「コレ、本当に雑誌の付録?」と思ってもらえるモノできました。GetNavi 7月号は本日発売

月刊誌GetNavi(ゲットナビ) 7月号は本日、2018年5月24日に発売! 7月号はなんと別冊付録として、ジャーナル スタンダードとGetNaviのコラボアイテム「シンセティックレザー コイン&カードケース」が付いてきます。

硬貨や紙幣、さらにはカード類まで入る収納力とスリムさを兼ね備えた財布で、ちょっとしたお出掛け用に最適! 大人の休日財布としても活躍間違いなしの逸品です。ジャーナル スタンダードのロゴをシンプルに型押したクラシカルな雰囲気は、「コレ、本当に雑誌の付録?」と思うこと間違いなし!

 

巻頭特集は2大通販サイトの売れ筋をCHECKした「Amazon&楽天市場ベストバイ」

実際に試したからこそわかった各商品の魅力を、オールジャンルで解説します。本当に“買い”と断言できるアイテムだけを網羅した本特集、あなたの欲しいものが確実に見つかります!【掲載ジャンル】●生活家電●調理家電&小物●オーディオ・ビジュアル●デジタルガジェット●家具・インテリア●フード●スポーツグッズ●ホビー●カー用品●日用品

 

第2特集は「夏ボーナスで奮発!! 家電&デジタル」

待望の夏ボーナス支給を前に、狙うべき大物を見定めたいという人にピッタリの本企画。4K有機ELテレビやロボット&コードレス掃除機、エアコン、洗濯機、冷蔵庫、デジタルカメラなど、少々値は張っても、この機会にゲットしたい珠玉の逸品を実力検証で明らかにしました。

 

このほか、この夏、かつてない盛り上がりを見せる「炭酸飲料」をジャンル別に網羅した「弾けすぎ! 炭酸飲料最前線」など、今月号も見どころたくさんでお届けします!

■GetNavi(ゲットナビ)7月号

 

特別価格:780円(本体722円+税)

「家電大好き芸人」が激押しする家電は? GetNavi6月号は土田晃之さん、徳井義実さん、劇団ひとりさん、品川 祐さんらが熱烈プレゼン

月刊誌「GetNavi(ゲットナビ) 6月号」(本体565円+税)は「家電大好き芸人 熱烈物欲プレゼン!」が大特集。土田晃之さん、徳井義実さんを筆頭に家電に深い愛情を注ぐ男たちが登場! 生活家電から調理家電、オーディオ、VR危機器、iPhoneまで幅広いジャンルで、オススメアイテムの熱いプレゼンを繰り広げます! 彼らの愛にあふれるコメントを見たら、全商品「即買い」したくなること間違いなし!

【プレゼンター】
土田晃之さん、徳井義実さん、劇団ひとりさん、品川 祐さん、ユウキロックさん、松橋周太呂さん、かじがや卓哉さん&More!

 

第2特集は、ハマる大人が続出しているアナログゲーム特集!

スマートスピーカーと連携するアナログゲームが今夏発売予定など、進化を続けるアナログゲームをピックアップします。アナログゲーム大好きなイラストエッセイスト・犬山紙子さんが人気のボードゲームカフェを訪れる企画や人生ゲームやUNOといった定番ゲームの進化版をピックアップする企画など、ボリュームたっぷりに紹介します。

 

綴込付録は、話題の仮想通貨の入門書。

ニュースで取り上げられることも多い仮想通貨ですが、実はよくわかっていない人が多いのでは? というわけでゲットナビでは仮想通貨初心者に基本の「き」から徹底指南。3分で理解できるマンガ付きで、仮想通貨のA to Zをお教えします。これさえ読めば、友人・同僚に“知ったかぶり”できますよ!

 

このほか、最近売上絶好調のミラーレス一眼のメーカー別比較、2018年春の文房具のナンバーワンを決める特集、さらには自動ブレーキと同様に注目を集めるクルマの必需品・ドライブレコーダー特集など、今月も情報てんこ盛りでお届けします!

 

GetNavi(ゲットナビ)6月号


定価:610円(本体565円+税)
発売日:2018年4月24日(火)(毎月24日発売)
判型:A4変形/164ページ+綴込付録16ページ

【GetNavi 5月号】辛口採点で春の新製品16ジャンルのNo.1を大発表! 無印良品・ニトリ・イケアの特集もあるよ!

月刊誌「GetNavi(ゲットナビ)」 5月号は発売中!

 

巻頭特集は「春の新製品 辛口採点!」

5月号の巻頭特集は、この春の新製品をオールジャンルでテスト&評価する「春の新製品 辛口採点!」。4Kテレビやミラーレス一眼、調理家電、完全ワイヤレスイヤホンから、電動アシスト自転車、腕時計まで、全16ジャンルにわたって、プロが認めたNo.1モデルを発表しています。

掲載ジャンルは、4Kテレビ/ミラーレス一眼/生活家電/調理家電/コンビニフード/スマホ(キャリア)/スマホ(SIMフリー)/完全ワイヤレスイヤホン/セットトップボックス/ノートPC/プログラミングトイ/腕時計/スニーカー/カプセルトイ/電動アシスト自転車/コンパクトSUV

 

第2特集は「春のスッキリ部屋づくり」

第2特集は、無印良品・ニトリ・イケアという人気の3ブランドの製品を使って、部屋の不満や悩みを解消する「春のスッキリ部屋づくり」。アイデア満載のキッチン&お掃除アイテムや、片付けが劇的にラクになる収納用品、コスパ最高の新生活向けインテリアなど、即買い必至の優れものを一挙にご紹介します。

綴込付録は「ホン・モノ・ケイカク」ビジネス小物セレクション

綴込付録は、学研のメンズ誌がプロデュースした逸品アイテムが揃う「ホン・モノ・ケイカク」によるビジネス小物セレクション。素材感最高な革財布から、スーツにも合うビジネス系バックパック、さらにはブリーフケースやシューズまで、欲しくなったらすぐ買える、大人のお仕事道具が満載です。

 

このほか、今年4月の酒税法改正で「ビール」の定義が拡大されることを受け、ビールがどう変わるのかを徹底解説した「“新”ビール時代にカンパィ!」や、ユーザー投票によって決定したベスト・オブ・白物家電を発表する「家電大賞2017」など、情報量マシマシでお届けします。

【商品概要】
GetNavi(ゲットナビ)5月号
定価:本体565円+税
判型:A4変型/152ページ+綴込付録36ページ

【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B079VSH2PK
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15392286/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1207443236

機能割り切り&低価格な「これで十分モノ」を一挙公開! GetNavi3月号は業務スーパー&定額制サービスも大特集

月刊誌「GetNavi(ゲットナビ) 3月号」(本体565円+税)は本日1月24日(水)発売!

 

20180124_Y01

 

巻頭特集は、安くてイイ商品をプロがセレクトした「これで十分モノ!ベストランキング」

20180124_Y05

高級モデルじゃなくても十分に満足できるという“ちょうど良いコスパ品”だけを、家電・デジタルから食品・飲料まで、オールジャンルで厳選しています。

 

綴込付録は、丸ごと一冊で、密かに注目を集める卸売食品店「業務スーパー」を総力特集

20180124_Y02

プロ向けのビッグサイズな食材だけでなく、ハイコスパで超おトクな定番商品からリピ買い必至の傑作品まで、同店が誇る「S級」品をズラリと網羅しています。

 

第2特集は「サブスクリプションで大満足定額生活」

20180124_Y04

dTVやNetflixといった映像見放題サービス、SpotifyやAWAといった音楽聴き放題サービス、dマガジンやKindle Unlimitedといった雑誌・書籍読み放題サービスという3大定額サービスを、比較形式で徹底解説。さらには、スーツや服、小物の借り放題やラーメン食べ放題、コーヒー飲み放題などの変わり種まで、「定額=サブスクリプション」形式の注目サービスを完全網羅でご紹介します。

 

このほか、何ができて何ができないのかがわかる「スマートスピーカーの“?”に完全回答」や、家電コンシェルジュがレコメンする「蔦屋家電に聞く 空気清浄機の選び方」、元アイドリング!!!の倉田瑠夏による水着グラビア「クラタのカラダ。」など、「これで十分」を超えた読み応えをお約束します。

20180124_Y06

20180124_Y03

 

GetNavi(ゲットナビ)3月号
定価:610円(本体565円+税)

【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B078CN7XQ1
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15318322/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1206814894

2018年はこれが流行る! ヒット商品大予測

2017年も、もうすぐ終わりです。あなたにとって、どんな年だったでしょうか? 今年の流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」でした。某コンビニがこの流行に便乗して「忖度弁当」なるものを発売して、盛大にコケまくっていましたが。

 

それはさておき、今年も家電、映画、様々なモノが流行しました。「Get Navi」2018年2月号では、来る2018年に流行りそうな商品を分析しています。気になった商品をいくつか選んで紹介してみたいと思います。

80690040 - 3d rendering robot learning or machine learning with alphabets

 

ホームロボットが進化する!?

ソニーが一度は販売終了したロボット犬「aibo」。2017年、aiboが劇的な復活を遂げて話題になりました。1月11日に発売予定の「aibo ERS-1000」は、「AIBO」よりも愛くるしい顔になり、さらに関節の自由度も進化。より犬に近い動きを見せてくれるようになっています。

 

これまでのようにオーナーからの接触に応えてくれるのはもちろん、自分からオーナーにコンタクトをってくれます。これを可能にしたのがディープラーニングの技術です。自ら物事を学習できるようになり、行動の幅も大きく広がっているそうです。

 

満を持してのソニーのロボット犬復活で、2018年はホームロボットがいよいよ本格的に普及する年になるかも!?

 

自動運転の技術が確立される!?

近年、話題になっている科学技術といえば、AI(人工知能)です。近い将来、確実に実用化されるといわれるのが、自動車の自動運転でしょう。現在、街中にあふれているタクシーや長距離トラックなどは、AIが搭載された自動運転車に替わるといわれていますが、一足早く、「自動運転バス」が実現するかもしれません。

 

2017年10月から、沖縄で小型バスを自動運転する実証実験が始まりました。日本版のGPSといわれる「みちびき」の受信機が搭載され、国道などの主要な幹線道で走行できるよう、実験を重ねています。

 

このバスは2020年の実用化を目指しているそうですが、実験の進展によっては、もっと早く実用化されるかもしれません。人間の運転のような不注意による事故もなくなるため、自動運転が実現すれば、交通事故を大きく減らすことができます。未来に向けた取り組みが、大きな一歩を踏み出したのです。

 

 

自分好みの文房具で仕事がはかどる!

もっと身近な話題を見てみましょう。ビジネスマン、デスクワークの必需品といえば文房具ですよね。そんな文房具を、自分好みにすることができる「カスタム文房具」がヒットの兆しを見せています。

 

例えばボールペン。コクヨの「エラベルノ」という商品は、握り心地や書き味を自分好みに選ぶことができるのです。グリップは、太め、標準、細めの3つからチョイス。さらにインクも油性とゲルの2タイプの中から、ボール径なども択べるのです。

 

また、キヤノンITソリューションズの「ネットde手帳工房」は、手帳の表紙の色から、中身のレイアウト、文字のフォントまで、事細かにカスタマイズできるというから驚きです。本書では、2018年は、よりニッチな需要に応えてくれる文房具が続々登場しそう…と予想しています。

 

 

技術の進化が身近なものに!

「Get Navi」2018年2月号では、5つのトレンドから流行を分析していました。それらはすなわち、AI、ロボット、IoT、VR、自動運転です。こうしたSFの世界のような科学技術が、ここ数年の著しい進化によって、いよいよ身近なものになってきそうです。aiboの再発売は、その幕開けといえるかもしれませんね。

 

2018年は、どんな商品が私たちを驚かせてくれるでしょうか。今からとっても楽しみですね!

 

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405916660_75_COVERl

 

GetNavi 2018年2月号

著者:GetNavi編集部
出版社:学研プラス

読者の「賢い買い物」をサポートする新製品情報誌。話題のスマートフォンから薄型テレビ、パソコン、デジタルカメラまでベストバイを断言!

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る
BookLive!で詳しく見る
hontoで詳しく見る
紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る

2018年はこれが流行る! ヒット商品大予測

2017年も、もうすぐ終わりです。あなたにとって、どんな年だったでしょうか? 今年の流行語大賞は「インスタ映え」と「忖度」でした。某コンビニがこの流行に便乗して「忖度弁当」なるものを発売して、盛大にコケまくっていましたが。

 

それはさておき、今年も家電、映画、様々なモノが流行しました。「Get Navi」2018年2月号では、来る2018年に流行りそうな商品を分析しています。気になった商品をいくつか選んで紹介してみたいと思います。

80690040 - 3d rendering robot learning or machine learning with alphabets

 

ホームロボットが進化する!?

ソニーが一度は販売終了したロボット犬「aibo」。2017年、aiboが劇的な復活を遂げて話題になりました。1月11日に発売予定の「aibo ERS-1000」は、「AIBO」よりも愛くるしい顔になり、さらに関節の自由度も進化。より犬に近い動きを見せてくれるようになっています。

 

これまでのようにオーナーからの接触に応えてくれるのはもちろん、自分からオーナーにコンタクトをってくれます。これを可能にしたのがディープラーニングの技術です。自ら物事を学習できるようになり、行動の幅も大きく広がっているそうです。

 

満を持してのソニーのロボット犬復活で、2018年はホームロボットがいよいよ本格的に普及する年になるかも!?

 

自動運転の技術が確立される!?

近年、話題になっている科学技術といえば、AI(人工知能)です。近い将来、確実に実用化されるといわれるのが、自動車の自動運転でしょう。現在、街中にあふれているタクシーや長距離トラックなどは、AIが搭載された自動運転車に替わるといわれていますが、一足早く、「自動運転バス」が実現するかもしれません。

 

2017年10月から、沖縄で小型バスを自動運転する実証実験が始まりました。日本版のGPSといわれる「みちびき」の受信機が搭載され、国道などの主要な幹線道で走行できるよう、実験を重ねています。

 

このバスは2020年の実用化を目指しているそうですが、実験の進展によっては、もっと早く実用化されるかもしれません。人間の運転のような不注意による事故もなくなるため、自動運転が実現すれば、交通事故を大きく減らすことができます。未来に向けた取り組みが、大きな一歩を踏み出したのです。

 

 

自分好みの文房具で仕事がはかどる!

もっと身近な話題を見てみましょう。ビジネスマン、デスクワークの必需品といえば文房具ですよね。そんな文房具を、自分好みにすることができる「カスタム文房具」がヒットの兆しを見せています。

 

例えばボールペン。コクヨの「エラベルノ」という商品は、握り心地や書き味を自分好みに選ぶことができるのです。グリップは、太め、標準、細めの3つからチョイス。さらにインクも油性とゲルの2タイプの中から、ボール径なども択べるのです。

 

また、キヤノンITソリューションズの「ネットde手帳工房」は、手帳の表紙の色から、中身のレイアウト、文字のフォントまで、事細かにカスタマイズできるというから驚きです。本書では、2018年は、よりニッチな需要に応えてくれる文房具が続々登場しそう…と予想しています。

 

 

技術の進化が身近なものに!

「Get Navi」2018年2月号では、5つのトレンドから流行を分析していました。それらはすなわち、AI、ロボット、IoT、VR、自動運転です。こうしたSFの世界のような科学技術が、ここ数年の著しい進化によって、いよいよ身近なものになってきそうです。aiboの再発売は、その幕開けといえるかもしれませんね。

 

2018年は、どんな商品が私たちを驚かせてくれるでしょうか。今からとっても楽しみですね!

 

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405916660_75_COVERl

 

GetNavi 2018年2月号

著者:GetNavi編集部
出版社:学研プラス

読者の「賢い買い物」をサポートする新製品情報誌。話題のスマートフォンから薄型テレビ、パソコン、デジタルカメラまでベストバイを断言!

Kindleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
BookBeyondで詳しく見る
BookLive!で詳しく見る
hontoで詳しく見る
紀伊國屋書店ウェブストアで詳しく見る

ナノ・ユニバースとコラボしたLEDライト&トーチ付き! GetNavi 2月号は本日、発売!

月刊誌「GetNavi(ゲットナビ) 2月号」はいつもより少し早い、本日12月22日(金)に発売いたします。

20171222_Y01

 

巻頭特集は「プロが断言! 2018年ヒット大予想」

2月号の巻頭特集は、家電・デジタル・日用品などの「モノ」と、グルメ・映画・ゲーム・レジャーなどの「コト」の2部構成で、2018年に絶対来るトレンドを大断言。スマートスピーカーが採用する「AI」や、「IoT」といった最先端技術がどう花開くか、4K・8K実用放送の開始でテレビに何が起きるか、さらにはキャッシュレス&サブスクリプション時代に消費動向はどう変わるか、などなど、「モノ」と「コト」を通じた時代の変化を読み解きます。

20171222_Y04

 

 

別冊付録は、進化し続けるセレクトショップ「ナノ・ユニバース」とコラボしたLEDライト&トーチ。シックなカラーをまとった実用的なライトでありながら、2Wayで使えるギミックを備え、キーホルダー代わりにも使える逸品です。

 

 

◆第2特集は「2017年紅白モノ合戦 “空前絶後”のヒット総まとめ!」
2017年に話題となり、世間を賑わせた様々なモノやコト、場所や人を、ヒットした理由&どれくらい売れたかわかるデータを添えてご紹介します。

20171222_Y02

 

このほか、年末までに読んでおきたい「年越しカップそば品評会」や、話題の製品の真の実力を判定する「スマートスピーカー3モデル 使ってみたら、こうだった」など、読み応え十分の特集が満載です。

20171222_Y03

 

[商品概要]
GetNavi(ゲットナビ)2月号
特別価格:780円(本体722円+税)

【本書のご購入はコチラ】
Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/B0772SR4BX
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15271600/
セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1206459708

冬ボーナスで買って間違いない製品はどれ? 今号のGetNaviは「全部採点ベストバイ」!

月刊誌 GetNavi(ゲットナビ) 1月号(本体565円+税)は本日2017年11月24日(金)に発売!

20171124_Y01

 

1月号の巻頭特集は、全14ジャンルにまたがって“買い”の新製品を徹底的に解説する「新製品ベストバイ」。話題のスマートスピーカーから、コードレス掃除機、4Kテレビ、完全ワイヤレスイヤホンまで、トレンドど真ん中の商品をじっくり使い込み、全採点でご紹介! さらに、クルマ、スニーカー、時計など趣味モノもしっかりと評価しました。

20171124_Y05

【紹介ジャンル】スマートスピーカー/掃除機/キッチン家電/空気清浄機/4Kテレビ/完全ワイヤレスイヤホン/ワイヤレスヘッドホン/ミラーレス一眼/デジタル一眼レフ/高級コンパクトカメラ/スマホ/クルマ/スニーカー/時計/ 映像/スマホゲーム/文房具

 

そのほか、今号では、「家電大賞2017」のノミネート製品を発表。さらに、年末を前に知っておきたい「ラクすご大掃除グッズ」や、髪の悩みを解消する「逃避しない頭皮ケア!」などの特集も注目です。

20171124_Y03

20171124_Y02

 

 

また、綴込付録として、ギフトシーズンに最適な、“いい革”を使った財布やバッグなどを中心に、こだわりの逸品が揃う「ホン・モノ・ケイカク」のアイテムカタログを収録しています。

20171124_Y04

 
GetNavi(ゲットナビ)1月号
定価:610円(本体565円+税)
発売日:2017年11月24日(金)(毎月24日発売)
判型:A4変形/162ページ
電子版:あり(同時配信)発行所:(株)学研プラス
ウェブサイト「GetNavi web」:http://getnavi.jp

【本書のご購入はコチラ】
Amazon  https://www.amazon.co.jp/Get-Navi-%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%93-2018%E5%B9%B4-01/dp/B0776K7CML/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1511267854&sr=8-2&keywords=%E3%82%B2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%93
楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15235576/
セブンネット http://7net.omni7.jp/detail/1206169870
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/