アウディ x イタルデザイン x エアバスの提案とは?

2018年3月6日、アウディ、イタルデザイン、エアバスの3社は、ジュネーブ・ショーにおいて、道路および空中を移動する完全自動運転の電気自動車コンセプトモデル、「Pop.Up Next(ポップ・アップ・ネクスト)」を展示した。

 

 

 

まだ先の話になるが、このポップ・アップ・ネクストは、人々を乗せて都市の道路と空中をすばやく便利に移動。さまざまな交通問題を解決する可能性を秘めている。

 

インテリアの最大の特徴は49インチのスクリーンで、人と機械のやりとりは、音声および顔認識システム、視線追跡操作システム(アイトラッキング)、タッチ機能によって行なわれる。

 

 

超軽量な2人乗りキャビンは、車両モジュールまたは飛行モジュールのどちらにも取り付けることが可能。アウディは、バッテリーおよび自動運転技術のノウハウで、このプロジェクトを支援している。イタルデザイン社長のDr.ベルント・マルテンスは、次のように述べた。

 

「都市および人々の多様なニーズを考慮した新しいコンセプトを策定する場合には、創造性が必要になります。イタルデザインは、革新的なテクノロジーと先進的なプロトタイプを作成する拠点となっています。ポップ・アップ・ネクストは、将来的に都市における生活を根本的に変える可能性を秘めた野心的なビジョンです」

 

 

イタルデザインは、アウディおよび世界中のユーザーのために未来志向の車両コンセプトを開発している。イタルデザインCEOのヨルグ・アスタロッシュは、次のように述べている。

 

「未来におけるアーバンモビリティのルールは、さまざまなプレーヤーによって定義されていくでしょう。私たちは、航空宇宙産業において世界有数の企業であるエアバスと協力して、未来のモビリティへ向けたソリューションを研究できることを誇りに思っています」

 

 

さらに、アスタロッシュは、ポップ・アップ・ネクストを都市に住む人々に3次元のモビリティへの道を拓く、柔軟性の高いオンデマンド コンセプトであると見なしている。イタルデザインは、都市におけるモビリティの未来をより良く予測するために、都市、大学、様々な関係者のネットワークを活用している。

 

なお、ポップ・アップの最初のバージョンは1年前のジュネーブ・ショーで発表されているが、今回のポップ・アップ・ネクストは、それよりも大幅に軽量化。インテリアのデザインも見直されている。

 

“Pop.Up Next”ウェブサイト
https://www.italdesign.it/geneva2018

 

 

 

アウディ・ツイン・カップの日本代表が決定!

アウディ・ジャパンは2018年2月14日(水)、大阪のリーガロイヤルにて「アウディ・ツインカップ2017ジャパン ファイナル」を開催。審査の結果、テクノロジー部門ではアウディ高松が1位を獲得、サービス部門ではアウディ熊本が2年連続の1位に輝いた。

 

20180221_kaki_LV_05

 

アウディ・ツイン・カップは、アウディ正規ディーラーのサービス品質向上を目的とした技能コンテスト。本国のアウディAGならびにアウディ・ジャパンが、目標のひとつとして掲げる顧客満足度向上に繋がる重要なイベントとなっている。

 

20180221_kaki_LV_06

 

対象となるのは、全国で125店舗あるアウディ正規ディーラーのすべてのメカニックとサービスアドバイザー。テクノロジーとサービスという2つの部門別に行なわれることから、名称もツインカップとされているわけだ。

 

20180221_kaki_LV_07

 

今回開催された「アウディ・ツインカップ2017ジャパン」には、2回に渡るオンラインでの筆記試験での予選を経てテクノロジー部門12チーム(36名)、サービス部門12チーム(12名)が出場。テクノロジー部門では実車を使った故障診断や修理、サービス部門では入庫受付を想定し、顧客の指摘から不具合箇所を特定するなどの実技試験に加え、それぞれの部門の学科試験を加えた総合成績で争われた。

 

20180221_kaki_LV_08

 

その結果、テクノロジー部門の1位チームであるアウディ高松の3名、そしてサービス部門の1~3位の3名が2018年7月に欧州で開催予定の「第14回アウディ・ツインカップ・ワールドチャンピオンシップ」に日本代表として出場。世界一の座を競うこととなった。

 

ちなみに2014年7月にドイツで開催された「第10回アウディ・ツインカップ・ワールドチャンピオンシップ」では、サービス部門において世界38カ国、75チームの中から日本代表が見事に優勝。昨年の第13回も日本代表がテクノロジー、サービス両部門にて、ともに3位入賞を果たしている。

 

20180221_kaki_LV_09

 

 

アウディ・ツインカップ2017 ジャパンファイナル審査結果

(テクノロジー部門)
1位アウディ高松
2位アウディ熊本
3位アウディ調布A

(サービス部門)
1位アウディ熊本
2位アウディ箕面
3位アウディ足立B

 

 

アウディスポーツが2020年までにラインナップ拡充

アウディAGの100%子会社であるアウディスポーツGmbHのトップが3月1日に交代する。新CEOのミハエル・ユリウス・レンツ氏はアウディのマーケティング部門を経て、’15年から中国のセールス部門のトップを務めてきた実績を持つ60歳。一方で旧CEOのステファン・ヴィンケルマン氏は53歳の若さながらフランスに本拠を置くブガッティ・オートモビルズのトップに就く。ちなみにヴィンケルマン氏はアウディスポーツの前はアウトモビリ・ランボルギーニのトップを務めていた経験も持つ。

20180209_suzuki_14

国際経験も豊富なレンツ氏がトップに立つことで、さらなる世界規模での成長に期待が高まるアウディスポーツ国際経験も豊富なレンツ氏がトップに立つことで、さらなる世界規模での成長に期待が高まるアウディスポーツ

 

モータースポーツ参戦に加えてRSモデルやR8の開発製造と販売、パーツやアクセサリー類の販売などを行なうアウディスポーツのブランド認知は世界的に高まっており、富裕層を中心にセールスも伸びている。アウディAGの業績アップにも貢献し、日本においても正規ディーラーにおけるサブブランド展開が積極的に進められているのはご存じのとおり。

 

今回のトップ交代もその路線を強化するのが狙いで、’20年までにアウディスポーツのラインナップを現在の11モデルから16モデルへと拡充する考えも明らかにしている。グローバルマーケティングを得意とするレンツ氏の就任で、スポーツモデルの展開がどういった方向へと進むのか。高性能コンパクトモデルの設定や電動化への対応など、その手腕がどう発揮されるのか興味深いところだ。

次期型アウディ「Q3」は新ボディでライバルBMW「X1」に差をつける!

アウディのクロスオーバーSUV「Q3」の次期型プロトタイプが捉えられた。カモフラージュされているものの、ワイドな新グリル、外側へ段差を付けた新デザインのLEDヘッドライト、「A8」を彷彿とさせるテールライトなどが確認できた。

20180124_hayashi_LV_01

 

20180124_hayashi_LV_02

 

次期型アウディ「Q3」では、プラットフォームにはフォルクスワーゲングループの「雪日タスMQB」を採用。傾斜が強められたリアウィンドゥによりスポーティなエクステリアを持ちつつ、より広いヘッドルームを確保。さらにホイールベースを50mm延長して広いフットスペースを持たせるなど、快適さをUPさせているようだ。

 

20180124_hayashi_LV_03

 

パワートレインは1.0リッター直列3気筒TFSIターボエンジン、1.4リッター直列4気筒TDIエンジン、2.0リッター直列4.0気筒TFSIエンジンのほか、1.4リッター直列4気筒TFSIエンジンに電気モーターを組み合わせたPHEV「e-tron」もラインナップされるという。さらに、2.5リッター直列5気筒エンジン搭載の「RS Q3」もあるはずで、最高出力394psを発揮する模様だ。

 

ワールドプレミアは2018年前半、後半には発売が開始されるという予想だ。

 

 

 

アウディA1の次期型、最終デザインはこれだ!

アウディ最小ハッチバックである「A1」の次期型CGである。そのCGを確認すると、マトリクスLEDヘッドライトに左右を繋ぐ「コ」の字型エアインテーク、ワイドなシングルフレームグリルが特徴的だ。

20171219_suzuki3

「MQB」プラットフォームを次期型より採用することとなり、軽量でしかも剛性が高いだけでなく、ホイールベースの延長からコンパクトながら居住空間の充実も図られ、小さいA1とはいいながらも余裕のあるモデルとなりそうである。

 

サイドミラーはドアからウィンドゥへ移動され、リアドアへキックアップされた力強いキャラクターラインが見られる。また3ドアは廃止され、CGのように5ドアモデルのみの設定となるはずだ。

20171219_suzuki2

パワートレインは新開発の1.0リッター直列3気筒ダウンサイジングターボ及び、2.0リッター直列4気筒エンジンに、6速MT又は7速スピードATが組み合わされるという。さらに200psを発揮する「S1」や300psの「RS1」などが続くはずだ。

 

室内にはスマートフォン・インテグレーションが装備され、12.3インチのTFTバーチャルコックピットディスプレイをオプションでチョイス出来るという。

20171219_suzuki1

待ち遠しいワールドプレミアは、2018年9月とレポートされている。

アウディの革新とイノヴェイターを讃える、WIRED Audi INNOVATION AWARD 2017

日本版『WIRED』とアウディ・ジャパンとのコラボによるプロジェクト、「WIRED Audi INNOVATION AWARD」の表彰式が、去る12月6日(水)に東京港区の海岸スタジオで行なわれた。「未来の日本、未来の世界をつくる」をテーマにとした同イベントは、さまざまな領域で独創的なアイデアとヴィジョンを持って新しい試みを続けるイノヴェイターに光をあて、その存在を広く発信することを目的としたもの。

 

20171218_hayashi_LV_06

 

 

同アワードの授賞式およびレセプション会場となった東京港区の海岸スタジオには、エントランスにアウディR8とRS 7コンセプトが展示され受賞者やゲストを出迎えた。同アワードの授賞式およびレセプション会場となった東京港区の海岸スタジオには、エントランスにアウディR8とRS 7コンセプトが展示され受賞者やゲストを出迎えた。

 

国内では開催2年目となる今回は、実業家や化学、医療、芸術等の分野で活躍する30組のイノヴェイターを日本版WIREDの若林編集長が表彰。授賞式後のレセプション会場には、受賞者の活動を表現したパネルが展示されたほか、今回の受賞者でもある音楽家の坂本龍一氏と作曲家の藤倉大氏によるライブパフォーマンスも行われ、天板のないグランドピアノを使ったふたりの即興演奏に会場は独特な雰囲気に包まれた。

 

 

授賞式後に行なわれたライブパフォーマンスでは、坂本龍一氏と藤倉大氏が事前打ち合わせのない即興演奏を披露。独特な世界観に緊張感すら漂った。

 

主催者のひとりとして登壇したアウディ・ジャパンのマーケティング本部長ミクシェ・シルケ氏曰く、「アウディが提唱する『技術による先進』や世界観との親和性が高く、前に進む人々を奨励することはブランドを浸透させるためにも意義ある活動」と高く評価していた。

 

 

【東京モーターショー2017】最新の自動運転技術に加え、ドライビングプレジャーが際立つ「アウディスポーツ」モデルも充実!

すでにフォトデビューしているA7スポーツバックのワールドプレミア……といったサプライズこそなかったものの、アウディのブースは先進性を売りにするプレミアムブランドらしいコンテンツが魅力的。目玉はやはり、2018年の導入が予定されている新型A8。レベル3の自動運転をいち早くアピール、全モデルにマイルドハイブリッド機構を組み合わせることでEV化への流れも予感させる出来栄えだ。そんな新型A8の先進性を補強するのがエレーヌとQ8スポーツコンセプトだが、特に後者は過去に魅力的なSUVのコンセプトカーを輩出しているアウディらしい完成度を誇る。

20171030_hayashi_LV_01

また、スポーツ性が高いモデルの展示が手厚い点も今回のアウディブースは特長的といえるだろう。日本初公開のRS4アバントやRS5に加え、上陸間もないS Q5やR8スパイダーなど、ショーに相応しい華のある布陣となっている。

 

A8

20171030_hayashi_LV_02

20171030_hayashi_LV_10

20171030_hayashi_LV_11↑市販車最先端の自動運転機能に加え、今後主流になるであろう48V電源システムを採用していることでも話題を呼んだアウディの旗艦。新しさと高級感を両立するインテリアの出来栄えも要注目のポイント

 

エレーヌ・コンセプト

20171030_hayashi_LV_12

20171030_hayashi_LV_13↑’17年5月に公開されたeトロン・スポーツバックをベースとして、アウディAIハイウェイパイロットを筆頭とする自動運転技術を盛り込んだコンセプトカー。パワートレインは3つのモーターを駆使したフルEVのクワトロだ

 

Q8スポーツ・コンセプト

20171030_hayashi_LV_14

20171030_hayashi_LV_15↑アウディの新型SUVを予感させるコンセプトモデルで、そのパワートレインにはマイルドハイブリッドシステムと電動コンプレッサー(ターボ)を搭載。275㎞/hの最高速度と1200㎞を超える航続距離を実現している

 

Q7 eトロン・クワトロ

20171030_hayashi_LV_16

20171030_hayashi_LV_17↑日本や中国など、アジア市場向けに専用開発されたQ7のプラグインHV。約50㎞のEV走行を可能としつつ、100㎞走行当たりの燃料消費が2.5リットルという低燃費を実現。その一方、0〜100㎞/h加速は5.9秒という俊足ぶりも自慢のモデルだ