かわいい見た目に反して難易度はハードな「忍者くん 魔城の冒険」の1周ノーコンクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は「忍者くん 魔城の冒険」の1周ノーコンクリアに挑戦!

 

ハムスター
忍者くん 魔城の冒険

823円(アーケードアーカイブス/Nintendo Switchほか)
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000009572

アーケード発の忍者アクション。赤い頭巾の忍者くんを操り、岩山と城のステージを上下に移動して、全8体の敵をすべて倒すとクリアになる。

 

 

報酬はだるま&カブキ!? 罰ゲームは忍者で帰宅

編集部(以下編) 今回の成功報酬は敵の「だるま」と「カブキ」にちなんで、高崎名物「だるま弁当」と老舗の「歌舞伎揚げ」の変わり種を用意しました。

 

フジタ(以下フ) リンゴキャラメル味の歌舞伎揚げですか!? ちょっと邪道な気が(笑)。

 

 ただし失敗した場合は罰ゲームとして、忍者頭巾をかぶって忍者くんになりきって帰宅していただきます。

 

 まあ、電車には攻めた格好の人もいますからね。ひとりくらい忍者がいても大丈夫かな。

 

 

ひと癖ある敵ばかり! 1周18面をクリアせよ

どうも~、フジタです! 「忍者くん」は操作のレスポンスが悪いのが残念ですが、敵を気絶させたり、後ろに回ったりと倒し方もいろいろあって、よくできたゲームなんですよね。

↑1面はすべての敵が「黒子」。忍者くんと同じく武器は手裏剣。体当たりして気絶させるのが安全策だが、逆に気絶させられることも

 

小学生のころはそんなこともわからずただ遊んでましたが(笑)、大人になってみると「なるほど、これはいいゲームだな」と。実は、今回プレイするファミコン版はアーケード版よりも難しいんです。

 

まず、同じフロアに留まっていると出現する火が、すごく早く出てくる。カブキが強い。それから敵が一部省かれていて10面からもう「ヨロイ」が登場する。ここで一気に難しくなります。まあ、今回も相当な苦戦を強いられるでしょう……。

↑面クリア時にはクリアタイムと敵を倒して取った巻物の数に応じたスコアが集計される。各面で出現する宝の玉を3つ集めるとボーナスステージへ

 

では、スタートです。このゲームは手裏剣だけで画面の敵を全部倒すという非常にわかりやすいルールになっております。(サクッと2面へ)。やばいやばいやばい、危ないよこれ。(敵に気絶させられ一瞬ピンチに)。

 

↑2面は1面と同じく岩山。岩山×2と城×1の3面で1セット構成。1セット前のボス敵がザコとなって登場する

 

2面でこんなに激しいんですよ。だから一段一段慎重に行かないとダメですね。はい、このだるまがボスです。敵が少なくなると上から降りてくるので、そこを後ろから狙って倒す! というのが基本戦術です。(危なげなく3面クリア)。

 

4面は今度はだるまがザコになって、カブキという強敵が出てきます。見て下さい、黒い玉が落ちてくるでしょ? これがカブキが投げてくる爆弾です。わかります? あの量ですよ。忍者くんは一度ジャンプしたら軌道を変えられないので慎重に……。

 

↑6面。城の頂上にはボスのカブキ。ザコはカマで攻撃してくるだるま。不用意にジャンプするとカブキがばらまく爆弾の餌食に。先読みも重要だ

 

 

【ここまでは順調だったのだが……。続きは動画で!!】

 

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

 

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

©Arcade Archives Series Produced by HAMSTER Co.

所有ゲーム2万本超の芸人が選ぶ「不朽の名作ゲーム」ランキング【36位~16位】

暑い夏はクーラーの効いた部屋で、夏ゲーならぬ懐ゲーをプレイして郷愁に浸るのが一番! というわけで、今回は「GetNavi」本誌でもおなじみゲーム芸人フジタさんに、いま遊べる懐ゲーの名作36本をセレクトしてもらい、ランキング形式で紹介します。

 

前編となる今回は、36位から16位を紹介。ひと味違う「マリオ」や海外での任天堂人気を支えた「ドンキーコング」など、見逃せない傑作揃いです!

※本特集内のメーカー名はすべてゲーム発売当時です

 

【選んでくれた人】

ゲーム芸人・フジタさん

「ファミコンは家族!」と言い切る芸人。ファミコンに限らず、膨大なゲームのコレクションでも有名で、その数は2万本を超えるとか。6月に発売されたエッセイ「ファミコンに育てられた男」(双葉社)も好評です。

 

【用語解説】

バーチャルコンソール・・・3DSなどにレトロゲームをDLして遊べる任天堂のサービス。3DSならファミコン、スーファミ、ゲームボーイなど約280タイトルがラインナップ。PlayStationでも同種のサービス「ゲームアーカイブス」が展開されている。

 

アーケードアーカイブス・・・ハムスターが展開する「アーケードアーカイブス」は、80~90年代のアーケードゲームの忠実な再現を目指したDLサービス。各ゲームにオンラインランキングが搭載され、世界中のプレイヤーとのスコア争いが白熱する。

 

 

【36位】アーケード版の「スーマリ」は新感覚!

「VS.スーパーマリオブラザーズ」(1986年発売・任天堂)

【アーケードアーカイブス】

任天堂のアーケードゲーム基板「任天堂VS.システム」版「スーマリ」。「1」と「2」のステージが組み合わされ、難易度は高め。また、無限1UPができないような敵配置となっています。

 

【フジタさんの推しポイント】

ファミコン版とはひと味違うマリオ

マリオ好きにはぜひ遊んでほしいタイトルです。「1」と「2」を複合した作品なんですけど、鬼のようなプクプクの数やどっちを向いても襲ってくるゲッソーなどは必見! ほかにも突然パタパタが配置されているとか、家庭用をやり込んだ人ほど苦戦しますよ。

↑いつものコースのようで違和感が……。1UPキノコも少なめで、ファミコン版の上級者でもピンチ!?

 

 

【35位】海外での任天堂人気はここから!

「ドンキーコング」(1981年発売・任天堂)

【ミニファミコン】【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

ドンキーコングにさらわれた恋人のレディを救い出すアクション。アーケード版は画面が縦長のレイアウトで、経営難だった米任天堂の危機を救ったヒットタイトルとしても知られます。

 

【フジタさんの推しポイント】

アーケード版ならちゃんと2面も遊べる

ファミコン版は、2面がカットされているのがちょっと残念。なので、そこも遊べるアケアカ版と遊び比べてみるのがオススメです。こちらは、海外版も収録されていて、面の構成が違うんですよ。腕に自信のある方は、この海外版もぜひどうぞ!

↑ファミコン版ではカットされていた2面も収録され、全4面構成。前期版、後期版、海外版を収録しています

 

 

【34位】高橋名人がスケボーに乗っている理由

ワンダーボーイ(1986年発売・エスケイブ)

【アーケードアーカイブス】

「高橋名人の冒険島」のベースになった横スクロールアクション。主人公のボーイが卵を割ると出てくるオノを投げ、スケボーで走って恋人のティナを助け出します。リンゴやバナナで体力回復。

 

【フジタさんの推しポイント】

行き着く先はやっぱりこれ!

本作のキャラを当時絶大な人気があった高橋名人に差し替えたものが「高橋名人の冒険島」であるのは有名な話。僕は「冒険島」を先に通ってきた人間なんですけど、やっぱり突き詰めると「ワンダーボーイ」に行き着く。ムズいですが、やり応え抜群の一作です。

↑全8エリア32ステージの構成。キャラなどの差し替えはありますが、プレイ感は「冒険島」に近いです

 

 

【33位】知る人ぞ知る女戦士アクション

聖戦士アマテラス(1986年発売・ニチブツ)

【アーケードアーカイブス】

変わり果てた地球を舞台に女戦士アマテラスが戦う縦スクロールアクション。ソードビームで奇怪獣やサイボーグを倒し、敵のエアーモービルを奪取してパワーアップ。脱獄囚を追跡します。

 

【フジタさんの推しポイント】

実写インストカードがある意味必見!

これは筐体についていたインストカードが衝撃的でした(笑)。レオタードの女性に盾と剣を持たせた写真で……。ニチブツは無理矢理ギャルを使うのが多かったんですよ。まあ、それはいいとして、家庭用機に一切移植されてないので触ってみてほしいタイトルです。

↑実写コスプレの女性が大映しになったインストカード(アケアカ内にも収録)はかなりシュールです

 

 

【32位】気絶させるはずが、自分が気絶……

忍者くん 魔城の冒険(1984年発売・ジャレコ)

【アーケードアーカイブス】

赤い頭巾の忍者くんを操り、岩山や城のステージを上下して手裏剣で敵を倒していくアクション。敵に体当たりして気絶させるのがコツ。「宝の玉」を3個取るとボーナスステージへ。

 

【フジタさんの推しポイント】

シンプルに見えて奥の深さがスゴい!

手裏剣で敵を倒すだけというすごく単純なルールなのに、いろいろなテクニックがあってすごいんですよ。ミスショットなしでクリアするとボーナスが入るのも燃えますね。場面場面でどのテクニックを繰り出すか、使い分けが重要になる奥の深〜いゲームです。

↑出現する敵は8種類。炎を飛ばすシシマイや剣を投げるガイコツはファミコン版では登場しません

 

 

【31位】「マイティボンジャック」とは違った魅力

ボンジャック(1984年発売・テーカン※)

【アーケードアーカイブス】

独特の浮遊感が特徴の画面固定型アクション。主人公のジャックを操作し、ステージ内の爆弾をすべて取っていきます。爆弾を1つ取ると別の爆弾の導火線に火が点き、順に取ると得点UP。

※現コーエーテクモゲームス

 

【フジタさんの推しポイント】

アーケード版のこぢんまり感もいい!

「ボンジャック」はいわゆる王家の部屋だけで完結しているのが特徴です。これはこれで、シンプルな作りで集中できるのがいいですね。一方で、容量が少ないのに道中を加えたファミコン版の工夫の仕方も好きです。結論を言うとどっちも好きということで!

↑この「ボンジャック」をベースに探索要素を追加したのがファミコンの「マイティボンジャック」です

 

 

【30位】連射シューティングゲームの元祖はコレ!

スターフォース(1984年発売・テーカン※)

【アーケードアーカイブス】

「ファイナル・スター」を操り、敵の施設や兵器を破壊していく縦スクロールシューティング。解放した友軍機「パーサー」と合体すると自機がパワーアップ! 隠しボーナスも多かったです。

※現コーエーテクモゲームス

 

【フジタさんの推しポイント】

スコアアタックに夢中になった作品

当時としては非常にきれいなグラフィックで動きも滑らかでした! テーカンさんはアーケードと家庭用のどちらにも魅力がありますね。スコアアタックに没頭した思い出深いタイトルです。アケアカ版のキャラバンモードは、新たな戦略が必要で楽しいです!

↑第1回全国キャラバンで使用されたファミコン版以上に難易度が高いと評判の本家アーケード版

 

【29位】迫り来るシーラカンスに戦慄!

ダライアス(1986年発売・タイトー)

【アーケードアーカイブス】

モニターを3面つないだ筐体が圧巻だったアーケードの横スクロールシューティング。滅亡しつつある惑星ダライアスからの脱出を目指します。水棲生物がモチーフのボスデザインも強烈!

 

【フジタさんの推しポイント】

1画面になっても迫力は十分!

ゲーセンでは3画面仕様だった本作が家で遊べることに感動! 1画面にまとめるので細長くなりますが、大画面モニターを使えば十分に大迫力です。当時はステージ選択も斬新でした。ゲーセンの振動シートも衝撃だったので、家庭用でも再現してほしいですね。

↑アケアカ版ではワイドな画面を再現。初期バージョン以外に、調整した「EXTRA VERSION」も収録しています

 

 

【28位】どのパワーアップを使うかで大論争!

グラディウス(1985年発売・KONAMI)

【ミニファミコン】【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

惑星グラディウスを救うため、戦闘機ビックバイパーを駆る強制横スクロールシューティング。パワーカプセルを取ると任意でレーザーやバリアなどパワーアップを選べるのが画期的でした。

 

【フジタさんの推しポイント】

アーケード版はグラフィックが美麗!

KONAMIのシューティングの名作ですね! アーケード版のグラフィックはいま見ても十分にキレイ。あと、オプションの数が最大4個と多いんです。難易度はそれほど高くはないですが、倒すまで敵がひたすら追ってきたりするんで、簡単ではないですね。

↑美しいグラフィックと鮮烈なBGMも特徴。ステージ3の口からリングを吐くモアイは存在感抜群です!

 

 

【27位】野菜、台所用品、文房具が襲ってくる!?

ツインビー(1985年発売・KONAMI)

【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

ポップでコミカルなテイストの縦スクロールシューティング。ツインビーとウィンビーがスパイス大王率いる個性的な敵に立ち向かいます。雲を撃つと出てくるベルを取ってパワーアップ!

 

【フジタさんの推しポイント】

アケアカのなかでは一番遊んでいます!

小1か小2のとき、ゲーセンでやりましたね。あのころはスコアランキングにこだわってなかったんですけど、アーケードアーカイブス版はランキングがあって、いま上位を狙って一番やり込んでいます。ファミコン版の難易度に慣れるとアーケード版はムズいです!

↑2人同時プレイが人気だったシューティング。かわいい見た目&世界観に反して、かなり手強いです

 

 

【26位】緻密なドット絵は感涙モノ!

メタルスラッグ2(1998年発売・SNK)

【NEOGEO mini】【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

横スクロールのミリタリーアクション第2弾。再び活動を始めたモーデン反逆軍の打倒を目指します。3Dポリゴン全盛期にあえて細やかに動くドット絵を採用し、高い評価を受けました。

 

【フジタさんの推しポイント】

動きに見とれる職人芸のドット絵

これはもうドット絵のキレイさとか、動きの滑らかさとかをぜひ見てもらいたいです。細かいモーションもよくできてるんですよ。道中で捕虜を助けるんですが、巧妙に隠された捕虜を見つけるのも好きでした。食べ物アイテムが豊富というのもポイント高いです。

↑リンゴや魚など、出現する食べ物アイテムを取りすぎるとお腹がでっぷりと出たデブ状態になりました

 

 

【25位】パロディ満載の大阪ベルトアクション

バーニングファイト(1991年発売・SNK)

【NEOGEO mini】【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

大阪を舞台に3人の刑事が暴れまわるベルトスクロールアクション。パンチ、キックのほか、ビール瓶や角材を使った凶器攻撃もできました。ヘンテコな大阪の風景が一部のファンにウケました。

 

【フジタさんの推しドコロ】

刑事が大暴走、これが大阪の日常!?

「みなさんのおかげさまです!」とか「クイズ大捜査線」とか、ネオジオにはある種のバカゲーも多いんですが、本作は一応大丈夫です(笑)。このゲームについて制作者に聞いたら、「大阪の街ではよくあること」って言ってました(笑)。センスがいいですね。

↑日米の刑事が手を組んで敵組織を鉄拳制裁! 2人同時プレイも可能ですがお互いの攻撃が当たります

 

 

【24位】3on3の原点! 3人1組のチーム戦が白熱!!

ザ・キング・オブ・ファイターズ ’94(1994年発売・SNK)

【NEOGEO mini】【バーチャルコンソール】【アーケードアーカイブス】

SNKの看板格闘ゲーム第1作。「餓狼伝説」、「龍虎の拳」といった対戦格闘のほか、「サイコソルジャー」などSNKの歴代ゲームキャラが集結。全8チームが3on3で戦います。オールスター色が強く、華やかなバトルが特徴。オリジナル主人公は草薙 京。

 

【フジタさんの推しポイント】

写真に撮られるときはテリーのポーズでした

僕は本来「餓狼伝説」が好きなんですけど、SNKさんがこれだけ「KOF」を推してますし、入れないわけにはいかないかなと、いわゆる忖度です(笑)。個人的に、90年代半ば以降はあまり格闘ゲームをやってないので、「KOF」のなかでは初代の「94」が、一番ベタですけど馴染みがあります。

 

好きなキャラは「餓狼伝説」チームのテリー一択です。中3のころは写真を撮るときにテリーを意識してポーズを取ってました(笑)。ジーパンに手を入れて真正面を向く。それほど好きだったんです。あと「KOF」はトリオで戦うというのも良かったですよね。3人は大サービスですよ(笑)。勝ち抜くとちょっと体力も回復しますし。

↑3人1組の勝ち抜き戦。1人目が負けると相手はそのままで2人目にバトンタッチ。3人負けると敗北

 

 

【23位】ゲーセンの対戦台は命賭けの戦場だった

スーパーストリートファイターⅡ ザ ニュー チャレンジャーズ(1994年発売・カプコン)

【ミニスーファミ】【バーチャルコンソール】

90年代前半、ゲームセンターで対戦格闘ブームを巻き起こした「ストⅡ」シリーズの人気作。おなじみのリュウ、春麗、ザンギエフなどの格闘家に加え、キャミィ、フェイロン、T・ホークなど新キャラ4人が登場。16人の格闘家たちがぶつかり合います。

 

【フジタさんの推しポイント】

使うキャラは自分似!?「僕はバルログです」

「ストⅡ」は、中1くらいのときかな。ゲーセンには夕方6時までしかいられなかったので、ボーリング場に行って隅に置いてある筐体で夜の12時過ぎまでやってましたね。「ストⅡダッシュ」は、中3ながら基板も買いましたし、この「スーパーストⅡ」、次の「Ⅹ」あたりまでは本気でやってました。

 

キャラはバルログをメインで使ってましたね。やっぱり僕もバルログと同じで、自分が好きなんでしょうね(笑)。自分をほめすぎて「お前、バルログか!」って言われたこともありますから。まあ、でもバルログはカッコいいんですよ。相手の起き上がりにうまく「フライングバルセロナアタック」を合わせると、どうにもならないですし。

↑スーファミの「ストⅡ」系としては最後の作品で世界売上200万本。同時期にアニメ映画も公開しました

 

【22位】未発売のタイトルがまさかの復活!

スターフォックス2(未発売・任天堂)

【ミニスーファミ】

完成後、次世代機のNINTENDO 64との兼ね合いでお蔵入りになっていた幻の「2」がミニスーファミに収録されて復活。遊撃隊「スターフォックス」が再び悪の皇帝を倒すため出撃します。

 

【フジタさんの推しポイント】

幻のタイトル収録でプレミア感抜群!

ミニスーファミに未発売の作品が入るなんて驚きましたね。プレミア感があってたまらないですよ。初代「スターフォックス」もポリゴンを使っていて新鮮でしたけど、この「2」をプレイするためだけにミニスーファミを買うという選択も十分アリでしょう!

↑特殊なチップ「スーパーFXチップ」を使っていたため、バーチャルコンソール化も難しかったといいます

 

 

【21位】二段ジャンプと魔法で強敵に挑め!

超魔界村(1991年発売・カプコン)

【ミニスーファミ】【バーチャルコンソール】

激ムズのアクション「魔界村」シリーズの第3弾。アーサーが魔帝サマエルに立ち向かいます。新アクションとして「二段ジャンプ」を導入。回転・拡大機能を生かした演出もポイント。

 

【フジタさんの推しポイント】

武器が弱くても自分の腕でカバー

シリーズのなかでは「大魔界村」に次いで好きな作品です。難しいけど思いどおりにキャラが動くのと二段ジャンプが魅力。鎧のパワーアップによって弱い武器でも戦えるというのもロマンがありました。武器の弱さを魔法やゲームの腕でカバーできるのは燃えます!

↑鋼・青銅・黄金の3段階のパワーアップがある「鎧システム」を搭載。黄金になると魔法が使えます

 

 

【20位】ヨッシーを踏み台にして自分は生還……

スーパーマリオワールド(1990年発売・任天堂)

【ミニスーファミ】【バーチャルコンソール】

スーパーファミコンのローンチタイトルで「スーパーマリオ」シリーズ4作目。羽根を取るとマントマリオに変身できるのが新要素。おなじみのヨッシーもこのゲームで初登場しました。

 

【フジタさんの推しポイント】

スーファミ人気で発売日に遊べず

スーファミと同時発売でしたが、本体があまりにも人気で発売日に買えず、遊べなかったんですよ。それを強烈に覚えていますね。「1」「2」に比べて「3」や「ワールド」はマリオの動きがフワッとしてます。キレはないですが、かわいい雰囲気に合っていました。

↑舞台は全9ワールド96コースある恐竜ランド。「スターロード」「裏ワールド」など隠し要素も豊富

 

 

【19位】脱力的なタイトルながら意外に名作!

へべれけ(1991年発売・サンソフト)

【バーチャルコンソール】

ナゾの世界に迷い込んだペンギン(?)の「へべ」が元の世界に戻るため冒険をします。氷の上を歩くのが得意な猫の着ぐるみ少女「おーちゃん」など、個性的な仲間3人と協力して進みます。

 

【フジタさんの推しポイント】

ファミコン末期のサンソフトの名作!

サンソフトさんの後期のタイトルは名作ばかりですよね。「ギミック!」や「バトルフォーミュラ」もそうですし、この「へべれけ」もしかりです。4人のキャラごとに行ける場所が違って、キャラを使い分けて進むという謎解きするアクションが面白かったなぁ。

↑コミカルでシュールな世界観も特徴。キャラに人気が出て、パズルや格闘ゲームなども展開されました

 

 

【18位】死因のデパート!? 愛すべきバカゲー

シャドウゲイト(1989年発売・ケムコ)

【バーチャルコンソール】

米国PCゲームの移植版。魔王ワーロックを倒すため、謎の城・シャドウゲイトに挑むテキストアドベンチャー。一人称で自分の死を実況する様子が味わい深く、バカゲーとして愛されています。

 

【フジタさんの推しポイント】

死にすぎて困る不条理な即死ゲー

もうね、これは不条理な死にパターンをいろいろと見て楽しんでほしいですね。穴に降りたら腰を打って死亡。暗くなってもすぐに死にますから(笑)。即死ゲーですね。そもそもスタート地点のお城の扉に入れなくて、そこで諦めた人もいるという話です(笑)。

↑暗闇で壁にぶつかり死亡、武器を自分に使って死亡など、死因は唐突で理不尽。死神の顔も印象的

 

 

【17位】意表を突いた横スクロールの続編

リンクの冒険(1987年発売・任天堂)

【バーチャルコンソール】

「ゼルダの伝説」に続く第2弾。シリーズとしては珍しい横スクロールアクション。前作の戦いのあと、リンクが初代ゼルダ姫を救うために6つの神殿にいる守護神を倒していきます。

 

【フジタさんの推しポイント】

登校前に友だちと謎解きしてから出発

「ゼルダの伝説」にはかなわないと思うんですけど、謎解き要素も多かったし、「リンク」は「リンク」で面白かったです。「リンク」は謎解きを友だちと一緒にやってましたね。技を覚える場所を探すとか、登校前の朝早い時間に2人で頭を悩ませながら遊んでました。

↑手の甲にハイラルの紋章が浮き出たリンクをまねて、サインペンでハイラルの紋章を書く男子続出

 

 

【16位】いきなり殺される「くろきし」戦は衝撃!

ファイナルファンタジーⅡ(1988年発売・スクウェア)

【バーチャルコンソール】

冒頭からいきなり強敵「くろきし」と戦わされるドラマチックな演出が衝撃だった人気RPG第2弾。経験値によるレベルアップ制を廃止し、戦闘中に使ったコマンドによって各能力が成長する独特のシステムを採用。あらゆる面で革新的でした。

 

【フジタさんの推しポイント】

忘れられないワード【のばら】にくろきし

「FFⅡ」といえば、やっぱりキーワードシステムと「くろきし」ですね。会話のなかで出てきた重要な単語を覚えて「たずねる」システムがあって、【のばら】って言葉はいまでもパッと出てきますもん。僕、すぐストーリーを忘れちゃうタイプですけど、「FFⅡ」に関しては結構覚えてますね。

 

それとなんといっても冒頭の「くろきし」に殺されるイベントバトルがインパクト大でした! 本当にゲームオーバーになるゲームもあるじゃないですか。だからドキドキしましたよね。そんな演出も良かったです。「Ⅲ」も「Ⅳ」もすごく遊んだはずなんですけど、どうしてか「Ⅱ」のことばかりよく覚えています。

↑チョコボやシド、究極魔法・アルテマなど、のちのシリーズで重要となる要素も「Ⅱ」が初出

 

文/卯月 鮎

 

©1988 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.  ©1987-2011 Nintendo ©1989 KEMCO ©2012 Zojoi LLC. ©SUNSOFT ©CAPCOM CO., LTD. 1991, 2017 ALL RIGHTS RESERVED. ©2017 Nintendo©CAPCOM U.S.A., INC. 1993, 2017 ALL RIGHTS RESERVED.  ©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED. ©SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.  ©Konami Digital Entertainment © TAITO CORPORATION 1986 ALL RIGHTS RESERVED.  ©1984 コーエーテクモゲームス All rights reserved.  ©ASYA Co. / ©2014 HAMSTER Co. ©2016 HAMSTER Co.  ©westone bit entertainment / ©2014 HAMSTER Co.  © 1981 Nintendo © 1986 Nintendo

久々に失敗のピンチ!?「エレベーターアクション」1周4面クリアはできるのか!!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は超難関ゲーム「エレベーターアクション」のクリアに挑みます。

 

スクウェア・エニックス
エレベーターアクション

514円(3DS、 Wii U)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000005324

アーケード発のスパイアクション。屋上からビルに侵入してエレベーターでフロアを下り、機密文書を入手して地下の車から脱出を図れ!

 

 

 

成功報酬は高級梅干し! 罰ゲームはカバンチェック

編集部(以下編) 今回の成功報酬は主人公のスパイにちなんで・スッパイ・梅干しをご用意しました。梅干し専門店の1粒300円の高級梅干しです

 

フジタ(以下フ) スパイだからスッパイ。ダジャレかーい!

 

 ただし、失敗の場合は「フジタの秘密を暴け! カバンの中身チェック&視聴者プレゼント」の罰ゲームがあります。

 

 そんな機密文書みたいなものは入ってないですよ(笑)。

 

 

時間経過で敵が鬼強に! 1周4面クリアを目指せ

どうも~、フジタです! 「エレベーターアクション」はアーケード版も相当難しかったのに、ファミコン版のほうがもっと難しくなってるんですよ!

↑ワイヤーを伝ってビルへ侵入する、映画ばりのカッコいいシーンからスタート。30階から地下1階まで数多くのガードマンと銃撃戦を繰り広げる

 

今回は、はっきり言ってすべての面が鬼門です。最初は黒服が普通に弾を撃ってますが、時間が経つと、どんどん乱射してくるようになる。構えてからバーンだったのに、最終的にはダダダダダダですから(笑)。そのマシンガン状態になったときに、どう切り抜けるかがクリアのカギになります。

 

↑エレベーターに乗って上下ボタンを押すと移動できる。エレベーターの中だけでなく天井部分にも乗れるが、操作はできないので要注意だ

 

では、スタートです。乱射状態になるまでの時間がすごい短いですからね。さらに敵が立って撃ってるのに、こっちはしゃがんでても当たるみたいなこともあるし……。

 

あっぶね。いまはまだ乱射してこないですけど、それでも弾の速度が相当速い。もともと難しいんですよね。……うぉー、いまの超ヤベー! あっぶねぇ、くぅ、ヤベぇんだけど!!

↑赤いドアには機密文書がある。すべて取らずに地下1階に降りると一番上の未開封の赤いドアに戻される

 

エレベーターが戻ってくるのを待つのもヤバいんですよ。多分もう敵はMAXの強さになってます。撃ち合ったら100%負ける。……で、なんとか地下1階に来たので、敵の強さがリセットされて、取っていない書類のドアに戻されます。ちょっと面倒な気もしますが、こうやってワープして集めたほうが安全です。

 

↑地下1階に待ち受ける赤い車に、すべて機密文書を揃えてたどり着くとステージクリア。最後はどのエレベータに乗るか、選択も重要

 

あと2個かな? リセットされても2~3分ですぐに敵の強さがMAXになるから、とにかく早く行かなきゃいけない。うーん、ヤバい。いま、エレベーターを敵に操作されちゃって……。この先はどうなっているのか? ここもしゃがんでないと危ないんですよ。あっぶなーい!

 

【乱れ飛ぶ銃弾がフジタをかすめる! 続きは動画で!!】

 

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

 

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

©TAITO CORPORATION 1985,2007 All rights reserved

ゲーム芸人の名に懸けて!「マイティボンジャック」ノーミスクリアへのリベンジ【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、本コーナー第1回で惜しくも失敗に終わった「マイティボンジャック」にリベンジする!

 

コーエーテクモゲームス
マイティボンジャック

514円(Wii U、3DS)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000005204

アーケードゲーム「ボンジャック」の続編。ジャンプが得意な主人公・ジャックが、魔王に支配されたピラミッドを探索し、王様を救う。

 

 

成功報酬は爆弾スイカ 罰ゲームはアイスリベンジ!

編集部(以下編) 今回の成功報酬は「マイティボンジャック」の爆弾にちなんで、爆弾スイカの異名を取る高級な黒小玉スイカをご用意しました。

 

フジタ(以下フ) 僕、死ぬほどスイカ好きなんですよ。最近ほぼ毎日食べてます(笑)。

 

 ただし、失敗の場合は罰ゲームとして、今回のリベンジ企画にちなんで過去の罰ゲームにもリベンジしていただきます。第9回でリタイアした「ガリガリ君」の早食いです。

 

 これ、歯に浸みるんですよね……。一気に飲み込めばいいんだろうと思うんですけど……。

 

 

ワープを使ってスピードクリアに挑戦!

どうも~、フジタです! 今回は記念すべき第1回でチャレンジして、そのときは失敗に終わった「マイティボンジャック」にリベンジをしたいと思います。

↑各面は「道中」と「王家の部屋」のセット。スクロールするステージの道中では、ジャンプすると出現する宝箱など隠し要素が盛りだくさん

 

王家の部屋でのワープを駆使し、道中をカットしてスピードクリアを目指します。鬼門は13面ですね。前回、13面はクリアしましたが、ここの難しさは揺るがないです(笑)。

 

↑鬼門とされる13面。行き止まりに爆弾があるため、敵にぶつかりやすい。空飛ぶカメ「ガーメイド」が難敵

 

それから最後、王様の部屋で王様を助けたあと、マイティパワーを使って敵をコインにすると負けないんですが、プロなのでその方法は使わないで行きたいと思います。

 

では、スタートです。いや~、初のリベンジタイトルなので何がなんでも成功させたいですね。といっても置きに行かずに攻めていきますよ。「王家の部屋」に来ました。

↑爆弾が並ぶ王家の部屋。本来は火の点いた爆弾を順に取るとハイスコアを狙えるが、今回のプレイではワープを多用し、短時間でクリアを目指す

 

最初にこうやって爆弾を1個取るんですよ。すると1つに火が点くんですね。これを最後に取るとワープできるというわけです。はい、こんな感じで。今回のワープする方法だと間違えて火の点いたやつを取っちゃったらアウトなんで、そこも気をつけないと。

 

↑クリア直前の16面の王家の部屋。ワープの意味はないが、火の点いた爆弾を最後に取るという縛りを続けるフジタ。前回はそれが仇になったが……

 

この「P」マークを取ると敵がコインになって動きが止まります。できる限り取りたくはないですけどね。取らないほうがカッコいいという美意識があります(笑)。あっぶねー! あのカメみたいな緑の甲羅のヤツ、早くてトリッキーなんですよ。鳥とかはゆったりしてるんですが、あの素早い甲羅と向き合って避けるところが見どころですね。

 

【一瞬のミスが命取り! 緊張感たっぷりの続きは動画で!!】

 

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

撮影:高原マサキ(TK.c)

©1986 コーエーテクモゲームス All rights reserved

「もえろツインビー」で、バリアなしでのノーミスクリアはできるのか? やってみた。

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、「もえろ ツインビー」でスーパープレイをみせる!

 

KONAMI
もえろツインビー
シナモン博士を救え!

514円(Wii U)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000011066

1986年にディスクシステムで発売され、ファミコンにも移植された人気作の第2弾。前作の100年後、新たな敵・ガトランティスに立ち向かう!

 

成功報酬は輝くカステラ! 罰ゲームは金のドリンク!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、サブタイトルの「シナモン博士を救え!」にちなんで、人気シナモンロール専門店「シナボン」のスイーツです。

 

フジタ(以下フ) いやあ、これは甘くておいしそうですね。

 

 ただし失敗した場合は、普通は決してシナモンをかけない食材にたっぷりシナモンをかけて食べていただきます。

 

 僕、シナモンは嫌いじゃないですから。どんな食べ物が来ても大丈夫です!

 

バリアなしノーミスで全7面を完全クリアせよ!

どうも~、フジタです! 「もえろツインビー」といったら3人同時プレイ。僕はこの3人同時プレイを1人でやるのが好きで、右手と左手と足を使ってやっていました(笑)。いやまあ、人が集まらなかったというのもあるんですけど……(笑)。

 

↑ガトランティス軍にさらわれたシナモン博士を救うため、ひ孫のツインビー、ウインビー、グインビーが飛びたつ。3人で同時に遊ぶことができた

 

でもって、今回はバリアなしのノーミスクリアに挑戦します。鬼門は6面です。ここはカマキリが画面の四方から中央に向かってくるんですけど、バリアがないと相当キツいんですよ。あとは見どころとしてはボス戦の連打にも注目してほしいですね。ボスのときはこすり打ちをしようと思っているんで。

 

↑1面は前作と同様ドンブリ島だが、今回は横スクロールで進む。この面の敵はナルトなど食べ物系。今回のベルは和風の鈴の形をしている

 

では、スタートです。今回は1人ですが、3人プレイはやっぱ面白かったですよね。合体攻撃とかもあったんで。僕は基本的にバリアを取らない人間なのでいいんですけど、全7面だと25分くらいですか。ミスしちゃいけないとなると、集中力が続くかが勝負ですね。

 

↑2面のラマヤドーラ王国は縦スクロール面。魚介類が敵で、ボスは大ダコ。クラゲの動きにフジタも苦戦気味

 

↑3面は洗濯バサミやモップなどの日用品が敵。水道の蛇口のようなボス・ウォーターバイパーに、こすり連打をうまく打ち込めるか?

 

青いベルを取って速くなったほうがいいですが、速くなりすぎるとそれはそれで制御不能になるので……。

 

1面のボスはスイカです。ボスは基本的に硬いんですよ。最初に固まっているときにどれだけ打ち込めるかが重要で、それを逃すと連打で疲れちゃう。位置取りも大事になってきて、最初の出現時にダメージを大きく与えたいので、真ん中ちょい下あたりですかね。うわー、間違えた、間違えた! ちょっと位置取りを間違えた!! あまり当たってなくて戦いが長引いてしまいました。ま、でも1面なんでね。

 

【一瞬のミスが命取り! 緊張感たっぷりの続きは動画で!!】

 

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

撮影:高原マサキ(TK.c)

©Konami Digital Entertainment

「ロックマン2」でゲーム芸人がボス3体のノーダメ・バスターのみクリアを目指す! その結果は?

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、「ロックマン2」でスーパープレイをみせる!

 

カプコン
ロックマン2

514円(Wii U、3DS)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000001108

 

選べる8ステージとワイリーステージ(6面)の全14面。新導入のパスワードが便利だった。

 

成功報酬は「ニックマン」!? 罰ゲームはワサビマンを倒せ!

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、「ロックマン」ならぬ「ニックマン」ということで、横浜中華街の名店の肉まんセットをご用意しました。

 

フジタ(以下フ) ダジャレにしても遠すぎますね(笑)。

 

 ただし失敗の場合、ワサビマン、カラシマン、デスマンの恐怖のおまんじゅうボスラッシュを味わっていただきます。

 

 デスマンってなんですか?

 

 激辛のデスソースです。

 

 それは手強いですね(笑)。

 

ボス3体をノーダメクリア! しかも武器はバスターのみ!

どうも~、フジタです! 今回は僕が一番好きな「ロックマン2」で、ボス3体のノーダメ・バスターのみクリアに挑戦します。以前にこのコーナーで挑戦したのとは別のボスということで、バブルマン、ヒートマン、フラッシュマンの3体です。

 

↑ステージセレクト画面。シリーズ恒例となったボスキャラのデザイン公募は「2」から始まった企画。8体の個性豊かなボスが待ち受ける!

 

バブルマンは海に入ると操作性が変わるので、その対応が大事ですね。ヒートマンは比較的難易度が低いんですが、ヒートマンが燃えているときにどれだけ近くに立てるかがプロの腕の見せどころです。フラッシュマンステージは滑るんで、微妙な調整をした小刻みなジャンプが必要なんです。この技術はお笑いの舞台にも通じます(笑)。

 

↑バブルマンのステージ冒頭。ここのカエルがいきなりの難敵。小さなカエルを飛ばし、ロックマンを攻撃してくる。フジタのスゴ技をご覧あれ!

 

それではスタートです。まずはバブルマンから行きます。後半の水中ではジャンプの動きが普通の面と違うので、先に済ませておきたい。さらに連打が必要な面なんですよ。ここ! いきなり硬いカエルに連打! わかります、いまの? あの連打で間に合ってないと小さいカエルが追っかけてきてダメージを受けちゃうんです。いまのはプロの技が3個くらい詰まったシーンでした。

 

 

……ここはアンコウの頭を狙ってるんですが、ノーダメ縛りなので……うわー、危ない、ヤバいよ! エビもしっかり倒しておかないとキツいんですよね。それから水中でジャンプしちゃうと天井のトゲに当たってやられるんで、1回1回集中しないといけません。で、ボスのバブルマンに来ましたけど、最初にこちらに突っ込みながら撃ってくるパターンが一番キツいんですよ。さあ、どうくる?

――得意のゲームでスゴ技連発! 全編は動画に収録!!

撮影:高原マサキ(TK.c)

©CAPCOM CO.,LTD.1986,2016ALL RIGHTS RESERVED.

名作「闘いの挽歌」でゲーム芸人がノーミスクリアを目指す! その結果は?

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、フジタが溺愛するアクションゲーム「闘いの挽歌」のクリアに挑む。

 

カプコン
闘いの挽歌

514円(Wii U)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000009026

核戦争が終局を迎えた世紀末世界を舞台にしたアーケード発のアクション。剣と盾を装備したリュウが、剣王率いる悪の軍団に立ち向かう。

 

成功報酬は闘えるおつまみ!? 罰ゲームはビリビリ武器!

編集部(以下編) 今回の成功報酬は「闘いの挽歌」のメイン武器・剣にちなんで、貴重な国産の「剣先するめ」と、剣にもなりそうな長~い「ロングカルパス」の闘えるおつまみセットをご用意しました。

 

フジタ(以下フ) 剣先するめは盾でもいけそう(笑)。

 

 ただし、失敗の場合は罰ゲームとして、電流が流れるビリビリ武器ロシアンルーレットに挑戦していただきます。

 

フジタ 昭和の時代からある定番のイタズラグッズですね!

 

ダメージを極小に抑え全6面をノーミスクリア

どうも~、フジタです! 「闘いの挽歌」は、死ぬほど好きなゲームなんですよ。もし、「好きなゲームを3つ挙げろ」と言われたら、「スーマリ」「アトランティスの謎」に続くくらいの位置ですね。アーケードのほうがいいという意見もありますが、僕はシリアスさを感じられる家庭用版が好きです。

 

このゲームは盾がポイントです。左右のガードと上ガード、下ガードもある。盾と攻撃は同時にできないので、これがすげぇ頭を使うんですよ(笑)。初心者は剣のごり押しで進めて、上級者は盾を使いこなすといったプレイの幅も広いです。

↑1面。ステージには即死の仕掛けはなく、敵との戦いが生死を分ける。マンホール内など特定の場所で剣を振ると隠しパワーアップアイテムが出現

 

では、スタートです。アーケードにはない「魔界村」形式のステージ紹介が楽しいですね。これ、土管にも入れるんですよ。アイテムが取れるので、基本的には土管に入ったほうがいいです。爆弾を投げてくる人がいます。怖いですね~(笑)。

 

で、1面の中ボス。あぶなーい! 剣でカットできるんですけど、タイミングを外すとダメージを受けます。まあ、1機縛りなんで多少はいいですが、一応、ダメージは受けたくないというプロの習性がありまして(笑)。……そして、1面のボス・アイアンアーム! これをノーダメで倒す!! バックジャンプ、うまかったっすね、いまの。

↑2面。荒廃した近未来風の世界だが、主人公・リュウが操るのは剣と盾。特にほぼすべての攻撃を防げる盾の扱いが重要。盾は上向きにも構えられる

 

そして2面は上ガードを駆使しなければいけない面です。ここで緑のアルマジロンですね。いやぁ、あぶないあぶない! どっちにくるかわからない、もどかしい感じ(笑)。

↑横暴なやり方で核戦争後の世界を支配するラスボス・剣王アキレスとの対決。マントを脱ぎ捨て、長剣を操る様子は大物感たっぷりだが!?

 

――巧みなガードで盤石に進むプロ・フジタ。全編は動画に収録!!

 

 

撮影:高原マサキ(TK.c)

©CAPCOM CO.,LTD.1986,2016ALL RIGHTS RESERVED.

ゲーム芸人が名アクションゲームの原点「ロックマン」でワイリー打倒を目指す【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、5月24日にSwitchで総集編が発売される「ロックマン」の初代を華麗にクリアする!

 

↑セレクトボタンを連打するとボスの無敵状態が解除でき、瞬殺できる裏技があった!

 

カプコン
ロックマン

514円(Wii U、3DS)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000001107

昨年、30周年を迎えた「ロックマン」の記念すべき初代。6体のボスとDr.ワイリーを倒す手強いアクション。ボスを倒すと特殊武器が手に入る。

 

 

成功報酬はE缶ドリンク 罰ゲームは逆ロックマン!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、「ロックマン」の英語名「メガマン」にちなんだメガお菓子と、30周年を記念して昨年末に復活した「ロックマンE缶ドリンク」のセットです。

 

フジタ(以下フ) E缶は部屋に飾っておきたいですね。

 

 ただし、失敗の場合は罰ゲームとして、3分以内に次々とカギ(ロック)を開けていく「逆ロックマン」に挑戦しなければなりません。

 

 まあ、「ロックマン」の「ロック」は、ロックンロールのロックが由来みたいですよ。

ラストのワイリーステージはたしてクリアなるか?

↑ボスの攻略順を選べるのが「ロックマン」の面白さのひとつ。6体のボスを倒すとついに出現するDr.ワイリーのステージが今回の舞台!

 

どうも~、フジタです! 来ましたね、初代の「ロックマン」。キャラの動きにクセがあるファミコンゲームのなかにあって、思うように動くという意味で初代からほぼ完成してますよね。今回は、ラストのワイリーステージクリアに挑戦というお題です。最初の鬼門はイエローデビルですかね。できるかぎりノーダメでいきます! それから最後のボスラッシュに続いてワイリーと対決する場面では、パワーの回復がないのでその流れも厳しいなと。「とにかく死なないでクリア」が目標ですね。

 

↑ワイリーステージは全4面。写真はステージ1。これまでにゲットした特殊武器を使い分けて進んでいく。各面の最後にはボスが待ち受ける

 

では、スタートです。ワイリーステージはいろいろな難しさが複合された面です。僕は「ロックマン2」のほうがやり込んでいるんで、「1」は苦戦すること間違いなしでしょうね……。あっと、今のはよくないタイミングでした……。ここはガッツマンの能力がないと通過できない場所です。

 

次のここの炎は、できればアイスマンの能力を使ったほうがいいですね。でもって針です。針って基本的に一発即死なので、ここは気をつけなきゃいけない最大のポイントでございます。おお、危ない! マグネットの足場を使いまくっていきます。マグネットの足場はすごい重要なんですよ。

 

↑シリーズ屈指の難敵との呼び声も高いステージ1のボス「イエローデビル」。分裂と合体を繰り返してくる

 

そして鬼門っちゃ鬼門のイエローデビルです。まあ、難しさはエアーマンと同じくらいですかね。小ジャンプで刻んでもいいんですけど、2個同時に跳ぶほうが安全かと思います。いや、当たっちゃった……。ヤバい!

 

↑ラスボスはDr.ワイリー自身が搭乗する「ワイリーマシン1号」。撃破されても第二形態となってロックマンの前に立ちはだかるのはお約束

 

――イエローデビルで苦戦気味のフジタ。続きは動画で!!

撮影:高原マサキ(TK.c)

©CAPCOM CO., LTD. 1987, 2013 ALL RIGHTS RESERVED.

ゲーム芸人が名作「影の伝説」で、3落ち以内でのクリアに挑戦してみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今月は、さらわれまくる姫を助けまくる名作「影の伝説」にチャレンジする。

GN04-GAME_J

スクウェア・エニックス(タイトー)
影の伝説
514円(Wii U、3DS)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000005405

アーケード発の和風横スクロールアクション。伊賀忍の「影」となり、刀と手裏剣を駆使して、さらわれた霧姫がいる魔城へと救出に向かう。

 

 

成功報酬は「姫」セット! 罰ゲームはセルフ白刃取り

編集部(以下編) 今回の成功報酬はゲーム界屈指のさらわれ姫にちなんで、日本酒の「菊姫」とイチゴの「やよいひめ」の姫セットを用意しました。

 

フジタ(以下フ) イチゴ、いいですね! 僕、もう今年すでに2回もイチゴ狩りに行ったほどイチゴ好きなんですよ

 

 ただし、失敗した場合は罰ゲームとして、刀を頭上に投げて白刃取りをする、セルフ白刃取りに挑戦していただきます

 

 なんすか、それ!? 危ないやつですね(笑)。

 

 

3度やられるまでに1周クリアを達成せよ!

どうも~、フジタです! 「影の伝説」というと姫が何度もさらわれるのが有名ですが、それ以上に、助けたときに城の上から飛び降りて完璧に着地する姫の身体能力の高さに子ども心に衝撃を受けました(笑)。なのにまたさらわれるって! 当時遊びまくっていたわけですが、まず音楽がいいですよね。それからスピード感も抜群でした。ただ、操作にはクセがあってジャンプ1回1回が命がけ(笑)。あと、相手の攻撃もスピード感があるので、避けきれないのがちょっと怖いですね。

GN04-GAME_K↑オープニングであっさりさらわれる霧姫。何度助けても囚われの身となってしまうその姿から、ゲーム界屈指のさらわれ系姫として有名だ

 

それではスタートです。今回は3落ち以内にクリアを目指します。残機があっても3度やられたらミッション失敗です。はい、いまお姫様がスーっとさらわれていきましたね(笑)

 

GN04-GAME_L↑最初のステージは森が舞台。アイテムの巻物を取ると主人公が術を使い、画面がフラッシュするとともに一定時間出てきた敵をすべて落とす

 

で、これが主人公です。手裏剣も投げられますが基本は刀で倒していきます。刀を振ることをやめちゃいけないゲームです(笑)。中ボスみたいな火を吐く青い坊主を3人倒すと、赤い坊主が出てきて、それを倒すと1面クリアになります。

 

GN04-GAME_N↑森面の次は城内への抜け穴面。陸上や水中に現れる青い忍者を10人倒すとクリアとなる。手裏剣攻撃が厳しい

 

ヤバいヤバい! ジャンプすると本当に命がけなんで。軌道が変えられないんですよ。で、さっきの水晶玉を取ると1回だけ攻撃が耐えられます。まあ、耐えられるといってもザコの攻撃だけなんですけど。でも、これはできる限り取っておきたいですね。手裏剣も強くなります。危ない! 倒すのも一瞬ですが、こっちがやられるのも一瞬。やっぱり忍者の戦いって本当はこういうものなんですよ(笑)

 

GN04-GAME_M↑城内。天守閣にいる霧姫を助けるとクリア。ただし、階段での移動が鬼門。敵の「妖珠坊」(写真右)が飛ばしてくる炎に当たると一発でアウトだ

 

――ひたすら連打で刀を振りながら実況を続けるフジタ。続きは動画で!!

 

 

●撮影:高原マサキ(TK.c) ©TAITO CORPORATION 1986, 2006 ALL RIGHTS RESERVED.

 

ゲーム芸人が名作「ディグダグ」で、縛りアリのクリアに挑戦してみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今月は掘って進み、膨らませて敵を倒す名作「ディグダグ」で、縛りアリのクリアに挑戦する!

GN1803G_J

バンダイナムコエンターテインメント
ディグダグ
514円(Wii U、3DS)
https://www.nintendo.co.jp/titles/20010000007447

アーケード発の穴掘りアクション。地中を自由に掘り進み、モリを撃ってモンスターを膨らませてパンクさせていく。BGMも耳に残る名曲! エンディングはなく、ファミコン版は24面で面レイアウトが1周。以降は13~24面のループ

 

 

成功報酬はお菓子の岩!? 罰ゲームは恐怖の野菜ジュース

編集部(以下編) 今回の成功報酬は敵をつぶす岩にちなんで、どこをどう見ても岩にしか見えない富士山のおみやげのお菓子「富士の石」を用意しました。

 

フジタ(以下フ) 何これ! 本当に食べられるんですか? 完全に岩ですよね!?

 

 それはゲットしてのお楽しみで。ただし、失敗した場合は罰ゲームとしてボーナスアイテムの野菜にちなみ、「サイコロで究極の野菜ジュースブレンド」に挑戦していただきます。

 

 野菜ジュースは健康にいいんで好きですけど……。

 

 

岩を使わない縛りで1周24面をノーミスクリア!

GN1803G_K↑1面。全モンスターを倒すか、モンスターが逃げ出して画面からいなくなるとクリア。面をクリアしていくたび、敵のスピードや敵の数がアップする

 

どうも?、フジタです! 「ディグダグ」は小さい箱のカセットとハードケースの両方を持ってました。当時は確か100面行ったのかな? 相当思い入れのあるゲームなんですけど、基本的には同じことが続いて単調というイメージもあったりして(笑)。テクニックとしては敵の誘導が重要ですね。完全に穴がつながっているのと、ワンドット土が残っているのではまったく意味が違うんですよ。ワンドットあると向こうはこっちに来られず、こちらは安全に膨らますことができます。これが男らしい攻め方です(笑)。といっても、ファイガーの火は来ますから注意です。

 

GN1803G_L↑2面。敵は赤い風船のような「プーカ」と、炎を吐く緑のドラゴン「ファイガー」の2種類。パンクする様子がちょっとかわいそう!?

 

GN1803G_N↑5面。岩の下を掘ると岩が落ち、モンスターをつぶせる。岩を2か所落とすとボーナスのベジタブルターゲットが出現

 

敵が速くなってくるとヤバいんですよ。2体同時に突っ込んできてるのもヤバい! ヤバいヤバいヤバい!! いまのは十分にヤバいフォーメーションでございました(笑)。ここからは位置取りとか、敵の誘導とかが重要になってきます。

 

GN1803G_M↑一定時間経過でモンスターがスピードアップ。面が進むとこの制限時間が短くなるため、ゆっくりしている余裕はない。面の開始直後が勝負だ!

 

――10面を超えて敵のスピードは一気にアップ! そして、まさかの結末が!? 続きは動画で!!

 

 

●撮影:高原マサキ(TK.c) ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

ゲーム芸人が不朽の名作「マッピー」でノーミスクリアにチャレンジしてみた【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今月は、ポップでかわいいアクション「マッピー」で縛りアリのノーミスクリアに挑戦。

 

GN1802_P131-J

バンダイナムコエンターテインメント

マッピー 514円
主人公の警察官・マッピーを操作して、追いかけてくる敵のニャームコたちをかわしながら盗まれた品物を取り戻していくアクションゲーム。

 

報酬はダジャレパターン!? 罰ゲームは猫耳の辱め!

編集部(以下編) 今回の成功報酬はゴディバの超高級アイス「抹茶タルト」と「ピーチ」のセットをご用意しました。

フジタ(以下フ) 抹茶とピーチ、略して「マッピー」って……ダジャレじゃないですか!

 ただし、失敗の場合はネコ軍団に負けたということで、猫耳カチューシャを付けたまま次の仕事現場に行ってもらいます。

 それは恥ずかしい! 職務質問されますよ(笑)。

 

パワードアを使わずに1周16面をノーミスクリア

どうも~、フジタです! 「マッピー」の思い出というとちょっとマニアックですが、MSXのカセット裏に書いてある注意書きが好きでしたね。ナムコのゲームはどれも文章にボケが効いてたんですよ! ああいうふざけ方、いいですよね。でもって、「マッピー」は言うまでもなく歴史的なゲーム。シンプルで見た目はかわいいのに結構テクニックがいります。あと、BGMがイイね! この音楽を子守歌代わりに子育てしたという人を僕は知ってます(笑)。

 

GN1802_P131-K↑アーケード発でファミコン初期の傑作アクション。軽快な音楽はゲーム史上屈指の名曲。マッピー、ニャームコ、ミューキーズのキャラも立っている

 

では、スタートしたいと思います。今回は「パワードアを使わない」というひどい縛りがあるので、それがどうなるのかですよね。おっと、ちょっとヤバい。パワードアが1個あることによって、すげぇ邪魔になってますね、コレ。いまのうまいっすねぇ。普通のドアで敵を倒せるのはもちろんですけど、倒したうえで自分は先に進んでる、みたいな。カッコいいですね(笑)。はい、「モナリザ」を取ってこれで2面クリアです。

 

GN1802_P131-L↑2面。敵が前にいるときにドアを開けると一定期間気絶する。また「パワードア」は衝撃波で敵をステージの外へ追い出せる心強い仕掛けだ!

 

GN1802_P131-N↑ボーナスラウンドでは音楽が鳴り終わるまでに空中の風船を割りまくれ! 途中のトランポリンは切ると時短に

 

ボーナスステージなんですけど、若干動きにクセがあるんで慣れですね。風船が横に来るタイミングよりも少し早めに左を押すといいです……って、ミスって間に合わなかったですが(笑)。まあまあ、今回はハイスコアアタックじゃないんで。

 

GN1802_P131-M↑4面。1つのラウンドで長い間クリアできずにもたつくと、コインのような「ご先祖様」が登場。攻撃がまったく効かない恐ろしい最強キャラだ

 

4面ですが、トランポリンで敵と重なっているときにどこに移るか、見極めないと危ないんですよ。危ない危ない、ヤバい動きだ。うわぁ~、パワードアがこんなに邪魔になるのか~

 

――マッピーの最強の攻撃手段とも言えるパワードアを封じられたフジタ。果たしてどうなる!? 続きは動画で!

 

●撮影:高原マサキ(TK.c) ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

ゲーム芸人が「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦【ゲーム芸人フジタの挑戦】

ゲーム芸人フジタがアラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今月は、シューティングの金字塔「グラディウスⅡ」のノーミスクリアに挑戦。

 

20171124_ashida_J

KONAMI グラディウスⅡ 514円
アーケード発の名作シューティング。正体不明の敵「ゴーファー」に立ち向かう。ゲーム冒頭でパワーアップのパターンを4種類から選べた。

 

 

成功報酬は宇宙食!罰ゲームは巨大風船ガム!?

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、第5回の「グラディウス」に続いて、JAXA認証の宇宙食「鮭おにぎり」と「プリ
ン」を用意しました。

フジタ(以下フ) 宇宙でおにぎりってできるんですか!?

編 それはクリアしてのお楽しみで。……そして罰ゲームは、リングを口から吐く敵のモアイにちなんで、巨大風船ガムを膨らませていただきます!

フ 僕、ガム好きなんで挑戦したい気もしますね(笑)。まあ、クリア失敗はないですけど。

 

 

ノーミスクリアで全7面を制覇せよ!

どうも~、フジタです! 「グラディウスⅡ」は当たり判定が微妙なところがあって、結構大きめに避けなくちゃいけないん
ですよ。ギリでかわしたつもりが当たったりして……。ファミコンとしてはクオリティがものすごいんですけど、こうした挑戦でプレイするのは厳しいタイトルですね。鬼門はやっぱり5面のボスラッシュ。オプション4個でもやられることもあります。見どころですね。

 

20171124_ashida_K↑「Ⅱ」では自機の分身「オプション」が4つまで付けられる。上限でさらにオプションを取ると自機の周りを回る「ローリングオプション」が発動

 

 

はい、それでは始めます。今回はノーミスクリアということで、パワーアップはしていきたいと思います。ファミコンで4個のオプションがつけられるのは奇跡的ですよね! このオプションは、めり込ませるとすごく役に立ちます。うわー、危ない危ない。はい、オプション3個目。それでこの火の輪なんですけど、すごく大きいのでアドリブでいくと、うぉー危ない、危ないんです、結構(笑)。しどろもどろになっておりますけど。

 

20171124_ashida_L↑1面のボスは「フェニックス」。美しいグラフィックはファミコンのMAXレベル。太陽から噴き出すフレアも8ビット機とは思えないほど華麗

 

さらに小さい火の鳥も攻撃してきます。これは無理に倒さず、太陽と太陽の切れ目を目指して進んでいくのが安全だと思います。はい、これでほぼほぼパワーアップは全開ですね。で、この鳥のボスが上から来ます。これはまあ、位置取りが大事です。わかります? 今の。くちばしの前のいい位置にいると、そのまま敵のビームを避けることができます。今のビームはアーケードよりも狭い範囲で避けなければいけないんですよ。

 

−−難なく1面をクリアし、触手がうごめく2面に進むフジタ。得意のシューティングでミスは許されない! 続きは動画で!!

 

●撮影:高原マサキ(TK.c) ©Konami Digital Entertainment