カテゴリーアーカイブ: 宇宙科学

明日31日は15年ぶりの「火星大接近」! この夏、夜空を彩る天体ショーの見どころ、ポイントを解説!

 2018年7月31日、地球と火星の距離が大きく近づく「最接近」が訪れる。  最接近時の距離は5759万kmで、2003年以来、15年ぶりに6000万kmを切る「大接近」となる。すでに6月下旬ごろから、夜遅く南の空で明る […]…

スペースXはなぜ史上最も重い衛星をわざと低い軌道に打ち上げたのか? その戦略と衛星会社の目論見

 イーロン・マスク氏率いる宇宙企業「スペースX」は2018年7月22日、「ファルコン9」ロケットの打ち上げに成功。カナダの衛星通信会社テレサットの通信衛星「テルスター19V」を、予定どおりの軌道へ送り届けた。  テルスタ […]…

探査機「はやぶさ2」、小惑星リュウグウに到着。日本の宇宙探査が迎えた「終わり」と「始まり」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日9時35分、目的地である小惑星「リュウグウ」に到着したと発表した。  2014年の打ち上げ以来、大きなトラブルを起こすことなく往路 […]…

探査機「はやぶさ2」、小惑星リュウグウに到着。日本の宇宙探査が迎えた「終わり」と「始まり」

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月27日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同日9時35分、目的地である小惑星「リュウグウ」に到着したと発表した。  2014年の打ち上げ以来、大きなトラブルを起こすことなく往路 […]…

“もう一つの地球”の可能性と、水星の謎に迫れ。日欧共同開発の水星探査機、愛称「みお」に決定

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年6月8日、欧州と共同で開発中の水星探査機「ベピコロンボ」(BepiColombo)のうち、日本側が開発・運用を担当する機体の愛称について、「みお」に決定したと発表した。 「み […]…

日本のロケットベンチャー・インターステラテクノロジズ、ロケット打ち上げを延期。今夏以降に再挑戦へ

 北海道のロケット企業インターステラテクノロジズ(IST)は2018年4月30日、観測ロケット「MOMO」2号機の打ち上げ実験の実施を、今年の夏以降に延期すると発表した。  当初はゴールデンウィーク中の打ち上げを予定して […]…

NASA新長官、15か月の空白期間を経て地球温暖化懐疑論者の現役共和党議員出身者に決定。トランプ政権の狙いとは?

 はたして、“Make America Great Again”の声は宇宙にも届くのか――。  2018年4月23日、トランプ政権下における米国航空宇宙局(NASA)の長官として、ジェイムズ・ブライデンスタイン氏が就任し […]…

日本が開発した「世界最小ロケット」、打ち上げ成功! そこに秘められた大きな可能性

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年2月3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から、「SS-520」ロケットの5号機を打ち上げた。ロケットは順調に飛行し、搭載していた超小型衛星を軌道に投入することに成功。昨 […]…

日本が開発した「世界最小ロケット」、打ち上げ成功! そこに秘められた大きな可能性

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2018年2月3日、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から、「SS-520」ロケットの5号機を打ち上げた。ロケットは順調に飛行し、搭載していた超小型衛星を軌道に投入することに成功。昨 […]…

米ベンチャーの超小型ロケットが打ち上げに成功。宇宙ビジネスがさらに加速へ!

 米国のベンチャー企業「ロケット・ラボ」は2018年1月21日、新開発の超小型ロケット「エレクトロン」の打ち上げに初めて成功。搭載していた3機の超小型衛星を宇宙へと送り届けた。  質量が数百kg~数十kgほどの小型衛星を […]…