カテゴリー: 音楽

やっとこさ日本に来るのか??!!既に何回か来てる?元気な時のピンクフロイドをもうちょっとマイルドにした感じ。2月に来るけど動画さんざん見てるから聴きなれた感じだな。日本のバンドもすごいけどな。。。こっちのほうがちょっとあらあらしくて好きだ。

カテゴリー: 音楽

Tribal Tech スコットヘンダーソンのギターとガリーウイリスのベースの感じがとてもテクニカルファンキーなバンド。メロディラインも非常に面白いしいろいろギターフレーズで遊べる。この手のマイナスワンがあったらおもろいんやけどね。結構仕事の能率が上がる曲なんだ。

スポティファイならほとんどの曲がそろっているところがなんともいいね。

こっちの方が当然好きやけどね。

カテゴリー: ハードモバイルライフスタイル音楽

イヤホンがウエアラブルのトップになることはいいことだけど、エクスペリアのイヤーデュオみたいに外の音が聞こえないとだめだ。従来型では非常に危ない。

https://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1912/15/news014.html

デュオでも長時間やってると耳たぶが痛くなるけどね。外の音が普通に聞こえるので非常にいい。

書いてるライターも実際には色々試してないんだろうね。

カテゴリー: LinuxPC・Macモバイル趣味音楽

サブスクの音楽サービス3箇所目。グーグルプレイミュージック→アップルミュージック→スポティファイ。やっぱりスポティファイが最も使いやすいし、選曲が簡単。

グーグルのとかアップルのはアルバム1枚ごとに自分のライブラリーに加えていくという感じで、2万曲ほど選択するのにすごい時間がかかたけど、その点スポティファイはアーティストごとに一気に選べるので1日で簡単に2万曲は行けるという感じですね。

それに優れているのは、アップルミュージックなんかはこだわったアルバムの中に日本では試聴もダウンロードのも出来ないのが多数あるけど、スポティファイではいまん所ほとんどない。これもスポティファイがいいのがわかるね。アップルミュージックはほんとだめだ。それに、スポティファイはマイナーなジャズギタリストの曲も結構ある。これはグーグルやアップルにはほとんどない。

スポティファイ恐るべしだな。ただウインドーズやアンドロイドやマック関連で使えるのはいいんだけど、できればそのうちリナックスでも使えるのが出て欲しいね。メイン作業マシンがほとんどリナックスなんで。。。

カテゴリー: ライフスタイル音楽

ニューヨークの街を支えていた木材に再び命を吹き込むギター職人 – GIGAZINE

自然の素材から作られる楽器からは、単なる物質としてではなく、その素材が持つ歴史やたたずまいのようなものが感じられることもあるものです。ニューヨークの街角でギター作りを続ける工房では、文字どおりニューヨークの街を形づくってきた建物の木材を再生して、新たにギターとして生まれかわらせる楽器づくりが行われています。
— 読み進める gigazine.net/news/20160723-harvesting-guitar-new-york/

いやーすごいわ。。。。。

カテゴリー: ライフスタイル音楽

ボブのニュース: 古きニューヨークの魂 ボディで15万?あとはピックアップとかブリッジとかナットとか足していくと。。。。?でも安いというか店行ったらいきなりカード出してそう!!!!!

ボブのニュース: 古きニューヨークの魂
— 読み進める bob-no-news.blogspot.com/2011/08/blog-post_14.html

カテゴリー: 音楽

そういえば中学2年生?の時にマイルスのビッチェルブリューを聞いてなんだこれはと思ってたんだが「ふーん」ということで翌年にマハビシュヌオーケストラの1枚目とウエザーリポートのミルキーウエイを聴いてからジャズが好きになったのを思い出した。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ビッチェズ・ブリュー

当然当時はLPとか買えなかったから、ラジオのをカセットに録音をしていたな。もちろんラジオのスピオーカーからカセットのマイクで拾うという方法ね。布団の中でやらないと外の音が入る。ラジオの雑音も相当すごいけどね。それに録音をするタイミングがめちゃくちゃ難しい。滅多にかからないから。

カテゴリー: 音楽

ディメオラの初期の曲でちょっと複雑系にトライしたい人なら誰もが挑戦したがる曲だな。。でも結構難しい。リズム感とピックのタッチ感がとてつもなくむつかしい。ディメオラは全く右手の指が一本もギターにつけないで弾くんだが、それがこのリズム感とかに影響してるのかもしらんね。小指をつけたりするとリズム感に柔軟性が失われるような気もするし。