頭のなかでマップが描ける人が少ない。これができんと多方面の話を同時にすることが無理だよな。

話をするとき、人の話を聞くときに様々な癖が出る。できるだけノートに取る人、紙に書く人、PCに打ち込む人、マップで書き留める人。。。。その内容も話したことを記録する人、感じたことも記録する人、先の発展する方向性を聞きながら予測して書く人。。。

 

まあ、こんな感じですかね。自分の場合は最近一つのテーマで話していると退屈してくるので、同時に違う情報をチェックしながら、何かを計算したり企画書を作ったりしながら、頭の中では今の話の先読みをしたり、サイドストーリーを考えたり、マップを作ってその空いているピースがいつうまるのをまったり。。。する癖が出てきて、ちょっと何かを並行でやらないと持たないようになってきている。いかんいかんということなんだろうな。

 

しかし話の途中でどんどん違う話題の話が乱入してくるようなミーティングは非常に面白いね。それでいて結構中身は超深堀しているような。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です