カテゴリー: LOUNGE

フィンランド近代美術に革新を起こした女性芸術家7人の展覧会|ART

2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)の期間、東京・上野にある国立西洋美術館新館展示室にて、「日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」の開催が決定。本展は、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催される展覧会だ。続きを読む…

続きを読む
 

ヴィンテージ・ロレックス100本を撮り下ろしたアートブック『ART of ROLEX』|BOOK

ヴィンテージ・ロレックス専門店として名を馳せるクォークが、あまりにも貴重で、もはや値が付けられず、店頭で販売せずに非売品として所蔵し、一部予約制として好事家へごくわずかに限定公開してきた非常に貴重なヴィンテージ・ロレックスを、美術出版社が500部限定の豪華本としてリリースしました。続きを読む…

続きを読む
 

アマン東京にて、食材にまつわる音を楽しむ新感覚ディナーイベント開催|AMAN TOKYO

アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」にて、旬の食材をふんだんに使った料理とゲストソムリエによるワインペアリングとともに、食材が一皿の料理となるまでのストーリーを、調理時や収穫された土地で収録した“音”を聴きながら味わうスペシャルイベント『CONCENT by Aman Tokyo -食の景観-』が、2019年4月26日(金)、27日(土)、28日(日)の3日間限定で開催される。続きを読む…

続きを読む
 

2018年リリース作品を総括!“UK新世代ジャズ”傑作選

 “UK新世代ジャズ”ムーブメントの中でも近年特に注目を集めるのがロンドン、とりわけサウス・ロンドンを中心としたアーティストたち。ここで紹介する2018年度リリースの作品も、ほとんど南ロンドン周辺勢が占める形だ。そんな作品群を語る上で重要なのが、今年2月にジャイルス・ピーターソンの「ブラウンズウッド」からリリースされたオムニバス作品『We Out Here』である。続きを読む…

続きを読む
 

【三宅 純】大作の“完結”から1年「今はニュートラルな状態を楽しもうかなと思っています」

パリを拠点に世界的な活躍を繰り広げる音楽家、三宅純。自身のライフワークとも語っていたアルバム「Lost Memory Theatre」三部作を完結させる『Lost Memory Theatre act-3』を、2017年11月に発表し、同じタイミングで「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」に出演。以来、1年ぶりとなる日本公演を直前に控え、また、話題の映画や舞台音楽でも多忙の本人をインタビュー。近況を聞いた。続きを読む…

続きを読む
 

映画『バスキア、10代最後のとき』─監督サラ・ドライヴァーが語る「あの頃のNYとバスキア」

27歳でこの世を去り、現代アートの伝説として語り継がれる存在になったジャン=ミッシェル・バスキア。いまやその人気は、彼が憧れたアンディ・ウォーホルを凌ぐほどだが、そんなバスキアが“まだ何者でもなかった頃”に焦点を当てたドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が公開される。続きを読む…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第2回「日常を少しだけ贅沢にしてくれる街・神保町」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第2回は、世界最大級の古書店街であり、カレーの激戦区でもあるレトロな街、神保町を紹介する。続きを読む…

続きを読む
 

2019年春の数量限定。はつらつとした個性あふれる春限定のネスプレッソ|Nespresso

コーヒーチェリーの栽培からコーヒーを味わう瞬間までをプロデュースすべく、専門家が手掛けたカプセルコーヒー専用メーカー、ネスプレッソ。個性あふれる豊かな味わいのコーヒー「マスターオリジン」シリーズから、この春、数量限定の「マスターオリジン コスタリカ」が登場した。続きを読む…

続きを読む
 

「酒づくりの神様」と「美食のまち」を堪能する「Saketronomy(サケトロノミー)開催|LOUNGE

石川・小松市、農口尚彦研究所と地元食生産者、そして一流シェフによるコラボレーションが体験できるイベント「Saketronomy」。日本酒の魅力、新しい旅の楽しみを発見する良き機会となる。3月25日に初の開催となった本イベントをリポートする。続きを読む…

続きを読む
 

新連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第1回「人間臭さが充満する街・新宿」

新連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第1回「人間臭さが充満する街・新宿」 「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第1回は、氏の生まれ育った街、新宿をナビゲート。 Photographs and Text by IJIC…

続きを読む
 

展覧会「風景をつくる眼。中原慎一郎が出会ったアート、デザイン、工芸 」|鹿児島県霧島アートの森

1997年、中原慎一郎を中心に結成されたランドスケーププロダクツ。彼らは1940年~60年代のモダンデザインをルーツに新しいものづくりを目指すデザイン集団で、結成以来、国内外多くのプロジェクトに取り組んでいる。中原慎一郎は現在、同社のファウンダーとしてディレクション、ブランディング、イベント監修などを手がける他、2019年4月には地元鹿児島県の霧島アートの森にて自身の集大成とも言える展覧会を控え、準備を進めている。新緑がまぶしい季節、霧島の豊かな森の中でどんな”風景”が見えるのだろう。続きを読む…

続きを読む
 

約100種類ものクラフトビールが取り揃う「The Slop Shop」|LOUNGE

LOUNGE|約100種類ものクラフトビールが取り揃う「The Slop Shop」 コンセプトは”Liquid Gems” 約100種類ものクラフトビールを取り扱う「The Slop Shop」。そのほか、音楽や書籍も揃え、ビールを主体とした新たなライフスタイルを提案する。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) 東京・都立大学駅に、ビールの新しい価値を提案するボトルショップ「The Slop Shop」がオープンした。 コンセプト”Liquid Gems” (液体の宝石)。…

続きを読む
 

深化するホスピタリティ(後編)|TRAVEL

オーストラリアを代表する都市、シドニー。オペラ・ハウス、アーチ頂上まで登るブリッジ・クライムが人気のハーバー・ブリッジなど、アイコニックな建造物でも知られる世界有数の人気観光地だ。さらには、カンガルーやコアラなど固有の動物と出会えるタロンガ動物公園、そして、世界有数のワイン産地としてもしられる繁多バレー、ボンダイやクージーといった風光明媚なビーチ、先住民アボリジニによる岩絵が観られるマークス・パーク、スリー・シスターズと呼ばれる奇岩で有名なブルー・マウンテンズ国立公園など、オーストラリアを体感できる…

続きを読む
 

松田美由紀と聖児セミョーノフによるプロジェクト『S et M』が始動|LOUNGE

女優・松田美由紀さんとシャンソニエ・聖児セミョーノフによるクリエイティブ・プロジェクト『S et M』。活動第一弾として、新機軸のステージ「シネマティック・ライブ・ショー」を開催する。公演は東京、兵庫の2ヵ所で行なわれる。続きを読む…

続きを読む
 

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第27回『僕たちのラストステージ』|試写会にご招待!

映画好きならご存じの2人組コメディアン”ローレル&ハーディ“。サイレントからトーキーへと移行していく映画界でも、活躍し続けた数少ないスターたちで、チャールズ・チャップリンやバスター・キートンと並び世界で愛された存在だ。日本では当時、”極楽コンビ”という名で親しまれており、幸せな笑いを我が国にも振りまいてくれていた。彼らの秘話を描いた映画『僕たちのラストステージ』が公開される。観ると思わず笑顔になってしまうマジカルなギャグコントが再来することも感激だが、笑いの裏でハートウォーミングなドラマが展開してい…

続きを読む
 

EU離脱へ向かおうとするイギリス。その市井の人々を撮影した写真集『EXIT』|KOOMI KIM

2019年3月29日にBOOTLEGより刊行される金玖美の写真集『EXIT』。本作の撮影地であるイギリスは、刊行同日、BREXITーEU離脱へと舵を切る。2016年、国民投票でイギリスは図らずもEUからの離脱を選択した。いわば移民を減らし、多様性を制限しようとするこの動きによって、多文化、多民族への寛容さが失われることを写真家は憂慮し、本作の発表に至った。写真集の発売を記念し、BOOTLEG GALLERYでは写真展「EXIT」を開催。国境やジェンダーを越えた人々と共生しながら撮られた写真は、現実と…

続きを読む
 

沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 |西日本鉄道

福岡を拠点とする西日本鉄道では、2019年3月23日(土)より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行がスタートする。“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、伝統工芸を用いた内装など、沿線の魅力が随所に詰め込まれたこの旅列車は、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュースを担当。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい旅の価値を提供する。続きを読む…

続きを読む
 

沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 |西日本鉄道

福岡を拠点とする西日本鉄道では、2019年3月23日(土)より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行がスタートする。“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、伝統工芸を用いた内装など、沿線の魅力が随所に詰め込まれたこの旅列車は、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュースを担当。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい旅の価値を提供する。続きを読む…

続きを読む
 

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

前回に引き続き、今回もゲストにFPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)の田中知之さんをお迎えして、祐真編集大魔王とトークを繰り広げます。ご自身のキャリアを振り返りながら、90年代半ばのデビュー当時の華やかなエピソードの数々をお話しいただきました。続きを読む…

続きを読む
 

“4つの手”で繰り広げられる、まさにスペシャルなイタリアン|AMAN TOKYO

アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」でイタリア人シェフ、アンドレア・トーレ氏と、アマン東京の総料理長、平木正和氏によるコラボレーションイベント「-Four Hands- Chef Masakazu Hiraki×Chef Andrea Torre」が3月14日(木)から17日(日)の4日間限定で開かれる。続きを読む…

続きを読む
 

スノーリゾート・ニセコで「ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー」 開催|EVENT

今、日本で最もインターナショナルな街といえば、東京でもなく大阪でもなく、北海道のニセコだろう。旅行者の実に8~9割が海外からやって来る。スタイリッシュな建築が立ち並ぶ中心地には、外国語のサインが目を惹き、海外のリゾート地を思わせる。そんな国際的なシーンの中で日本初上陸を果たしたのが、1772年にフランスのランスで創業された老舗シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコによる「CLICQUOT IN THE SNOW 2019 IN NISEKO」。心地よくもエキサイティングな、ヴーヴ・クリコのあるウィンタ…

続きを読む
 

深化するホスピタリティ(前編)|TRAVEL

世界各国で、ホテルの建設が加速している。旅行者は年々増え続け、UNWTO(国連世界観光機関)が発表した海外旅行統計によると、2017年の海外旅行者数(到着地で集計)は前年比7%増の13億2300万人。さらに、2020年時点の海外旅行者数は14億人、2030年時点の旅行者数は年間18億人に拡大すると、長期予測値を発表している。世界中を、様々な文化背景を持った人々が行き来するならば、そのニーズもさらに多様化していくはずだ。それでも、喜びのために旅する者たちの多くが求めるのは、その土地ならではの体験だろう…

続きを読む
 

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(前編)

今回のゲストはDJ/プロデューサーとして国内外で活躍し、ソロプロジェクト「FPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)」名義で音楽活動を行う田中知之さん。ともに京都出身の2人が、お互いのエピソードを交えながら80年代から90年代の京都を振り返ります。続きを読む…

続きを読む
 

10月期の連続ドラマと11月の国際映画祭と・・・|戸田恵子

2018年10月期の連ドラ「僕らは奇跡でできている」。ホームドラマではないけれど、私にとっては久々に家庭の匂いがありました。スタジオで食べる山田さんの料理の美味しいこと美味しいこと。11月、賑やかに第26回キネコ国際映画祭が催されました!期間中、駅から会場までは、様々な楽しいアトラクションもあり、皆さんの笑い声が溢れていました。続きを読む…

続きを読む
 

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第26回『THE GUILTY/ギルティ』

もう長いこと映画を観続けて来ているが、こんな作品と出会えることが、映画鑑賞の醍醐味のひとつなのだとつくづく思う。観客の好奇心、想像力を掻き立て、終演後には深い感慨に浸ることができる。「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな展開は、爽快感や華やかさとは無縁だ。だが、そこには予想だにしないドラマが待ち受けている。続きを読む…

続きを読む
 

東京マラソンを控え、関連イベントが多数開催|EVENT

EVENT|東京マラソンを盛り上げる事前イベント 東京マラソンを控え、関連イベントが多数開催 2019年3月3日(日)に、「東京マラソン2019」が開催される。その事前イベントとして、EXPOやファミリーランなど、多くの関連イベントが開催されることを、ご存じだろうか。マラソンやランニングなど、“走ること”をより楽しめるようになるイベントだ。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) 「東京マラソンEXPO」や家族で参加できるイベントなど “ラン”が楽しめる催しが盛りだくさん 20…

続きを読む
 

自転車とアウトドア。「Bike Trip plus collaborate with groovisions」 |Nicetime Mountain Gallery

東京・幡ヶ谷にオープンしたアウトドアショップ「Nicetime Mountain Gallery」にて、自転車を使ったアウトドアの楽しみ方を提案するイベントが開催される。「groovisions」代表 伊藤弘氏をはじめとするアウトドアツーリングに精通するゲストを招き、トークイベントや「groovisions」デザインの限定アイテムの販売なども行われる。続きを読む…

続きを読む
 

空間のアーティスト、クリスチャン・ボルタンスキーの大規模回顧展|ART

現代のフランスを代表する作家、クリスチャン・ボルタンスキー(1944年~)の活動の全貌を振り返る『クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime』展が、2019年6月12日(水)~9月2日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館にて開催される。期間中は、自らを「空間のアーティスト」と呼ぶ作家自身が展覧会場に合わせて制作したインスタレーションも公開される。続きを読む…

続きを読む
 

ドイツ人作家のアンネ・シュヴァルべ。日本で6年ぶりとなるエキシビションを開催|CURATOR’S CUBE

インテリアショップや飲食店を運営し、審美眼を活かした空間デザインに定評があるランドスケーププロダクツ。彼らが運営するギャラリースペース「CURATOR’S CUBE」にて、ドイツ人作家のアンネ・シュヴァルべのエキシビションが開催される。続きを読む…

続きを読む
 

世紀を越えて作品が邂逅する『ピエール セルネ&春画』展|CHANEL

シャネルは、フランスのアーティスト・ピエール セルネの写真作品と春画を紹介する展覧会『ピエール セルネ&春画』展を、東京・銀座のシャネル・ネクサス・ホールにて開催する。会期は、前期が2019年3月13日(水)から3月27日(水)まで、後期は3月29日(金)から4月7日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

“春はあけぼの”をテーマに京都を巡るツアーがスタート|TRAVEL

TRAVEL|京都を愉しむ3つのプラン 春はあけぼの 京都の世界遺産いちばん乗りツアー 「春はあけぼの」をテーマに、朝の京都で、世界遺産を巡るツアー「春はあけぼの 京都の世界遺産いちばん乗りツアー」がスタート。3つのプランが用意され、清水寺や龍安寺など名所をじっくり観賞することができる。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) 京都の名所をじっくり味わう贅沢な時間 JR東海はこの度、「春はあけぼの」をテーマに、朝の京都ならではの静謐な雰囲気が楽しめる「春はあけぼの 京都の世界遺…

続きを読む
 

星のや京都、特別席で奥嵐山の夜桜を愛でる「夜桜ディナー」を開催|HOSHINOYA Kyoto

京都・嵐山のプレミアムリゾート、星のや京都にて、2019年3月25日(月)~4月10日(水)の期間、ライトアップされた奥嵐山の夜桜を愛でながら、会席料理「五味自在」とグラスシャンパンを堪能する「夜桜ディナー」が開催される。続きを読む…

続きを読む
 

世界各地のアミューズブーシェとお酒を楽しむ「コンラッド・アペロ」|CONRAD TOKYO

コンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」で人気の「コンラッド・アペロ」がリニューアル。世界各地の料理をアレンジしたアミューズブーシェとフリーフローのドリンクでリラックスした大人の時間を演出する。続きを読む…

続きを読む
 

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第25回『バジュランギおじさんと、小さな迷子』

インドといえば、ボリウッド(ボンベイとハリウッドから生まれた愛称)とも称される世界有数の映画の都・ムンバイを擁する映画大国。今や年間約2000本近い映画が作られているという。そんなインド映画の中で『ダンガル』『バーフバリ 王の凱旋』に次いで世界興収歴代3位を記録したのが、『バジュランギおじさんと、小さな迷子』だ。続きを読む…

続きを読む
 

春を満喫できる「桜アフタヌーンティー」がホテル椿山荘東京でスタート|LOUNGE

ホテル椿山荘東京にて、桜や春の食材を使用した和モダンなアフタヌーンティー「桜アフタヌーンティー」がスタート。春の食材を使った季節感溢れるスイーツやフードがテーブルを彩る。期間は2019年2月15日(金)~2019年4月7日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

多数の初公開作品を含む『新・北斎展 HOKUSAI UPDATED』開催|ART

葛飾北斎の没後170年に当たる2019年、『新・北斎展 HOKUSAI UPDATED』が東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催される。本展は、北斎作品の調査研究や新たな作品の発掘によって北斎像の「アップデート」に生涯を捧げた研究者・永田生慈氏によって企画された。有名作だけに焦点を当てるのではなく、近年の調査研究を参照しながら新たに発見されてきた作品らが一堂に会する。会期は2019年1月17日(木)~3月24日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』開催|ART

近代建築の巨匠ル・コルビュジエ(1887年~1965年)が設計した、国立西洋美術館の開館60周年を記念し、ル・コルビジュエが「ピュリスム(純粋主義)」の運動を推進した時代に焦点をあて、絵画、建築、都市計画、出版、インテリア・デザインなど多方面にわたった活動を振り返る展覧会『ル・コルビュジエ 絵画から建築へ―ピュリスムの時代』が、国立西洋美術館にて開催される。会期は2019年2月19日(火)~5月19日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」日本特別講座公式ウェブサイトがオープン|ART

「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」は、日本特別講座開校に先駆け、2019年1月15日(火)に日本特別講座公式ウェブサイト(https://jp.lecolevancleefarpels.com/)をオープン。公式ウェブサイトでは2019年2月に、東京都内にある京都造形芸術大学 外苑キャンパスで開校する「レコール」のすべての講義のオンライン登録が可能であり、同時にそれぞれの講義の内容、レコールの概要を説明している。続きを読む…

続きを読む
 

星野リゾート 界 熱海、「梅と芸妓の千秋楽」開催|Hoshino Resorts KAI Atami

相模湾を一望し、伊豆山の自然に抱かれる閑静な佇まいの宿「星野リゾート 界 熱海」が、改装のため2019年4月1日(月)より休館。休館までの2019年2月1日(金)~3月31日(日)の2カ月間、界 熱海の魅力を余すところなく体験できるクロージングイベント「梅と芸妓の千秋楽」が開催される。また、大(おお)千秋楽の3月31日の夜には、熱海海上花火大会の船上鑑賞と梅酒を嗜みながら熱海芸妓と華やかに過ごす「梅と芸妓の宴」も行なわれる。続きを読む…

続きを読む
 

エスパス ルイ・ヴィトン東京でヘスス・ラファエル・ソト「Pénétrable BBL Bleu」展|ART

エスパス ルイ・ヴィトン東京は、フォンダシオン ルイ・ヴィトン所蔵のコレクションを紹介する「Hors-les-murs(壁を越えて)」プログラムの第6弾として、キネティック彫刻や大規模な視覚的インスタレーションで知られるアーティスト、ヘスス・ラファエル・ソトの象徴的な作品である《Pénétrable BBL Bleu》を公開する。会期は2019年5月12日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

隠れ家的フレンチベースレストラン「TAMANI」|EAT

EAT|六本木の路地裏に佇む隠れ家のようなレストラン パリの2つ星レストランで経験を積んだシェフがふるまう料理を お手ごろ価格で食す フレンチベースレストラン「TAMANI」。ゲストの好みに合わせた調理や味付けを行なうという、究極の“おもてなし”が味わえるレストランだ。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) ゲストの好みに合わせて、仕入れた食材を調理 東京・六本木に路地裏に、ひっそりと隠れ家にように佇むレストラン「TAMANI」(タマーニ)」がオープンした。フレンチをベースに…

続きを読む
 

ダサかわいい?! ストロベリーデザートビュッフェ|Hilton TOKYO ODAIBA

ヒルトン東京お台場の「シースケープ テラス・ダイニング」の新作デザートビュッフェ『「きらきら★いちごドリーム」~ストロベリーデザートビュッフェ~』が12月29日(土)からスタート。ネオンカラーを取り入れた“ダサかわいい”世界観を2019年3月17日(日)まで楽しめる。続きを読む…

続きを読む
 

ドン ペリニヨン醸造最高責任者の「レガシーの継承」を発表|Dom Pérignon

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者の変更が発表された。その節目と同時に現醸造最高責任者リシャール・ジェフロワ氏と、新任のヴァンサン・シャプロン氏の集大成ともいえるシャンパーニュ「ドン ペリニヨン ヴィンテージ 2008レガシー エディション ギフトボックス」がリリースされた。続きを読む…

続きを読む
 

幅広いカテゴリーを網羅した『ミライビ』がリニューアルオープン|MIRAIBI

「美しくありたい」という志を持つ女性に向けた“美”の情報コンテンツ『MIRAIBI(ミライビ)』が、現代を生きるすべての人に気づきを提供するメディアとしてリニューアルオープンした。最新の美容情報だけでなく、カルチャーやライフスタイルにも関心のある読者に向けて様々なコンテンツを発信していく。続きを読む…

続きを読む
 

トルコはエキゾチックエリアの玄関口&洗練されたエーゲ海リゾート|TRAVEL

トルコ料理とは、魚介、肉、野菜、それぞれの素材の味わいを引き出した素朴で奥深い料理。幅広い交易からあらゆる香辛料が集まり、スパイスこそ豊富だが、味の組み立て方がどこか日本料理とも似ている気がします。つまり、味わいが日本人好みなのです。続きを読む…

続きを読む
 

聖なる夜を彩る限定クリスマスケーキ&スイーツの予約開始|CONRAD TOKYO

CONRAD TOKYO|コンラッド東京 ホリデーシーズンを華やかに演出する コンラッド東京の限定クリスマスケーキ&スイーツ コンラッド東京にて、クリスマスケーキとクリスマススイーツの予約が開始された。2018年新作のムースケーキ「ミラージュ」、ベリーをたっぷりと使用した「ノエル・フレーズ」、定番の「シュトーレン」に加え、「クリスマスアイシングクッキー」が2018年12月22日(土)まで公式ホームページにて予約できる。 Text by OZAKI Sayaka コンラッド東京のペストリーチームが丹精…

続きを読む
 

ラグジュアリー・ステイの新しい方向性|ENSO ANGO

価値観が多様化する現代において、ラグジュアリーの定義も少しずつ変化している。これまでは、贅の限りを尽くした足し算の発想、つまり物質的な豊かさを指すものだった。だが、現在は、不要なものを取り除いた引き算の発想による精神的な豊かさも、ラグジュアリーだと感じる人も増えている。そんな流れが、ホテル業界にもやってきた。日本において、ラグジュアリー・ステイの新しい方向性を示すのが、ENSO ANGO(エンソウ アンゴ)だろう。続きを読む…

続きを読む
 

唯一無二のギルトフリースイーツ「VEGGI de PAN(ベジ デ パン)」|h+diet Laboratory

「低糖質だけど美味しくて、なおかつ体にいいものを作りたい」。トータルダイエットカウンセラー・大西ひとみさんの熱い思いから生まれた焼き菓子が「VEGGI de PAN(ベジ デ パン)」だ。罪悪感を抱くことなく食べられる“ギルトフリースイーツ”が昨今のトレンドだが、経験に基づく科学的な知識と徹底した素材へのこだわりを融合させた大西さんの「ベジ デ パン」は、他のそれとは一線を画している。続きを読む…

続きを読む
 

アンダーズ 東京のルーフトップ テラスに「星降る夜のクリスマスイグルー」|EAT

東京・虎ノ門のラグジュアリー ライフスタイルホテル「アンダーズ 東京」で、1年の締めくくりにふさわしい数々の洗練されたスペシャルメニューが、カジュアルダイニングやバー、ペストリーショップで提供されている。なかでも注目したいのは2017年にも好評を博したグランピングスタイルのラグジュアリーディナー「星降る夜のクリスマスイグルー」。2018年も、クリスマスの2夜限定で虎ノ門ヒルズ最上階にて開催される予定だ。続きを読む…

続きを読む
 

ピエール・エルメ・パリとコラボレーションしたクリスマスケーキ|HOTEL NEW OTANI

ホテルニューオータニが、ピエール・エルメ・パリ開業20周年を記念して誕生した「エクストラスーパーイスパハンショートケーキ」をクリスマス仕様のホールケーキとしてリリースする。販売期間は2018年12月21日(金)~25日(火)。続きを読む…

続きを読む
 

渋谷の“中心”で、 ビジネスとカルチャーのエバンジェリストになれ。|MITSUI FUDOSAN RESIDENTIAL

MITSUI FUDOSAN RESIDENTIAL|三井不動産レジデンシャル 渋谷の“中心”で、 ビジネスとカルチャーのエバンジェリストになれ 1970年代半ば以降「若者を引き寄せる場所」として数々の全国規模の流行を生み出し、「東京ポップカルチャーの発信地」としても世界的な認知度を誇る渋谷。ここ数年は、駅周辺のダイナミックな再開発によって新たに変貌を遂げつつあり、「大人が楽しめる場所」が加速的にアップデートされている状況だ。 そんな中、際立って個性的なエリアに注目が集まっているのをご存知だろうか。…

続きを読む
 

80年代のカクテルからインスパイアされたオリジナルサワーを初披露するイベントを開催|RUTTEN_

アイウエアショップ「ブリンク外苑前」「ブリンク ベース」を運営する荒岡眼鏡が、2018年2月にオープンしたカフェ「RUTTEN_(ルッテン_) 」。所縁のある御徒町で“合間を楽しむ”をコンセプトに、コーヒーやお酒を提供している。中でも人気のメニューはオリジナルサワー(発泡のお酒)。11月30日よりサワーに特化したイベント「サワー天国 vol.2 ~レディ・キラーと呼ばないで!~」を開催。オリジナルグッズも発売される。続きを読む…

続きを読む
 

80年代のカクテルからインスパイアされたオリジナルサワーを初披露するイベントを開催|RUTTEN_

アイウエアショップ「ブリンク外苑前」「ブリンク ベース」を運営する荒岡眼鏡が、2018年2月にオープンしたカフェ「RUTTEN_(ルッテン_) 」。所縁のある御徒町で“合間を楽しむ”をコンセプトに、コーヒーやお酒を提供している。中でも人気のメニューはオリジナルサワー(発泡のお酒)。11月30日よりサワーに特化したイベント「サワー天国 vol.2 ~レディ・キラーと呼ばないで!~」を開催。オリジナルグッズも発売される。続きを読む…

続きを読む
 

トルコはエキゾチックエリアの玄関口&洗練されたエーゲリゾート|TRAVEL

トルコの魅力は、都市部ばかりではありません。ズバリ、目指すべきはエーゲ海リゾート。なかでも筆頭は、トルコに初上陸したSix Senses Hotels Resorts(シックスセンシズ ホテルズ&リゾーツ)です。ヨーロッパ最大級のスパ&フィットネス施設、健康志向かつ素材から吟味されたフード、宿泊者だけのプライベートビーチ、フレンドリーなスタッフ。このアップデートされたクラス感は、今旬です。続きを読む…

続きを読む
 

夫婦が心地良い距離で食事ができるレストラン「TABLE898」期間限定オープン|EAT

2018年11月22日(木)の“いい夫婦の日”から東京・代々木上原に期間限定でオープンする「TABLE898」は、夫婦が向き合って心地良く会話ができる距離を追求した新感覚のレストラン。マガジンハウスが発足した、新しい時代の夫婦のあり方を提唱する「Rethink 夫婦の時間」プロジェクトの一環として展開する。これまでも数多くの人気店舗を手掛けてきたフランス料理人の丸山智博氏がプロデューサーとして参加し、パリで人気のモダンフレンチ「Restaurant A.T」のオーナーシェフ、田中淳氏によるフルコース…

続きを読む
 

21世紀を生きる高感度な人たちにラグジュアリーカードがふさわしい理由とは?|LUXURY CARD

LUXURY CARD™をあなたは知っていますか? 発行カードすべてが本物の金属製という斬新さと、これまでのプラチナカードにはない付帯サービスで、すでにネットやSNSでも頻繁に話題にのぼる存在です。マスターカードの最高カードランク「ワールドエリート」が国内で唯一与えられていることからもLUXURY CARD™は間違いなく富裕層向けステータスカードなのですが、“お得感”や“年会費に見合うかどうか”で興味を引く他のプラチナカードとは一線を画しているようにも見えます。そのLUXURY CARD™の価値観と…

続きを読む
 

トルコはエキゾチックエリアの玄関口&洗練されたエーゲリゾート|TRAVEL

イスタンブールには、オスマン・トルコ時代の宮殿施設を利用して5つ星ホテルとして運営されている風光明媚な場所があります。内部を見学するだけでなく、実際に宿泊できるのだから、栄華を極めたトルコのゴージャスさを満喫するのにこれ以上の選択はありません。ここに泊まれば、誰もがスルタンなのです。続きを読む…

続きを読む