カテゴリーアーカイブ: メディア

田代まさし再逮捕報道の異常さ。メディアこそ「ゴシップ依存」離脱を

 覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで田代まさし容疑者が田代まさし容疑者が宮城県警に逮捕された。5度目となる逮捕にネット上では「またか」「裏切られた気持ち」といったコメントが上がっているが、それだけではなくワイドショーなど […]…

災害対応そっちのけで「組閣祭り」だった政治家とメディア。後に「やってる感」だけ演出

災害そっちのけで「組閣人事」に邁進していた政権とメディア  9月9日未明に関東地方を直撃した台風15号。台風一過の月曜日は首都圏の交通網も大混乱していました。  しかし、それらが落ち着いてきたとき、SNSで発信される状況 […]…

日本の政治家不正はスルーして韓国政治の腐敗ばかり報じるメディアの歪さ

日本の「自民党政治家」の不正はスルーして韓国の不正を報じるテレビ  安倍晋三首相が絡むモリカケを筆頭に、甘利明前経済再生担当相の口利き不正、さらには外国人在留資格を巡る口利き疑惑で厚生労働政務官を辞任した自民党の上野宏史 […]…

苦境のドワンゴから分離したWebメディア、「電ファミニコゲーマー」の良質な「濃さ」

電ファミニコゲーマーとは  仕事柄、そしてネット好きの人間として、日々多くの記事をネットで読んでおり、そのいくつかはメモしている。そうした記録は年を追うごとに増えているのだが、その中でも特に多くの記事を記録しているサイト […]…

嘲笑される側に責任はあるのか――朝日新聞は筋を通した報道を

 参院選に向けた特集報道が始まった。朝日新聞は、「問う 2019参院選」との連載記事の第1回を、7月7日(日)朝刊の1面で報じている。 「『嘲笑する政治』続けるのか」という見出しには、「そうだ、よく踏み込んでくれた」との […]…

安倍政権の隠蔽体質に加担するメディア<菅野完氏>

殺到した籠池氏への取材への違和感  いったいこの人の元気はどこからくるのだろうか。  毎朝5時起床。神前仏前に手を合わせ、軽く朝餉をとったのち、犬の散歩へ。この日常のスケジュールを頑なに守りながら、籠池泰典氏は2月の最終 […]…

安倍政権の隠蔽体質に加担するメディア<菅野完氏>

殺到した籠池氏への取材への違和感  いったいこの人の元気はどこからくるのだろうか。  毎朝5時起床。神前仏前に手を合わせ、軽く朝餉をとったのち、犬の散歩へ。この日常のスケジュールを頑なに守りながら、籠池泰典氏は2月の最終 […]…

90年代、マスメディア時代の「政治」と「言葉」を流行語大賞から紐解く <「言葉」から見る平成政治史・第3回>

「流行語大賞」に見る、90年代の「政治の言葉」  社会学者の宮台真司は「終わりなき日常を(まったり)生きろ」と言った(宮台真司『終わりなき日常を生きろ――オウム完全克服マニュアル』筑摩書房)。今から振り返れば実に言い得て […]…

「ご飯論法」が新語・流行語大賞トップテンに選出されるまで<短期集中連載・「言葉」から見る平成政治史>

 平成の30年を通じて多くの制度変更が行われ、それと同等かそれ以上に政治と社会の距離感は大きく変貌を遂げた。  政治も確実に社会に対する向き合い方を変えているし、社会の政治に対する構えも変わった。政治とカネに対する反省を […]…

「ご飯論法」が新語・流行語大賞トップテンに選出されるまで<短期集中連載・「言葉」から見る平成政治史>

 平成の30年を通じて多くの制度変更が行われ、それと同等かそれ以上に政治と社会の距離感は大きく変貌を遂げた。  政治も確実に社会に対する向き合い方を変えているし、社会の政治に対する構えも変わった。政治とカネに対する反省を […]…

「トランプ」を主語にしないとアメリカ政治を語れない日本メディアの稚拙さ

「トランプ」を主語にしてでしか、考えることができない日本メディアの稚拙さ  以前も本欄で書いたと思うが、家で仕事をしているときは常にCNNを流しっぱなしにしている。音がないと原稿が書けない私と、テレビが流れているとつい見 […]…

安田純平氏の会見に「謝罪を求める日本社会は異常」「自己責任論は極右の思想」と欧米メディア特派員

日本外国特派員協会で会見、「おわび」と「感謝」を述べる  11月9日、シリアで40か月拘束され、解放されたジャーナリストの安田純平氏が日本外国特派員協会にて会見を行った。  安田氏は冒頭に次のように手短な発言を行ってから […]…

”トランプのプロパガンダ”を地方TV局が一斉放送!? 背後に地方局を牛耳る企業「シンクレア」の存在

 メディアに政治的公平を求める「放送法4条」が撤廃されるのではないかと、今後の報道のありかたについて議論が起きている日本の放送制度改革。  しかし、海の向こうのアメリカでは、’87年に「公平原則」が廃止されて以降、各局の […]…