カテゴリー: LOUNGE

今年も開催! 日本一ラグジュアリアスな「グラマラス富士登山」|HOSHINOYA Fuji

日本初のグランピングリゾート「星のや富士」にて、2019年9月1日(日)~9月9日(月)の期間中、全4日程で「グラマラス富士登山」が開催される。1カ月前から体調管理や装備などのアドバイスを受け、登山時にはプロフェッショナルによるサポートによって、初心者でも安心して富士山登山が楽しめる。続きを読む…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第7回「尖がった個性が集合する街・上野」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第7回は、日本初の動物園・上野動物公園、バラエティ豊かな美術館や博物館、賑やかな上野アメ横商店街など、見どころ満載の上野を巡る。続きを読む…

続きを読む
 

POGGY’S FILTER|vol.7 DABOさん、MACKA-CHINさん、XBSさん(後編)

小木“POGGY”基史氏がホストを務める『POGGY’S FILTER』。日本のヒップホップシーンを代表するグループ、NITRO MICROPHONE UNDERGROUND(ニトロ・マイクロフォン・アンダーグラウンド、以下ニトロ)からDABO氏、MACKA-CHIN氏、XBS氏の3人を迎えて行なわれた、この対談の後半では、ファッションについての話から、ニトロが制作中の未発表の新曲、さらにニトロというグループの本質についてまで話が展開していく。続きを読む…

続きを読む
 

いま注目のドメスティック銘柄に心酔するための新客室「ワインスイートメゾネット」|TRAVEL

自然豊かな八ヶ岳エリアのリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」に、新客室「ワインスイートメゾネット」が誕生した。この新客室は、落ち着いたボルドーカラーを基調にコーディネートされ、ソムリエがセレクトしたワインと新客室限定のワインを収めたワインセラーが備わる。客室から雄大な自然と、四季折々に変化する石畳のメインストリート「ピーマン通り」を臨みながら、注目のワインを心ゆくまで堪能できる。続きを読む…

続きを読む
 

連載|麗子の部屋♥︎ 第13回 何も気にせずオールインクルーシブ!inカンクン

ごきげんよう、麗子です。あっという間に6月!ついこの前まで寒いニューヨークから逃げ出したい!なんて言っていたのに、もう夏のよう。ボケッとしてる暇はありません!さて、先日現実逃避ついでにメキシコはカンクンとトゥルムに行ってきました。ニューヨークから直行便で3.5時間。文化も違えどリゾートでのんびりできる、カンクンはカリブ海の楽園でオススメなんです。今回宿泊したのは食事やお酒が全て含まれている、いわゆる”オールインクルーシブ”。も〜、これが快適でラグジュアリー。大人にこそオススメしたいオールインクルーシ…

続きを読む
 

台湾・台中の自然豊かな温泉地に「星のやグーグァン」がオープン|HOSHINOYA Guguan

土地独自の歴史や文化を色濃く反映した、圧倒的な非日常の世界観を構築するラグジュアリーリゾートを国内外に展開する「星のや」。新たに2019年6月30日(日)、台湾・台中郊外の温泉地・谷關(グーグァン)に「星のやグーグァン」がグランドオープンする。続きを読む…

続きを読む
 

セルフドライブで巡る西オーストラリア(後編)|TRAVEL

”The home of the road trip”とも称される西オーストラリア州。広大な自然の中を走る喜びは、ドライバーの憧れだろう。道をたどることで、ワイン産地や世界的に称賛されているコーストラインなど、雄大な自然や美しい景観へと到達できるため、土地勘のない旅人でも快適にセルフドライブできると人気だ。キャンプ施設も充実しているので、休暇には気軽に車で州内を巡るパース市民も多い。同州の玄関口パースへは、今年9月からANAの直行便が就航し、成田―パース間を毎日結んでくれる。この機会にぜひ、「世界で…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第6回「かつてバブル期を彩った華やかな街・赤坂」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第6回は、老舗の料亭やレストラン、一流ホテルが立ち並ぶ街、赤坂を紹介する。続きを読む…

続きを読む
 

『石本藤雄展 -マリメッコの花から陶の実へ-』、表参道・スパイラルで開催|ART

スパイラルにて、テキスタイルデザイナーおよび陶芸家である石本藤雄氏の大規模個展『石本藤雄展 -マリメッコの花から陶の実へ-』が、2019年6月19日(水)~30日(日)に開催される。侘び寂びの世界観を《冬瓜》で表現する陶のインスタレーションや、石本氏がデザインを手掛けた数々のマリメッコのファブリックを筒状に展示し、テキスタイルの森を散策するかのように作品を鑑賞できる。続きを読む…

続きを読む
 

ガーデンプール「#MUMMBEACHCLUB(マムビーチクラブ)」が今夏もオープン|EAT

ANAインターコンチネンタルホテル東京が、シャンパーニュメゾン「メゾン マム」とコラボレート。ロゼシャンパーニュ「マム グラン コルドン ロゼ」をイメージしたガーデンプール「#MUMMBEACHCLUB(マム ビーチクラブ)」をオープンする。開催期間は6月29日(土)~9月8日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

中年男性が泳ぎ、舞う。映画『シンクロ・ダンディーズ!』|MOVIE

中年男性がシンクロに挑戦する映画『シンクロ・ダンディーズ!』の公開が決定した。繰り返される平凡な日常に価値を見出せない、中年男性たちが、ともに一つの目標に邁進する姿が描かれる。公開日は2019年9月20日(金)、ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開。続きを読む…

続きを読む
 

中年男性が泳ぎ、舞う。映画『シンクロ・ダンディーズ!』|MOVIE

中年男性がシンクロに挑戦する映画『シンクロ・ダンディーズ!』の公開が決定した。繰り返される平凡な日常に価値を見出せない、中年男性たちが、ともに一つの目標に邁進する姿が描かれる。公開日は2019年9月20日(金)、ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開。続きを読む…

続きを読む
 

ピーター・ソウルとエリック・パーカーによる2人展が渋谷・NANZUKAで開催|ART

渋谷・NANZUKAギャラリーにて『ピーター・ソウル and エリック・パーカー』展が、2019年6月1日(土)~7月6日(土)に開催される。テキサス大学で教鞭を取っていたピーター・ソウルと、その教え子であるエリック・パーカーの初となる師弟展だ。続きを読む…

続きを読む
 

連載|麗子の部屋♥︎ 第12回 NEWオープンのヒップなホテルに潜入!

ごきげんよう、麗子です。近年、ニューヨークって春を飛ばして冬からいきなり夏になるみたいで、最近とってもいい気候です。暑すぎる日もあるぐらい!でも、気分は爽快ですよ。そうなるとルーフトップで一杯、が気持ちいい季節です。ニューヨークのホテルは普段使いできる気軽さと小洒落感がたまりません。今回は5月半ばにグランドオープンした話題の新ホテル「シスターシティ」に行ってきました。続きを読む…

続きを読む
 

セルフドライブで巡る、奇跡のような日常の世界(前編)|TRAVEL

雄大なオーストラリア大陸のおよそ3分の一の面積を誇る西オーストラリア州。インド洋に面したコーストラインにはサファイアブルーの海とポーセリンホワイトの砂浜が伸び、内陸には原始的でダイナミックな大地が広がる。自然豊かなオーストラリアの中でも、ひときわ地球のエネルギーを感じさせる州だ。固有の動植物が活き活きと息づき、人間は自然に敬意を表しながら豊かに暮らしを営む広大な西部。その魅力を探しにでかけるなら、軽やかに移動できるセルフドライブがおすすめだ。西オーストラリアは、“The home of the ro…

続きを読む
 

“石がある暮らし”がテーマの展示会。新木場・CASICAにて開催|HELLO STONE PROJECT

岐阜県を拠点にする関ヶ原石材が立ち上げた「HELLO STONE PROJECT」は、石が本来持つ魅力を発信するプロジェクト。このたび、“石のもつ魅力に日常半径 1mで触れる”をコンセプトにプロダクトブランド「ISHIZO(石三)」をローンチするとともに、「暮らしに石があったなら展」を新木場・CASICAにて開催する。続きを読む…

続きを読む
 

THE BEATNIKS、ライブアルバム「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」リリース|MUSIC

MUSIC|高橋幸宏と鈴木慶一によるユニット 楽曲、ジャケットともに“ビート感”溢れる仕上がり THE BEATNIKS、ライブアルバム「NIGHT OF THE BEAT GENERATION」がリリースされる。三浦憲治氏撮影の写真をもとに描かれた眼福ユウコさんによるイラストレーションがジャケットを飾る。発売日は2019年5月22日(水)。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) 2019年5月22日(水)リリース 1981年に、当時「YMO」のメンバーで、現在「METAFI…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第5回「江戸から受け継がれた歴史ある街・浅草」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第5回は、情趣のある食に溢れる浅草を訪れる。続きを読む…

続きを読む
 

高木耕一郎と青木昭信による二人展「EXOTIC GLEAMING NOISE」を開催|BRICK & MORTAR

BRICK & MORTAR 中目黒店は、新鮮なものを、自由に、そして柔軟に伝えていく場所として2014年のオープン以来、今作りたいものを作り、すぐに届けるというスタイルで、ある時は本屋、またある時はアトリエやギャラリーになったりと、様々な取り組みを行なってきた。旬の食材だけを届ける八百屋や、特集によって内容が変わるメディアのように、訪れる度に変わるこのインディペンデント・ショップが次に手がけるのは、高木耕一郎氏と青木昭信氏、二人のアーティストによる展覧会「EXOTIC GLEAMING NOISE…

続きを読む
 

大ぶりな作品のみを展示。新たな取り組みを見せる内田洋一朗のエキシビションが開催|CURATOR’S CUBE

福岡にある原生蘭の専門店「PLACERWORKSHOP」オーナーにして、“ラクガキ”と称したグラフィティワークで支持を集める内田洋一朗。最近では「THE CONVENI」とのコラボレーションが記憶に新しい彼が、港区西新橋のギャラリースペース「CURATOR’S CUBE」にて個展を開催する。続きを読む…

続きを読む
 

連載|麗子の部屋♥︎ 第11回 キラッキラの摩天楼は女性の大好物♥

ごきげんよう、麗子です。みなさんゴールデンウィークはゆっくり過ごされたでしょうか?ワタシは例のごとく、ゆっくりと海外リゾートで羽根を伸ばさせていただきました。さて、今回は前回ご紹介したロサンゼルスの隠れ家ホテルに次いで、LAの違った魅力を体感できるホテルをご紹介。とにかく景色が素晴らしい!絶景なんです、絶景。夜になると夜景もキラキラ……。女性にはたまりませんよね!続きを読む…

続きを読む
 

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.38 中村獅童さん

今回の編集大魔王対談には、2019年5月11日(土)から、東京・天王洲の寺田倉庫、歌舞伎町の新宿FACEで開催される「オフシアター歌舞伎」に出演する歌舞伎俳優の中村獅童さんが登場。演目に近松門左衛門の「女殺油地獄」を取り上げ、これまで歌舞伎が上演されることのなかった空間での公演に向けて意気込みを語っていただきました。続きを読む…

続きを読む
 

「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」東京・六本木で開催|ART

アートシーンに衝撃を与え、20世紀美術の巨匠のひとりとして知られるジャン=ミシェル・バスキア。今回、バスキアと日本のつながりを紐解き、ドローイングやオブジェ、絵画約80点を展示する「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」が森アーツセンターギャラリーで開催される。期間は、2019年9月21日(土)~11月17日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第28回『幸福なラザロ』

圧倒的な善というのは、映画に登場する英雄のように人の目をひき、感謝され、尊敬されるものではないのかもしれない。人を救うことだけが善きことなのではなく、人として真っすぐに生きることこそ、人としての基本的な善なのだろう。それがやがて誰かを救うことになる。ここに描かれているのは、人にも時代にも決して流されることのない、奇跡のような生き方を見せる一人の青年の姿だ。続きを読む…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第4回「歳相応の遊び場を提供してくれる街・渋谷」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第4回は、渋谷の歩き方を紹介する。続きを読む…

続きを読む
 

ヘルシーかつ高栄養のスイーツとセイボリーでビュッフェを楽しむ|CONRAD TOKYO

コンラッド東京のオールデイダイニング「セリーズ」にて、5月11日(土)から7月7日(日)まで、ヘルシーで栄養価の高いスイーツとセイボリーを揃えた週末限定のスイーツビュッフェ「ギルトフリー・スイーツビュッフェ」が開催される。続きを読む…

続きを読む
 

ヘルシーかつ高栄養のスイーツとセイボリーでビュッフェを楽しむ|CONRAD TOKYO

コンラッド東京のオールデイダイニング「セリーズ」にて、5月11日(土)から7月7日(日)まで、ヘルシーで栄養価の高いスイーツとセイボリーを揃えた週末限定のスイーツビュッフェ「ギルトフリー・スイーツビュッフェ」が開催される。続きを読む…

続きを読む
 

「鮨 心 by 宮川」がマンダリン オリエンタル 東京にオープン|MANDARIN ORIENTAL, TOKYO

「ミシュランガイド北海道 2017 特別版」より3つ星評価を受ける北海道の名店「すし宮川」が、東京初出店となる鮨店「鮨 心 by 宮川」をマンダリン オリエンタル 東京38階にオープンした。予約受付は「鮨 心 by 宮川」のサイトより行なえる。続きを読む…

続きを読む
 

グランド ハイアット 東京が提供する「令和」時代を祝した贅沢バーガー|EAT

グランド ハイアット 東京は新元号が「令和」に決定したことを受けて、新しい時代を祝う贅沢なハンバーガーを提供している。高級食材をふんだんに使ったハンバーガーだ。数人でシェアする巨大バーガー、ひとりでも楽しめるレギュラーサイズもラインナップされている。期間は2019年6月30日(日)まで。続きを読む…

続きを読む
 

奥入瀬に広がる満点の星空をふたり占め|Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」が1日1組、2名まで限定で星空を観賞するツアー「星のフルコース」をスタート。6月25日(火)~7月5日(金)、7月25日(木)~8月4日(日)、8月24日(土)~9月3日(火)、9月23日(月・祝)~30日(月)の期間限定で行なわれる。続きを読む…

続きを読む
 

生誕90周年記念。ドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』|MOVIE

ジャズピアニスト、ビル・エヴァンスの生涯を追ったドキュメンタリー映画『ビル・エヴァンス タイム・リメンバード』が公開される。貴重な証言や記録、演奏シーンが1時間25分に収められている。公開日はは2019年4月27日(土)。続きを読む…

続きを読む
 

連載|麗子の部屋♥︎ 第10回 ハリウッドセレブ御用達の隠れ家へ

お久しぶりです、麗子です。気づけば人生色々ありますね。昨年からニューヨークに住んでいます。ニューヨーク拠点といっても、東京にいる時と変わらず色々と飛び回っているわけで……。ニューヨークのホットな情報をはじめ、世界中の素敵な旅のお話もさせていただきますので、改めてよろしくお願い致します。さてさて、ニューヨークの冬って本当に長くて厳しいんですね……。寒くて嫌になっちゃいます。ということで、西海岸はロサンゼルスにバカンスに行ってまいりました。あ〜西の日差しは心地良い!寒い時は暖かい場所に逃げるに限りますね…

続きを読む
 

ハイジュエラー、ショーメとのコラボレーションによるアフタヌーンティー|CONRAD TOKYO

コンラッド東京のバー&ラウンジ「トゥエンティエイト」にて、フランスのハイジュエラー「ショーメ」とコラボレーションし、メゾンのアイコニックなティアラとジュエリーコレクションをモチーフとしたアフタヌーンティー「プリンセス・セレブレーション」が2019年5月1日(水・祝)~6月30日(日)の期間に提供される。続きを読む…

続きを読む
 

「PEANUTS™」の世界をアートで楽しむイベントが東京・福岡で開催|ART

スヌーピーやチャーリー・ブラウンが登場するコミック「PEANUTS™(ピーナッツ)」をアートとして表現する唯一の画家、トム・エバハード氏の展示会が2019年4月26日(金)~30日(火・祝)に東京で、続いて5月2日(木・祝)~6日(月・祝)の期間に福岡で開催される。続きを読む…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第3回「昭和の残滓が散らばるサラリーマンの街・新橋」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第3回は、サラリーマンの聖地として知られる新橋の楽しみ方を提案する。続きを読む…

続きを読む
 

丸の内にギャラリースペース「白 marunouchi」がオープン。陶芸家・辻村史朗氏の展覧会を開催|白 marunouchi

2019年4月27日(土)、ギャラリースペース「白 marunouchi」が千代田区丸の内に誕生する。「白」という名は、「一を乗せたら百」ということに由来し、このスペースを訪れる人々が「ひとつ、幸せなものを手にすることで、九十九の幸せに気付く」という願いが込められている。こけら落としとして、2019年4月27日(土)から6月15日(土)の期間、陶芸家・辻村史朗氏の展覧会を開催。凛々しく、そして豊かな自然の中から生まれた美しい作品の数々をこの機会にぜひ堪能して欲しい。続きを読む…

続きを読む
 

僧侶によるガイドで寺院と遺構を巡る「古絵図で巡る高野山探訪」|TRAVEL

平成最後となるゴールデンウイーク期間中の2019年4月29日(月・祝)に、高野山の僧侶たちによるガイドとともに古絵図に記された旧 興山寺 東照宮跡周辺の遺構と金剛峯寺を巡る「高野山ワンダーツアーズvol.1 『古絵図で巡る高野山探訪』」が開催される。続きを読む…

続きを読む
 

フィンランド近代美術に革新を起こした女性芸術家7人の展覧会|ART

2019年6月18日(火)~9月23日(月・祝)の期間、東京・上野にある国立西洋美術館新館展示室にて、「日本・フィンランド外交関係樹立100周年記念 モダン・ウーマン―フィンランド美術を彩った女性芸術家たち」の開催が決定。本展は、日本とフィンランドの外交関係樹立100周年を記念して開催される展覧会だ。続きを読む…

続きを読む
 

ヴィンテージ・ロレックス100本を撮り下ろしたアートブック『ART of ROLEX』|BOOK

ヴィンテージ・ロレックス専門店として名を馳せるクォークが、あまりにも貴重で、もはや値が付けられず、店頭で販売せずに非売品として所蔵し、一部予約制として好事家へごくわずかに限定公開してきた非常に貴重なヴィンテージ・ロレックスを、美術出版社が500部限定の豪華本としてリリースしました。続きを読む…

続きを読む
 

アマン東京にて、食材にまつわる音を楽しむ新感覚ディナーイベント開催|AMAN TOKYO

アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」にて、旬の食材をふんだんに使った料理とゲストソムリエによるワインペアリングとともに、食材が一皿の料理となるまでのストーリーを、調理時や収穫された土地で収録した“音”を聴きながら味わうスペシャルイベント『CONCENT by Aman Tokyo -食の景観-』が、2019年4月26日(金)、27日(土)、28日(日)の3日間限定で開催される。続きを読む…

続きを読む
 

2018年リリース作品を総括!“UK新世代ジャズ”傑作選

 “UK新世代ジャズ”ムーブメントの中でも近年特に注目を集めるのがロンドン、とりわけサウス・ロンドンを中心としたアーティストたち。ここで紹介する2018年度リリースの作品も、ほとんど南ロンドン周辺勢が占める形だ。そんな作品群を語る上で重要なのが、今年2月にジャイルス・ピーターソンの「ブラウンズウッド」からリリースされたオムニバス作品『We Out Here』である。続きを読む…

続きを読む
 

【三宅 純】大作の“完結”から1年「今はニュートラルな状態を楽しもうかなと思っています」

パリを拠点に世界的な活躍を繰り広げる音楽家、三宅純。自身のライフワークとも語っていたアルバム「Lost Memory Theatre」三部作を完結させる『Lost Memory Theatre act-3』を、2017年11月に発表し、同じタイミングで「モントルー・ジャズ・フェスティバル・ジャパン2017」に出演。以来、1年ぶりとなる日本公演を直前に控え、また、話題の映画や舞台音楽でも多忙の本人をインタビュー。近況を聞いた。続きを読む…

続きを読む
 

映画『バスキア、10代最後のとき』─監督サラ・ドライヴァーが語る「あの頃のNYとバスキア」

27歳でこの世を去り、現代アートの伝説として語り継がれる存在になったジャン=ミッシェル・バスキア。いまやその人気は、彼が憧れたアンディ・ウォーホルを凌ぐほどだが、そんなバスキアが“まだ何者でもなかった頃”に焦点を当てたドキュメンタリー映画『バスキア、10代最後のとき』が公開される。続きを読む…

続きを読む
 

連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第2回「日常を少しだけ贅沢にしてくれる街・神保町」

「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある、街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第2回は、世界最大級の古書店街であり、カレーの激戦区でもあるレトロな街、神保町を紹介する。続きを読む…

続きを読む
 

2019年春の数量限定。はつらつとした個性あふれる春限定のネスプレッソ|Nespresso

コーヒーチェリーの栽培からコーヒーを味わう瞬間までをプロデュースすべく、専門家が手掛けたカプセルコーヒー専用メーカー、ネスプレッソ。個性あふれる豊かな味わいのコーヒー「マスターオリジン」シリーズから、この春、数量限定の「マスターオリジン コスタリカ」が登場した。続きを読む…

続きを読む
 

「酒づくりの神様」と「美食のまち」を堪能する「Saketronomy(サケトロノミー)開催|LOUNGE

石川・小松市、農口尚彦研究所と地元食生産者、そして一流シェフによるコラボレーションが体験できるイベント「Saketronomy」。日本酒の魅力、新しい旅の楽しみを発見する良き機会となる。3月25日に初の開催となった本イベントをリポートする。続きを読む…

続きを読む
 

新連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第1回「人間臭さが充満する街・新宿」

新連載エッセイ|#ijichimanのぼやき 第1回「人間臭さが充満する街・新宿」 「ひたすら肉体の安全無事を主張して、魂や精神の生死を問わないのは違う(三島由紀夫)」――日本初のコールドプレスジュース専門店「サンシャインジュース」のボードメンバーの伊地知泰威氏の連載では、究極に健康なサンシャインジュースと対極にある街の様々な人間臭いコンテンツを掘り起こしては、その歴史、変遷、風習、文化を探る。第1回は、氏の生まれ育った街、新宿をナビゲート。 Photographs and Text by IJIC…

続きを読む
 

展覧会「風景をつくる眼。中原慎一郎が出会ったアート、デザイン、工芸 」|鹿児島県霧島アートの森

1997年、中原慎一郎を中心に結成されたランドスケーププロダクツ。彼らは1940年~60年代のモダンデザインをルーツに新しいものづくりを目指すデザイン集団で、結成以来、国内外多くのプロジェクトに取り組んでいる。中原慎一郎は現在、同社のファウンダーとしてディレクション、ブランディング、イベント監修などを手がける他、2019年4月には地元鹿児島県の霧島アートの森にて自身の集大成とも言える展覧会を控え、準備を進めている。新緑がまぶしい季節、霧島の豊かな森の中でどんな”風景”が見えるのだろう。続きを読む…

続きを読む
 

約100種類ものクラフトビールが取り揃う「The Slop Shop」|LOUNGE

LOUNGE|約100種類ものクラフトビールが取り揃う「The Slop Shop」 コンセプトは”Liquid Gems” 約100種類ものクラフトビールを取り扱う「The Slop Shop」。そのほか、音楽や書籍も揃え、ビールを主体とした新たなライフスタイルを提案する。 Text by WASEDA Kosaku(OPENERS) 東京・都立大学駅に、ビールの新しい価値を提案するボトルショップ「The Slop Shop」がオープンした。 コンセプト”Liquid Gems” (液体の宝石)。…

続きを読む
 

深化するホスピタリティ(後編)|TRAVEL

オーストラリアを代表する都市、シドニー。オペラ・ハウス、アーチ頂上まで登るブリッジ・クライムが人気のハーバー・ブリッジなど、アイコニックな建造物でも知られる世界有数の人気観光地だ。さらには、カンガルーやコアラなど固有の動物と出会えるタロンガ動物公園、そして、世界有数のワイン産地としてもしられる繁多バレー、ボンダイやクージーといった風光明媚なビーチ、先住民アボリジニによる岩絵が観られるマークス・パーク、スリー・シスターズと呼ばれる奇岩で有名なブルー・マウンテンズ国立公園など、オーストラリアを体感できる…

続きを読む
 

松田美由紀と聖児セミョーノフによるプロジェクト『S et M』が始動|LOUNGE

女優・松田美由紀さんとシャンソニエ・聖児セミョーノフによるクリエイティブ・プロジェクト『S et M』。活動第一弾として、新機軸のステージ「シネマティック・ライブ・ショー」を開催する。公演は東京、兵庫の2ヵ所で行なわれる。続きを読む…

続きを読む
 

連載|牧口じゅんのシネマフル・ライフ 第27回『僕たちのラストステージ』|試写会にご招待!

映画好きならご存じの2人組コメディアン”ローレル&ハーディ“。サイレントからトーキーへと移行していく映画界でも、活躍し続けた数少ないスターたちで、チャールズ・チャップリンやバスター・キートンと並び世界で愛された存在だ。日本では当時、”極楽コンビ”という名で親しまれており、幸せな笑いを我が国にも振りまいてくれていた。彼らの秘話を描いた映画『僕たちのラストステージ』が公開される。観ると思わず笑顔になってしまうマジカルなギャグコントが再来することも感激だが、笑いの裏でハートウォーミングなドラマが展開してい…

続きを読む
 

EU離脱へ向かおうとするイギリス。その市井の人々を撮影した写真集『EXIT』|KOOMI KIM

2019年3月29日にBOOTLEGより刊行される金玖美の写真集『EXIT』。本作の撮影地であるイギリスは、刊行同日、BREXITーEU離脱へと舵を切る。2016年、国民投票でイギリスは図らずもEUからの離脱を選択した。いわば移民を減らし、多様性を制限しようとするこの動きによって、多文化、多民族への寛容さが失われることを写真家は憂慮し、本作の発表に至った。写真集の発売を記念し、BOOTLEG GALLERYでは写真展「EXIT」を開催。国境やジェンダーを越えた人々と共生しながら撮られた写真は、現実と…

続きを読む
 

沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 |西日本鉄道

福岡を拠点とする西日本鉄道では、2019年3月23日(土)より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行がスタートする。“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、伝統工芸を用いた内装など、沿線の魅力が随所に詰め込まれたこの旅列車は、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュースを担当。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい旅の価値を提供する。続きを読む…

続きを読む
 

沿線の魅力を詰め込んだ旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」 |西日本鉄道

福岡を拠点とする西日本鉄道では、2019年3月23日(土)より地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」の運行がスタートする。“LOCAL to TRAIN”をコンセプトに、筑後地域の新鮮な食材を使った料理がコースで楽しめるほか、伝統工芸を用いた内装など、沿線の魅力が随所に詰め込まれたこの旅列車は、トランジットジェネラルオフィスがトータルプロデュースを担当。スペシャリストのこだわりと地域との融合が、これまでにない新しい旅の価値を提供する。続きを読む…

続きを読む
 

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

前回に引き続き、今回もゲストにFPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)の田中知之さんをお迎えして、祐真編集大魔王とトークを繰り広げます。ご自身のキャリアを振り返りながら、90年代半ばのデビュー当時の華やかなエピソードの数々をお話しいただきました。続きを読む…

続きを読む
 

“4つの手”で繰り広げられる、まさにスペシャルなイタリアン|AMAN TOKYO

アマン東京のイタリアンレストラン「アルヴァ」でイタリア人シェフ、アンドレア・トーレ氏と、アマン東京の総料理長、平木正和氏によるコラボレーションイベント「-Four Hands- Chef Masakazu Hiraki×Chef Andrea Torre」が3月14日(木)から17日(日)の4日間限定で開かれる。続きを読む…

続きを読む
 

スノーリゾート・ニセコで「ヴーヴ・クリコ イン ザ スノー」 開催|EVENT

今、日本で最もインターナショナルな街といえば、東京でもなく大阪でもなく、北海道のニセコだろう。旅行者の実に8~9割が海外からやって来る。スタイリッシュな建築が立ち並ぶ中心地には、外国語のサインが目を惹き、海外のリゾート地を思わせる。そんな国際的なシーンの中で日本初上陸を果たしたのが、1772年にフランスのランスで創業された老舗シャンパーニュメゾン、ヴーヴ・クリコによる「CLICQUOT IN THE SNOW 2019 IN NISEKO」。心地よくもエキサイティングな、ヴーヴ・クリコのあるウィンタ…

続きを読む
 

深化するホスピタリティ(前編)|TRAVEL

世界各国で、ホテルの建設が加速している。旅行者は年々増え続け、UNWTO(国連世界観光機関)が発表した海外旅行統計によると、2017年の海外旅行者数(到着地で集計)は前年比7%増の13億2300万人。さらに、2020年時点の海外旅行者数は14億人、2030年時点の旅行者数は年間18億人に拡大すると、長期予測値を発表している。世界中を、様々な文化背景を持った人々が行き来するならば、そのニーズもさらに多様化していくはずだ。それでも、喜びのために旅する者たちの多くが求めるのは、その土地ならではの体験だろう…

続きを読む
 

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(前編)

今回のゲストはDJ/プロデューサーとして国内外で活躍し、ソロプロジェクト「FPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)」名義で音楽活動を行う田中知之さん。ともに京都出身の2人が、お互いのエピソードを交えながら80年代から90年代の京都を振り返ります。続きを読む…

続きを読む