IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」記念すべきスタート!

190313iwa-3-500

IWA東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク」記念すべきスタート!

3月13日(水)石川県ウオーキング協会は金沢城公園新丸広場において東京2020応援プログラム「金沢~東京 参勤ウオーク①」を110名の参加者で開催した。

190312iwa-2

■写真は出発式

190313iwa-1-2-700-500

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、東京オリンピックが開催される前の6月に本郷上屋敷に到着する「金沢~東京参勤ウオーク」を走破しましょうとあいさつし、山下修石川県民スポーツ部次長、田谷暘司MRO事業部長の激励お言葉、山野之義金沢市長の激励メッセージを松林知一IWA専務理事が代読。谷内廸子石川県ウオーキング協会副会長の檄で午前9時10分ごろスタートした。

■写真は菱櫓をバックに大集合!!

190313iwa-8

■写真は大手門の参加者

190313iwa-12

大手門~尾張町、浅野川大橋を経由し、大名行列正装から参勤装束に着替えたと言われる大樋町下口松門の松と看板を確認し、城北中央公園で休憩。

■写真は大樋町下口松門の参加者

190313iwa-13
熊野神社~森本駅で休憩。当時の面影を残す黒松の「旧金沢下口往還松並木」経由し北部公園で昼食を取り、浪自加弥神社遥拝殿経由IR津幡駅に午後1時20分ごろ14キロコースをゴールした。

■写真は森本駅スタートの参加者

190313iwa-15

最高気温9度、降水確率100パーセント天気予報であったが、晴間や曇もあり、午後は北部公園であられも降る大嵐で休憩を延長したが、まずまずの天候に恵まれ、記念すべき参勤ウオークのスタートを切ることができた。

■写真は旧金沢下口往還松並木の参加者

190313iwa-16

次回は27日(水)津幡駅から歴史街道旧北陸道倶利伽羅峠から石動駅までの14キロです。
■写真は北部公園をスタートする参加者

190313iwa-17

■写真は津幡町内の参加者

 

KWA「春よ来いワクワクウオーク 大聖寺」開催された!

①受付190303

KWA「春よ来いワクワクウオーク 大聖寺」開催された。

小松ウオーキング協会は3月3日(日)JR大聖寺駅発着の「春よ来いワクワクウオーク 大聖寺」が約100名の参加者で開催した。

開会式では西川会長の開会挨拶の後、準備体操を行いスタート.古九谷の杜公園から、藩政期の時計台である時鐘堂を眺め、菅生石部神社に到着。ここでは宮司さんより神社の説明があり、越前の国時代の時には、越前の国二ノ宮であったという。

■写真は受付

③宮司さんのお話190303

ここからは、旧大聖寺川の遊歩道を通り、関ヶ原の合戦前に前田利長と戦った、山口玄蕃首塚では玄蕃の略歴などを学んだ。日本の百名山執筆の深田久弥山の文化館館内には、様々な展示資料あった。その後、藩主休憩所の長柳亭、大聖寺藩邸跡、山の下寺院群を経由し大聖寺駅ゴールした。

■写真は菅生石部神社の参加者

④山口玄蕃首塚190303

■写真は山口玄蕃首塚

⑤山の文化館190303

■写真は山の文化館

天気予報では雨だったが、西川新小松ウオーキング協会会長の念力により天候に恵まれ、旧大聖寺藩10万石の城下町を多くの参加者と楽しく巡った。

⑥藩邸跡190303

■写真は大聖寺藩邸跡
□情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その2

190224iwa-11

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その2

石川県ウオーキング協会は2月24日(日)金沢駅もてなしドーム地下発着の「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」を115名の参加者で開催した。

■写真は金沢城公園鶴丸倉庫

190224iwa-17

■写真は金沢城公園石川門の参加者

190224iwa-12

〇成巽閣(せいそんかく)
13代藩主斉泰が、父である12代藩主斉広の正室・真龍院のためにつくった隠居所。造営は文久3年(1863)で、1階は整然とした武家書院造、2階は趣向を凝らした数奇屋風書院造と、一つの棟に2つの様式が巧みに組み込まれた稀有な建物。
柱が1本もない20mの縁側や、障子腰板に描かれた繊細な絵、ギヤマンをはめ込んだ雪見障子など、大名家の女性の居宅らしい優美さにあふれている。昭和25年(1950)に国の重要文化財に指定された。

■写真は成巽閣の参加者

190224iwa-13

○石川県歴史博物館
石川県立歴史博物館の赤レンガ建物3棟はかつて陸軍兵器庫、戦後は金沢美術工芸大学に使用されていた。昭和61年(1986)年石川県立郷土資料館(金沢市広坂)が本多の森公園(金沢市出羽町)の赤レンガ建物3棟に移転し、石川県立歴史博物館として開館した。2015年4月には加賀本多博物館が第3棟に移転リニューアルオープンした。

歴史的建造物の保存と博物館としての再利用が評価され、平成2年(1990)には国の重要文化財に指定。翌年には日本建築学会賞も受賞している。

■写真は石川県歴史博物館の参加者

190224iwa-14

■写真は金沢くらしの博物館の参加者

190224iwa-16

〇志摩
文政3年(1820)に建てられた格式の高いお茶屋の建物で、これまで手を加えることなく、江戸時代の建物がそのままに残っている貴重な文化遺産です。封建的制度のもと、町方にわずかに許された娯楽と社交の場として、お茶屋には主に上流町人や文化人たちが集い、遊びと言っても琴、三弦、笛に舞、謡曲、茶の湯から俳譜など多彩で、客、芸子ともに幅広く高い教養と技能が要求されました。
全国的に見ても数少ない茶屋建築の遺構の1つで当時の庶民文化を知る貴重な建築であることから平成15年(2003)に国の重要文化財に指定された。
■写真は志摩の参加者

金沢の2月で最低気温0度とはいえ最高気温11度の予報で、日本晴れ晴天のおかげで多くの参加者と、楽しくいい汗を久しぶりに流しました。

(完)

 

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催!

190224iwa-1

IWA「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」開催! その1

石川県ウオーキング協会は2月24日(日)金沢駅もてなしドーム地下発着の「金沢の重要文化財(建築物)を巡る」を115名の参加者で開催した。

■写真はあいさつする大路IWA会長

190224iwa-2

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、橋本吉昭さんがコース説明、3月の例会案内、竿下るり子さんの指導のストレッチを行いスタートした。

もてなしドームより鞍月用水を経由し、1番は尾崎神社に参拝。2番の尾山神社神門で集合写真。3番の石川四高記念館、4番の金沢城公園三十長屋、5番の金沢城公園鶴丸倉庫、6番の金沢城公園石川門、7番の成巽閣、8番に石川県立歴史博物館、9番に金沢くらしの博物館、そして最後にひがし茶屋街「志摩」の10ケ所の重要文化財を巡り、午後12時40分ごろ金沢駅もてなしドームにゴールした。コース11キロ

■写真はコース説明する橋本さん

190224iwa-3

■写真は金沢駅をスタートする参加者

190224iwa-4

〇尾崎神社の概況
寛永17年(1640)、加賀藩四代藩主前田光高公が東照権現勧請を幕府に願い出、許可を得て金沢城内北の丸に造営を始めた。その間、ご神霊を上野寛永寺から勧請し同寛永20年(1643)9月に東照権現社が落成し鎮座祭が執行された。
明治7年(1874)に社名を金沢東照宮からご祭神に天照大神と加賀藩三代藩主の前田利常公を加え、尾﨑神社に改称するとともに、城域が陸軍省の所管となり明治8年(1875)に移転することとなり明治11年(1878)旧加賀藩御算用場であった現在地に移った。昭和25年(1950)社殿が国の重要文化財に指定され今日に至っている。

190224iwa-5-4-500

■写真は重要文化財の尾山神社神門前の参加者

190224iwa-9

■写真は石川四高記念館

190224iwa-10

■写真は金沢城公園三十間長屋

(その2につづく)

 

IWA「2019年通常総会7」が開催された。

190202iwa-1
IWA「2019年通常総会7」が開催された。

2月3日(日)石川県ウオーキング協会は石川県女性センターにおいて「2019年通常総会」を70名の参加者で開催した。

大路孝之石川県ウオーキング協会会長は、今年も百万石ツーデーウオークの開催。壮大なプロジェク「TOKYO2020参勤ウオーク」を企画。また、月例会に多くの方に参加していただけるような企画、努力をします。とあいさつし、続いてIWA顧問の紐野義昭石川県会議員があいさつした。

190202iwa-2

■写真はあいさつするIWA顧問の紐野県会議員

190202iwa-3

大路会長が司会を務め「2019年通常総会が」開催され、第1号議案 2018年事業報告、第2号議案 2018年決算報告ならびに会計監査報告、第3議案 2019年事業計画案、第4号議案 2019年 活動予算案、第5議案 任期満了に伴う役員および評議員の改選を審議し承認された。

■写真は総会の司会を務める大路会長と松林専務理事

190202iwa-4
第2部は今年3月より2020年6月に行われる「TOKYO2020参勤ウオーク」を記念して、長谷川孝徳北陸大学教授の「加賀藩参覲交替の道」の講演会が開催された。

長谷川教授は今回のルートに沿った見所や名所、歴史、研究の結果などを交えて紹介。教科書には「参勤交代」しているが、古文書によると「参覲交替」が正しいと解説。この参覲交替は三代藩主利常が慶長7年(1602)に江戸へ赴き、二代将軍秀忠に伺候したのが始まりとされている。

加賀藩の大名行列は概ね2,000人程度を数え全国屈指の行列であった。参覲交替がもたらしたものは・貨幣経済社会・街道の整備・交通の発達・印刷技術の発達・文化の移動・共通語の発生であると話した。「TOKYO2020参勤ウオーク」踏破に向け多くの知識と、夢につながる素晴らしい講演会でした。

■写真は講演する長谷川教授

総会内容は「総会ページ」に掲載します。

 

 

KWA「第17回通常総会」が開催された。 

190127KWA-3

KWA「第17回通常総会」が開催された。

1月27日(日)小松ウオーキング協会は小松市公会堂にて75名の参加者で第17回通常総会を開催した。

■写真は総会の様子

190127和田、大路氏

総会に先立ち開会宣言、二川忠雄会長のあいさつ、和田愼司小松市長、大路孝之石川県ウオーキング協会会長の挨拶をいただきました。

■写真はあいさつする和田市長、大路IWA会長

190127KWA-4

議長に中川莞司さんが選出され、会員数308名のうち、出席75名、委任状提出145名と報告され、第1号議案30年度事業・収支決算報告、会計監査報告第2号議案31年度 事業計画(案)・収支予算案(案)第3号議案会則改正(案)第4号議案31年度役員改正(案)を審議し、それぞれ承認された。
西川勉新会長が挨拶し、年間完歩賞表彰を行い第1部を終了した。

■写真は年間完歩賞表彰の様子

190127KWA-5
第2部は山崎松美公立小松大学保健医療学部看護学科教授「健康で長生きする秘訣とは?」の講演では、ウオーキングには様々な効果があり、同時に筋力を維持することも大切とお話されたことが印象的でした。

■写真は山崎教授

190127KWA-6

■写真は受付会員の皆さん

情報・写真提供:KWA 村中勝治 氏

 

IWA「2019年第1回理事会」が開催された!

 

190123iwa-1

IWA「2019年第1回理事会」が開催された!

1月23日(水)石川県ウオーキング協会は「2019年第1回理事会」を金沢市平和町石川県庁舎会議室で開催した。

開催にあたり、大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、大路会長が議長を務め平成30年事業報告決・決算、2019年事業計画・予算案、任期満了に伴う役員及び評議員の改選が討議され承認された。各議案は2月3日(日)に行われるIWA総会にて議案提出される。

190123iwa-3
■写真はあいさつする大路会長

190123iwa-4

今年の事業計画では、会員が楽しく参加できる月例会、加賀百万石ツーデーウオークに加え、2020年東京五輪開催に合わせた「TOKYO 2020参勤ウオーク」を2年間で企画、開催される。会員、市民、県民の皆様にウオーキングの大切さと楽しさをアピールしてまいります。
■写真は参加者

 

IWA「白山詣双六ウオーク2019」が開催された!

190113iwa-1

IWA「白山詣双六ウオーク2019」が開催された!

1月13日(日)JR金沢駅地下もてなしドームにて「白山詣双六ウオーク2019」開催が140名の参加者でされた!

出発式で大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、日頃の御礼と今年もご参加のお願いしますと話した。2月例会と内灘ウオーキング協会の案内、ストレッチをして午前9時半頃スタートした。

■写真は出発式

190113iwa-2
卯辰山麓寺院群の西養寺の白山双六スタートのQRコードで登録して本堂に入り住職による西養寺の由来の説明、目が動くお釈迦様の掛け軸、白山神社につながる井戸を見学した。宇多須神社神社を経由、浅野川大橋を渡り主計町くらがり坂から尾崎神社、四高記念公園で休憩し、犀川大橋経由泉野菅原神社のQRコードでチェック!金沢市総合体育館で休憩後、窪の橋で午後1時ごろゴールした。ゴールでは完歩証、IVVと白山詣双六手ぬぐいを特別提供いただき完歩記念品として配布した。

■写真はもてなしドームをスタートする参加者

190113iwa-4-500

■写真は西養寺での集合写真

190113iwa-6
■写真は西養寺本堂での住職の説明を聞く参加者

190113iwa-7

とても正月とは思えない天候に恵まれ、気温も高く、雪のない(昨年の写真参照)幸先のいい平成最後の新春ウオークとなった。

■写真は白山神社につながる井戸

190113iwa-8

■写真は尾崎神社をスタートする参加者

190113iwa-9

■写真は犀川大橋の参加者

190113iwa-10
■写真は泉野菅原神社のQRコードを読込む参加者

190113iwa-12
■写真は特別記念品の白山詣双六手ぬぐい

iwa180114-3

■写真は昨年の新春ウオーク(2018.1.14)

 

 

KWA新春ウオーク「五社巡り」開催された!

KWA190106-1

KWA新春ウオーク「五社巡り」開催された!

1月6日(日)小松ウーキング協会はJR小松駅発着、恒例の新春ウオーク 「五社巡り」を106名の参加者で開催した。

開会式では二川会長から、昨年度のご協力の御礼と、今年もご参加よろしくとの挨拶があり、準備体操などの後、午前9時にスタートした。

最初に小松天満宮に向かい、天満宮で参拝の後、芦城公園、市役所前、兎橋神社では日曜日でもあり参拝者も数多いました。末広運動公園から日吉神社を経由し、宮司直筆による大きなイノシシの画がかけられてある熊野神社に到着。本折町の多太神社でBコースの方とお別れし、イオンモール新小松店、沖町、光町などを経由しゴールした。

スタート時は今にも降りそうなお天気でしたが、雪、風も無く、恵まれたコンディションとなり、幸先の良い平成最後の新春ウオークとなった。

■写真は受付風景

KWA190106-2

■写真は小松天満宮の参加者

kwa190106-3

■写真は多太神社の参加者

KWA190106-4

■写真は熊野神社の参加者
□コース(A=12キロ、B=9キロ)
小松駅⇒小松天満宮⇒兎橋神社⇒日吉神社⇒熊野神社⇒多太神社⇒イオンモール新小松店⇒こまつ杜⇒小松駅

KWA190106-5

■写真は小松イオンモールの参加者

KWA190106-6

■写真はサイエンスヒルズの参加者

□情報提供:KWA 村中勝二 氏

 

「TOKYOU 2020参勤ウオーク」ページ開設!

「TOKYOU 2020参勤ウオーク」ページ開設!

石川県ウオーキング協会は2019年3月金沢城をスタートし、2020年6月江戸加賀藩邸ゴールの「TOKYOU 2020参勤ウオーク」を企画しました。
道中においては各地のウオーキング協会との協賛ウオークや金沢市提携都市のとの交流&ウオーク、江戸情緒を味わいながら、TOKYOU 2020を開催を盛り上げるために開催いたします。
デーリー(1日のみ)参加も募集中です。皆様のご参加をお待ちしております。

〇TOKYOU 2020参勤ウオークページ

IWA「白山詣双六ウオークⅠ」下見ウオーク開催!

181219iwa-1

IWA「白山詣双六ウオークⅠ」下見ウオーク開催!

12月19日(水)石川県ウオーキング協会は1月13日(日)に開催される新春「白山詣双六ウオークⅠ」の下見ウオークを開催した。

181219iwa-4

午前9時半にJR金沢駅もてなしドーム地下を7名がスタートした。主計町、ひがし茶屋街を経由し白山双六のスタート西養寺の白山比咩神社につながるという井戸も確認、住職夫人より由来や「お釈迦様の目や口が動くという」掛け軸、
ゆうれい釜、本堂を見学し本番のお願いし、スタート。主計町の源法寺、久保市乙剣宮、尾崎神社、泉野菅原神社から伏見川の窪バス停に12時過ぎにゴールした。

181219iwa-5

今回より下見ウオークにも「県内パスポート印」がもらえることになりました。ホームページや例会で案内しますので、ぜひご参加ください。

181219iwa-2

 

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

181202kwa-1

KWA納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を開催!

12月2日(日)小松ウオーキング協会はJR小松駅発着の納会ウオーク「昔旅籠を訪て」を約100名の参加者で開催した。
■写真は受付

181202kwa-2

開会式では二川会長のあいさつ、準備体操を行い午前9時にスタートした。コースは小松駅から西町本覚寺横を通過、末広緑地公園、前川左岸を進み串茶町会館に向かいました。串茶屋町会館で休憩と「串茶屋民族資料館」を見学、中には様々な展示物がありました、特に現在では存在し得ない「身売り証文」を見てしみじみ感じ入られる会員の方も多く、その後は串茶屋町墓地の一角にある、遊女の墓を見学し、今江町の今江城址公園経由、JR小松駅無事にゴールした。
平成30年納会ウオークは好天に恵まれベストコンディションの中開催され、参加者はいい汗を流した。

■写真はあいさつする二川会長

181202kwa-3
■写真は本覚寺前

181202kwa-4

〇串茶屋の歴史

藩政期にはここが加賀藩と大聖寺藩の境界でありました。加賀3代藩主前田利常公が小松に隠居し、那谷寺の再興にとりかかると、そこで働く職人たちが串茶屋に立ち寄るようになりそのため婦女による給仕が盛んになり、17世紀中頃廓としての営業の許可状も与えられたといいます。
当時は加賀藩内唯一の公認遊郭だったそうです。有名な金沢のにし・ひがしの茶屋街は19世紀初頭につくられたもので、串茶屋の歴史的価値がわかってもらえるでしょう。
串茶屋は1660年に大聖寺藩領に移されたので、以降は大聖寺藩公認の廓として営業が続けられたようです。 最も栄えたのは文化・文政の頃(19世紀前半)で、20軒ほどの茶屋が軒を連ねていました。明治33年(1900年)に、串茶屋の廓は約300年にわたる歴史の幕を閉じました。

■写真は前川左岸

181202kwa-5

平成7年。茶屋街の貴重な歴史を風化させてはならないと、串茶屋町内会の人たちが資金を出し合い、管理・運営している「串茶屋民俗資料館」が開設された。展示品も年季明けを願った狛犬やたばこ道具、高下駄など珍しいものが多くある。

■写真は串茶屋民族資料館

181202kwa-6
■写真は今江城址公園

■情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

子育て支援メッセ共催の西部緑地公園「歩育楽校」開催した。

西部181104-1-1-500

子育て支援メッセ共催の西部緑地公園「歩育楽校」開催した。

11月4日(日)西部緑地公園を会場に「子育て支援メッセ」共催の「西部緑地公園・歩育楽校」が開催されました。参加した親子56名は園内の約3キロを親子で手をつなぎ語り合いながら歩き、ところどこで日本野鳥の会石川のインストラクターの木々の説明や望遠鏡を使ったバードウオッチング、どんぐりひろいや紅葉した木の葉をひろうなど自然観察を楽しみました。また休憩ポイントでは石川県レクリエーション協会員の指導でニュースポーツにも挑戦し、歩くだけでなく学びや遊びにも取り組みました。

-1西部181104-1-2-500
ゴールでは自然観察の説明やガラポン抽選会を実施し、閉会となりました。参加者には昨年に続き参加した親子も多く、歩育楽校への理解の広がりも感じるところとなりました。

■情報・写真提供:IWA寺西一雄 氏

 

IWA「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を開催した!

181201iwa-1

IWA「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を開催した!

石川県ウオーキング協会は12月1日(土)羽咋市コスモアイル発着で「バードウオッチング邑知潟を巡る道」を70名の参加者で開催した。

午前9時半からの出発式では、松林専務理事があいさつし、小松さんが企画内容を説明。永井さんがコース説明を行い、竿下さんが1月例会の紹介とストレッチをして、霧雨のなかスタートした。

■写真は出発式の参加者

181201iwa-2
真冬並みの風の中、羽咋川の調整水門橋を渡り一路白鳥の見える邑知潟を目指しいたところ本日はかぜが強いせいか、田園に白鳥の群れがいた。そのため邑知潟には残念ながら羽を休めていなかった。まもなく余喜排水場に到着し、4階展示場にて早めの食事を取った。

■写真はスタートする参加者

181201iwa-4

■写真は一路邑知潟を目指す参加者

181201iwa-5

■写真は白鳥のいなかった邑知潟(残念!!)

181201iwa-6

■写真は多くの白鳥の群れ

181201iwa-8

昼食後、10キロコースと分かれて、正午前に帰路のスタート。この時に邑知潟には約70羽くらいが羽を休めていた。吉崎・次場(よっさき・すば)弥生公園で休憩。羽咋コスモアイルには午後1時過ぎに無事全員到着した。

■写真は余喜排水場4Fの展示室

181201iwa-9-500

スタート時点で霧雨に見舞われたが、羽咋川を渡るころには晴れてきて、風は強いものの比較的暖かく、昼食も予約のお蔭で、暖房の入った資料館で取ることができ、12月の時期としては天候に恵まれた納会であった。

■写真は余喜排水場

181201iwa-10

■写真は余喜排水場をスタートする参加者

181201iwa-11

■写真は吉崎・次場弥生公園の参加者

181201iwa-12

■写真はゴールする参加者

 

 

UWA バスdeウオーク「秋の鯖江ウオーク」を開催!

西山公園01-500

UWA バスdeウオーク「秋の鯖江ウオーク」を開催!

内灘ウオーキング協会は11月17日(土)福井県鯖江市にてバスdeウオーク「秋の鯖江ウオーク」を25名の参加者で開催した。

JR鯖江駅にて出発式を行い、9時45分にスタート。誠照寺では住職さんの説明で天井画を寝転んで眺めたり、西山公園の長い階段に音を上げたりと、鯖江の街を満喫した。
内灘を出る時に降っていた雨も、鯖江に着いた頃には上がり素晴らしいウオーキング日和となりました。

本山誠照寺02-500

<コース>
めがねミュージアム~舟津神社~王山古墳群~西山公園~本山誠照寺

本山誠照寺01-500

■情報提供:UWA橋本吉昭 氏、写真提供:UWA七田 稔 氏

 

IWA「金沢のお地蔵さん巡り-Ⅲ」が開催された。!

181118iwa-1
IWA「金沢のお地蔵さん巡り-Ⅲ」が開催された。!

石川県ウオーキング協会は11月18日(日)JR金沢駅もてなしドーム地下において「金沢のお地蔵さん巡り-Ⅲ」が90名の参加者で開催した。

■写真は出発式の参加者

181118iwa-2

大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、鶴木さんがコース説明、永井さんが12月例会の案内、協賛会社ひまわり生命の担当者がウオーキングアプリの説明ご竿下がストレッチを行い9時10頃スタートした。

■写真はひまわり生命の担当者と大路会長

181118iwa-3

1番目は広誓寺の入り口にある火除地蔵、門内にある2番目の幽霊地蔵を巡り、円融寺水子地蔵、寿経寺の七稲地蔵、観音院の地蔵を巡り、花菖蒲園で休憩。向山の地蔵、宝泉寺の四国霊場地蔵、西養寺の身替り地蔵、誓願寺延命地蔵、心蓮社歯痛地蔵、光覚寺の延命地蔵、大樋町の延命開運交通安全地蔵、持明院の歯痛止め地蔵、元町の地蔵尊、神宮寺の地蔵と巡りここで現地解散となった。その後金沢駅には12時半ごろ到着した。

■写真はスタートする参加者

181118iwa-5

■写真は広誓寺の火除地蔵

181118iwa-6-2

■写真は円融寺

風もなく秋晴れの絶好のウオーキング日和に恵まれ約13キロを全員事故もなく完歩した。

181118iwa-9-1

■写真は寿経寺の七稲地蔵

181118iwa-13-3

■写真は西養寺

181118iwa-17-3

■写真は大樋町延命・開運・交通安全地蔵

181118iwa-18-1

■写真は大樋町交差点の参加者

181118iwa-23-3

■写真は神宮寺地蔵で解散

 

第8回角間里山「四季の森 歩育楽校」が開催された。

181104iwa-5

第8回角間里山「四季の森 歩育楽校」が開催された。

金沢大学創立50周年記念館「角間の里」発着で11月4日(日)第8回角間里山「四季の森 歩育楽校」が開催105名の参加者で開催された。

181104iwa-4

毎年角間里山まつりに合わせて開催しているもので、午前10時半より開校式が行われ大路孝之石川県ウオーキング協会会長が開会宣言をし、河崎仁志角間里山みらい事務局長からコース並びに注意事項の説明があり、午前10時40分にスタートした。

181104iwa-6

会場裏の里山を巡り子供たちと一緒にキノコや木の実などを観察しながらウオーキングし、金沢大学自然科学本館で休憩。バナナとジュースなどがふるまわれ、金沢大学構内の屋根付き陸橋(アカンサスインターフェース)を渡り本部棟を経由し角間の里に12時過ぎに約3キロをウオーキングして全員無事到着した。

到着後はめった汁やおこわ、採れたて野菜などが販売され食事をしながら家族の絆を深めた。

181104iwa-8

181104iwa-9

■写真はキノコや木の実、虫などを観察しながら歩く参加者

181104iwa-11

181104iwa-12

181104iwa-15

■写真は金沢大学キャンパス内を歩く参加者

181104iwa-16

■写真はゴールで抽選会を楽しむ参加者

金沢大学図

■写真の左下(赤丸)が角間の里会場

 

第5回「いたばしウオーキング大会」に21名が参加しました。

出発式-500

第5回「いたばしウオーキング大会」に21名が参加しました。

金沢市の友好交流都市である東京都板橋区で11月3日(祝)、第5回いたばしウオーキング大会が開かれ、石川県ウオーキング協会から21人が参加、地元の人たちと触れ合いながら全員元気で13㎞のコースを完歩しました。
板橋区の坂本区長は毎年、加賀百万石ツーデーウオークの出発式に臨席していただいており、今回はそのお礼の意味も込めて、県協会の特別例会として参加しました。
出発式では板橋区の阪本区長から、「石川県から大勢の皆さんが参加していただいている」とのスピーチがあり、大路会長が来賓として紹介されました。

■写真は出発式

出発式であいさつする坂本板橋区長 (1)-500-2
コースは都営地下鉄三田線の高島平駅そばの徳丸ケ原野球場を出発点に、同じく志村坂上駅近くのセブンタウン小豆沢をゴールとする5㎞から13㎞の3本が設定されていました。コース上には文明堂カステラの工場、郷土資料館、郷土芸能伝承館、冒険家の植村直己記念館など見どころがいっぱいで、石川県からの参加者は地元の約1,000人の参加者といっしょに、魅力にあふれた快晴の板橋路を楽しく歩きました。

■写真は挨拶する坂本区長

スタートするメンバー-500

■写真はスタートの参加者

加賀や金沢にちなんだ地名や施設が各所に-500

■写真は金沢の名残り町名

国史跡の中山道志村の一里塚を見学-500

■写真は国史跡の志村一里塚

チェックポイントで-500

■写真はチェックポイント

荒川の土手を歩く-500

■写真は荒川堤防を歩く参加者

スタート前、会場にて-500

■写真はIWA参加者

また、ゴール後は地元いたばし観光ボランティアガイドさんの案内で、加賀藩下屋敷跡など金沢ゆかりの観光ポイントを見て回りました。

オプショナルツアー②(加賀藩下屋敷跡)-500

加賀藩下屋敷にあった門をくぐる-500

■写真はボランティアガイドの案内で加賀藩下屋敷の参加者

■情報・写真提供:IWA松林知一

 

 

 

 

KWA 300回達成記念例会「北国街道ウオーク最終回(小杉~富山)」開催!

kwa181028-1

KWA 300回達成記念例会「北国街道ウオーク最終回(小杉~富山)」開催!

10月28日(日)小松ウオーキング協会は300回達成記念例会「北国街道ウーク最終回(小杉~富山)」をあいの風とやま鉄道小杉駅発にて70名の参加者で開催した。

■写真は小杉駅の参加者

kwa181028-2

今回の例会は小松ウオーキング協会の300回記念、北国街道ウオークシリーズ最終回で平成24年9月芦原温泉~大聖寺を第1回として足掛け7年、8回目となり福井、石川、富山県の3県を踏破し富山城到達で最終回となった。
受付で、300回達成記念品が参加者全員に渡され、開会式では新入会者の紹介、ストレッチ終了後、小雨のぱらつく中午前9時半にスタートした。

■写真は明治天皇小休所御跡の参加者

kwa181028-3
射水市小杉の旧北陸道を進み、長福寺で休憩後、明治初期の天皇行幸時の「明治天皇小休所御跡」に到着。富山市民芸術創造センター進み、Bコースの方とお別れ後昼食。呉羽丘陵多目的広場ビジターセンターで休憩、富山大学キャンパス、神通川大橋を渡りゴールの富山城に到着。Aコース全員の記念写真を撮影。

■写真は富山市民芸術創造センター

kwa181028-4

kwa181028-6

踏破記念セレモニーでは二川小松ウオーキング協会会長から皆様のお陰で北国街道シリーズ達成御礼のあいさつ、松林石川県ウオーキング協会専務理事の音頭により全員で万歳三唱をした。

kwa181028-7
■写真は本丸鉄門口での踏破万歳三唱
情報・写真提供:KWA村中勝二 氏

 

IWA「小松飛行場一周ウオーク」開催!

181014iwa-1

IWA「小松飛行場一周ウオーク」開催!

10月14日(日)石川県ウオーキング協会は小松市安宅公園において「小松飛行場一周ウオーク」を70名の参加者で開催した。

開会式では大路孝之会長があいさつがあり、ストレッチをしてスタートした。その後スカイパークこまつ共生の丘、日末蓮池公園、ふれあい健康広場、安宅国有林遊歩道などを巡った。

■写真はスカイパークこまつ共生の丘での集合写真

181014iwa-2

■写真はスカイパークこまつ共生の丘をスタートする参加者

181014iwa-3

ロングコースは滑走路の東端で、運よく日航機の離陸を見ることができ、参加者の頭上を通り過ぎる大きな機体に、参加者は童心に帰って歓声をあげていました。ショートコースは空港ターミナルの展望台から離着陸を見学しました。

小松空港はよく利用しても、広い飛行場を歩いて一周する機会はなかなかなく、目新しい光景を見ながら、曇り時々晴の楽しいウオーキングとなりました。

■写真は航空自衛隊前の参加者

IH2_8156-480x298

〇小松空港

「北陸の空の玄関口」といわれる小松空港。1961年開港で、その歴史は50年。全国に7ヵ所ある自衛隊共用空港の一つで、滑走路の長さは2,700m、空港内や周辺ではカメラを持った航空ファンをよく見かける。

現在は、国内線6路線(札幌、仙台、羽田、成田、福岡、那覇)、国際線3路線(ソウル、上海、台北)が定期便として就航。また、ハワイ、マカオ、台湾、中国、韓国、タイ等、世界各地へ国際チャーター便も運航する。さらに、カーゴルックス航空の航空貨物便も就航しており、今後は国際物流拠点としても発展が期待されている。

■写真は小松空港滑走路(ホームページより)

181014iwa-4

□ロングコース(14キロ)
安宅公園~スカイパークこまつ共生の丘~小松基地正門前~日末蓮池公園~小松ふれあい健康広場~安宅国有林遊歩道~安宅関(ゴール)

□ショートコース(7キロ)
安宅公園~スカイパークこまつ共生の丘~小松空港ターミナルビル~安宅国有林遊歩道~安宅関(ゴール)
■写真はふれあい健康広場の参加者

181014iwa-5

■写真は安宅国有林遊歩道の参加者

181014iwa-6

■写真は安宅関公園ゴールの参加者

■写真提供:広野正芳氏、情報提供:松林知一氏

IWA、歩育、七尾協会スケジュール更新しました!

IWA、歩育、七尾協会スケジュール更新しました!

○IWAスケジュールページ

・11月4日(日)IWA西部緑地公園「歩育楽校」
・12月1日日(日)IWA「バードウオッチング 邑知潟を巡る道」
・2019’1月13日(日)IWA「白山詣双六ウオーク」

○IWA歩育ページ

・10月28日(日)IWA協賛「鍋谷・佐和谷林道「紅葉ウオーキング」
・11月4日(日)IWA第8回角間里山「四季の森 歩育楽校」

○石川県内のスケジュールページ

・12月9日(日)NWA「納会ウオーク能登立国1300年」
・11月18日(日)NWA「富山湾岸・氷見を歩く」

KWAバスdeウオーク「”郡上八幡の街並み”巡りと”郡上八幡城に登る”ウオーク」開催!

181002KWA-1

KWAバスdeウオーク「”郡上八幡の街並み”巡りと”郡上八幡城に登る”ウオーク」開催!

10月2日(火)小松ウオーキング協会は第298回バスdeウオーク「”郡上八幡の街並み”巡りと”郡上八幡城に登る”ウオーク」を94名の参加者で開催した。

小松市末広公園より大型バス2台に分乗し、午前6時半ごろに出発。途中松任車遊館や小矢部サービスエリアで参加者を載せて現地に向った。車中では、恒例の会員Mさんにより、郡上市の紹介と宝暦年間に起き幕閣中枢部も罷免されたと言う、郡上一揆についての説明があり、郡上市の歴史が紹介された。

■写真は準備体操する参加者

181002KWA-2
郡上市営愛宕駐車場に到着後、開会式が行われ、バス車内で決められた4つのグループの赤色、黄色、紫色、緑色のリボンが帽子に付けられ、それぞれの隊長指揮の基でグループ歩行をした。

最初の長良川鉄道郡上駅では、椎茸茶の試飲があり、やなか水のこみち、慈恩禅寺、郡上八幡町旧庁舎記念館、郡上城入城後に昼食を取り、城内では歴史的遺物見学。城に登らない方は八幡博覧館に入館し郡上踊りを観覧した。その後、宗祇水にてA・Bコースの分離し、Aコースは吉田川添いに、郡上大橋、いがわ小径経由で駐車場にゴールし、Bコースは、いがわ小径経由て駐車場にゴールした。

■写真は郡上八幡駅の参加者

181002KWA-3
■写真は慈恩禅寺の参加者

181002KWA-5
■写真は郡上八幡町旧庁舎記念館の参加者

181002KWA-7

全員無事バスに乗り込み、大型入浴施設の「宝泉の湯」にて入浴。ウオーキングの疲れとあせを流し帰路につき、途中小矢部、松任でお別れして、小松には午後7時20頃に到着した。
非常な好天に恵まれ最高のウオーキング日和となった。今回の責任者は西尾さんが担当した。

■写真は吉田川を進む参加者
情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

KWA「白山眺望ウオーク」が開催された!

 

180923KWA-1

KWA「白山眺望ウオーク」が開催された!

9月23日(日・祝)小松市主催、小松ウオーキング協会協力 第66回植樹祭メモリアル、スマイル木場潟2018「白山眺望ウオーク」が場潟中央園地発着、約400名の参加者で開催した。

開会式では和田小松市長による開会の挨拶、市議会議長の挨拶などがあり、小松ウオーキング協会西川副会長から、注意事項とコース説明の後、体操指導者の新保先生の指導によりストレッチ体操後、和田市長の号砲で、木場潟一周、北園地往復コース順に午前7時半にスタートした。

■写真は受付を担当する会員

180923KWA-2
ゴールでは、参加記念缶バッジ、食生活改善推進員による手作りパンが参加者に渡さた。小松ウオーキング協会は、受付、開会式整列、コース説明、誘導などに積極的に協力した。

秋晴れの好天のなか、参加者は景色や、友達との会話が弾み、さわやかな自然を満喫し、いい汗を流した。

■写真はストレッチする参加者

180923KWA-3
■写真はスタートする参加者

情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

金沢ウオーク2018が開催された!

181006KWiwa-5

金沢ウオーク2018が開催された!

10月6日(土)いしかわ四高記念公園を発着とした第23回金沢ウオーク2018が3コース約600名の参加者で開催された。

■写真は会場の四高記念公園

181006KWiwa-7
ロングコース(約21キロ)の出発式では、”いいね金沢健康体操後、実行委員会よりの実施要綱の説明があり、山野之義金沢市長が開会宣言を行い、午前8時30分にスタートした。

■写真は開会宣言をする山野金沢市長

181006KWiwa-3-500

■写真はロングコーススタートの参加者

181006KWiwa-4-500

■写真はロングコース四高記念館前の参加者

181006KWiwa-10

ミドルコース(約15キロ)、歩育コース(約3キロ)の出発式ではいいね金沢健康体操後、実行委員長が開会宣言を行い、午前9時30分にスタートした。

■写真はミドルコーススタートの参加者

181006KWiwa-12

ミドルコース(15キロ)は、四高記念公園~石川門~旭町~浅野川遊歩道~田上本町朝霧公園チェックポイントで小休止~土清水みゆき公園~辰巳用水遊歩道~犀川雪見橋~犀川右岸河川敷~桜橋~新橋東詰め~長町~四高記念公園(ゴール)

■写真は石川門の参加者

181006KWiwa-13

本日は台風フェーン現象の影響で、予報では32度と夏日となり、朝から汗が噴き出る天候となり、途中犀川河川敷ではかなりの通り雨が降った。久しぶりに気持ちのいい汗を出し、天候に恵まれた金沢ウオークを楽しみ、午後1時ごろゴールした。

■写真は浅野川遊歩道の参加者

181006KWiwa-14

なお、明日7日(日)2日目は台風25号通過のため大会中止となった。

■写真は田上本町朝霧公園のチェックポイント

181006KWiwa-16

■写真は辰巳用水遊歩道の参加者

181006KWiwa-17

181006KWiwa-18

■写真は犀川右岸河川敷の参加者

 

IWA「彼岸花咲く狐山と法皇山古墳を訪ねて」開催!!

180922iwa-1

IWA「彼岸花咲く狐山と法皇山古墳を訪ねて」開催!!

9月22日(土)石川県ウオーキング協会は国指定史跡探訪シリーズ3回目「彼岸花咲く狐山と法皇山古墳を訪ねて」を加賀市JR動橋駅発着にて65名の参加者で開催した。

■写真はJR動橋駅でのしゅあっぱつ式

180922iwa-2

午前9時より出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつ、松林知一専務理事のコース説明、橋本吉昭内灘ウオーキング協会事務局長の例会案内、竿下るり子常務理事の指導のストレッチを行い、スタートした。

■写真はスタートする参加者

180922iwa-3

スタートしてしばらくすると新幹線工事現場を横切り、彼岸花の咲き誇る国史跡「狐山古墳」を見学し、動橋小学校近くの動橋川沿いの桜並木に彼岸花が群生している土手を進みここで集合写真をパチリ。「法皇山(ほうおうざん)」横穴古墳郡展示館と200基もの墳墓群で北陸最大級の横穴群を見学した。
その後、未舗装の山道を進みチハカ古墳群で休憩し、午前11時50分ごろJR動橋駅にゴールした。

■写真は新幹線工事中の東和中学校付近の参加者

180922iwa-4

180922iwa-5

早朝の大雨も出発式のころには晴れ間が広がり、さわやかな絶好のウオーキング日和となり、5世紀~7世紀の古墳群巡りに、古代の思いを馳ていい汗を流した。

■写真は狐山古墳の参加者

180922iwa-6
■写真は法皇山横穴古墳に向かう参加者

180922iwa-11

 

180922iwa-7
■写真は動橋川沿いの彼岸花と集合写真

180922iwa-8
■写真は法皇山横穴古墳郡展示館の参加者

180922iwa-10
■写真は未舗装の山道をハカ古墳群に向かう参加者

 

IWA・KWA共催「越中八尾街巡り」が開催された。

180826iwa-4

IWA・KWA共催「越中八尾街巡り」が開催された。

8月26日(日)JR高山線越中八尾駅前発着にて石川県ウオーキング協会、小松ウオーキング共催「越中八尾街巡り」が120名の参加者で開催された。受付では西日本豪雨災害募金を行った。
■写真は大路石川県ウオーキング協会会長

180826iwa-1
■写真は二川小松ウオーキング協会会長

開会式では大路石川県ウオーキング協会会長、二川小松ウオーキング協会会長があいさつしくれぐれも熱中症を起こさないため適切な水分補給をお願いしますとのお話があった。IWA小松隆さんがコース説明。小松協会橋本さんの指導でストレッチを行いスタートした。

180826iwa-2

■写真はストレッチの参加者

180826iwa-3

■写真は対岸に八尾の街並を眺めながら「井田川」沿いの参加者

180826iwa-5

気温35度湿度60%の蒸し暑い日中の為、安全を期して本日のコースはショートカットウォーキングになりました。9月に本番が行われる「八尾おわら風の盆」の風情ある街並みを巡りながら12時半に八尾駅にゴールした。

■写真は八尾の町に向けて坂を上る参加者

180826iwa-7
■写真は曳山展示館前の参加者

180826iwa-8

180826iwa-9

■写真は「日本の道百選」の諏訪本道りの参加者

<コース>
越中八尾駅⇒禅寺橋⇒曳山展示館⇒ふらっと館⇒諏訪町本通り⇒城ケ山公園事務所⇒越中八尾駅(ゴール)

180826iwa-10

■写真は城ヶ山公園登り口の参加者

◇情報・写真提供:IWA大谷勝 氏

 

IWA、KWA共催「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」が開催された!②

180729iwa-12

IWA、KWA共催「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」が開催された!②

7月29日(日)石川ウオーキング協会、小松ウーキング協会共催の「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」をえちぜん鉄道勝山駅発着を100名の参加者で開催した。大阪からも1名参加された。

■写真は拝殿に向かう参加者

180729iwa-13

〇国遺跡白山平泉寺(へいせんじ)の概要

人々に恵みの水をもたらす白山は、古くから信仰の対象でした。その白山信仰の越前での拠点として、養老元年(717)に泰澄によって開かれたと言われているのが白山平泉寺です。
一帯は、最盛期の戦国時代には8000人もの僧兵がいたと伝えられ、当時の日本では最大規模の宗教都市となり繁栄します。しかし、天正2年(1574)に越前一向一揆勢に攻められ、全山焼失しました。

■写真は拝殿

180729iwa-15

〇御前峰御本社

白山の主峰である御前峰の神を祀り、見事な昇り龍と降り龍が軒を支えている。現在の建物は、寛政7年(1795)に、12代福井藩主松平重富が寄進したもの。

180729iwa-16

■写真は御前峰御本社

ahakusan3zenjyoudou

〇白山三禅定道

白山への登山道の始まりは修行者などが登るために作られた道で、この道は「禅定道」と呼ばれました。「禅定道」は加賀、越前、美濃の三方向から整えられ、それぞれ「加賀禅定場」は加賀馬場で白山比咩神社、「越前禅定道」は越前馬場で平泉寺白山神社、「美濃禅定道」は美濃馬場で長滝白山神社です。それぞれ白山信仰の拠点となりました。

■写真は三禅定道地図

180729iwa-27

社務所には、室町時代に作庭された回遊式枯山水庭園で国の名勝である「旧玄成院庭園」があり、見学することができる。(見学料50円)

■写真は社務所と枯山水庭園

180729iwa-29
13:15に歴史探遊館まほろばスタートし、菩提林を下り越前大仏でかき氷で体を冷やし、藩政期の雰囲気の残る商店街を経由して予定通り勝山駅にゴールした。

■写真はスタートする参加者

180729iwa-30

■写真は日本の道百選菩提林・石畳

180729iwa-31

予報気温が36度の中休憩を多く取り、水適切な分補給で数名は援護車に乗ったが、熱中症になることもなく全員ゴールした。
■写真は越前大仏でかき氷

180729iwa-32

■写真は藩政期の雰囲気中の参加者

□白山平泉寺ホームページ

*写真は500ピクセルの写真がダウンロードできます。原画ご希望の方はIWA事務局にメールにてお知らせください。メールにて送付致します。

(完)

IWA、KWA共催「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」が開催された!①

180729iwa-1

IWA、KWA共催「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」が開催された!①

7月29日(日)石川ウオーキング協会、小松ウーキング協会共催の「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」をえちぜん鉄道勝山駅発着を100名の参加者で開催した。大阪からも1名参加された。

■写真は勝山駅前

180729iwa-2

■写真はあいさつする大路石川県ウオーキング協会会長

180729iwa-3

出発式では大路石川県ウオーキング協会会長がこまめの水分補給で熱中症にならないように白山禅定道白山平泉寺ウオークを楽しみましようと話した。二川小松ウオーキング協会会長のあいさつの後、ストレッチを行い9:45にスタートした。

■写真はあいさつする二川小松ウオーキング協会会長

180729iwa-4

勝山橋を渡り、桜が茂る弁天遊歩道で一息つきながら勝山城博物館下の駐車場、ショップでソフトクリーム、ジェラートで休憩。日本の道百選菩提林・石畳の残る道を上り、歴史探遊館まほろば到着。ここで7キロコースはわ別れてバスで一路勝山駅へ、白山平泉寺というからお寺かと思いきや神仏分離令で、白山神社拝殿、本社にお参りして昼食と休憩タイム。

■写真はスタートする参加者

180729iwa-5

■写真は弁天遊歩道の参加者

180729iwa-6

■写真は勝山城博物館に向かう参加者

180729iwa-7
■写真は勝山城博物駐車場のショップ

180729iwa-8

180729iwa-9

■写真は日本の道百選菩提林の参加者

180729iwa-10

■写真は平泉寺参道の参加者
□白山平泉寺ホームページ

(つづく)

KWA「石文化の歴史に触れる滝ケ原」開催された!

kwa180708-1

KWA「石文化の歴史に触れる滝ケ原」開催された!

7月8日(日)小松ウオーキング協会はこまつドーム発着の「石文化の歴史に触れる滝ケ原」が90名の参加者で開催された!

■写真は受付の様子

kwa180708-2

開会式では新入会員3名の紹介があり、準備体操の後、元気よくスタートした。ドームを出て日本自動車博物館を眺めながら、山あいを進み那谷寺に到着。

ここでBコースとお別れし、滝ケ原町到着。今日案内して頂くボランティア団体の「滝ケ原観光ネットワーク」の東さんが、街入口に設置されている案内板を見ながら、石材切り出しの歴史、用途、加工文化、現在の町の人口と戸数、等について詳しく説明して頂きました。

■写真はスタートする参加者

kwa180708-3

町内を進むと、町内産出の石で造られた西山橋、丸竹橋、我山橋、等のアーチ式橋、西山石切場跡などの説明を受けながら本山採石場上に到着。
■写真は東さんの説明を聞く参加者

kwa180708-4

ここは現在も商業生産されている石切り場で、採石場現場に繋がるトンネルの内部を見学した。現在はダイヤモンドチップと呼ばれるカッターで切り出しが行われています、トンネルの中は冷気があり涼しく気持ち良い時を過しました。

■写真は本山石切場の参加者

180708kwa-6

滝ケ原里山自然学校をお借りして昼食を取り、東さんとお別れ、小松市の公営霊園である菩提公園、ゆのくにの森を眺めてゴールを目指した、この帰途は湿度も高く悪いコンディションでしたが、全員元気にゴールした。

■写真は木陰を歩く参加者

梅雨時期とは思えない好天に恵まれた絶好のウオーキング日和であった。

□情報・写真提供 KWA 村中勝二氏

 

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

thumbW480_photo1

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

小松市のイオンモール新小松内に、石川県では唯一の「ウオーキングステーション」がオープンしました。
このステーションには500選コースを含む3つのイヤーラウンドコースが用意されており、だれでも自由に楽しく歩いて、日本市民スポーツ連盟からIVVの認定(距離、回数)が受けられます。利用料は一人1回200円です。ぜひご利用ください。

◆ウオーキングステーションの名前
スポーツオーソリティ新小松店 (電話0761-58-0290)

◆ウオーキングステーションの場所
〒923-0861 小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区 イオンモール新小松3F
(JR小松駅から南東に2.3㎞、歩いて約30分)

□スポーツオーソリティ新小松店ホームページ

□詳細PDF

IWA「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」開催!

180624iwa-1

IWA「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」開催!

6月24日(日)石川県ウオーキング協会は県主催の「スポレク交流大会」行事「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」をJR森本駅発着にて120名の参加者で開催した!

■写真は出発式の参加者

180624iwa-3

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、橋本さんよりコース説明、竿下さんの指導でストレッチを行い9時15分にスタートした。

■写真はスタートする参加者

180624iwa-4

180624iwa-5

■写真は山環森本IC付近の参加

180624iwa-6

宗桂会館では 加賀象嵌と日機装の先端技術、歴史の説明を聞き、アジサイ寺で有名な本興寺では住職と住職夫人の説明を聞き歴史のある寺院であることを認識した。

■写真は宗桂会館の参加者

180624iwa-7

■写真は本興寺で住職の説明を聞く参加者

180624iwa-8

180624iwa-9

その後、山側環状線観法寺パーキングエリアにおいて昼食をとりミニウーキング教室で脈拍測定と歩幅測定を実施し、JR森本駅には午後2時前にゴールした。

■写真は観法寺パーキングエリアの参加者
気温が高いが晴天に恵まれ、森本駅周辺の名所、古刹本興寺を訪ね参加者はいい汗を流した.

180624iwa-10

■写真は観法寺パーキングエリアをスタートする参加者

 

第15回加賀百万石ツーデーウオーク2日目が開催された!(その2)

180603iwa-26

第15回加賀百万石ツーデーウオーク2日目が開催された!(その2)

6月3日(日)第67回金沢百万石まつり協賛「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」2日目がJR金沢駅もてなしドーム地下で開催された!

歩育コースはもてなしドームから武蔵が辻、尾山神社、金沢城公園で自由時間を取り、大手門、武蔵が辻・かなざわはこまちでは「金澤福うさぎ」のふるまいを受けて子供たちは大喜び!もてなしドームに元気よくゴールした。

180603iwa-27

■写真は盆正月イベントの金沢城公園

180603iwa-31
■写真は河北門の歩育コースの参加者

180603iwa-32

180603iwa-33

■写真は新丸広場の参加者と火縄銃の発砲

180603iwa-34
■写真はかなざわはこまちの金澤福ウサギのふるまい

毎度さんコースは長町武家屋敷跡、尾山神社、兼六園、金沢城公園など約5キロを金沢ボランティアガイド”まいどさん”6名のご案内で金沢の裏話など聞きながら巡り、金沢の魅力を再発見した。

180603ken-5

180603iwa-24
■写真はまいどさんコースの参加者

しあわせ発見コースでは44名の参加者で開催し、もてなしドームから長町武家屋敷、しいのき迎賓館、尾山神社で参拝、金沢ニューグランドホテルでし「あわせパーティー」を開催し6組のカップルが誕生した。

180603iwa-35

第15回記念コースは23名の参加者で高山右近が築いた防衛ライン・惣構堀や長町武屋敷跡など、古地図で巡り、金沢の食”じぶ煮”や金沢工芸金箔体験する歴史と食・工芸体験を金沢ボランティアガイド”まいどさん”のご案内で堪能した。

晴天で最高気温27度でしたが、長町武家屋敷跡、ひし茶屋街、大乗寺丘陵公園、前田家墓地、辰巳用水、兼六園、金沢城公園など金沢城下町の魅力を十分に堪能し、いい汗を流した。

■写真はゴールする参加者

(完)

第15回加賀百万石ツーデーウオーク2日目が開催された!(その1)

180603iwa-1

第15回加賀百万石ツーデーウオーク2日目が開催された!(その1)

6月3日(日)第67回金沢百万石まつり協賛「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」2日目がJR金沢駅もてなしドーム地下で開催された!

3日(日)男川コースは24キロ、16キロ、8キロ、保育、まいどさん、記念、しあわせ発見の7コース。24キロコース出発式では大路石川県ウオーキング協会会長、馳衆議院議員、があいさつし、馳衆議院議員の激で8時20分にスタートした。

180603iwa-2

■写真は24キロコース出発式、スタートする参加者

180603iwa-3

■写真は出発式の前のストレッチ

180603iwa-4

16キロ、8キロ記念、歩育、まいどさん、しあわせ発見コース出発式では大路石川県ウオーキング協会会長、谷本石川県知事があいさつし、知事は19年間毎朝兼六園と金沢城公園をウオーキングしており、皆さんに兼六園、金沢城公園を案内したいくらいですと話した。その後正美保育園、鞍月育友会の園児、児童たちが中田正美保育園長の音頭で激を飛ばし9時20分にスタートした。

■写真は挨拶する谷本知事

180603iwa-5

8キロコースはもてなしドームから長町武家屋敷跡、にし茶屋街、寺町寺院群、桜橋、鈴木大拙館、無料開放の兼六園、盆正月のイベントでにぎわう金沢城公園を巡り。金沢城公園からは自由歩行でもてなしドームにゴールした。

■写真は激をとばす園児、児童たち

180603iwa-21
■写真は長町武屋敷跡の参加者

180603iwa-22

■写真はにし茶屋街の参加者

180603iwa-23

■写真は鈴木大拙館の参加者

180603iwa24

■写真は兼六園の参加者

(つづく)

 

第15回加賀百万石ツーデーウオーク1日目が開催された!(速報)

180602iwa-1

第15回加賀百万石ツーデーウオーク1日目が開催された!(速報)

6月2日(土)第67回金沢百万石まつり協賛「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」1日目がJR金沢駅もてなしドーム地下で開催された!

180602iwa-2

2日(日)女川コースは30キロ、20キロ、10キロの3コースで、30キロコース出発式では大路石川県ウオーキング協会会長、山野金沢市長、馳衆議院議員、山田参議員院議員があいさつし、8時25分にスタートした。

180602iwa-3

180602iwa-4

20キロ、10キロコース出発式では大路石川県ウオーキング協会会長、紐野県議会議員(IWA顧問)、中村県議会議員があいさつし、9時20分にスタートした。

180602iwa-5
20キロコースではもてなしドームから主計町、ひがし茶屋街、天神町緑地、旭橋(医王の杜公園)、奥卯辰山健民公園、卯辰山望湖台、卯辰山麓寺院群、旧北国街道、城北中央公園、もてなしドームにゴール。

180602iwa-6

180602iwa-7

天候に恵まれ最高気温24度でさわやかな風にも恵まれて参加者は金沢浅野川の周辺江戸情緒や奥卯辰山の自然を堪能した。

180602iwa-8

180602iwa-10

180602iwa-11

1日(金)にはせっかくウオーク「美しい日本の歩きたくなる道500選”七尾湾展望・温泉と海の幸のみち」が七尾ウオーキング協会の全面協力により46名の参加でで開催された。(速報)
180601nanao-1

■せっかくウオーク集合写真(6/1)

 

第67回金沢百万石まつりが開催される!!

180523eki-5

第67回金沢百万石まつりが開催される!!

6月1日(金)より3日(日)まで第67回金沢百万石まつりが金沢市内で開催される。

180523eki-1

〇金沢百万石まつり

金沢百万石まつりは、加賀藩祖・前田利家公が天正11(1583)年6月14日、金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催されています。6月14日の日付は尾山神社誌に基づきます。

現在の金沢百万石まつりは、昭和27年に金沢市と金沢商工会議所が中心となって開催した商工まつりが第1回目となります。その後、豪華絢爛な百万石行列をはじめ、400年にわたり受け継がれてきた金沢ならではの伝統ある行事が賑やかに繰り広げられる現在の姿に発展しました。

180523eki-2

180523eki-3

180523eki-4

 

180523eki-6

 

■写真は金沢駅の金沢百万石まつりのディスプレー

□第66回金沢百万石まつりホームページ

第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」が開催された!

180520utinada-1

第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」が開催された!

5月20日(日)内灘町庁舎前広場発着の第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」~医師・看護師とみんなであ歩こう~が400名の参加者で開催された!

■写真は開会式

180520utinada-2
■写真は川口町長

180520utinada-3
開会式では七田稔実行委員会委員長・内灘ウオーキング協会会長が開会宣言し、川口克則内灘町長が「日本海、白山、立山連峰が眺望でき、河北潟、林帯遊歩道などの内灘の自然を十分に楽しんでください」とあいさつした。神田享勉金沢医科大学学長、米田昭夫県議会議員、恩道正博内灘長議会議長があいさつし、橋本吉昭内灘ウオーキング協会事務局長がコース説明と注意事項、竿下るり子石川県ウオーキング協会常務理事の指導でストレッチを行い、9時20分ごろ内灘ロマンチックコース(12キロ)、アカシアコース(8キロ)、ふれあいコース(4キロ)の順にスタートした。

■写真は神田学長

180520utinada-4

内灘ロマンチックコース(新日本歩く道紀行100戦認定)は内灘庁舎前をスタートし、レインボウブリッジ~能登海浜自転車道~白帆台第4公園で休憩~恋人の聖地オブジェ&幸福の鐘~道の駅サンセットパーク~アカシアが咲き誇る林帯遊歩道~内灘ロマンチック祭展示会場を経由し内灘庁舎前に12時ごろゴールした。

■写真は内灘ロマンチックコーススタートの参加者

180520utinada-5

■写真はアカシアコースの参加者

180520utinada-6

今回も金沢医科大学病院の医師・看護師総勢40名の方が各コースに分かれて参加者と一緒にウオークした。ゴール後には庁舎ホールにおいて金沢医科大学病院医師、栄養士や河北地区糖尿病協議会ほかの協力で健康フェアが開催された。

■写真はレインボーブリッジの参加者

180520utinada-8

■写真は能登海浜自転車道の参加者

180520utinada-9

■写真は恋人の聖地オブジェ&幸福の鐘

180520utinada-11

朝は雲がかかり肌寒かったが、10時頃から気温も上がり、晴天でさわやかな絶好のウオーキング日和のなか、参加者は内灘のレインボーブリッジ、恋人の聖地の幸福の鐘やアカシア、白山眺望など十分に満喫した。

■写真は

180520utinada-12

■写真は健康フェア

 

三世代の集い「手つなぎウオーク」が開催された!

180519yurin-2

三世代の集い「手つなぎウオーク」が開催された!

5月19日(土)金沢城公園三の丸広場発のゆーりんピック2018・オープニングイベント親子三代の集い「手つなぎウオーク」が350名の参加者で開催された!

■写真は出発式

180519yurin-4

出発式が行われ、その後Aコース金沢城探検隊約(3キロ)Bコース歴史訪探ガイドウオーク(5キロ)、Cコース百万石コース(約5キロ)3コース別にスタートした。

■写真は橋爪門の参加者

180519yurin-5


筆者はAコースに参加して三の丸広場から橋爪門~辰巳櫓跡~本丸跡~戌亥櫓跡三十間長屋~二の丸広場~玉泉院丸庭園~新丸広場~河北門~北園地にゴールした。

朝は雨が降り心配したが、出発式の頃には雨がやみ、三世代の方も多参加され、親子、三世代絆を深めた大切な時間でした。


■写真は鶴丸倉庫前の参加者

180519yurin-6


■写真は本丸跡の参加者

180519yurin-8


■写真は旧第六旅団司令庁舎前の参加者

 

180519yurin-10

■写真は新丸広場より河北門

第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」運営委員会開催された!

180514utinada-1

第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」運営委員会開催された!

5月14日(月)内灘役場において20日(日)に開催される第9回恋人の聖地「内灘ロマンチックウオーク」~医師・看護師とみんなで歩こう~の運営委員会が開催された。

■写真は会場

180514utinada-2

実行委員会副委員長・運営委員長の西尾眞友氏があいさつし、議長を務めた。開催要項、運営スケジュール、緊急連絡体制、コースの安全管理などのリスク管理、人員配置について検討し質疑応答を行い、20日当日の好天を祈りながら閉会となった。
ぜひ積極的なご参加をお願いいたします。

■写真は挨拶する西尾運営委員長

IWA「夕日寺を歩く~大地の力を感じ自然を守りながら」開催!

180513iwa-2

IWA「夕日寺を歩く~大地の力を感じ自然を守りながら」開催!

5月13日(日)石川県ウオーキング協会は夕日寺里山ふれあい館発着の「夕日寺を歩く~大地の力を感じ自然を守りながら」を50名の参加者で開催した。

■写真は挨拶する大路会長

180513iwa-1

出発式では大路石川県ウオーキング協会会長があいさつし、山口さんがコースの説明、竿下さんがストレッチの指導をしてスタートした。あいにくの雨のなか新緑の夕日寺歩道を歩き、海の見える丘を経由し、どんぐりの道、夕日の道をウオーキングし、雨のため滑る危険性があるため危険で急遽ショートコースのみとなった。

■写真はスタート前の集合写真

180513iwa-3

■写真はスタートする参加者

180513iwa-4

山道でレインウエア着用で汗が出て気持ちのいいウオーキングでした。今度はぜひ天候のいい日に歩きたいコースだ。

■写真はふれあいセンター前の参加者

180513iwa-5

■写真は夕日寺歩道の参加者

180513iwa-6

■写真は休憩する参加者

 

KWA「花シリーズ⑧ 越前大野芝桜ウオーク」開催!

①受付-500

KWA「花シリーズ⑧ 越前大野芝桜ウオーク」開催!

4月29日(日・祝)小松市ウオーキング協会はJR越前大野駅発着で81名の参加者で開催した。

開会式では二川会長の挨拶、担当者によるコース説明と注意事項、準備体操し、10時45分にスタートした。

■写真は受付

②芝桜がきれいです-500
スタート後約1時間で天空の城と呼ばれる大野城に到着、少し早めの昼食を取り、約2キロで上丁(カミヨウロウ)、中丁(ナカヨウロウ)地区に到着。この地区が自主的に芝桜を植えられた大野市の先進地で、広い範囲水田のあぜ道やのり面にはピンク、白の芝桜の咲き誇る農道を進み、乾側小学校に到着。ここからはJR越美北線の牛ケ原駅駅舎の南側斜面やあぜ道の芝桜を近くに眺め、又遠くに残雪の奥越の山並みもあり、その美しさに参加者は感嘆した。

■写真は田園の芝桜を進む参加者

⑤一休み-500
その後、周り結スターション(観光プラザ)に到着。ここでは土産を買などそれぞれ自由時間を過ごし、大野駅には14時40分にゴールした。

■写真は列詰め

⑥奥越の山並みと芝桜-500
■写真は奥越の山並みと参加者

暖かく絶好のウオーキング日和のなか参加者は奥越の春を満喫しした。

□情報・写真提供:KWA 村中勝二 氏

 

IWA「加賀百万石ツーデーウオークプレ大会」(男川コース)開催!

IMG_20-500

4月28日(土)29日(日)の2日間IWA特別例会加賀百万石ツーデーウオークプレ大会開催が2日間合計190名の参加で開催された。

この企画は本番の下見を兼ねて、当日はボランティアでコースを歩けないIWA会員にコースのチェック、改善点などを提案していただき当日のコース対応につなげるものです。
29日(日・祝)の出発式では、IWA大路会長のあいさつ、松林専務理事のコース説明があり、24キロコース、16キロコースに分かれてスタートした。

■写真は集合写真

IMG_25-500

■写真はスタートする参加者

IMG_27-500

■写真はにし茶屋街の参加者

IMG_29-500

男川コース24キロコースは金沢駅もてなしドーム地下をスタートし、長町武家屋敷跡~にし茶屋街~大乗寺丘陵公園~前田家墓所~内川スポーツ公園~寺津用水~辰巳用水遊歩道~小立野児童公園~天徳院~鈴木大拙館~兼六園~金沢城公園~金沢駅もてなしドーム地下(ゴール)

■写真は大乗寺丘陵公園の参加者

IMG_30-500

■写真は前田家墓所の参加者

IMG_33-500
■写真は辰巳用水の参加者

□情報・写真提供:IWA広野正芳 氏

 

IWA「加賀百万石ツーデーウオークプレ大会」開催!

IMG_02-500

IWA「加賀百万石ツーデーウオークプレ大会」(女川コース)開催!

4月28日(土)29日(日)の2日間IWA特別例会加賀百万石ツーデーウオークプレ大会開催が2日間合計190名の参加で開催された。

この企画は本番の下見を兼ねて、当日はボランティアでコースを歩けないIWA会員にコースのチェック、改善点などを提案していただき当日のコース対応につなげるものです。
28日(土)の出発式では、大路IWA会長のあいさつ、松林専務理事のコース説明があり、女川コース30キロコース、20キロコースに分かれてスタートした。

■写真は挨拶する大路会長

IMG_06-500

■写真はもてなしドームをスタートする参加者
IMG_07-500

■写真は主計町の参加者
30キロコースは金沢駅もてなしドーム地下をスタートし、主計町~ひがし茶屋街~天神橋緑地~旭橋~太陽が丘ゆうひみ公園~金沢大学角間キャンパス~奥卯辰山公園~卯辰山工芸工房~卯辰山麓寺院群~城北中央公園~金沢勤労者プラザ(ゴール)

IMG_11-500

■写真は太陽が丘ゆうひみ公園の参加者

IMG_12-500
■写真はトンボテラスをスタートする参加者

IMG_14-500
■写真は卯辰山 望湖台

IMG_01-500

■写真は集合写真

□情報・写真提供:IWA広野正芳 氏

 

IWA「金石・大野で銭五をしのぶ」開催!!

180422iwa-1

IWA「金石・大野で銭五をしのぶ」開催!!

4月22日(日)石川県ウオーキング協会は大野湊神社発着で「金石・大野で銭五をしのぶ」を100名の参加者で開催した。
出発式では山口さんのあいさつとコース説明、竿下さん指導のストレッチで9時過ぎにスタートした。

■写真はストレッチする参加者

180422iwa-2

■写真はスタートする参加者

180422iwa-3

180422iwa-4
本龍寺では参拝と銭屋五兵衛の墓や芭蕉の句碑を見学、秋葉神社、専長寺では金沢市指定文化財の山門と名物の松。道入寺経由銭五公園で休憩、集合写真撮影した。

■写真は本龍寺の参加者と芭蕉句碑

180422iwa-6

■写真は専長寺の参加者

180422iwa-7

■写真は銭五公園

180422iwa-8

金石・大野やすらぎの林では大野弁吉旧居碑を見ながら、おおの大橋を渡り、大野お台場公園で休憩。もろみ蔵では醤油蔵の由来、大野歴史の説明を聞き、醤油ソフトを多くの方が食べスタート、大野湊神社には12時前に予定通りゴールした。

■写真は大野小学校前の参加者

180422iwa-9

季節外れの気温24度のなか、さわやかな風にめぐまれ、参加者は風情のある金石・大野を満喫した。

180422iwa-10

■写真はもろみ蔵の参加者

(完)

KWA「竹の子の里と憩いの森を歩く」が開催された。

①受付500

KWA「竹の子の里と憩いの森を歩く」が開催された。

4月14日(土)小松市ウオーキング協会は道駅こまつ木場潟発着で第285回例会「竹の子の里と憩いの森を歩く」を100名の参加者で開催開催した。

■写真は受付

③小松バイパス - コピー500

開会式では協賛の道の駅駅長さん、スポーツアルペンさんと二川会長のあいさつ、準備体操のの後スタートした。道の駅をスタートし小松バイパス側道から竹の子の森、マウンテンバイク管理棟を過ぎるとかなり急傾斜の階段があった。

■写真は小松バイパス側道の参加者

④マウンテンバイク場 - コピー500

里山ロード、憩いの森、若杉堤、憩いの森管理棟では水芭蕉の花などこの時期の植物を観賞。千木野町では春祭りの行われており、軽トラに乗せられ御神輿や子供獅子舞等も見ることが出来た。

■写真はマウンテンバイク場の参加者

⑥憩いの森500

■写真は憩いの森の参加者

⑦若杉堤500

ゴール後、道の駅より提供の竹の子、小松特産の蛍米、トマトカレーなど数多くの景品で、司会の森さん、堀さんと中木戸さんによるのお楽しみ抽選会が行われた。

■写真は若杉堤の参加者

⑧農作業お疲れ様500

■写真は農作業中そばのを通る参加者

⑨お楽しみ抽選会500
■写真はお楽しみ抽選会
◇情報、写真提供:KWA 村中勝二 氏

IWA・小松協会例会更新しました!

IWA・小松協会例会更新しました!

○IWAのスケジュールページ

・5/13  IWA「夕日寺を歩く」

・7/29 KWA・IWA合同「越前禅定道・白山平泉寺を訪ねて」

○IWA歩育ページ

・5/19 IWA三世代の集い「手つなぎウオーク」

〇加賀百万石ツーデーウオークページ

・6/3 IWA第15回加賀百万石ツーデーウオーク「歩育コース」

○石川県内のスケジュールページ

・5/20 KWA「白山詣双六② 鶴来周辺」

IWA協賛「美しき能国横断”健康スマートウオーキング”」開催!

180408nomi-1

IWA協賛「美しき能国横断”健康スマートウオーキング”」開催!

4月8日(日)辰口福祉会館発着の能美市ふるさと振興公社主催、IWA協賛の「美しき能国横断”健康スマートウオーキング”」が約100名の参加者で開催された。

■写真は開会セレモニー

180408nomi-3

■写真は根上駅の出発式

180408nomi-2
開会セレモニーでは今回企画の趣旨説明があり、デジカメのフォト講座が開催された。その後準備運動を行いバスで根上駅まで移動、開会式では井出能美市市長が激励のあいさつがあり、Aコース10キロが先にスタート。Bコースはかがさの駅跡までバスで移動した。

■写真はあいさつする井出市長

180408nomi-4
■写真は集合写真の参加者

180408nomi-5
■写真は10キロスタートする参加者

180408nomi-6

朝8時ごろからあられ交じりで季節外れの積雪。バス移動中はみぞれが降ったが、スタート時にはやみ、時々小雨模様で旧線路跡の名残桜並木を楽しみながらのウオーキングとなった。
■写真は蟻宮石子八幡神社の参加者

180408nomi-7

180408nomi-8
ゴール後の辰口福祉センターでは弁当が用意され、デジカメで撮ったウオーキングシーンの解説があり、ウオーキングのポイントとクールダウン体操を行い解散となった。

180408nomi-9

■写真は桜並木の参加者

(完)

 

IWA「老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」開催!

180407kakujyu-1-02

IWA「老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」開催!

4月7日(土)石川県ウオーキング協会は鶴寿園発着の共催行事「第3回老人福祉センター鶴寿園お花見ウオーク」を50名の参加者で開催した。

■写真は受付の参加者

180407kakujyu-2

■写真はあいさつする水出鶴寿園館長

180407iwa-3

開会式では水出吉博鶴寿園館長、大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、上田リーダーがコース説明、竿下日本ウオーキング協会指導員のストレッチ、集合写真撮影して、スタートした。

■写真は集合写真の参加者

180407iwa-1

■写真はスタートする参加者

180407iwa-2

額中学校前を通り高橋川遊歩道、あすなろ公園で休憩。馬替上橋、殿屋敷公園で休憩。満願寺川遊歩道、伏見川堰堤、寺地なかよし公園と高尾中央公園、額せせらぎ公園で休憩を取り鶴寿園にゴールした。

■写真は額中学校前の参加者

180407iwa-4

しばらく続いた初夏を感じさせる天気とはうって変って気温10度の小雨が降る大変寒い日になり、手取川支流の高橋川では所々、遅咲きのソメイヨシノは見かけたが、今年は華やかな時期は例年より短く、名残桜と花びらのじゅうたんを踏みながらのウオーキングでした。

180407iwa-5

■写真は高橋川遊歩道の参加者

180407kakujyu-8-78

ゴールすると、おいしいミニカレーが用意され、雨で冷えた体を温め”ホット”した?!

■写真はおいしかったミニカレー

□写真・情報提供 IWA大谷 勝 氏

 

第9回恋人の聖地・内灘ロマンチックウオーク 第1回実行委員会開催!

180404uti-4
第9回恋人の聖地・内灘ロマンチックウオーク 第1回実行委員会開催!

4月4日(水)内灘町役場町民ホールにおいて第9回恋人の聖地・内灘ロマンチックウオーク 第1回実行委員会が開催された。

■写真は会場の内灘町役場町民ホール

180404uti-1

七田稔実行委員長(内灘町ウオーキング協会会長)が開会の辞、川口克則内灘町々長、神田享勉金沢医科大学々長があいさつを述べた。

■写真は開会の辞を述べる七田実行委員長

180404uti-2

七田稔実行委員長が議長を務め、議事進行を行った。第1号議案 事業計画(案)、第2号議案 収支予算(案)第3号議案 実行委員会(案)を審議し、承認された。

■写真はあいさつする川口内灘町々長

西尾眞友金沢医科大学教授が閉会の辞を述べて散会した。

180404uti-3

ロマンチックウオークの内容は5月20日(日)午前9時開会式で12キロ、8キロ、4キロの3コースで開催。ふれあい健康フェア、内灘町特産品・飲食ブースも同時開催される。
5月14日(月)には運営委員会を開催し、大会当日に向けた運営・進行に関する打合せを行う。

■写真はあいさつする神田金沢医科大学々長

IWA柴山潟一周ウオーク開催!

181325iwa-2

IWA柴山潟一周ウオーク開催!

3月25日(日)石川県ウオーキング協会は柴山潟湖畔公園発着でかがウオーキングクラブ歩歩と共催「柴山潟一周ウオーク」を165名の参加者で開催した。
今回はかがウオーキングクラブ歩歩の200回例会を記念し企画したもので、コース企画をはじめ駐車場の誘導などかがウオーキングクラブ歩歩の皆さんにはお世話になりました。

■写真はあいさつする大路会長

181325iwa-1

開会式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長、岡谷吉雄かがウオーキングクラブ歩歩代表があいさつし、松林知一専務理事がコースの説明、竿下るり子さんの指導でストレッチを行い、9時過ぎに雪の科学館前をスタートした。

■写真はあいさつする岡谷代表

180325iwa-4

□斎藤実盛の首洗池
寿永2年(1183)倶利伽羅の戦いで敗走した平家軍と木曽義仲の軍が戦った源平の篠原古戦場にある斎藤実盛の首を洗ったとされる、小さな池。

180325iwa-6

□芭蕉句碑
この様子を元禄2年(1689)の奥の細道で訪れた松尾芭蕉は「むざんやな甲の下のきりぎりす」と詠んだ。
■写真は首洗池の参加者と芭蕉句碑
斎藤実盛の首洗池で休憩し、ショートコース(8キロ)と別れショートコースは柴山潟を一周。ロングコースは実盛塚経由、実盛塚駐車場で休憩。源平橋から柴山潟遊歩道をウオークし、ダイヤモンド片山津温泉ソサエティで休憩。片山津温泉街経由愛染寺にお参りし片山津検番、浮御堂で休憩し、12時半ごろ雪の科学館前にゴールした。

180325iwa-7

■写真は実盛塚の参加者

180325iwa-9

■写真は柴山潟遊歩道の参加者

180325iwa-12-400

180325iwa-13

■写真は愛染寺の参加者

180325iwa-11
■写真は浮御堂

春の訪れのた好天のなか多くの方の参加で絶好のコンディションで楽しい例会でした。

 

 

KWA「春よ来い‼ ワクワクウオーク」開催!!

雪の残る駐車場180311-500

KWA「春よ来い‼ ワクワクウオーク」開催!!

3月11日(日)小松市ウオーキング協会は2月25日予定のだった「春よ来い‼ ワクワクウオーク」をイオンモール新小松発着、100名の参加者で開催した。

■写真は出発式の参加者雪の残る駐車場

出発します180311-500

前日の天気予報では晴だったが、肌寒いなか、寒さなんか吹き飛ばせとの気合で大くの残雪が残る駐車場にて開会式が行われ、あいさつ、ストレッチ後、9時15分に出発した。
■写真は出発式の参加者雪の残る駐車場

道の駅を出ます180311-500

写真は道の駅こまつをスタートする参加者

憩いの森管理事務所180311-500
道の駅こまつの駐車場にも残雪があり、憩いの森では多くの雪害が見られた。その後、天気予報に関わらず雨が降ってきたが、そこは用意周到な皆さん即対応し、小松市立登窯展示館を経由して全員元気にイオンモール新小松にゴールした。

コース:Aコース13キロ、Bコース9キロ

■写真は憩いの森管理事務所の参加者

雨も上がりました180311-500

■写真は小松市立登窯展示館の参加者

◇情報・写真提供:KWA村中勝二氏

 

IWA 「城北水質管理センター施設見学ウオーク」開催!

180228iwa-1-2

IWA 「城北水質管理センター施設見学ウオーク」開催!

2月28日(水)石川県ウオーキング協会は金沢駅もてなしドーム地下発着の「金沢市城北水質管理センター施設見学ウオーク」を平日にもかかわらず75名の参加者で開催した。2月の大雪でコースの残雪がまだあり、10キロコースを断念し、5キロコースのみで行われた。

■写真はあいさつする大路会長

180228iwa-1

■写真はスタートする参加者

180228iwa-3-2
出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、リーダーの上田さんがコース説明、竿下さんがストレッチを指導して、9時過ぎにスタートし昭和44年(1969)に金沢市で初めて開始した城北水質管理センターでビデオによる説明、施設の幾多の改良、地球環境にやさしい施設であることが理解できました。

■写真は説明を聞く参加者

180228iwa-3

180228iwa-4

その後、処理施設や発電施設を見学、質疑応答などを行い、途中勤労者プラザで休憩、集合写真を撮影して、金沢駅もてなしドームに11時半ごろ到着した。

■写真は発電システム見学の参加者

180228iwa-5

■写真は七ツ屋大橋の参加者

180228iwa-6
■写真は勤労者プラザで集合写真

心配された天候も晴れて、穏やかで気温も11度とウオーキング日和でした。

180228iwa-7
■写真は金沢駅金沢港口(西口)の参加者
*写真は500ピクセルの写真がダウンロードできます。原画ご希望の方はIWA事務局にメールにてお知らせください。メールにて送付致します。

 

IWA平成30年通常総会・新年会が開催された!

180204iwa-1

IWA平成30年通常総会・新年会が開催された!

石川県ウオーキング協会は2月4日(日)午前11時より金沢ニューグランドホテルにおいて平成30年通常総会を70名の参加者で開催した。

180204iwa-3

大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、昨年は15周年記念事業石川県縦断ウオーク2017を4月珠洲市から11月加賀市まで合計300キロを12日間で開催し、30名が完歩!また第14回加賀百万石ツーデーウオークはのべ3,570名の参加者、登録数過去最高の2,603名を記録し、メディアをはじめ会員のご支援・ご協力にお礼を述べた。

その後、大路会長が議長を務め第1号議案平成29年事業報告、第2号議案平成29年決算報告、出口勲監事より監査報告、第3号議案平成30年事業計画案、第4号議案平成30年活動予算案、第5号議案定款一部変更、第6号議案役員一部変更が審議され承認された。

180204iwa-4

総会終了後、石川県縦断ウオーク2017の12日間完歩賞、10回以上、6回以上の完歩者が表彰され表彰状と副賞が代表の寺賀孝さんに大路会長より贈呈された。
180204iwa-14

午後12時半より新年会が開催され、大路会長のあいさつ、片山達也・石川県スポーツ振興課長より谷本知事の祝辞をいただき、毛利達彦・金沢市スポーツ振興課長のあいさつ乾杯の音頭で開宴した。

180204iwa-7

野本正人金沢市会議員、西本東介石川県ウオーキング協会副会長(北國新聞事業局事業部長)、田谷陽司北陸放送事業局長、中田稔也テレビ金沢事業局事業・コンテンツ部長、金丸和弘石川県ノルディック協会会長のあいさつがあり、谷内廸子石川県ウオーキング協会副会長が中締めを行いお開きとなった。

180204iwa-8

180204iwa-9

180204iwa-10

180204iwa-13

今回初めての金沢ニューグランドホテルでの総会・新年会が開催されいい雰囲気の中、会員相互の情報交換と親睦を高めた。この冬最大寒波の中ご来場ありがとうございました。
180204iwa-15

第15回百加賀百万石ツーデーウオーク スタッフのお願い!

第15回百加賀百万石ツーデーウオーク スタッフのお願い!

6月2日(土)~3日(日)金沢駅もてなしドームを主会場に行われる第15回百加賀百万石ツーデーウオークのスタッフ6月1日(金)~4日(月)の募集をいたします。詳細は下記(PDF)をご覧ください。

募集詳細(PDF)

〇4月28日-29日「加賀百万石ツーデーウオーク プレ大会」アップしました。

「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」スポーツエントリーでの申し込みを開始しました。

15回HTDWパンフp1-400

「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」スポーツエントリーでの申し込みを開始しました。

〇「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」の魅力!
歴史都市金沢は北陸新幹線開業でさらに“かがやき”を増している。
金沢の魅力は藩政期より明治、大正、昭和、平成の時代重層(歴史)が楽しめる事でしょう!
それは建築物や伝統工芸、芸能、和菓子や茶の湯、グルメなどがあり、奥が深いのが楽しい!
2日(土)には第67回金沢百万石行列も楽しめます。金沢・石川を満喫しませんか?

□スポーツエントリ―「第15回加賀百万石ツーデーウオーク」ページ

□第67回金沢百万石祭りページ

IWA「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」開催!

iwa180114-2

IWA「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」開催!

1月14日(日)石川県ウオーキング協会はしいのき迎賓館発着で「初詣でウオーキング願掛け寺・金沢神社・巡り」を積雪56センチのなか70名の参加者で開催した。

■写真は出発式の参加者

iwa180114-1

出発式で大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、コース説明、ストレッチをして、9時半にスタートした。片町、寺町寺院群六斗広見経由願掛けで有名な曹洞宗香林寺にお参りし、お寺の説明を聞き、本堂の座敷にある加賀友禅作家人間国宝の木村雨山さんの花鳥風月を描いた約80点の作品を鑑賞した。

■写真は出発式で挨拶する大路会長

iwa180114-3
■写真はスタートする参加者

iwa180114-4
■写真は犀川大橋の参加者

iwa180114-5

iwa180114-6
■写真は光林寺本堂

iwa180114-8

その後、開運を願うだるま石像・十二支像を配した小道「幸福の道」があり自分の干支の石像を参ると願が叶とされる庭園をお参りした。

iwa180114-9

■写真は桜橋を渡る参加者

iwa180114-10

また、金澤神社では宮司さんの神社の説明と普段は一般公開されていない拝殿天井に描かれた「白蛇龍神(はくじゃりゅうしん)」を鑑賞した。雪道のため予定より遅くなったが12時過すぎしいのき迎賓館にゴールした。

■写真は金澤神社拝殿

iwa180114-11
■写真は拝殿の白蛇龍神

 

KWA「新春ウオーク 5社巡り」開催!

②開会式-500

KWA「新春ウオーク 5社巡り」開催!

1月7日(日)小松市ウオーキング協会は小松駅発着で「新春ウオーク 5社巡り」を160名の参加者で開催した。

開会式では二川会長が新年のあいさつ、昨年の御礼、今年の参加お願いがあり、準備体操、注意事項、次回例会案内などの後、9時スタートした。

■写真は開会式

-500

北陸線の東側を進み、北陸新幹線の工事個所横を小松天満宮に向かい天満宮で参拝。梯川の拡幅工事により設けられた分水路の堤防上から芦城公園、兎橋神社では日曜日でもあり参拝者多くにぎやかであった。

■写真は小松天満宮の参加者

⑥日吉神社参拝-500
末広運動公園から日吉神社、須天町の熊野神社、本折町の多太神社で参拝。昨年春にオープンしたイオンモール新小松店、沖町光町などを経由しゴールした。

⑧イオンに向かいます-500
朝は冷え込みが厳しい中、心配された雪、風も無く、冬場の中では恵まれた好天となり参加者も大変多く、本年例会の盛況を予測できる新春ウオークになりました。
歩行距離:Aコース 12km Bコース 8km
■写真はイオンに向かう参加者

□写真・情報提供:KWA村中勝二氏

UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

180108uwa-3

UWA「新春・初詣ウオーク」開催!

1月8日(祝)内灘町ウオーキング協会は「新春・初詣ウオーク」を金沢駅もて
なしドーム広場発、鶴来駅ゴールで42名の参加者で開催した。

180108uwa-1

もてなしドームにて出発式を行い、予想を超える参加者で用意した地図が足りな
くなり、急遽コンビニでコピーするうれしい状況になった。
金沢駅を出発し、尾山神社を参拝、その後野町駅へ 電車で鶴来駅へ、鶴来の街
は心配していた雪も無く、小雨の中を白山ひめ神社、金剣宮を参拝して鶴来駅ゴ
ールした。

□写真・情報提供:UWA七田稔氏、橋本吉昭氏

KWA納会ウオーク「小松北部の文化を訪ねて」開催!

②開会式-500

KWA納会ウオーク「小松北部の文化を訪ねて」開催!

12月3日(日)小松市ウオーキング協会はJR小松駅西口発着で110名の参
加者で開催した。

開会式では二川会長から今年一年のご参加の御礼と来年も積極的な参加お願いの
挨拶があり、ストレッチの後スタートした。小松駅から梯川まで、北陸新幹線の
の敦賀延伸に向けて建設が進む工事現場の横を進んだ。

■写真は開会式

③新幹線工事横を通過-500

■写真は新幹線工事横を進む参加者

④梯川渡ります-500

上小松町からの雪景も冴えた白山を眺めまがらのウオーク後、イオン小松店にて
休憩を取り、野田町にある加賀地方でも有名な蔵元東酒造に到着。帰りは長田会
館にて休憩し、その後小松天満宮を取り囲むように築造された梯川分水路の堤防
の上から天満宮を見ながら、小松駅には12時半頃ゴールした。

■写真は梯川渡の参加者

⑤蔵元さん-500

■写真は東酒造に入る参加者

⑥白山がきれいです-500

今年1年、小松市ウオーキング協会の例会は27回開催し参加者合計2,265名で、
多くの皆様に参加頂き誠に有難うございました。

■写真は白山眺望しながら歩く参加者

⑧小松天満宮分水路-500

■写真は天満宮を見ながら進む参加者

□写真・情報提供:KWA村中勝二氏

 

IWA納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」開催!

iwa171203-1

IWA納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」開催!

12月2日(土)石川県ウオーキング協会はJR金沢駅もてなしドーム地下発着の
納会「卯辰山山麓寺院群”心の道”を散策」を90名の参加者で開催した。

開会式で大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、今年の御礼を述べ
た。担当の鶴木さんからコース説明後、ストレッチして9時過ぎにスタートした。

■写真はストレッチする参加者

iwa171203-2

小橋経由して”心の道”のスタート金沢五社小坂神社から藩政期古地図の道を本
光寺、西養寺、宇多須神社へ、天神橋を渡り、静明寺でショートコースと別れ、
白鳥路からは自由歩行とし、11時半ごろ金沢駅にゴールした。

■写真はスタートする参加者

iwa171203-3

〇卯辰山山麓寺院群

浅野川に隣接する卯辰山のふもとには、約50の寺社が散在する。卯辰山は金沢
城から見て鬼門(北東)に当たるため、加賀藩はここに寺社を集めて厄除けを行
ったとも言われ、慶長4年(1599)には前田利家を祀る宇多須神社、慶長6年
(1601)には豊富秀吉を主祭神とする卯辰山王社(後の豊国神社)を建立、歴代
藩主の崇敬社とした。

■写真は小坂神社の参加者

iwa171203-4

卯辰山山麓寺院群は入り組んだ山麓にあるため、坂道や長い階段、迷路のような
小路などが続き、四季おりおりに変化に富んだ散策が楽しめる。また、芭蕉の句
碑をはじめ初代中村歌右衛門の碑や宮崎友禅斎など金沢の歴史・文化に足跡を残
した人物の墓碑も多く、文学散歩・史跡めぐりにも絶好の地となっている。

■写真は妙圓寺の参加者

iwa171203-5

■写真は全性寺前の参加者

iwa171203-6

■写真は西養寺を下る参加者

iwa171203-7

■写真は浅野川左岸の参加者

□情報・写真提供:IWA広野正芳氏

 

 

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

①新入会員紹介-500

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

KWA「医師と歩く健康ウオーク」開催される!

11月12日(日)小松ウオーキング協会は木場潟公園中央園地において「医師
と歩く健康ウオーク」を55名の参加者で開催した。

今回の企画は、岡本拓也先生小松市民病院内科医師に、ご参加頂き途中ミニ健康
講座を開くという今までに無いユニークな例会となった。

■写真は開会式での新入会員紹介

③先生のご家族と-500

スタートは木場潟公園中央園地で北園地、西園地と半時計回りのコースです。岡
本先生はご家族で参加されました、途中我々のスピードの速いのに驚かれていま
した。

西園地では岡本先生の専門分野で有る糖尿病、その治療や予防についてミニ講座
があり、参加者は関心のある方が大多く、お話の終了後多くの質問があり、丁寧
なお答えを頂いた。

■写真は岡本先生のご家族

⑤ミニ講座を聞きます-500

その後、南園地に進み、船小屋を過ぎてBコースと別れ。岡本先生は小さい子供
さんが同行されているのでBコースを選択された。Aコースは道の駅こまつ木場
潟を経由し中央園地ゴールした。距離はAコース11キロ、Bコース7キロ

■写真は講座を聞く参加者

⑥岡本先生を中心に-500

当日はお天気も良く絶好のウオーキング日和で、参加者は白山眺望できた木場潟
の自然を満喫した。

■写真は岡本先生を囲む参加者

⑦道の駅到着-500

■写真は道の駅の参加者

□情報・写真提供:KWA村中勝二氏

IWA「石川県縦断ウオーク2017 12日目」最終回小松市役所スタート! その2

171122jyudan-14

IWA「石川県縦断ウオーク2017 12日目」最終回小松市役所スタート! その2

コマツ粟津工場、ジェイ・バス工場前を通り、月津会館で休憩。七曲跡を進み動橋
地区会館で昼食を取り、JR動橋駅でコマツ協会のショートコースの方と別れ、J
R加賀温泉駅で、かがウオーキングクラブ歩歩の12名と合流しスタート、菅生石
部神社で休憩。シメノドラックでキッズランド「いなみえん」45名と合流し加賀
市役所に午後3時過ぎゴールした。かがウオーキングクラブ歩歩の方の誘導並びに

■写真は串川公園スタートの参加者

171122jyudan-15

■写真はコマツ粟津工場前の参加者

171122jyudan-16

■写真は動橋地区会館スタートの参加者

171122jyudan-17

■写真はJR動橋駅

171122jyudan-19

かがウオーキングクラブ歩歩のメンバーの誘導、飲み物のおもてなしを受けました。
ありがとうございました。

■写真はキッズランド「いなみえん」の園児たちと合流

加賀市役所では山下正純副市長の激励のお言葉をいただき、岡谷吉雄かがウオーキ
ングクラブ歩歩会長があいさつし、大路石川県ウオーキング協会会長が19市役所、
町役場合計300キロ踏破、延べ約1200名の参加者や市役所の方に御礼を述べ、
山下副市長に15周年記念、歩育ポスターを贈呈した。

171122jyudan-21

当初の天気予報では雨であったが、寒かったものの加賀市役所手前で小雨が降りだ
した程度で最終回にふさわしいウオーキング日よりでした。

■写真は完歩を祝う万歳三唱

171122jyudan-22yamasita

なお、珠洲市役所から加賀市役所までの12日間300キロを完歩しウオーカーは
約30名でした。皆さん完歩おめでとうございます。

■写真は山下副市長

171122jyudan-23okaya

■写真は岡谷かがうおーきんぐクラブ歩歩会長

171122jyudan-25

■写真はポスターを山下副市長に贈呈

171122jyudan-26-500

■写真は踏破記念集合写真

(完)

 

IWA「石川県縦断ウオーク2017 12日目」最終回小松市役所スタート! その1

171122jyudan-4

IWA「石川県縦断ウオーク2017 12日目」最終回小松市役所スタート! その1

石川県縦断ウオーク2017は石川県ウオーキング協会創立15周年を記念し、4
月11日珠洲市役所をスタート。11月22日加賀市役所まで県内19の全市役所、
町役場の300キロを歩いて、県協会の活動をアピール、ウオーキングを通じた健
康づくりと元気なふるさとづくりを呼び掛ける。

■写真は出発式

171122jyudan-2

 

■写真は大路IWA会長

171122jyudan-3

小松市役所では犬丸保育所園児25名、と本体80名の参加者で出発式が行われ、
大路孝之石川県ウオーキング協会会長あいさつ、和田愼司小松市長の激励のお言葉
をいただき、二川忠雄小松ウオーキング協会会長があいさつし15周年記念、歩育
ポスターを和田市長に贈呈した。ストレッチの後、集合写真を撮影。9時過ぎ犬丸
保育所園児を先頭に和田市長他市職員の皆さんのお見送りでスタートした。

■写真は和田市長

171122jyudan-5

■写真は二川小松ウオーキング協会会長

171122jyudan6-500

■写真は集合写真

171122jyudan-7

犬丸保育所園児と兎橋神社前でアーチでお別れし、寺町経由田園の中を歩き串川緑
地公園で休憩。

171122jyudan-9

■写真はスタートする参加者

171122jyudan-10

■写真は寺町の参加者

171122jyudan-11

■写真は

171122jyudan-12

■写真は田園の中を進む参加者

171122jyudan-13

■写真は雲のかかった白山

(つづく)

 

IWA・KWA共催「古墳時代~戦国時代の七尾を辿る」が開催された!

171119iwa-1

IWA・KWA共催「古墳時代~戦国時代の七尾を辿る」が開催された!

第150回記念石川県ウオーキング協会・七尾ウオーキング協会合同例会「古墳時代~戦
国時代の七尾を辿る」が七尾市道の駅能登食祭市場発着で60名の参加者で開催された。

今回は七尾ウオーキング協会との合同開催で、国史跡探訪シリーズの2回目として七尾
市内にある万行遺跡(古墳時代)、能登国分寺跡(平安時代)、七尾城跡(戦国時代)
を訪ねます。能登国の中心であった七尾の長い歴史に思いを馳せる企画です。

■写真は出発式

171119iwa-2

出発式では松林石川県ウオーキング協会専務理事のあいさつ、廣里七尾ウオーキング協
会事務局長のあいさつとコース説明で9時過ぎにスタートした。

■写真はスタートする参加者

171119iwa-4

■写真は万行遺跡にて

171119iwa-5

171119iwa-6-500

最初は七尾軍艦所跡を経由、国史跡万行遺跡、希望の丘公園で休憩集合写真を撮影。日
本百名城で畠山氏居城の山城で国内随一と言われる七尾城の七尾城史資料館で休憩。

■写真は希望ヶ丘公園の集合写真

171119iwa-7-500

その後、運動公園経由国史跡能登国分寺跡で休憩し能登食祭市場に12時過ぎにゴール
した。コース12キロ

■写真は七尾城史資料館にて

171119iwa-8-500

この冬一番の寒さで、金沢でも初雪を観測し、完全防備の参加者は雨のスタートになり、
万行遺跡のあたりから晴れてきて最後の史跡能登国分寺をスタートして、再度雨が強く
なった。

■写真は七尾市運動公園の参加者

171119iwa-9-500

■写真は史跡能登国分寺跡にて

(完)

*写真をクリックすると500ピクセルの写真がダウンロードできます。原画ご
希望の方はIWA事務局にメールにてお知らせください。送付致します。

IWA「西部緑地公園・歩育楽校」開催された!

西部緑地①-500

IWA「西部緑地公園・歩育楽校」開催された!

「子育て支援メッセ」の共催事業として3回目となる西部緑地公園・歩育楽校が11月
12日(日)石川県産業展示館4号館開催されました。
秋晴れのなか約50名の親子が日本野鳥の会石川のインストラクターの誘導で鳥の鳴き
声を聞きわけたり、秋の拾い物としてドングリや色鮮やかな木ノ葉を拾いながら約3キロ
の公園外周コースを楽しく歩きました。

西部緑地②-500

途中の芝生広場では県レクリエーション協によるニュースポーツ遊具の遊びタイムを交
え、2時間ほどの外歩きを楽しみました。親子でしっかり手をつなぐ姿や芝生広場で元気
に遊ぶ姿など親子の絆を深める機会となり、歩いたあとは子育て支援メッセを楽しみました。

■情報・写真提供:IWA 寺西一雄 氏

 

IWA「角間里山四季の森・歩育楽校」開催された! 

角間①-500

IWA「角間里山四季の森・歩育楽校」開催された!

7回目となる「角間里山四季の森・歩育楽校」は11月4日(土)「角間里山まつり」
の共催事業として金沢大学創立50周年記念館「角間の里」で開催されました。

角間②-500

前日の秋晴れから一転、小雨の天候ながら出発式の大路会長の激励のもと、親子約90
名が金沢キャンパスの里山をどんぐり拾いや様々な形の落ち葉拾いなど自然観察を交えて、
傘をさしたりレインコートを着込み元気に歩きました。途中で豪雨となり早めにゴールと
し、里山まつりの温かいコケ汁を楽しむ姿もみられ、子どもたちには天候の変化を体験す
る機会ともなりました。

■情報・写真提供:IWA 寺西一雄 氏