カテゴリーアーカイブ: アパレル

データ分析システム活用/スタバ・大手アパレルの活用事例を紹介(無料)

ジールは10月16日、「スターバックス・国内大手アパレル企業で膨大な製品・店舗データから収益性分析レポートの即時作成が出来たわけを解説」するセミナーを開催する。 このほど、スターバックスは18,000製品と28,000を […]…

H&M、アマゾン流域の火災を受けてブラジルからの皮革輸入を中止。その背景とは?

 ファストファッション業界で、ZARAを擁するインディテックスの次に世界規模で売上の多いH&M(Hennes and Mauritz)が皮革のブラジルからの輸入を一時的に中断したことを9月5日に発表した。 アマゾンの火災 […]…

千趣会/中国でベビー・子供向けアパレルPB販売拡大

千趣会は8月29日、中国パートナー企業の第一秒(D1M)電商科技と、中国市場(香港・マカオ含む)でのベビー・子供向けアパレル領域におけるプライベートブランド(PB)商品の販売拡大に向けた取り組みを9月から開始すると発表し […]…

業績不振のRIZAP傘下で、ジーンズメイトが赤字体質に「劇的にコミット」できたワケ

「結果にコミット」のCMで有名となったスポーツジム「RIZAP」(ライザップ、本社:新宿区)の業績が振るわない。  11月14日に発表した2019年3月期通期の業績予想では、純損益が70億円の赤字(従来予想は159億円の […]…

ブラを試着する時間はない⁉ サイズと好みのデジタル化

ネットやカタログで買い物をしてサイズが合わなかった!失敗した!という経験のある人は少なくないでしょう。 多少のサイズ違いが許容される洋服に比べ、直接肌につけるブラはFit感を自分の好みに合わせたいという意識は強いと思いま ...…

ZARA対Amazon、アパレルEC戦争勃発! インディテックス、2020年までに世界中でEC購入可能にすると宣言

8月29日にモルガン・スタンレーがZARAなど8つのブランドを傘下に置くインディテックスが長期的に見て事業の縮小は避けられないと評価した途端に、インディテックスの株価は9%下落する事態に陥った。(参照:「El Econo […]…

ファストファッション最大手ZARA、イタリアのディーゼルを擁するOTBグループに製品模倣で訴えられ敗訴

 イタリアのOTB(Only The Brave)グループのブランド「Diesel(ディーゼル)」のジーンズ「Skinzee-SP」と「Marni(マルニ)」のサンダル「Fussbett」がZARAに模写されたとして、O […]

ファストファッション最大手ZARA、イタリアのディーゼルを擁するOTBグループに製品模倣で訴えられ敗訴

 イタリアのOTB(Only The Brave)グループのブランド「Diesel(ディーゼル)」のジーンズ「Skinzee-SP」と「Marni(マルニ)」のサンダル「Fussbett」がZARAに模写されたとして、O […]

アパレル業界の未来を紐解く6つの最新トレンド 【後編】

今までの常識が塗り替えられるような「イノベーション」が様々な業界で起こると予想されている時代において、ファッション業界はどのような歴史を刻んでいくことになるのだろうか。
前半の記事ではそれを紐解く手がかりになりそうなトピックとして、「ウェアラブルデバイス」・「実店舗」・「ラグジュアリー」という3つの言葉が再定義されることについて言及した。

後半となるこの記事では、ファッション業界が抱えている問題について注目したい。労働搾取や大量廃棄といったこの業界が長らく解決出来ずに抱え込んでいるものから、…

韓国シャネルがストライキを決行。怒りのあまりジーパンで売り場に立つ

 韓国に70店舗あまりあるシャネルの化粧品売り場で、前代未聞の事態が起きている。  美容部員として現場に立つスタッフたちは、従来の黒のスーツユニホームを脱ぎ、ピンクのTシャツにジーパンというカジュアルな私服で接客している […]…

H&Mの不良在庫は4550億円分!? 不振の理由はネット炎上だけじゃない

 ZARAに次ぐファストブランドとして勢いを誇っていたH&Mが不振に喘いでいる。  スペインのファッション情報電子紙『Trendencias』が4月3日付けに報じた記事によれば、H&Mは、現在世界アパレル業界2位に位置し […]…

リーバイス、米生産復活と環境保護を両立させた陰にある企業の存在が

 ジーンズの生産には人体に有害となる工程があることや、水の消費量の多さがこれまで問題視されて来た。例えば、ジーンズを色あせた風合いにするのにサンドブラスト法や過マンガン酸カリウムを使用する人体に有害な工程がある。また、こ […]…

ZARA、MANGOに続く第三のスペインブランド「DESIGUAL」、アジアの中では日本市場での販路拡大を期待

スペインのアパレル業界のトップはZARAを傘下に収めているグループ企業インディテックス(Inditex)である。その次に続くのが、90年代前半までZARAと対等に競っていたカタルーニャ生まれのMANGOが続く。その後に同 […]…

女性に人気の英国ブランド「ローラ・アシュレイ」が日本撤退! その背景は?

 英国発の家庭用品・アパレルブランド「ローラ・アシュレイ」が日本から姿を消してしまうかも知れない。  ローラ・アシュレイを東アジアで展開する「ローラ・アシュレイ・ジャパン」が事業から撤退し、2018年9月までに全店舗を閉 […]…

「ネット販売特化」の店舗ってどういうこと? ZARAがロンドンにオープンした新規店舗が未来過ぎる

 1月26日、ZARAが英国ロンドンのストラットフォード地区に、またしても新たな200㎡のスペースを持ったショップをオープンした。この店舗のオープンに際し、ZARAの親会社インディテックス(Inditex)のCEOパブロ […]…