「一反木綿みたいで面白い!」「あさイチ」で視聴者を驚かせた「川幅うどん」とは?

4月2日に新体制での放送を迎えた『あさイチ』(NHK)。リニューアル初日の特集に登場した「川幅うどん」が、さっそくネット上で「ビジュアルのインパクトが半端ない」と話題を呼んでいる。

出典画像:NHKあさイチ公式サイトより

 

「一反木綿みたい」なビジュアル!

「川幅うどん」が紹介されたのは、話題のスポットや旬の味覚を伝える新コーナー「おでかけLIVE」でのこと。埼玉県鴻巣市の“ご当地グルメ”であり、同市を流れる荒川の川幅が日本一であることにちなんだ「川幅グルメ」の1つになる。

 

鴻巣市からの中継冒頭で紹介された「川幅うどん」だが、よく見かけるうどんの上に何やらどどんと被さるものが。スタジオからも「もち?」と疑問の声が上がるような見た目で、その横幅はどんぶりの半分を覆ってしまうほど。

 

箸で持ち上げたその正体は、なんと幅約9cmにもおよぶうどんの麺。厚みこそないものの口に運んでもすすり上げることができず、食べ方としては湯葉を口に入れるような動きに。幅だけでなく通常の麺と同じくらいの長さもあり、1口では収まりきらないほどのサイズだった。

 

どんぶりの半分を覆ってしまうパンチの効いた見た目に視聴者はびっくり。「一反木綿みたいで面白い!」「“川幅うどん”と聞いて『なんぞ?』と思ったけどそのまますぎてワロタ」「ご当地グルメとはいえ、よくこんなアイデア思いつくなwww」「あきらかに食べずらそうだけど、こういう発想嫌いじゃないよ」といった声が続出している。

 

B級グルメ大会で優勝も

ビジュアルから衝撃を与えた川幅うどんだが、効いているのはパンチだけではなかったよう。麺自体は薄いながらもモチモチの食感で、表面積が広い分よくダシが絡むという利点が。そんなメリットもあり、川幅うどんは2015年に開催された埼玉県内のB級グルメ大会で見事優勝。ちなみに埼玉県は全国でも有数の小麦生産地としても有名で、うどんの消費量はなんと香川県に次いで全国2位になるという。

 

手打ちによる製法で手間ひまかけて作られるご当地グルメ・川幅うどんに、視聴者はさらに興味を惹かれたようす。ネット上には「近いうちに食べに行こう!」「見た目にビックリだけど、食感も含めて美味しそう」「こういうご当地グルメは食べて応援したいね」などの反応が相次いだ。

 

もし埼玉県を訪れる機会があれば、足を伸ばして“川幅グルメ”に挑戦してみては?

「あさイチ」で紹介されたうどんの食感をよくする裏ワザに「目からウロコ」な視聴者続出

1月15日放送の「あさイチ」では“うどん”を特集。普段食べているうどんをワンランクアップさせる方法が紹介され、視聴者の注目を集めた。

出典画像:「あさイチ」公式サイトより出典画像:「あさイチ」公式サイトより

 

いつものうどんをワンランクアップ!

番組によると今の時期は、正月の“暴飲暴食”で疲れた胃を癒すためにうどんを食べる人が続出。最近では「年越しそば」ならぬ「年明けうどん」が新たな文化として根づき始めているという。

 

そこで番組では“うどんライフ”の向上を図るべく、普段家庭で広く食べられている「チルド麺」や「乾麺」のうどんを格上げする裏技を紹介。まず紹介されたのは「チルド麺」の格上げ術。「チルド麺」は数分茹でるだけで食べられる便利な商品なのだが、その一方で柔らかくてコシが弱いという一面がある。

 

そんな弱点を補う方法は、茹でる前に器にラップをかけて電子レンジで温めるだけ。出力を500ワットに設定して2分間温めた後に1分間茹でると、麺の中の水分が減少して弾力のあるコシが出るそうだ。

 

そして「乾麺」をワンランクアップさせる裏技には、なんと「糸こんにゃく」を使用。まず2リットルの水に250gの糸こんにゃくを入れて沸かし、そのお湯で乾麺を茹でると麺の仕上がりがアップする。この理由は糸こんにゃくに凝固剤として“水酸化カルシウム”が含まれているからで、この物質が麺と結合した結果うどんの弾力が強くなるとのこと。

 

簡単に実践できるうどんの格上げ術に、視聴者からは「めちゃくちゃ簡単じゃん! 早速試してみたい!」「実際やってみたけど確かにこっちの方が美味しい」「このひと手間はすごく重要だな。しょっちゅううどんを食べる人からしたら目からウロコ」と驚きの声が続出した。

 

乾麺をもちもち食感に変える方法!

さらに番組では、工学院大学の山田昌治教授が「山田流もちもちうどんの作り方」も紹介。「乾麺」をもちもち食感に変える方法で、調理には“フライパン”を使用する。まず水を入れたフライパンに乾麺を入れて蒸し焼きにし、外装に記載された時間と同じだけ火を通したら完成。蒸すことによってうどんの“でんぷん”の流出を防ぎ、もちもち食感になるそうだ。

 

うどんの美味しい食べ方は番組で紹介された方法以外にも様々で、以前は“ウーロン茶”を使ったレシピがSNSなどで話題に。サントリーの公式サイトで公開されている「ウーロン卵とじうどん」という料理で、「サントリー烏龍茶」を水の代わりにスープの材料として使っている。

 

このレシピは「サントリー烏龍茶」のラベルにも掲載され、「最初は目を疑ったけど作ってみたら意外と美味かった」「うどんと烏龍茶ってめっちゃ相性いいんだな」といった声が続出。正月明けの余波で“うどんライフ”を満喫中の人は、ひと手間加えていつもと違ったうどんを作ってみてはいかが?