いまどき当社は何とかの業界にいますなんて一本足打法をやっているところはむしろ少ないんじゃないですかね。たとえばファッション業界というところの企業もおなじで、ここんところずっと不振業界で何やってもという感じだが、そこで実直にファッションだけやってればそりゃ何してもだめなんだが、ほかのところで落ち目でも軽く利益をカバーできる分野を持っていないとだめなんだが。。。まあアマゾンとかその典型だよね。ECがどこまでへこんでも軽くAWSでカバーできるし、そのあり余る利益を使ってECを今までとは全く違ったBMに変更することも可能だし。。。という具合だ。

結構実績のあるコンサルタント(もちろんITコンサルを省いてね)でも、どっちが重要ですか?「営業力」か「SEO」。と言ってハッキリ「SEO」ということがわかる人が意外にいないのはどういうことだ?コンサルタントトップが自分でサイトを作ったり、ブログをアップしたり、SEO対策をやったりしてないから、今のネット時代のことはほとんど分からないというところがどれほど多いことか。大丈夫か???