カテゴリーアーカイブ: 宇宙ビジネス

日本のロケットは、なぜアラブ首長国連邦初の国産衛星の打ち上げに選ばれたのか?

 三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年10月29日、国産大型ロケット「H-IIA」の40号機を、種子島宇宙センターから打ち上げた。  ロケットには、温室効果ガスを観測するJAXAの衛星「いぶき2号」の […]…

堀江貴文氏出資のインターステラテクノロジズのロケット打ち上げ失敗が、”ある意味当然”である理由

 堀江貴文氏らが設立した宇宙企業「インターステラテクノロジズ」(IST)は2018年6月30日早朝、北海道大樹町の発射場から、「MOMO」ロケット2号機を打ち上げた。  高度100kmの宇宙空間を目指して飛び立ったMOM […]…

NASA、火星でヘリ型ドローンを飛ばす!  2020年に打ち上げへ

 いまやすっかり身近な存在となったドローン。平昌オリンピックの開会式では無数のドローンによる編隊飛行が世界中を魅了し、さらにAmazonやGoogleなどが自動宅配への活用を目指しているなど、その可能性はいまなお広がり続 […]…

安倍首相、宇宙ベンチャーに1000億円の出資を発表―大きく動き出した日本の宇宙ビジネス

 安倍晋三首相は2018年3月20日、今後5年間に宇宙ビジネスに対して1000億円規模のリスクマネーを供給するといったことなどを定めた、宇宙ベンチャー育成のための新たな支援パッケージを発表した。  日本は宇宙開発分野で、 […]…

安倍首相、宇宙ベンチャーに1000億円の出資を発表―大きく動き出した日本の宇宙ビジネス

 安倍晋三首相は2018年3月20日、今後5年間に宇宙ビジネスに対して1000億円規模のリスクマネーを供給するといったことなどを定めた、宇宙ベンチャー育成のための新たな支援パッケージを発表した。  日本は宇宙開発分野で、 […]…

宇宙から全世界にインターネットをつなぐ! イーロン・マスクの狙いとは?

 イーロン・マスク氏率いる宇宙企業スペースXは、2018年2月22日、人工衛星を使って宇宙から全世界にインターネットをつなげるという、壮大な計画の実現に向けた試験衛星の打ち上げに成功した。 「スターリンク」(Starli […]…

日本も参加のGoogle主催「月探査レース」、なんと勝者は「なし」。それでも失われぬ意義

 いまから10年前の2007年9月、米国の非営利団体Xプライズ財団は、民間による月探査を目指した世界初のレース「グーグル・ルナ・Xプライズ」を立ち上げた。  これまで月の探査は、国の宇宙機関が威信をかけて行うのが常だった […]…