Posted in PC・Macモバイル

アップルスペシャルイベント20181030

途中から見たから、、、MacBook Airが最初のプレゼンかな?MacBook Air 焼き直しだな。しかも1190ドル 日本ではきっと10万円きらないのか。残念。

 

Mac mini やっと実用的なスペックに変更。前のが何年も更新されなくてひどかったからな。他ではほとんどマイ年更新なんだけどね。こういう当たり前のことをしっかりやってほしい。あとは価格だ。それと冷却ね。799ドルのスペックだな。あっという間にプレゼン終わり。。。ありゃ。

 

今んところ古い筐体を生かしたカスタマイズばかりだな。新鮮味がないのが残念。前のiPhoneの提案がまったく期待はずれだったから、後半のアメイジングに期待だ。

 

アップルストアの紹介だ。新しいコンセプトでリニュアル。そろそろほとんどの店がリニュアル時期だからね。今まで外観のバラエティはあるけどほとんど同様のコンセプトで店の中を作ってきたんで、相当飽きられてきたと思う。スタバみたいに地域に合わせてコンセプトや機能をもっと変えていかないと同じ店での競争とか起こり出すと負のスパイラルがいっきに起こり出すね。

 

やっとiPad。今はproも普通のも変わらんからね。一応事前に情報が漏れていたような仕様で登場。額縁・フェイス認証。ユニバーサル化はやっぱり進めないようだ。せめてMacのソフトをエミュレーターで動かすとか。。。もしくはiPadのソフトを逆にMacのpcで動かすとか。。。有機液晶じゃないのか。さてミニは登場するか。あとは価格だなあ。それとタイプCは出たな。今やどこでも業界標準だからな。アップルだけが思い切り遅れてたから。相変わらずキーボードはタッチパッドをつけてないな。これが非常にいままで不便だったから早くタッチパッドのついたキーボードを出してほしいものだ。この分野では今やサーフェスproとかGOが一番進んでるからそれを今後どこまで上回れるかだな。

 

Adobeの紹介もあったけど、最初から当然ウインドーズタブレットならPCのフルバージョンですべてのAdobeのソフトが動いているので、実は全く新鮮味がない。やっぱりあれだね、もっとiPadオンリーならではの超ユニークなソフトをアップルが自社で開発しないと他のプラットフォームに追いつくだけでは意味がないなあ。

 

多分今回の発表を見て前回のiPhoneをなぜタイプCにしなかったのか疑問に残る。次回の発表が来年の秋だとしたらまた1年他のプラットフォームに遅れるわけで、なぜこんなものを発表したのかわからん。それにe-Sportsとか盛り上がっている中でなぜそこにリーチしないのかも疑問だね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です