「目の疲れ・眼精疲労」に効く漢方

最近のデスクワークはパソコンでするのが当たり前。日中はパソコンの画面を眺め、さらにプライベートな時間もスマホを手放さない――。こんな生活を続けると、当然目も疲れます。慢性化すると、視界がかすんだり、頭痛や肩こりなどの不調を引き起こすこともあります。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「目の疲れ・眼精疲労には、五臓の『肝』が深く関わっています。漢方では、肝の気血を漢方薬で調整することにより治療を進めます」と話します。

「目の疲れ・眼精疲労」に効く漢方

最近のデスクワークはパソコンでするのが当たり前。日中はパソコンの画面を眺め、さらにプライベートな時間もスマホを手放さない――。こんな生活を続けると、当然目も疲れます。慢性化すると、視界がかすんだり、頭痛や肩こりなどの不調を引き起こすこともあります。幸福薬局の薬剤師、幸井俊高さんは、「目の疲れ・眼精疲労には、五臓の『肝』が深く関わっています。漢方では、肝の気血を漢方薬で調整することにより治療を進めます」と話します。

Experiment 01 — Smooth Scrolling

The first experiment of the Mobile+AI Lab is around the scrolling experience in the mobile app.

The main purpose of the Feedly mobile app is to allow you to quickly skim through 50 to 100 articles, pick and read 3 to 10 of them, and share or save the most interesting ones.

How easily and naturally you skim through articles is the most important part of the experience.

In the existing Feedly mobile app, we have a paged scrolling experience — mainly for performance reasons.

Given that we are starting the new Feedly mobile application from scratch, we thought that it would be interesting to explore a smooth scrolling experience and see if it makes skimming through 50 to 100 articles more seamless and effortless.

Questions for the Lab participants:

Question 1. Download the Feedly Lab iOS app and log into your Feedly account. Scroll through your Today stream, and then let us know if the new scrolling experience feels better than the current paged scrolling.

Question 2. On average, how many articles can you scroll through before your eyes get tired?

—Looking forward to talking more about this in the Lab Slack channel!

-Edwin

Love the Web? Love reading? Join the Feedly Mobile+AI Lab initiative

Introducing the Mobile+AI Lab

The Feedly mobile app was created during the Google Reader shutdown storm. During the past 5 years, the app has delivered on its promise and helped millions of curious minds connect to their favorite sources and topics on the go.

Today we are launching an initiative called the Mobile+AI Lab. In our minds, this is an opportunity to work with you, the Feedly community, to create a faster, simpler, and smarter Feedly.

We’re inviting 100 Feedly mobile users to join the Lab and work closely with the design and dev team as we explore new ideas.

We want this process to be as open and collaborative as possible.

We will be pushing a new Lab app and updating it every week or so with your features and experiments. We are starting with iOS in July and plan to expand to Android in August.

Conversations between the Feedly team and the community will happen on Slack, where we will collect ideas and feedback. We think this will help us iterate quickly and create a meaningful dialogue.

If you love the web and you love reading, this is a unique opportunity to have a big impact on what the next version of Feedly looks like. Click the button below to get started with a short survey:

Join the Feedly Lab

We’re happy to have such a caring, engaged community. It’s exciting to connect with you, our customers. We can’t wait to learn from you.

– Edwin, Petr, Emily, Dallas, John, Clement, Eduardo, and Marina

 

同じ部分の筋肉を鍛えるなら、最低2~3日はあけた方がいい

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、無駄な脂肪が落ち、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、残念ながらすべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉やトレーニングの正しい知識をやさしく解説していきます。第9回のテーマは「超回復」について。トレーニングをして筋肉が疲労した後、回復する過程で前のレベルを超えることを一般に超回復と呼びますが、これは実際に起こっている現象なのでしょうか。

同じ部分の筋肉を鍛えるなら、最低2~3日はあけた方がいい

筋肉こそ生命活動の原動力。筋肉が活動的になれば、代謝が活性化し、無駄な脂肪が落ち、健康で元気な体になります。世の中にはいろいろな「筋肉の常識」がありますが、残念ながらすべて正しいとは限りません。本連載では、筋肉博士・石井直方先生が、筋肉やトレーニングの正しい知識をやさしく解説していきます。第9回のテーマは「超回復」について。トレーニングをして筋肉が疲労した後、回復する過程で前のレベルを超えることを一般に超回復と呼びますが、これは実際に起こっている現象なのでしょうか。

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

thumbW480_photo1

「スポーツオーソリティ新小松店ウオーキングステーション」開設!!

小松市のイオンモール新小松内に、石川県では唯一の「ウオーキングステーション」がオープンしました。
このステーションには500選コースを含む3つのイヤーラウンドコースが用意されており、だれでも自由に楽しく歩いて、日本市民スポーツ連盟からIVVの認定(距離、回数)が受けられます。利用料は一人1回200円です。ぜひご利用ください。

◆ウオーキングステーションの名前
スポーツオーソリティ新小松店 (電話0761-58-0290)

◆ウオーキングステーションの場所
〒923-0861 小松市沖周辺土地区画整理事業区域内20街区 イオンモール新小松3F
(JR小松駅から南東に2.3㎞、歩いて約30分)

□スポーツオーソリティ新小松店ホームページ

□詳細PDF

「長生きする食事」は里芋、青魚に、野菜を1日“4色”

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに、若返りホルモンを出し、老化ホルモンを抑えるための食事術について解説していただこう。

「長生きする食事」は里芋、青魚に、野菜を1日“4色”

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに、若返りホルモンを出し、老化ホルモンを抑えるための食事術について解説していただこう。

@adidasfun

米国内ではインドアサッカーがあまりに普及しているため、一部の盛んな地域を除き、フットサルの認知度は低い。フットサルのアメリカ代表は、このMISLの選手達で構成されている。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

@adidasfun

ゴールクリアランス。ゴールラインを割ったときに最後に触れた選手が攻撃側だった場合、守備側のゴールキーパーがペナルティエリアの任意の地点からボールを投げる。直接ゴールに入れても得点とはならない。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

室伏広治さん「体が欲しているものを見つけるのもトレーニング」

2004年のアテネ五輪で金メダル、2012年のロンドン五輪では銅メダル、2011年に韓国のテグで行われた陸上の世界選手権では36歳という大会史上男子最年長での金メダルを獲得した室伏広治さん。四半世紀にわたり、第一線で結果を出し続けた理由の一つに「集中力」を挙げる。集中力を高め、維持し続けるために室伏さんはどうやってきたのか。

室伏広治さん「体が欲しているものを見つけるのもトレーニング」

2004年のアテネ五輪で金メダル、2012年のロンドン五輪では銅メダル、2011年に韓国のテグで行われた陸上の世界選手権では36歳という大会史上男子最年長での金メダルを獲得した室伏広治さん。四半世紀にわたり、第一線で結果を出し続けた理由の一つに「集中力」を挙げる。集中力を高め、維持し続けるために室伏さんはどうやってきたのか。

@adidasfun

「リーガ・ナシオナル」と呼ばれる全国リーグの他、各州でプロリーグが盛んに行われ、スペインやイタリアのフットサルチームに移籍する選手も多い。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

「いつの間にかストレートネック」が腰・膝の痛みも招く!

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さん(竹谷内医院院長)が指南します。今回のテーマは、「ストレートネック」です。

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクを高めない飲酒量は、純アルコールで1週間に約100gが上限であることが、英国の研究で示唆されました。これは、厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」の目安(1日平均20g、1週間で140g程度)よりも低い数字です。

「いつの間にかストレートネック」が腰・膝の痛みも招く!

腰痛や肩こり、首や膝の痛みといった「整形外科的な痛み」の背景にあるのは、座り方や姿勢などの生活習慣。痛みを治し、再発させないための日常的な対処法を、整形外科医でカイロプラクターの竹谷内康修さん(竹谷内医院院長)が指南します。今回のテーマは、「ストレートネック」です。

「安全な飲酒量」今の基準では多すぎる?

死亡リスクを高めない飲酒量は、純アルコールで1週間に約100gが上限であることが、英国の研究で示唆されました。これは、厚生労働省が示している「節度ある適度な飲酒」の目安(1日平均20g、1週間で140g程度)よりも低い数字です。

酒乱になる人、ならない人は何が違うのか?

長年、職場の飲み会などを経験していると、1度や2度は「酒を飲むと人格が豹変する人」に会ったことがあるのではないだろうか。いわゆる「酒乱」だ。宴会が盛り上がって楽しくなるくらいならいいが、度を越すと大きな問題になる。読者の中には「私はもしかしたら酒乱?」と密かに心配している人もいるだろう。そもそも酒乱とは? そして酒乱になる人とならない人は何が違うのだろうか。前後編に分けて、詳しく解説していこう。

寝ても取れない疲れを取るには?

「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

男性ホルモンは「若返りホルモン」だった!

いつまでもハツラツと健康で過ごすためには何が必要だろうか。食事や運動などの生活習慣に気を配ることが、病気を防ぎ、若々しさをキープする秘訣だ。だが、間違った生活習慣を身につけてしまうと、逆に老化が進み、病気のリスクが高まる。鍵になるのは「ホルモン」だ。アンチエイジング医療の専門家である満尾クリニック院長の満尾正さんに解説していただこう。

7月特集のお知らせ

7月に公開される有料記事を紹介する「特集」ページです。今月は2つの特集「『老けない人』の新常識」「30年以上血圧を測り続けた専門医が指南『血圧を確実に下げる極意』」を掲載します。

IWA「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」開催!

180624iwa-1

IWA「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」開催!

6月24日(日)石川県ウオーキング協会は県主催の「スポレク交流大会」行事「アジサイ寺と宗桂会館を訪ねて」をJR森本駅発着にて120名の参加者で開催した!

■写真は出発式の参加者

180624iwa-3

出発式では大路孝之石川県ウオーキング協会会長があいさつし、橋本さんよりコース説明、竿下さんの指導でストレッチを行い9時15分にスタートした。

■写真はスタートする参加者

180624iwa-4

180624iwa-5

■写真は山環森本IC付近の参加

180624iwa-6

宗桂会館では 加賀象嵌と日機装の先端技術、歴史の説明を聞き、アジサイ寺で有名な本興寺では住職と住職夫人の説明を聞き歴史のある寺院であることを認識した。

■写真は宗桂会館の参加者

180624iwa-7

■写真は本興寺で住職の説明を聞く参加者

180624iwa-8

180624iwa-9

その後、山側環状線観法寺パーキングエリアにおいて昼食をとりミニウーキング教室で脈拍測定と歩幅測定を実施し、JR森本駅には午後2時前にゴールした。

■写真は観法寺パーキングエリアの参加者
気温が高いが晴天に恵まれ、森本駅周辺の名所、古刹本興寺を訪ね参加者はいい汗を流した.

180624iwa-10

■写真は観法寺パーキングエリアをスタートする参加者

 

「老化」には糖質の摂取が深く関わっていた!

ダイエットやメタボ対策の定番になった“緩やかな糖質制限”ロカボ。このロカボを提唱したのが糖尿病専門医の山田悟さんです。本連載では、「食べる喜びをしっかり味わいながら健康になる」ことが何よりも大事、と話す山田さんが、ロカボについて医学的根拠から説き起こし、わかりやすく伝えていきます。今回のテーマは「老化の防止」。ロカボの実践は、肌はもちろん、血管、骨、内臓など全身の老化スピードを抑えていくことにつながるのです。

@adidasfun

選手が退場を命じられた(レッドカードを提示された)ことによりピッチ上の選手数が減ったチームは、その退場から2分経過後、あるいは相手チームよりも人数が少ない状態で失点した場合に選手を一人補充できる。 #フットサル #サッカー #ユニフォーム

【尿の色が変わった】血尿は膀胱がんのサイン!?

私たちの体は異変を生じたとき、さまざまなサインを発する。それは、痛み、吐き気、出血などの自覚症状のこともあれば、健康診断の検査結果に表れることもある。このような体から得られる情報をどう理解するかが健康を守るために重要だ。今回は、尿の色が変わったときに疑われる疾患について紹介する。

食中毒、実は多い鶏肉由来 鳥刺しは注意、焼き鳥も…

高温・多湿となる梅雨時から夏にかけては、細菌性の食中毒が増える時期。近年は特に、鶏肉に多く見られる「カンピロバクター」による食中毒の割合が上昇しているという。そこで、意外と知られていないカンピロバクターによる食中毒に関する情報を中心に、気をつけたい食中毒予防の落とし穴について解説していただいた。

スポーツで上達したいなら“能書き”が大事!

テレビ界きっての多趣味人で、博識の石原良純さん。50代で人生により磨きをかける日々の中で感じている、カラダのこと、天気のこと、そしてニッポンのこと。何事も前向きに生きれば、日々是好転! 梅雨真っ只中のこの季節、石原さんが最も熱中しているのが「テニス」。先日も大学以来のライバルに完勝しました。この完全勝利には、理論で裏付けられたワケがあると石原さんは話します。

アルコール依存症の人は、頑なに依存症だと認めない

お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。果たして、依存症にならずに健康的にお酒を飲むにはどうしたらいいのか。「元アル中」コラムニストの小田嶋隆さん、酒ジャーナリストの葉石かおりさん、肝臓専門医の浅部伸一さんが語り合います。