IWA「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」開催!

200919iwa-1kt

IWA「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」開催!

石川県ウオーキング協会は9月19日(土)金沢クルーズターミナル発着の「金沢港クルーズターミナルと金石・大野の文化財ウオーク」を110名の参加者で開催した。

■写真は金沢港クルーズターミナル受付

200922iwa-2densen
コロナウイルス感染予防のため、受付順に8時半ごろより10-15名単位でスタートし、大野こまちなみ保存地区経由で傳泉寺、金石銭五公園、宮越緑地で休憩。
銭屋五平衛墓や松尾芭蕉句碑のある本龍寺から金石こまちなみ保存区域、専長寺、金沢市内の中でも参道に狛犬をはじめとした献納物の多い大野日吉神社、大野からくり記念館、大野お台場公園で休憩。麹パークでソフトクリームで一息し、金沢港ルーズターミナルにゴールした。

■写真は傳泉寺の参加者

200922iwa-3zenigo

■写真は金石銭五公園の参加者

200922iwa-4honryu
クルーズターミナル駐車場では県内18店が参加してドライブスルー弁当販売が好評で列ができていて、参加者も購入した。
快適な天候と温度に恵まれ参加者は秋のウオーキングを十分に満喫した。

■写真は本龍寺の参加者

200922iwa-7hiyosi
■写真は大野日吉神社の参加者

 

200922iwa-8oonohasi

■写真は大野大橋

200919iwa-9kouji
■写真は麹パークの参加者

□情報提供:愛宕清氏、写真提供:広野芳正氏

 

全身に炎症を起こす「乾癬」 1人で悩まず早めの受診を

著名人が闘病を公表したり、医師や患者会による啓発活動が進んだりしたことから、急速に認知度が上がっている「乾癬(かんせん)」。うろこがはがれるような皮膚症状で知られるが、実はただの皮膚病ではない。脂質異常症やメタボリックシンドローム、糖尿病、心筋梗塞とも関係があり、寿命を縮めることもある病気だ。

マラソン、登山、乗馬、ワイン…多彩な趣味が活力に【マネックス証券 清明社長】

様々な分野で活躍する一流人が実践する健康マネジメント術を紹介する本コラム。今月は、マネックス証券の清明祐子社長にご登場いただく。創業者である松本大現会長から後継指名を受けた清明さんは、ネット証券初の女性社長として注目を集める経営者だ。第1回は「仕事もプライベートも全力で楽しみたい」と語る、清明さんのライフスタイルを中心に紹介する。

実録・新型コロナにかかった医師 集中治療室からの生還

新型コロナウイルス感染症の対策として出されていた緊急事態宣言が全国で解除されてから3カ月半が経ち、国内での累計感染者数は7万人を超えた。コロナとの闘いは長期化を余儀なくされ、この感染症はある意味、私たちにとって身近な存在になりつつある。今回は、呼吸器内科医で『肺炎を正しく恐れる』(日経プレミアシリーズ)という著書を出した池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに聞いた、実際に新型コロナに感染した医師の衝撃的な闘病記をお届けする。

うつ休職から仕事に復帰したい! で、なんで「リワーク」?

編集者・ライターのふくいさんは、会社員時代にうつで休職し、その後復職して「うつ患者」から「元うつ患者」になって元気に働いている。彼女は、うつによる休職から復職する人たち向けの復職支援プログラム「リワークプログラム」を体験。「リワーク」とは何か? 体験を通して語ってもらいました。

「まばたき」の正しい方法、意外な役割とは?

あまり意識されることがない「まばたき」ですが、実はさまざまな役割があり、「まばたきの仕方」は疲れ目やドライアイなどにも影響することが分かってきました。このまばたきに関する記述のうち、間違っているものを一つお選びください。