カテゴリーアーカイブ: プレゼンテーション

会話中に聞き手が興味なさそうにし始める。そうならないためにどうする?

 1対1の対話でも、1対多数のプレゼンでも、聞き手の関心度、集中度の低下をありありと感じたことのある人は多いだろう。だんだんと、聞き手がうつむいていく、興味がなさそうに視線を泳がせる……。そのような状況をなんとかしようと […]…

プレゼン時にホワイトボードやスクリーンを活用できる話し方とは?

スクリーンやホワイトボードを使うパーツ動作を分解する  アイコンタクトを読点や句点で下にはずすと、聞き手を引き付けやすくなります(参照:今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」)。この演習をしてい […]…

プレゼン時にホワイトボードやスクリーンを活用できる話し方とは?

スクリーンやホワイトボードを使うパーツ動作を分解する  アイコンタクトを読点や句点で下にはずすと、聞き手を引き付けやすくなります(参照:今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」)。この演習をしてい […]…

「人は見た目が9割」の「9割」は、残り1割の「話す内容」を引き立てるためにある

人の印象を決定する要因の9割は、視覚・聴覚情報!?  もう10年以上前、「メラビアンの法則」を用いた『人は見た目が9割』(新潮社)という本が出版されました。ちょうど、オバマ大統領の颯爽としたスピーチや、スティーブ・ジョブ […]…

「流暢なプレゼン」に隠された落とし穴。聞き手を飽きさせないために本当に必要なこととは?

 読点や句点でアイコンタクトを下にはずすと、聞き手の期待を高めたり、理解を深めたりしやすいということは前回お話した通りです(参照:今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」)。  しかし、そうはいっ […]…

今すぐできる。聞き手の期待や理解が高まる、「上手な視線の外し方」

 身に付けたいスキルをパーツ分解して、コアスキルを反復演習する分解スキル反復演習型能力開発プログラムを全国各地で実施しています。参加しているビジネスパーソンに、聞き手を引き付けるために必要な表現スキルは何かということを問 […]…