治してほしくて整形外科に行ったのに、「様子を見ましょう」と言われて湿布を渡されたという方のお悩みです。

まさか自分? うつの私、リワークプログラムに出合う

編集者・ライターのふくいさんは、会社員時代にうつで休職し、その後復職して「うつ患者」から「元うつ患者」になって元気に働いている。彼女は、うつによる休職から復職する人たち向けの復職支援プログラム「リワークプログラム」を体験。「リワーク」とは何か? 体験を通して語ってもらいました。