カテゴリー: ライフスタイル

クラウドファンディングはいろんな可能性がありそうだ。

様々なクラウドファンディングがスタートしているが、ほとんどのケースは購買型である。先に入金して予約して後でできあがたものをリターンしてもらうという方法だ。実際にクラウドファンディングの参加企業者と話をしてみると熱意や意思を持った方が多い。しかし、今までなかなか顧客をつかみきれなかったとか、資金調達がむつかしかったということで、ブレイクするし切れなかったわけだが、それをこのクラウドファンディングできっかけをつかめれるような機会になればいいと思う。
クラウドファンディング側としては、こういった方々に自分たちのフラットフォームの利用してもらうわけだが、それ以上に様々な支援をしないといけないようなケースがあるようだ。もう少しビジネスモデルを具体的に精査するとか、足りないリソースのカバーをするとか、様々な討論をしていくなかでより課題を解決していくようなことを並行していくなかでより良い方向になりそうな可能性がさらに広がるのではないかと思うんだが。。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です