カテゴリーアーカイブ: IT

店舗改革×本部改革/データ活用で働き方改革、9月10日開催(無料)

ドリーム・アーツと日本マイクロソフトは9月10日、「店舗改革×本部改革×データ活用~100店舗超えたらやるべき『ITによる』働き方改革~」を開催する。 加速度的な外部環境の変化により、常に進化を求められるチェーンストア業 […]…

ライフ/LINE WORKS導入、スマホ・モバイルPC活用で働き方改革

ライフコーポレーションは2月1日、ITインフラ構築による働き方改革を行い、多様なワークスタイルを実現すると発表した。 1月から、働き方改革の一環として「LINE WORKSの導入」「スマートフォンの活用」「モバイルPCの […]…

ゲーミングスマホが続々登場。ASUSのゲーミングライン、「ROGフォン」は日本上陸も

 台湾・ASUS(華碩電脳)は同社初のゲーミングスマートフォン(ゲーミングスマホ)を発表した。各社からゲーミングスマホが続々と登場する中で、同社が発表したゲーミングスマホは本格的な仕様で、日本市場での発売も有力だ。 「ゲ […]…

人類の脅威は、“弱いAI”が無数に繋がった「ネットワーク知能」にあり。KAIST大の博士が提言

 韓国の名門大学KAISTが、5月10日に「人工知能(AI)の哲学」をテーマに学術発表会を開催した。講師・金在仁(キム・ジェイン)博士が登壇し、AIの哲学的側面に対して批判的な考察がなされ、その創造性と教育に関しても議論 […]…

中国に眠る莫大なリハビリロボット需要……注目株のマイルボットがレノボなどから資金調達

 日本と並び、リハビリロボットの潜在需要が非常に高いとされている中国。  同分野の期待株である国内企業・マイルボット(迈步机器人)が、今年4月に数千万元規模の投資を受けたと明かした。今回の投資は、深センシェアインベストメ […]…

NTTドコモ、通信速度がほぼ1Gbpsに! 5年ぶりファーウェイ製スマホも

 NTTドコモは2018年夏 新サービス・新商品発表会を開催した。通信速度は1Gbps近くとなり、その高速通信に対応した新商品が披露された。また、5年ぶりにNTTドコモから華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)製のスマ […]…

mixiで乗っ取り型スパムが大流行中。存在を忘れかけてた人も要注意!

 久しぶりにmixiを開いてみたら、あの、昔はログインして“これ”があると嬉しかった、赤字のメッセージが! しかもたくさん!  あなたも、ほとんど放置したままのmixiアカウントを持っていたら、そんな事態になっているかも […]…

ドライバーに朗報!? 駐車監視員の接近を知らせてくれるアプリは使えるか?

 こんにちは。吉田武と申します。  普段は“ジャンクハンター吉田”名義など複数のライターネームを使い分け、映画コラムニストやらゲームジャーナリストとしての活動をしていおります。  過去にパーキングメーターの取り締まりにつ […]…

NASA、火星でヘリ型ドローンを飛ばす!  2020年に打ち上げへ

 いまやすっかり身近な存在となったドローン。平昌オリンピックの開会式では無数のドローンによる編隊飛行が世界中を魅了し、さらにAmazonやGoogleなどが自動宅配への活用を目指しているなど、その可能性はいまなお広がり続 […]…

不動産業界で進む人工知能&ロボット投入……ロボットが賃貸を案内も!

 不動産仲介業を代替する人工知能(AI)ロボットが登場し話題となっている。AIロボットの名称は「レックス」(REX)。潜在的な住宅購入希望者を探し出し、カスタマイズされた住宅情報を提供する。開発を進める企業はレックス・リ […]…

北朝鮮ハッカー部隊を「AI人材」として採用!? 次期ソウル市長候補が仰天提案

 これまで韓国大統領候補として選挙活動を続け、現在ではソウル市長候補の一角となっている政治家アン・チョルス氏(正しい未来党)が、朝鮮民主主義人民共和国(以下、北朝鮮)との融和ムードが高まるなかユニークな発言し、社会の注目 […]…

ついにAIによる「新たな性犯罪」が増殖! 海外で広がる「ハイテクコラ画像」被害

 財務省・福田淳一事務次官のセクハラ疑惑など、性に関するスキャンダルが日本社会を賑わせている。  そんな最中、世界各国ではテクノロジーを使った新たな性犯罪への懸念が高まっている。そのテクロジーとは、人工知能(AI)を使っ […]…

受け入れられる鍵は「町の人を喜ばせること」。オレゴンの田舎で働く配達ロボット「DAX」開発者の狙い

 米オレゴン州フィロマス市内にある住民4676人の小さな町・ウィラメットバレーでは、大きさ約60cmの半自律型配送ロボット「DAX」が稼働している。DAXは、同地域にあるメキシカンレストラン「La Rockita」で“配 […]…

中国通信大手ZTEが米企業と取引禁止に! ドコモなど日本企業への影響は?

 米国商務省傘下の産業安全保障局(BIS)は中国の通信機器大手・中興通訊(ZTE)とその子会社を取引禁止顧客リストに掲載した。米中の貿易摩擦が激化する可能性もあり、一連の事案の背景と影響を解説する。 なぜ、取引禁止になっ […]…

孤独な若者を繋ぐ出会い系ロボット「Fribo」が誕生……斬新なその機能とは

 韓国・延世大学およびKAISTの共同研究チームが、一人暮らしの若者の社会的なつながりを支援するソーシャルネットワーキングロボット「フリボ(Fribo)」を開発した。  HCI、BMIなどの分野を研究する9人の研究者たち […]…

CESもMWCもIFAも…中国勢の欧米テック系イベント“占拠”がますます加速

 世界知的所有権機関(WIPO)が今年3月末に発表したレポートは、日本社会に大きな衝撃を与えた。2017年の特許出願数で、中国(4万8882件)が日本(4万8208件)を上回り、米国(5万6624件)に次ぐ2位に浮上した […]…

進む医療界のAI導入。現場の看護士が危惧する点とは?  LinkedIn調査

 人工知能(AI)をはじめとする最新テクノロジーの登場により、医療の飛躍的な進歩が期待されている。そんな医療業界に身を置く看護師にとって、AIはやはり脅威なのか。それとも強力な助っ人となり得るのか。ビジネス特化型SNS「 […]…

世界5G覇権戦争……超高速通信がロボット・AI普及を爆発的に加速させる

世界が注目する「5G」技術  世界最大規模のスマホ・通信機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス」(以下、MWC2018)が、スペイン・バルセロナで開催されたのは2月下旬のことだった。世界各キャリアやメーカーによって、 […]…

Apple Pencil対応、9.7インチの新型iPad! シカゴのAppleイベントで何が語られたか

‘18年3月28日(日本時間0時)、アップルの新製品が発表された。これまで世界中が注目するなか、ライブ配信でいち早く数々のプロダクトを発表してきたアップル。今回は新製品の発表会後、ホームページやApple TVで速報ビデ […]…

「足りないギガ」を個人間取引!? モバイルデータ取引サービス「DENT」が狙う日本進出

 自動車や自転車(移動手段)、オフィスや生活スペース(不動産)、はては生活用品や人材まで、ここ数年、急速に拡大を見せている「シェアリングビジネス」。UberやAirbnb、Mobike、メルカリ、クラウドワークなど、モノ […]…

仮想通貨だけではない! 広がるブロックチェーンの可能性と知識共有の場

 昨今、世界中から一気に注目を浴びるようになった、ビットコインなどの仮想通貨。先日も取引所「コインチェック」がハッキングされ、仮想通貨のXEM650億円分が不正送金された件で話題になった。  この仮想通貨の流通を成立させ […]…

ついに日本上陸を果たす、アジア1位の中国スマホメーカーOPPOとは?

 中国の携帯電話メーカー「広東欧珀移動通信」は日本に参入すると発表した。「OPPOブランド」でカメラを強化したスマートフォン(スマホ)をカメラフォンとして展開し、アジアを中心に急成長を遂げた。ついに、そんなメーカーが日本 […]…