カテゴリー: PC・Mac

マイクロソフトなかなかいいね。サポート終了と言っても実際には巷で動いているわけで、そこを使ってネット経由で色々あるわけだから、OSメーカーとしてはある程度サポートをすることは当たり前だな。これはプラットフォーマーの義務だ。

https://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1905/21/news035.html

カテゴリー: PC・Mac

最近良く聞かれるのが、仕事でバリバリ使うのに、ウインドーズですか?マックですか?タブレットですか?なんていう質問。。。。。。

結論から言うと殆どのケースウインドーズですね。企業間で使うときに互換性とか楽。自分で仕事をする時にアドインなんかが使えるエクセルやアクセスが使えるか使えないかはめちゃくちゃ大きい。投資なんかをやるときに株投資用のソフトを使うこともあるかと思うし、更にはストラテジーで投資を判断するようなソフトを使う時もあると思うけど、ほとんどのケースウインドーズしかない。それに相対的に価格が安いのでその分他にお金を有効活用できる。そのうち取り扱うデータ量が変わってメモリーを足したりとかハードディスクを入れ換えたりするときも初期投資が少ない分だけ動きやすい。画面サイズがいろいろあるし、重量も大画面で1キロ切るのもある。それに2in1でタブレットにも使えるのがあるので、そこら辺の融通がきく。殆どのウインドーズで多種類のポートが使えるので今までのケーブルとか使い回すことも楽だ。純正を買う必要もないので安いしね。。。。

もっとうまい使い方は何世代も前の安定したパソコンを中古で買ってきてubuntuなんかをインストールすれば2−3万円でもスピードの早いパソコンが手に入るというもいい。これはウインドーズマシンでもマックのマシンでも行けそうだが、インストールしてみてやっぱり使いやすいのはウインドーズだったりする。もっとも中道のビジネスマシンでややこしいドライバーが少ないダイナブックなんかの第2世代インテルの2万円ぐらいのマシンにインストールすると非常に快適だったりする。今もそれを使ってるが、新品の20万円台ぐらいのインテル第7世代のマシンに十分張り合えるスピード感で使える。それに周りで使っている人が少ないのでちょっと差別化もできるしね。

タブレットはいろいろいう人があるけど、まあ、クリエイティブな使い方でペンで書くことをメインでやるのでないのなら、パソコン本体で浮いた経費でギャラクシーノートぐらいを買ったほうがいいかもしれない。

作業的にはパワポやエクセルとメールとかですよという人も多いと思うけど、最初から制約のあるマシンを買って先の可能性を潰すより、いくらでも可能性を広げることができるマシンを買ったほうがいい。特に仕事で使うのならウインドーズしかないのかなと思う。忘れてた。趣味でゲームという人もゲームで使えるマシンはマックでは殆ど無いので、その場合は必然的にウインドーズしかない選択肢となる。

カテゴリー: PC・Mac

更に最近良く使っているのが、ウブンツにさっきの記事のLibreOfficeという組みあわせのPCはなんとダイナブックのR731/C。i5の第2世代だからね。これでも快適に動くのが、この組合わせのええところ。さながらSSDにフルのメモリーだけど。

最近新しいPCとんと買わなくなりましたね。

カテゴリー: PC・Mac

最近よく使っていて便利なのがLibreOffice。例えば表計算なら、ちょっと昔のエクセルのようなアイコンで、しかも使いやすくて無料でさらにウインドーズでもウブンツでもマックでも使える。動作軽いよね。個々のソフトが相当高機能。

マイクロソフトのオフィスを買わなくてもこれで十分というか、こっちのほうが使いやすいというか。。。。バージョンアップしてちょっと今風のアイコンになって残念??というと提供側に怒られるかな。前の古い感じのアイコンが意外に好きだった。

カテゴリー: PC・Macモバイル

ダークモードは逆に目が疲れるな。WINでもMacでもここんところダークモードのようなデザインでいろいろ作業を進めてきたけど逆に目が疲れるので元に戻した。

ダークモードのいいところは省電力と目が疲れない?ということなんだが、真っ黒というのは逆に文字が白抜きなんで細かい文字なんかや明朝体のような細いフォントになる場合は逆に目が疲れる。それに全体画面がすべてのソフトがダークモードになるわけではないので、そのソフトごとに背景がダークモードに対応していたりとか、そうでなかったりとかの切り替えでも目が疲れる。PCではそれほどバッテリーの持ちは関係ないし。スマホでもバッテリーケースが普通なんでそれほどバッテリーで神経質になることもない。ちょっとずつ元のデザインに戻しつつある。ダークモードの黒よりはグレーとかの方が目が疲れないね。実際のところは。

カテゴリー: PC・Mac未分類

プレビュー版を提供開始:「Windows Virtual Desktop」の衝撃 Windowsをクラウド提供の意味は? – TechTargetジャパン

クラウドベースのデスクトップ・アプリケーション仮想化ツール「Windows Virtual Desktop」は2019年後半に提供開始する見込みで、「Office 365 ProPlus」を統合する。
— 読み進める techtarget.itmedia.co.jp/tt/spv/1903/30/news01.html

デスクトップもクラウド時代だな。

カテゴリー: AIAR VR MRIotPC・Macネットモバイル

5Gとか盛り上がってるけど。。。。

正直まだ5Gの端末を使って5Gの恩恵を経験したことないからちっともわからんけど、そういえば昔3Gから4Gになるときにこんなに世の中変わるよと言われて、、、でも気が付いたらほとんどすんなり慣れきってしまって、それがどうした??ぐらいのことになっている。

まあ、5Gも最初はワーワーいうけどすぐに慣れてしまって、それが?なんてことになってしまうのかも知らん。

しかしテクノロジーの場では今まで様々なできなかったことができるようになりそうなんでより新しいビジネスモデルが出てくるんだろうと思うけど全くぴんと来ていない。

まあ、スマホも4Gの産物だからそのうちにオール音声コマンドやモーションコマンドでリアルタイムでいろいろな動作ができるということになればちょっと5Gの恩恵を受けてるなあなんてことを思うのかもしれない。

期待いっぱいなんだけどまだもやもやしているという状況なんですかね。今は。。。

カテゴリー: PC・Macモバイル

iPadmini 5世代目。まあまあ満足だな。

今までのiPad miniの更新がほっときぱなしだったので、4世代のに比べて早いというのは当たり前なんで、それほどのことはない。よくマスコミがここが大きく変わったなんて言ってるけど、それほど変わったということはない。ペンにも対応したけど、それは相当前からiPad Proとかで体験しているので、めあたらしくはない。iPad mini限定で考えると新しいということになるとは思うけどというレベルだ。

それよりも今回気になったのは、アップルストアなんかでは余裕に在庫があるということだ。家電専門店では入荷が少なかったのか、今日の時点ではあまり在庫がないが、アップルストアでは余裕にあるようだ。。。。前のiPad Proが高過ぎる割に筐体が曲がってるとか、あまりにもひどかったので、iPad自体一気に人気をなくしたのか心配だ。

アップル製品のカテゴリーの中では、競合に余裕で勝てているのはiPadカテゴリーしかない。iPhoneはどんどん中国系に追いつかれてるし、パソコンははなから勝ち目ないし、テレビもあかんし、ホームパッドもあかんし、アップルミュージックとかはSpotifyとかと比較するとまだまだだし、今度スタートする映画とかゲームとかなんかもう山ほど競合いるし既にガリバーになっているところもあるし。。。

ということで唯一の砦がこのiPad関連なんである。

カテゴリー: PC・Macビジネスモデルモバイル

Googleの新ゲームサービス「Stadia」まとめ:これは歴史に残るぞ

Googleの新ゲームサービス「Stadia」まとめ:これは歴史に残るぞ https://a.msn.com/r/2/BBUYVKg?m=ja-jp&referrerID=InAppShare

確かに画期的だ。ストリーミングはハードのスペックを関係なしにする可能性をしめしている。

カテゴリー: PC・Macソフト・ソリューションビジネスモデル

なかなかアップルも頑張ろうとしているんだけど。。。。なんかなあ???!!!

リアルタイムで見なかったんだが、アップルの発表の動画を見た。今回はチョコチョコしたハードの発表はやめてサービス内容に特化した発表だったんだが、やっぱりサービスというのはその各国によって環境やニーズウオンツが違うので、世界同時発表はその国のユーザーによってはあんまり当たったり外れたりという誤差が多いんだなと思う。今回は特にアメリカの人なら「わー」なんだろうが、自分たちにして見たら最初から最後まで非常に冷めた気持ちで見ることになった。

例えば日本としてみれば、どれもこれもすぐにサービスインするのがないんじゃないんかな。例えば動画コンテンツでオリジナルと言われても、ネットフリックスでもそれほど自分の好みに合うのが少ない中で、ウインドーズでもアンドロイドでもみれないサービスを有料契約やってみるかなというと????ということになりそうだ。クレジットカードと言われてもな、これも日本でサービス始まるのかどうかわからんしな。Apple Payでも使うとこないのに。マスターカードか?日本ではちょっとマイナーやしね。

自社のユーザーを囲い込むということなら日本のキャリアもいろいろやってるしね。カードもそ他のサービスもすでにとっくにやってるし、今まで販売しているキャリアにして見たら、競合になるわけだし、そうなるとキャリアも真剣に売りにくくなるよね。

ゲームか。スマホでもPCでもパワーユーザー向けのゲームが動くハードないしね。今のマックブックなんか最上位のビデオカードが付いているもの以外、カクカクでしょと思ったりする。iPhoneもブーストモードないしね。それにバッテリーがひ弱すぎる。

店頭現場ではやっぱりアップルの直営店なんてキャリア店舗に比べたら圧倒的に少ないので、ユーザーへの浸透はあんまり進まないことは明らかだよな。

まあ、これは日本での話で、今アップルが真剣にやらなあかんのは落ち込み激しい中国とか、ほとんど消滅寸前のインドとか、急速にシェアを伸ばしているアンドロイドユーザーへの拡大浸透じゃないんだろうか。まずは自分とこの今までのゾーンを抑えてからというのじゃ、Macのパソコンみたいに気がついたらシェアがどんどん取れてなくなって、その結果毎年のハード更新は行われずすぐに時代遅れになってますますファンを減らしていくというような負のスパイラルに入り込んでしまうのではと心配してしまう。ちょっと前まで好調に見えたiPadも、最初から曲がってるiPadプロみたいなものを作ってしまうと、至急それを払拭させるような出戻り筐体のマイナーアップ版をどんどん出すようになって、またコアなファンをなくすというようなことになってしまう。

まるで商品戦略がちぐはぐなことに見える。社内に強力な全商品を戦略的に組み立てることができるリーダーがいないとしか見えない。もうちょいしっかり冒険的で革新的なものを提案してくれと言いたい。

カテゴリー: PC・Macビジネスモデルモバイル

ゲーム定額制サービスをひとまとめー時代はサブスクリプションで遊び放題だ!【特集】 | Game*Spark – 国内・海外ゲーム情報サイト

https://www.google.co.jp/m?q=%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B5%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%97%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%80%80%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D&client=ms-opera-mobile&channel=new&espv=1

アップルは昨日世界初のサブスクリプションといってたけど、こっちのほうが一年早いんちゃう? 間違いかな?

カテゴリー: PC・Macビジネスモデル決済

ホントにAppleのクレジットカードが登場。いつでも2%キャッシュバックの神カードに | Ubergizmo Japan

https://this.kiji.is/483046507839898721


ニューススイート bit.ly/NewsSuite

たった2%か。ほとんど魅力ないな。加盟店側は今までのマスターカード並の手数料なら、何も革新的でないし。完全に守りに入ったビジネスモデルだ。

カテゴリー: PC・Macモバイル

レッツノートXZ

ここんところクロームブックかサーフェスGOばかり使ってたので、久々にレッツノートXZを使ってる。このモデルはノートパソコンでもウインドーズタブレットでも使えるのがいい。キーボードを使うときはマウスパッドで、キーボードを使わないでタブレットで使うときは画面に直接タッチで使える2in1は、今後のノート型でも使われるPCの主力になることはよくわかる。もちろんノートでもタブレットでも同じソフトが使えることが大事だ。間違っても同じソフトなのに違った操作感で、ノートの時はここまで使えるのにタブレットになると簡略型でしか使えないというのでは話にならない。

タブレットで使ってた状態をそのままキーボードをつけてもすぐに操作が続行できるというのが大事だ。その逆も大事だ。いったん保存してノートの時とやブレットの時とで違う操作をしていくというのは非常に不便だ。こういうことを経験すると行きつくところは2in1になるということだな。

おまけで。。。画面だけど最近は横長の画面が多いけど、この12インチは縦にもけっこう高さがあるんだな。これがアクセスやエクセルやパワポで企画書を作るときに非常に便利だ。横長画面じゃはっきりと作業効率が落ちる。パソコンのように仕事をするツールとして使っている場合はおしゃれとかデザインがいいとかいうレベルで選ぶものではない。USBタイプCが少ししかないパソコンもそういう意味では全く役に立たない。可能な限り多種類の接続ができて、バッテリーの変更もできるものでないとだめだ。さらにできれば自分でSSDの容量を変えれることができることも大事だ。

さらにおまけで。。。LTEが使えるというのがいいね。WiFiでいいという話もあるがまったくこれはセキュアではない。そういう意味では重要な情報を使う可能性が高いパソコンの場合はやはりLTEが使えることが必須になってくるね。そういう意味でもXZは最近買ったPCではほぼすべてのニーズを満たしている。ほかのPCは正直使えないな。。。

カテゴリー: PC・Macモバイル

iPad新製品はリバイバル復活ときましたか。やっぱりiPad Proは製品耐久度があかんので、手堅いところを抑えてきましたかな?!?!

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6317514

このラインナップなら物足りん人もアンチの人も買うよな!! 絶妙な配球です。iPad miniのセルラータイプに座布団だ!!!

四月まで待てん。

カテゴリー: PC・Macモバイル

ま、これを読んでると全く新商品は出ないということが確定したようなもんだな。またまたマイナーチェンジということなんでしょうかね。iPad miniとかエアーポッドとかとっくに機能アップ版が出ててもいいはずだったし。。。睡眠トラッキングとかは数年前からフィットビットとかやってるしね。3月末の発表は何が目玉なんだろう。ネットフリックスを買収するという話だろうか。。。

japanese.engadget.com/2019/03/02/ipad-mini-5-apple-watch/

カテゴリー: PC・Mac

MacBook Proのスピーカーを物理的に破壊するバグ? Adobe Premiere CCで複数報告 – Engadget 日本版

https://japanese.engadget.com/2019/02/07/macbook-pro-adobe-premiere-cc/

なんじゃこれ。あかん組み合わせやなあ。いつもはWindows系で使ってるからあまりこういうのに遭遇しんけど。同じ症状があればちょぅと調べてみよう。

カテゴリー: PC・Mac未分類

なんや情けない話だなあ。

www.itmedia.co.jp/news/articles/1901/29/news059.html

本来アメリカでものを作ろうということ自体が無謀で、餅は餅屋の中国とかに任せたほうがいくらかましな商品ができると思う。アメリカでものを作ろうとだれか言ってるけどそんなバカげたこと言っても変わらんと思うね。

カテゴリー: PC・Mac

うーん全く新しい商品を開発しない限りすでに末期症状だな。

forbesjapan.com/articles/detail/24770

すでにサラリーマン化している社内のミーティングしても結果が出るわけがない。トップが管理型なんだろうな。クックの代わりに新たなIT分野のクリエーターディレクターを引っ張ってこないとダメだ。そうかどこかすごいところを買うか。

カテゴリー: AIECIotPC・Macソフト・ソリューションネットハードビジネスモデルマーケティング手法モバイル

ファーウェイ排除が加速させる日系工場の中国撤退 部品も“オール中国”になっていく中国製スマホ | JBpress(日本ビジネスプレス)

A社の中国人幹部によれば、「ファーウェイのスマホの中身は、中国企業が生産した電子部品への置き換えが進んでいる」という。日本メーカーと同様の電子製品を中国メーカーがつくれるようになった今、日系企業が中国産スマホのサプライチェーンにとどまることは困難になりつつある。
— 読み進める jbpress.ismedia.jp/articles/-/55023

中国メーカーが日本を追い越すのは誰でも予測できたこと。これでますます中国がIT機器の製造が一気通貫でできる素地が高まった。

さて日本はどこへ向かうか?もう一度パッケージ化を目指すか、あえてプラットフォーマーに戦いを挑むか。まあ、一番最後の選択肢がもっと可能性があったりして。今のプラットフォーマーはグークなど始め古い企業が多いから新世代で挑戦すれば勝てるかも?!?!?!

カテゴリー: PC・Macモバイル

2018年はAppleにとってどんな年だった?5つのうまく行ったこと、失敗したこと – iPhone Mania

  2018年、Appleは米企業として初の株式時価総額1兆ドル超えとなるなど、大きく躍進した年でしたが、実際にどんなことがうまく行き、また何に失敗してしまったのでしょうか?米メディアFast Companyがまとめています。 2018年うまく行ったこと ホワイトハウスと関係を維持し続けた
— 読み進める iphone-mania.jp/news-235896/

一番の失敗は価格設定でしょう。先端技術や先端デザインを入れないで価格を上げてしまったことで、まず前からのアップルファンが相当逃げたでしょうね。

カテゴリー: PC・Macモバイル

新iPadプロの提灯記事が多いというのはあんまし売れてないということかな?

http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/1811/06/news053_2.html

この記事だけじゃないけどよく利用した時の記事が多く載っているのを目にする。新商品だから紹介ということなんだけど。あんまし利点を他社比較を体験して載せてないんじゃないかなというのが多いので笑える。

今回の新iPadプロの発表で買う気にならなかったのは、まず価格。これは全く話にならん。キーボードとペンと実用的なLTEと容量256ギガバイトで合計いくらになるんだ??? 大きいほうで20万円弱、小さいほうでいくらだ????
機能はパソコンを超えていないのに、価格は確かにパソコン越えなんだが。これはちょっと意味が違うだろ。本体は高いとしてもあんな簡易キーボードでパソコン越えは全く無理だ。その前に容量を増やすとべらぼーに価格が跳ね上がるのはいつもおかしい。SDカードなら数千円なのになんで何万円単位であがるんだろう。まあ、これがアップルの儲ける方法なんだけど。

キーボードは今回もタッチパッドをつけなかったので、いちいち手かペンで使わないとというのが不便だ。タブレットだから面倒でも画面をということか。

ペンが必須なんだったら本体に磁石でつけるのもいいけど、移動中にがっちりなくならないようにキーボードカバーにあたっても落ちないようなペンケースをつけてほしい。1万越えのペンがすぐカバンのなかでどこかに行ってしまう。キーボードケースだけで歩いていると気が付いたらペンがなくなっていたなんてことが起こるのが目に見えている。

相変わらずOSの関係でそれほど進化がないので3画面動作とか、マックOSのソフトが使えない。アドビは一部使えるようになったけど、せめてマイクロソフトのオフィスもマックOS版と完全一緒にしてほしい。できればウインドーズ版のようにビジュアルベーシックが動く完全版を早くマックでも使えるようにしてほしい。いつまでもマック版でも古いバージョンでないと動かないし、しかも不具合が多いのは使い物にならない。これはビジネスユーザーにとってはマック関連を使えない大きな理由だと思う。さらにアクセスのマック版がないからいつまでもビジネスヘビーユーザーは移行できないのでアクセスの開発もマイクロソフトに働きかけるべきだろう。

カテゴリー: PC・Macモバイル

iPadはなかなか普通のノートパソコンと同じソフトないからね。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/18/news100.html

ウインドーズタブレットなんかならなんでもノートパソコンと同じレベルのソフトが動くけどね。アイオーエスもはやくマックOSとユニバーサルにすればこの手の問題がいっきにかたずくのにね。