カテゴリーアーカイブ: トランプ

米国の国会議員・専門家も次々と問題提起。日米貿易協定をこのまま批准していいのか

衆院で可決された「日米貿易協定」  2019年11月19日、衆議院で日米貿易協定及び日米デジタル貿易協定が賛成多数で可決されてしまった。今後は参議院の審議となる。  トランプ大統領はこの協定を自身の選挙戦でのアピール材料 […]…

進む「トランプのイスラエルの離れ」。中東の緊張感をいたずらに高める結果に

イスラエルへの敵対意識を燃やすイラン  イラン革命防衛隊(IRGC)の副司令官ホセイン・サラミ将軍は今年1月に「もしイスラエルが戦争を始めようとして何かをしでかそうとすれば、その戦争は自国の消滅を導くものになるであろう。 […]…

世界最大の埋蔵量を誇るベネズエラの石油を巡るロシアと米国の戦い

ボリバル革命以降、ベネズエラの石油利権に食い込んだロシア  世界で最大の原油埋蔵量を持つベネズエラので原油と天然ガスの開発において2004年頃までは米国とヨーロッパの企業で占められていた。  ところが、2007年からチャ […]…

トランプ大統領が「just left」発言をアメリカ人に聞いてみたら……

 8月末にフランスで行われたG7主要国首脳会議。その後の会見の場で、トランプ大統領が記者会見で朝日新聞記者の質問に答えて「just left」という言葉を発したことが、ネット上でちょっとした話題になった。 会見でトランプ […]…

秋田市のイージスアショア配備予定地に津波対策の「かさ上げ」が必要と判明。防衛省の“意図的な隠蔽工作”か

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージスアショア」を含む“武器爆買い問題”が、与野党激突のテーマに急浮上し、今夏に行われる参院選の大きな争点の一つになるかもしれない。 新屋演習場へのイージスアショア配備は「かさ上げが必 […]…

米政府機関、移民キャラバン取材のジャーナリストらを監視、データベース化していたことが発覚

「キャラバン」取材のジャーナリストを米政府が監視  昨年10月から始まったホンジュラスから米国に向けての集団移民「キャラバン」を取材する為のジャーナリストとカメラマン、そして激励して世話役を買って支援役としてその集団に混 […]…

米政府機関、移民キャラバン取材のジャーナリストらを監視、データベース化していたことが発覚

「キャラバン」取材のジャーナリストを米政府が監視  昨年10月から始まったホンジュラスから米国に向けての集団移民「キャラバン」を取材する為のジャーナリストとカメラマン、そして激励して世話役を買って支援役としてその集団に混 […]…

「これは世界的な民主主義の問題だ」。米・辺野古署名のロバート・カジワラさんが玉城沖縄県知事と面談

新たな署名活動を始めた、ロバート・カジワラさん  沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、県民投票が終わるまで建設工事を中止するよう米ホワイトハウスへ求める嘆願書・電子署名を呼び掛けたハワイ在住の沖縄系4世、ロバート・カジ […]…

米朝会談決裂の前兆は、両首脳の表情にあらわれていた!? カギは”過剰な優越感”

 こんにちは。微表情研究者の清水建二です。本日は、2019年2月27日及び28日に行われた第二回米朝首脳会談で観られた交渉決裂の前兆を表情・動作分析から読み解きたいと思います。  結論から書きます。交渉決裂の前兆は、初日 […]…

「合意なし」と報道された米朝首脳会談の、現場で見た意外な「進展」

 米ホワイトハウスのサンダース報道官が2月28日午後1時半(日本時間3時半)ごろ、「ドナルド・トランプ米国大統領と金正恩朝鮮民主主義人民共和国(朝鮮)国務委員長が2日間ハノイで生産的な交渉を行ったが、非核化と相応措置に対 […]…

本命ネトフリ映画がまさかの敗退。ダイバーシティを端々に感じたアカデミー賞

 2月24日、ロサンゼルスのドルビー・シアターで、映画世界最大の祭典、アカデミー賞の授賞式が行われた。この3時間30分余りの授賞式には、今の映画界、そしてアメリカ社会の縮図が詰め込まれている。さっそく授賞式の概要を振り返 […]…

米国の対イラン制裁除外対象8か国にイタリアが入った背景にあるトランプの戦略

 11月5日、米国は2段階目となるイランへの制裁を再開した。その対象になったのは700以上の個人、及び主要銀行、原油の輸出企業、船会社などである。  イランの原油産出量は昨年、日量400万バレル以上と推定され、それが今年 […]…

同盟国にまで戦線が拡大した貿易戦争――トランプ政権との交渉へ何を教訓にすべきか?

 9日からワシントンで日米間での新貿易協議(FFR)がスタートする。  ここ3か月の間にトランプ政権は中国、北朝鮮、欧州との大交渉を繰り広げてきた。注目すべきは、そこから垣間見ることができるトランプ政権の特色だ。それはこ […]…

グアテマラの在イスラエル大使館移転の背後に、トランプにも献金したカジノ王の影

 今年5月、グアテマラは米国に次いでイスラエルのエルサレムに大使館を移設したことはすでに当サイトでも以前に報じたとおりだ。(参照:「米国の2日後にグアテマラもエルサレムに大使館を移した。その理由にある中米国家の悲哀」) […]…

NATO首脳会談でのトランプによるメルケル批判。その背後にある「欧州液化天然ガス市場」の覇権争い

 7月11日にベルギーの首都ブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議が開かれた。この会議の席でトランプ米大統領はいつもの通りドイツを痛烈に批判した。今回の批判の対象にしたのは、ドイツがロシアからの天然ガスへの […]…

腐敗が横行した右派政権時代に終焉。メキシコで貧困と腐敗の撲滅を若者に訴えた左派大統領が誕生。その名はアムロ

 ラテンアメリカでGDP2位の国、メキシコの次期大統領選挙が7月1日に行われた。その結果、左派政党「国家再生運動(MORENA=Movimiento de Regeneración Nacional)」が初めて政権を担う […]

デビッド・リンチの「もっとも偉大な大統領」発言にトランプもご満悦。映画監督の真意とは

 世界中の政界を見渡しても、トランプ大統領ほどSNS上で炎上騒動を起こしている首脳はいないだろう。先日行われたG7後には、カナダのトルドー首相を名指しで「不誠実だ」だとツイートするなど、今やその投稿内容は現実の発言以上に […]…

「不法移民親子分断」に非難殺到。トランプは不法移民が米国に向かわざるを得ない理由を知るべき

 今年4月から広く行われるようになった不法移民の親子を別々に収容するトランプ政権の措置に国内を始め世界から「非人道的だ」として厳しい批判が集まっている。それを受けて、トランプ大統領はこの措置を撤回して親子が一緒に収容され […]…

「G7で安倍首相が大活躍!」ということなので、海外主要メディアのG7報道で総理の名前を探してみた。「ABE」の名は?

 今月カナダで行われたG7(先進7か国)首脳会議。「トランプ米大統領対欧州勢」という構図が印象的だったが、国内の一部報道では、トランプ米大統領やドイツのメルケル首相が「シンゾー」と親しげに助言を求める姿や、北朝鮮関連の議 […]…

カニエ・ウエストがトランプ大統領に洗脳された!? 大炎上発言の背景

 多くのアーティストが反トランプの姿勢を表明している音楽界。そんななか、ある大物黒人アーティストがトランプ支持のツイートを投稿して大炎上していることをご存知だろうか? トランプ大統領は「すごくクール」と大喜び  そのアー […]…

海外メディアや日本にいる外国人は、福田事務次官のセクハラ事件をどう見たか?

 財務省、福田淳一事務次官のセクハラ疑惑に揺れる永田町。女性記者を相手に「胸触っていい?」などの発言をくり返していたことが4月12日発売の『週刊新潮』で報じられたが、福田事務次官本人はセクハラと認めず。同月18日には辞意 […]…

”トランプのプロパガンダ”を地方TV局が一斉放送!? 背後に地方局を牛耳る企業「シンクレア」の存在

 メディアに政治的公平を求める「放送法4条」が撤廃されるのではないかと、今後の報道のありかたについて議論が起きている日本の放送制度改革。  しかし、海の向こうのアメリカでは、’87年に「公平原則」が廃止されて以降、各局の […]…

トランプ大統領ツイート日本語訳さんはTwitterを使っています: 「私は選挙の随分前からアマゾンの懸念を言っていた。他社と違い、彼らは少しか、または全く州・地方税を払っていない。郵便局をアマゾンの配達人とし郵便局はお陰で大きなロスを出す。何千もの小売店を潰したのだ!#トランプ 訳 (解説)株価が下がる。払っていない税金とは:https://t.co/dlPq5nTo4y https://t.co/VCVbFEOyaL」

トランプ大統領ツイート日本語訳さんはTwitterを使っています: 「

アメリカのTPP復帰検討はブラフ!――トランプに振り回された日本メディアの楽観報道を信じてはいけない

 先月、トランプ大統領のダボス会議での演説に衝撃が走った。生真面目な日本の新聞は一斉に「環太平洋経済連携協定(TPP)への復帰検討を明言」「TPP再検討」「多国間協定に意欲」と報じた。「軌道修正」「現実路線への転換」、中 […]…