カテゴリーアーカイブ: ブロックチェーン

ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべきこと

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトについてリサーチすると耳にする「VC(ベンチャーキャピタル)」。業界におけるVCの概要と役割とは?そしてVCを理解した上で個人投資家はどのようなことを考えるべきかを紹介します。

ブロックチェーンが可能にした医療現場の変革とは?

医療分野との親和性が高かったブロックチェーンだが、活用事例がいくつも出てきており、医療分野への改革が起きるかもしれない。今回、プロジェクトが実際に動いている様子から、どのような内容のソリューションを提供しているのかを詳しく見てみよう。

JCLP、ブロックチェーンを活用したデータ流通・利活用基盤「Virtuora DX」を採用 | IT Leaders

再生可能エネルギー(再エネ)活用や脱炭素化を目指す企業・団体グループ「日本気候リーダーズ・パートナーシップ」(JCLP)および「再エネ100宣言 RE Action」は、再エネや脱炭素化に関するデータやノウハウを安全かつ容易に共有する基盤として、ブロックチェーン技術を活用したデータ流通・利活用基盤「FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービス」を導入する。富士通が2019年10月8日に発表した。…

ブーム再燃の地域通貨。その背景に「フィンテック」あり

 地域内で消費促進やボランティアなどの相互扶助を目的に、限定された地域でのみ使える「地域通貨」。かつて’00年代にブームとなったが次第に下火となっていた。しかし近年、地方創生やFinTechを追い風に再び注目を集めている […]…

ブーム再燃の地域通貨。その背景に「フィンテック」あり

 地域内で消費促進やボランティアなどの相互扶助を目的に、限定された地域でのみ使える「地域通貨」。かつて’00年代にブームとなったが次第に下火となっていた。しかし近年、地方創生やFinTechを追い風に再び注目を集めている […]…

日立ほか、ブロックチェーンを用いた業間情報連携で賃貸契約を効率化 | IT Leaders

積水ハウス、KDDI、日立製作所の3社は2019年9月27日、ブロックチェーン技術を活用した企業間情報連携による賃貸契約の利便性向上に向けた共同検証に、新たな参画企業を加えると発表した。新たに、損害保険ジャパン日本興亜、東京海上ホールディングス、三井住友海上火災保険、大阪ガス、東邦ガスが参画する。これにより、商用化に向けた協創を加速する。…

なぜブロックチェーンが使われる?スタンフォード大学が各分野の調査レポートを発表

これまでエネルギー分野や医療、サプライチェーンなどさまざまな分野で活用され始めてきているブロックチェーンですが、はたして最も活用されているのはどの分野なのでしょう?スタンフォード大学が発表した調査レポートから確かめてみましょう。

ブロックチェーン支出額は2023年まで年平均60.2%で成長、IDC調べ | IT Leaders

IDC Japanは2019年9月5日、世界におけるブロックチェーン関連の製品サービスに対する支出額の予測を発表した。2019年のブロックチェーン支出額は前年比80%増の27億ドルになる。2018年から2023年までの5年間の年間平均成長率(CAGR)は60.2%で、2023年に約159億ドルに達する。米IDCが2019年8月8日に発表したリリースの日本語訳をベースとしている。 …

マイクロソフトがブロックチェーン事例を紹介、複数企業の協調作業は3週間を3日に短縮 | IT Leaders

日本マイクロソフトは2019年7月29日、会見を開き、ブロックチェーン技術を適用すると効果が出るユースケースと、実際にブロックチェーン技術を適用して成果を挙げているユーザー事例を紹介した。サプライチェーンにおいて部品などをトレース(追跡)できるようにする使い方などが典型例となる。…

「ブロックチェーンである必然性がない」、ガートナーが示すブロックチェーンの7つの落とし穴 | IT Leaders

ガートナージャパンは2019年6月25日、ブロックチェーンを活用したITプロジェクトを成功させる上での注意点を7つ発表した。総括として、ほとんどのブロックチェーン活用事例はデータを記録するためにしか使っていないので、ブロックチェーンの特性を活かしたプロジェクトへと移行すべきだとしている。今回ガートナージャパンは、米Gartnerが2019年6月12日(米国現地時間)に発表したリリースの抄訳として国内でリリースを発表した。…

海から食卓へ – Bumble Bee社:ブロックチェーン活用で「食のトレーサビリティ」を実現

米国最大のマグロ生産加工業者は、フェアトレードの条件下で持続可能な漁業を実現するために、ハイテクを活用しています。

スーパーマーケットで魚のパックを手に取り、その魚が遥か遠くの海からどのような経路を辿ってきたのか気になったことはありませんか?いったい誰がその魚を捕獲し、パッケージングして、出荷したのでしょうか。

ソニーミュージックが音楽の権利情報処理システムにAmazon Managed Blockchainを採用 | IT Leaders

ソニー・ミュージックエンタテインメントは、音楽権利情報の処理を簡素化するためのシステム基盤として、ブロックチェーン基盤サービス「Amazon Managed Blockchain」を採用する。2019年6月11日、アマゾン ウェブ サービス ジャパンとともに会見した。まずは実証実験を開始した。実証実験のコストは初期導入費用が100万円、月額5万円から。AWS上にスクラッチでシステムを開発した場合と比べて、コストを大きく削減できたとしている。…