カテゴリーアーカイブ: 省エネ

今からでも間に合う、すぐできて効果抜群の「部屋の寒さ」対策とは?

コストをかけずに劇的に寒さを改善する方法がある  年が明けて、本格的な寒さがやってきました。外気温が寒くても、家の中が暖かければリラックスできます。でも家が寒いとそうはいきません。湯船に浸かって暖まろうとしたものの、脱衣 […]…

医師も驚いた! 18℃以上の暖かい家が高血圧を改善する

 住まいの室温の変化は、私たちの想像以上に健康に大きな影響を及ぼしています。 「冬に室温が低いと、高血圧や夜間頻尿、心臓や脳に関わる病気などを発症するリスクが高まる」 「冬でも暖かい家に住めば、そうした疾病が改善する」 […]…

「暑すぎる」「寒すぎる」夏のオフィスを快適に過ごす工夫

夏のオフィスは室温調整が難しい  夏のオフィスでは、社員のストレスもたまりがちだ。外から帰ってきた社員が「暑くてたまらない!」と冷房の温度設定を下げ、内勤の社員からは逆に「冷房が強すぎて寒い!」と不満が出るような場面も少 […]…

ららぽーと名古屋みなとアクルス/AI利用の省エネ空調制御システム導入

三井不動産と竹中工務店は7月29日、「三井ショッピングパーク ららぽーと名古屋みなとアクルス」にてAI技術を利用した省エネルギー空調制御システムを導入したと発表した。 同プロジェクトは国土交通省により「サステナブル建築物 […]…

窓を開けて風を通すと逆効果! 梅雨どきの湿気対策の「誤解」

 今年も、ジメジメする梅雨の季節が到来した。そこで湿度をコントロールして、健康で快適に、さらには省エネしながら梅雨を乗り切るポイントを紹介したい。 窓を開けて通風すると、逆に暑くなり湿気も高くなる!?  室内で快適に感じ […]…

猛暑が来てからじゃ遅すぎる! 失敗しない「断熱リフォーム」の方法

今こそ、断熱リフォームの最適期  冬が去り、過ごしやすい気候の日が増えてきた。こんな時期こそ、猛暑の来襲に備えて自宅の断熱リフォームを検討したい。古くなった住宅の見た目を良くするリフォーム(リノベーション)そのものは、ブ […]…

お金をかけずに自分でできて効果抜群、健康寿命を伸ばす「断熱DIY」

 現在の日本では、いわゆるヒートショックなど家の寒さが原因で亡くなる人の数が、交通事故を上回るようになっている。寒さによって健康に悪影響を受けやすいのは一般的に高齢者で、今後は社会で高齢化がさらに進むため、この問題はより […]…

なぜ日本の家は寒いのか? いまこそやるべきコスパ最高の寒さ対策とは

「寒い部屋をなんとかしたいが、どうしたらいいのか?」  こんな質問をされたら、筆者は「まずは窓から!」と答えている。以前、夏の熱い空気はその多くが窓から入ってくることを紹介したが、冬の冷気も同じように窓から侵入する。また […]…

エアコン暖房は意外と省エネだった! かしこい暖房器具の選び方&効率を高めるポイントとは

 肌寒い季節が到来し、そろそろ暖房機器の準備を始めている頃だろう。これまでは家にある機器をなんとなく使っていたかもしれないが、暖房機器の選び方や使い方次第で、効果や省エネ度合いは大きく変わってくる。暖かくしたい空間の広さ […]…

「もったいない」は逆効果? 省エネ家電への買い替えがもたらす効果

古い家電は、適切に省エネ型に買い替えたほうがいい  古くなった電化製品を長く使用し続けながら、「うちは省エネ」などと思っている人がいたら、大きな勘違いをしている。  日本では「もったいない」という文化があり、古いものを大 […]…

エアコン嫌いは必見! 本当はスゴイ「エアコンの実力」

「エアコン嫌い」の高齢者が熱中症に  岐阜市の病院で、エアコンが故障した病室に入院していた80歳代の患者4人が、8月26〜27日にかけて相次いで死亡した。熱中症の疑いも指摘されているが、病院長は、「エアコンが嫌いな人もい […]…

暑すぎる部屋にサヨウナラ! 外気温が40℃でも、ロフトで安眠できる家とは?

 もう9月になろうというのに、日本列島を襲う猛暑は勢いが衰えない。8月23日には、新潟県では3地点で40℃超え、山形市でも39℃を記録するなど、各地で観測史上最高気温が続出した。そんな中、気温は下げられなくても、せめて室 […]…

暑すぎる部屋にサヨウナラ! 外気温が40℃でも、ロフトで安眠できる家とは?

 もう9月になろうというのに、日本列島を襲う猛暑は勢いが衰えない。8月23日には、新潟県では3地点で40℃超え、山形市でも39℃を記録するなど、各地で観測史上最高気温が続出した。そんな中、気温は下げられなくても、せめて室 […]…