なんなんだこの未知の履き心地は! プーマ「TSUGI シンセイ」に待望の「エヴォニット」版が追加

プーマの人気シリーズ「TSUGI」は日本語の「次」の響きからインスパイアされた、プーマの次の世代を見据えた全く新しい革新的なデザインのスニーカーです。そのシリーズを牽引すると言っても過言じゃない「シンセイ」に、ついにエヴォニットバージョンが加わりました!

20180119_y-koba7_7815_R

本作は日本の建築からインスパイアされていて、その斬新的なデザインは、クッション性の高いIGNITEフォーム、サイドに配されたユニークなシューレースデザイン、そして編み込まれたソックタイプから構成されています。プーマの持つ最新のクッショニング機能IGNITEフォームを ミッドソールに配置して、ストレスの少ない履き心地を提供してくれるのです!

 

先進の素材とデザインでまるでソックスのような履き心地!

20180119_y-koba7_7876

アッパーは以前のモデルがナイロンメッシュだったの対して、今作ではエヴォニットを採用。伸縮性がより一層高くなって、まるでソックスのようなフィッティングへと進化しています。

 

20180119_y-koba7_7877

サイドレーシングシステムでオリジナリティの高いデザインを表現しながら、足の甲上の屈伸の動きを邪魔せず、より快適な履き心地を確保。

 

20180119_y-koba7_7882

ソック構造を採用していて、高いフィッティングを実現。いまっぽい雰囲気も炸裂ですね!

 

20180119_y-koba7_7878

ソールには高反発なエナジーリターンを発揮する、IGNITEフォームのミッドソールを搭載しています。

 

いまどき感満載な「ニットアッパー×ハイテク」モデル

サイドレーシングシステムやIGNITEフォームのミッドソールなどシンセイらしいディテールを踏襲しながら、エヴォニットアッパーで軽さとシューズとの一体感が一気に向上しました! オールホワイトの軽やかなカラーリングも注目です。ブラックをメインにしたモードスタイルにも、ハイテクデザインの本作をアクセントに合わせると、きっとハマってくれるはず。ニットアッパー×ハイテクという、いまどき感満載のモデルと言えますね!

20180119_y-koba7_7875

プーマ
TSUGI シンセイ EVOKNIT
1万4040円

クッション性の高いIGNITEフォームとサイドに配されたユニークなシューレースデザイン、そして編み込まれたソックタイプから構成さた「TSUGI シンセイ」の「エヴォニット」バージョン。

 

■プーマ
https://jp.puma.com/

 

 

 

 

 

 

まさに50周年を記念するに相応しい力作!! プーマ「スウェード」にヴィヴィッドな“ベルリン仕様”の新作が登場

2018年に50周年を迎えるプーマのアイコニックなシューズと言えば、「スウェード」です。2017年の暮れ近くに、BBoyにフォーカスした50周年記念モデルの第1弾が登場しましたが、新年早々その第4弾となるモデルが追加されます!

 

ちなみに、もともとスウェードは、トレーニングシューズとして誕生したモデル。しかし、そのシンプルで使い勝手の良いデザイン&機能からバスケットコートだけでなく、ヒップホップやパンク、スケートボード、ファッションといったアンダーカルチャーにも欠かせないアイテムとなりました。

20171230_y-koba2_7787_R

本作では、ニューヨークやロサンゼルス、ソウル、ベルリンといった世界有数の都市のイメージをテーマにしたデザインが特徴となっています。そして今回お試しするヴィヴィッドなレッドが特徴的なこちらは、ベルリン仕様のスウェードとなります。

 

ベルリンからインスパイアされた武骨なデザイン

20171230_y-koba2_7821_R

アッパーはいつもと同様に毛並の上質なスウェードを使用。サイドパーツにはベルリンの文字やプーマのロゴやアイコンがレーザー加工によって施されています。

 

20171230_y-koba2_7823_R

シュータンには、スウェード50周年を祝う特別仕様のラバーラベルも。

 

20171230_y-koba2_7824_R

ファットレースにゴールドのネームプレートロックが装着されていて、さらにシューレースの先端にもゴールドのメタルキャップが装着されています。

 

20171230_y-koba2_7828_R

シューレースはブラックのほかに本作のイメージカラーであるレッド&イエローのファットタイプが付属。

 

上質な素材感で大人の着こなしにも調和

ゴールドのネームプレートロックが付いたファットレースを装着してスウェードのルーツを体現しながら、ベルリンという都市のイメージも巧みに注入した、一見すると派手ですが、ベースとなるデザイン自体はシンプル&シック。さらに上質な素材感へと仕上がっているので、大人の着こなしにも意外にスラッと調和します。今季再ブレイク中のモッズコートにハズシのアクセントとして合わせるのもオススメですね!

 

ちなみにスウェードの50周年を祝う特別プロジェクトはまだまだ続きます! 2018年は音楽やファッション、ポップカルチャーなど様々なシーンで活躍するアイコニックパーソンやブランドとのコラボレーションも予定しているとのこと。今後も要チェックです!

20171230_y-koba2_7819_R

PUMA
SUEDE CLASSIC BERLIN
1万3824円

プーマを代表するスニーカー「スウェード」の生誕50周年記念モデルの第4弾。世界有数の都市のイメージをテーマにしたデザインが特徴で、本作はそのベルリンモデル。

■プーマ
https://jp.puma.com/

クラシックな見た目に靴下のようなフィット感! 伝統と先進のギャップが絶妙なプーマの次世代スニーカー

経年変化したような加工を施したアッパーと、少し高めに設計されたミッドソール。クラシックなプーマのデザインを継承しつつクールな一面をもつ新しいスニーカー、「BREAKER(ブレイカー)」が登場しました。一見するとプーマの定番「スウェード」や「クライド」のようなベーシックスニーカーですが、さにあらず! むしろ「TSUGI」シリーズに近い次世代スニーカーなのです!

20171226_y-koba1_7773_R

ブレーカーは、アッパーとシュータンが一体になったスリップオン構造による、靴下のようなフィット感がポイントです。「evoKNIT」とスウェードのコンビネーションアッパーを採用するなど一見クラシックな外観ですが、伸縮性の高いニットとサポート性のある天然皮革を組み合わせることで、快適な履き心地を実現。トレンドを意識したボリューミーなラバーアウトソールを使用して、シンプルでありながら足元にアクセントを与えるような新デザインへと仕上げられています。

 

ボリューム感のあるソールが着こなしのアクセントに

20171226_y-koba1_7831

アッパーはプーマが独自に開発したevoKNITのライナーとスウェードのオーバーレイによって構成されています。さらに、スウェードの表面にはユーズド加工が施され、味わい深い質感が引出されています。

 

20171226_y-koba1_7833

evoKNITによるシュータンとアッパーが一体になったスリップオン構造で、まるでソックスのようなフィット感を確保。

 

20171226_y-koba1_7835

グッとせり出したミッドソールはボリューム感があり、シンプルながらもインパクト十分!

 

20171226_y-koba1_7834

ピラミッドタイプのほかに縦縞のトレッドパターンが加えられ、様々な状況で高いグリップ力を発揮してくれます。

 

プーマのトラディショナルなデザインを継承しながら、先進のevoKNITをアッパーに使用するといった、新旧のデザインのミックスバランスが絶妙ですね! アッパーとソールの2色で使い分けたシンプルなカラーリングも魅力的。 武骨な一面も兼ね備えているので、この冬なら旬なライダースにもピッタリとハマります。伝統と先進のミックスというギャップに、ワタクシ本間は弱いんですよ~。ギャップのある2つの要素をきちんと1足にまとめ上げるなんて、サスガはプーマっす!

20171226_y-koba1_7830

PUMA
BREAKER KNIT SUNFADED
1万3500円

クラシックなプーマのデザインを継承しつつクールな一面をもつ新しいスニーカー、ブレーカー。ユーズド加工を施したアッパーと少し高めに設計されたミッドソールが特徴的で、シュータンの無いスリップオン構造によって靴下のようなフィット感を得ている。

■プーマ
https://jp.puma.com/

 

 

 

 

 

まるでオブジェのような“立体的”スニーカー!! 現代アート風デザインが足元に革新をもたらす!

プーマから登場した新コレクション「TSUGI」の新作を以前お伝えしましたが、またもや本コレクションに気になるモデルが登場しました。 ってことで今回お試しするのがコレ! 「TSUGI JUN キュービズム」です! ちなみに「TSUGI」とは、日本語の「次」の響きに由来したその名から連想できるように、プーマの次の世代を見据えた、全く新しい革新的なデザインコレクションなのです。

20171206_y-koba3_7031_R

そんなTSUGIの新作となるこちらのデザインは、サイドに配置されたシューレースが特徴的。また、モデル名の「JUN」は日本語の「純」を意味しています。そして「キュービズム」とは”立体的”を意味しており、異素材を組み合わせて視覚的な立体感を表現した、ユニークなデザインが特徴のスニーカーなのです!

 

アートを感じさせる立体的デザインがとってもユニーク!

20171206_y-koba3__7101

アッパーはプーマが独自に開発したニット生地で構成されていて、レッドとブラック、ホワイトの3色を切替えることでメリハリをつけ、立体的なビジュアルが演出されています。

 

20171206_y-koba3__7103

シューレースをサイドに配置することでシュータンによる足の甲への圧迫を軽減し、快適な履き心地を提供します。

 

20171206_y-koba3__7104

アッパーはソックタイプ構造で快適なフィット感はもちろん、着脱も簡単。ヒールにはゴムのベルトが配置されていて、シューズとの一体感も極めて高いです。

 

20171206_y-koba3__7106

ミッドソールにプーマの最新のクッショニングテクノロジーであるIGNITEソールを搭載。履き心地もフカフカで極上です!

 

独創的なシューレースの配置やカラーリングなど、ほかとは一線を画すような個性的デザインがステキです! 履きやすくてスポーティーな雰囲気が満載ですので、やはりスポーツミックススタイルにはバッチリハマりますね。 ワタクシ的には異素材の組み合わせや視覚的な立体感を表現した「キュービズム」というモデル名にも惹かれちゃいます。スニーカー全体的に現代アート的なニュアンスを感じさせるので、アート系モテ男子を目指すなら、まずは足元からってことで、こちらをぜひともおススメしたいですね!

20171206_y-koba3__7100

プーマ
TSUGI JUN キュービズム
1万5984円

プーマの次の世代を見据えた革新的なデザインのスニーカー。”キュービズム”とは”立体的”を意味し、異素材の組み合わせや視覚的な立体感を表現した、細部までこだわったユニークなデザインが特徴。

■プーマ

https://jp.puma.com/

 

 

 

アウトドアっぽさを出しつつシンプルに決める!! プーマの名品「CRYDE」に撥水加工モデルが登場

バスケットボールプレイヤー「ウォルト・クライド・フレイジャー」のシグネチャーシューズとして登場したプーマの名品が、「CLYDE(クライド)」です。1973年に登場して以来、ポップ・カルチャーの台頭とともに歩み続けたこのシューズは、ヒップホップスターやスケーターをはじめ、パンクムーブメントのミュージシャンたちにも愛用されてきました。そんな伝説的な名品をベースに、これからの季節にピッタリな仕様に大きく進化した冬バージョンが出ました!

20171123_y-koba9_7040_R

それがコレ! 「CLYDE SOCK RAINS(クライド ソック レインズ)」です。アッパーに撥水加工を施して、ライニングにネオプレーン素材を使用。履き口もブーティー構造にアレンジされていて、アウトドアブーツっぽいデザインにも要注目です!

 

CRYDEらしからぬブーツライクな武骨さが新鮮!

20171123_y-koba9_7110

撥水加工を施したアッパーはハイカットのブーティー構造。フロントにファスナーを設けているので、脱ぎ履きがラクチンです。

 

20171123_y-koba9_7111

シューレース周りにはホールではなく金属製のフックが設けられています。まるでアウトドアブーツのような、武骨でワイルドな雰囲気を醸し出していますね!

 

20171123_y-koba9_7113

ライニングにはネオプレーンを採用しているので、足への当たりがソフトかつ高いフィット感を得られます。

 

20171123_y-koba9_7115

アッパーのサイドにはしっかりとベンチレーションが設けられており、ムレ対策もバッチリです!

 

アウトドアブーツのような武骨なルックスが魅力の本モデルは、やはりシェルパーカやダウンジャケットなどと合わせて、アーバンアウトドアスタイルで決めるのがいまっぽくてオススメです。アウトドアっぽいフェイスながらもシンプルなデザインなので、「あまりゴツいのはちょっと。。」という方でも、すんなりと取り入れられるはず。撥水加工が施されているので、雨の日でも安心して街へとくり出せますね!

20171123_y-koba9_7108

PUMA
CLYDE SOCK RAINS
1万4580円

プーマの名作「CLYDE」をベースに、アッパーに撥水加工を施したモデル。履き口もブーティー構造にアレンジされていて、アウトドアブーツっぽいデザインとなっている。

■プーマ
https://jp.puma.com/

秋冬の大人カジュアルにはコレ! プーマの鉄板スニーカー「スウェード」にウォータープルーフ版が登場!!

プーマを代表する(といよりスニーカー界を代表する!?) 定番かつ鉄板のスニーカーといえば、スウェードですよね! そのバックボーンには、1968年に登場して来年には50周年を迎えるという長い歴史がありまして、まさに一朝一夕ではない、いわばスニーカーの老舗なのです!

20171104_y-koba4_7026_R

そんなスウェードにはコラボレーションや別注、高機能バージョンなど、これまでに様々なエディションが登場してきました。そして今季、防水加工を施した、寒さと雨季に向けたモデルがコレクションに加わりました。それがコレ、「スウェード クラシック ウェザープルーフ」です! シューレースには再帰反射素材をプラスし、薄暗い朝夕にも配慮した一足となっています。それでは早速見てみましょう!

 

ウォータープルーフで冬の悪路を乗り切れ!

20171104_y-koba4_7077

耐水加工を施したスウェードアッパーを採用しているので、雨や路面の水気をしっかりと弾き返します! だけど見た目はいつものまんま、シックな質感へと仕上げられているのです!

 

20171104_y-koba4_7078

シューレースにも要注目。再帰反射素材使用しているので、暗い夜道でもライトの光を反射してキラッと光り、視認性をバッチリ高めてくれるのです!

 

20171104_y-koba4_7080

シュータンは厚手のナイロンを使用していて、足への当たりもソフト。お馴染みのラベルはスエードを使用していて、さり気なくも大人の雰囲気を加えています。

 

20171104_y-koba4_7079履き口は中綿入りのナイロンに切替えられていて、スムースな脱ぎ履きを可能にしています。

 

秋の長雨など路面コンディションが悪い日でも、ウォータープルーフなので汚れを気にせず安心して街を歩けます。そしてブラックのアッパーとワインレッドのカラーリングもナイス! スウェードといえばホワイトのソールのイメージですが、よりアダルティ~な雰囲気となっていて、大人カジュアルにピッタリです!  スエットパンツと合わせたワンマイルミックスも、ラフ過ぎずに大人っぽさもアピールできますよ。
20171104_y-koba4_7076

プーマ
スウェード クラシック ウェザープルーフ
1万584円

プーマのアイコニックなモデル、スウェードクラシックに防水加工を施した寒さと雨季に向けた一足。シューレースには再帰反射素材をプラスし、薄暗い朝夕にも配慮している。

プーマ
https://jp.puma.com/

プーマらしからぬ「爽やかツートン」に思わず二度見! TSUGIの新作はモテに効く「NIDO」

プーマの次の世代を見据えた新しい革新的なデザインのスニーカーを展開するニューコレクションが「TSUGI」です。そのネーミングは日本語の「次」の響きから由来し、まさにその名から連想できるようプーマの次世代を担うモデルが次々と投入されています。

 

日本の建築からインスパイアされた斬新的なデザインと、クッション性の高いIGNITEフォーム、ユニークなシューレースデザイン、そして編み込まれたソックタイプから構成されているのです。そんなTSUGIラインに新たに加わったモデルが本作、「NIDO」です。その名は日本語の「二度」から取り、二度、二回、再び、といった意味を込めたものです。

20171027_y-koba5_5576_R

これまでワントーンで構成されていたアッパーを大胆に二分割する、コントラストの効いた力強い配色が本作の大きな特徴。コントラストの効いたアッパーに対して、各部位の素材選びやカラーは、これまでの TSUGIシンセイシリーズでは見られなかった手法を用いています。それでは詳しく見ていきましょう!

 

ブルー×ホワイトの清涼感あるカラーリングがステキ!

20171027_y-koba5_5620_R

アッパーはメッシュ素材によるプーマ独自のニットを採用。通気性は極めて高く、ソフトな当たりとなっています。

 

20171027_y-koba5_5621_R

サイドレーシング構造のシューレースとソック構造を採用しています。シューレースがサイドに配されることで甲上の血液の流れを妨げず、シューズとの高いフィッティングが得られます。

 

20171027_y-koba5_5622_R

PUMAの持つ最新のクッショニング機能「IGNITEフォーム」をミッドソールに配置。ストレスの少ない履き心地をもたらしてくれます。

 

20171027_y-koba5_5624_R

新しく採用されたミッドソールサイドの美しいグラデーションがポイントです! アウトソールはクリアラバーアウトソールを採用しています。

 

これまでのプーマではあまり見られなかった、ブルーとホワイトによる大胆なツートンのカラーリングが美しいですね! 清潔感と洗練された雰囲気をもっているので、いま旬なワイド系パンツに合わせてモードっぽく履きこなすのもよさそうですね。もちろん、鉄板のジョガーパンツと合わせるスポーツミックスもありです。 オシャレは足元から! ってことで、“爽やかモテ系”を狙っている人には特におすすめですよ!

20171027_y-koba5_5618_R

プーマ
TSUGI シンセイ ニド
1万1880円

日本の建築からインスパイアされたデザインで、クッション性の高いIGNITEフォーム、ユニークなシューレースデザイン、そして編み込まれたソックタイプから構成されたモデル。コントラストの効いた力強い配色が特徴的です。

■プーマ
https://jp.puma.com/