バッグを開けばランチョンマットに! お弁当を包む手間が省ける「広がるランチバッグ」レビュー

キッチングッズやバス用品など、生活に欠かせないアイテムが多数取り揃っている企業「マーナ」。同社の「広がるランチバッグ」は、ランチバッグとランチョンマットが一体化したアイテムです。2019年に「めざましテレビ」で紹介されて以来、「見た目も可愛いしすごく便利!」「ピクニックにぴったりだね」と注目を集めている様子。朝の時短にもつながる同商品の使い勝手を、さっそくレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
チンするだけでゆでたまごが作れる!? 電子レンジ専用の「ezegg レンジでゆでたまご2個用」レビュー

 

●ランチョンマットに変わる「広がるランチバッグ」(マーナ)

私のランチはいつもコンビニやカフェで済ませているのですが、節約したい時期にはお弁当を作って持って行くことが。しかし忙しくて時間のない朝だと、おかずを作る時間どころかハンカチで包んでランチバッグに入れる時間さえも面倒に感じてしまいます。そこで今回ピックアップしたのは、「広がるランチバッグ」(1738円/税込)。お弁当を包む手間が省け、ランチタイムが楽しみになるアイテムです。

 

円形の布に取っ手がついており、巾着のようにお弁当を包むことができる同商品。広げた時のサイズは約46(縦)×41cm(横)ほどで、幅広い大きさのお弁当箱に対応しています。

 

 

お弁当を入れる際は、取っ手付近のスリットから中にお弁当を入れるだけ。あとは両サイドの取っ手を引っ張り、バッグの形にすればOKです。着脱可能な底板もついているため、持ち運ぶ際に傾く心配がありません。

 

 

お弁当を取り出したら、バッグはそのままランチョンマットに。裏地が華やかな柄になっているため、おかずも心なしか彩り豊かに見えました。底板以外は丸洗いが可能なので、お手入れも楽チン。これなら毎日お弁当派の人でも、衛生的に使えますよ。

 

実際に使っている人からは、「衛生的でにおいも漏れないし大満足」「サッと包めて手軽に持ち運べる」「包んだ時のコロンとした見た目もすごくキュート」といった声が。ランチタイムのお供に、「広がるランチバッグ」を活用してみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
まるで足用のハンモック!? 飛行機の座席にセットできる「洗えるフットレストスウィング」レビュー

チンするだけでゆでたまごが作れる!? 電子レンジ専用の「ezegg レンジでゆでたまご2個用」レビュー

プラスチック製品を取り扱う「曙産業」では、料理を楽にするアイデア商品を数多く販売中。中でも電子レンジでゆで卵の調理が可能になる「ezegg レンジでゆでたまご2個用」が、ネット上で「単純だけどかなり便利!」「毎日愛用してる」と注目を集めています。2018年には、バラエティ番組「なかい君の学スイッチ」で紹介されたことも。どんなゆでたまごが作れるのか、使い勝手と性能をレビューしていきましょう。

 

【関連記事】
まるで足用のハンモック!? 飛行機の座席にセットできる「洗えるフットレストスウィング」レビュー

 

●安全に卵を加熱できる「ezegg レンジでゆでたまご2個用」(曙産業)

電子レンジを使う上で気をつけるべきことはたくさんありますが、特に卵の取り扱いには細心の注意が必要。うっかり生卵を入れてしまい、爆発させてしまったというトラブルも少なくありません。しかしロフトで購入できる「ezegg レンジでゆでたまご2個用」(1628円/税込)なら、レンジで安全にゆでたまごの調理が可能に。ゆで加減や加熱時間の調節もできる画期的なアイテムです。

 

 

同商品の大きさは168(幅)×102(奥行)×107mm(高さ)ほどで、卵のように丸みを帯びたフォルムがかわいらしいデザイン。フタを開けると、中に生卵を2個セットできるくぼみがあります。

 

 

まずは容器の下部分に水を注ぎ、上に生卵をセット。フタをしてストッパーを閉めたら、500~600Wの電子レンジで10~11分加熱すればゆでたまごの完成です。基準の時間から30~60秒ほど延長・短縮することで、固ゆでや半熟に仕上げることもできますよ。

 

 

さっそく作ったゆで卵を食べてみたところ、いつも鍋で作るものと変わらない味。水しか使わないため、調理後のお手入れも簡単でした。電子レンジの使用時間を短くしたい場合、500W~800Wで6分加熱したあと余熱で7分間加熱する「エコモード」もあります。

 

 

購入した人からも、「手軽におかずを1品増やせるから助かる」「我が家では朝のお弁当作りに大活躍してます!」「2個いっぺんに作れるところが楽チン」と好評の声が。「ezegg レンジでゆでたまご2個用」で、自分好みのゆでたまごを作ってみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連商品】
エコバッグがリュックに変身! ファッショナブルなポータブルバッグ「BAG&BACKPACK Black」レビュー

まるで足用のハンモック!? 飛行機の座席にセットできる「洗えるフットレストスウィング」レビュー

旅行などで長時間のフライトに搭乗する際は、座席をいかに居心地のいい環境に整えられるかが大切。旅行グッズを取り扱う「コンサイス」では、機内で使えるリラックスアイテムを販売中。足元が窮屈に感じる座席で過ごす際は、携帯できる足置き「洗えるフットレストスウィング」がおススメ。情報番組「スーパーJチャンネル」でも紹介され、ネット上で「これはスマートで快適」「足の疲れが軽減される」と注目を集めている商品です。どれくらいリラックスできるアイテムなのか、使い心地をレビューしていきましょう。

 

【関連商品】
エコバッグがリュックに変身! ファッショナブルなポータブルバッグ「BAG&BACKPACK Black」レビュー

 

●足を優しく包み込む「洗えるフットレストスウィング」(コンサイス)

飛行機にはさまざまな座席のクラスがありますが、私がいつも利用するのはエコノミークラスかビジネスクラス。ビジネスクラスは比較的ゆったりとした快適な空間でフライトを楽しめますが、予算を抑えようとエコノミークラスに乗った際は準備不足で窮屈な思いをしてしまいました。特に足がむくんで大変だったのですが、後に旅行好きの友人から「洗えるフットレストスウィング」(1980円/税込)というアイテムの情報をゲット。すぐにロフトで購入してきたので、さっそく使い方をチェックしていきます。

 

パッケージから取り出してみると、厚みがあって柔らかいクッションにベルトがついているような形。クッションは35(幅)×17.5(縦)×1cm(厚み)ほどの大きさで、同じ材質でできた細長いパーツもついています。

 

 

使い方は、ベルト部分を飛行機の座席についているテーブルなどの支柱に引っ掛けるだけ。ベルトの長さを調節してベストな高さにセットすれば、即席フットレストの完成です。

 

 

試しに足を置いてみたところ、細長いパーツがかかと部分を包み込むようにフィット。足首の位置がほどよい角度で保たれ、リラックスできる体勢になりました。本体全てが洗える素材で作られているため、使い終わったら洗濯機で洗えばOKです。

 

 

実際に使ってみた人からは、「簡単にセットできて使いやすい」「足用のハンモックみたいで快適」「座席のランクが上がったような気分になれる」といった声が。便利な「洗えるフットレストスウィング」で、長旅の移動時間を快適な時間に変えてみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
不器用さんでも楽々カット! まな板いらずで時短に便利な「ミニトマトカッター」レビュー

エコバッグがリュックに変身! ファッショナブルなポータブルバッグ「BAG&BACKPACK Black」レビュー

機械部品やアルミ鋼材を取り扱う企業「イマオコーポレーション」では、高い品質とデザイン性を兼ね備えた海外のライフスタイル商品も販売中。「Notabag」というブランドの「BAG&BACKPACK Black」は、トートバッグにもリュックにもなるポータブルバッグです。シチュエーションに合わせて使い分けられるデザインが好評を博し、「GERMAN DESIGN AWARD 2016」や「2019年度グッドデザイン賞」といったデザイン賞を受賞したことでも話題に。どのような使い勝手なのか、実際にレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
不器用さんでも楽々カット! まな板いらずで時短に便利な「ミニトマトカッター」レビュー

 

●アイデアの詰まった持ち手が便利な「BAG&BACKPACK Black」(イマオコーポレーション)

どこのコンビニでもレジ袋が有料になった今、エコロジーのためにも節約のためにもエコバッグは必須。私は今まで財布だけ持って手ぶらで買い物へ行くことも多かったため、なるべくコンパクトでポケットに収まるエコバッグが理想的です。持った時のおしゃれさにこだわって探してみたところ、不思議な形の持ち手が特徴的な「BAG&BACKPACK Black」(4070円/税込)を発見。カラーや柄のバリエーションがかなり豊富だったのですが、今回は最もシンプルなブラックをチョイスしました。

 

 

パッケージに入った状態では、13(縦)×15.5cm(横)と持ち運びやすいサイズの同商品。一般的なエコバッグと同じように、ポケットからバッグを引き出して使用します。

 

 

さっそく広げてみたところ、持ち手を含めて45(幅)×65cm(高さ)ほどの大きさに。布地はコットンとナイロンを使用した手触りのいいもので、汚れても気軽に洗えるウォッシャブル仕様です。

 

サイドについた持ち手は、バッグ背面の穴を通って底の部分とつながっている特殊なデザイン。背面から引き出すことで、リュックのように背負える形になります。背負った時に口が絞られるため、荷物をたくさん詰めて背負ってもこぼれません。

 

 

 

購入した人からは、「生地がしっかりしていてすごく持ちやすい」「こんなに使いやすいバッグにもっと早く出会いたかった!」「見た目以上にかなり大容量です」といった反響が。画期的なバッグを活用すれば、買い物がさらに快適になるかもしれませんね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
刃先の形に合わせて変形!? 包丁のお手入れにおススメな「バウンディングエックスシャープナー」レビュー

不器用さんでも楽々カット! まな板いらずで時短に便利な「ミニトマトカッター」レビュー

サラダなどで定番の野菜であるミニトマト。そのまま乗せる分には楽なものの、カットしたい時は小さくて切るのが大変ですよね。キッチン用品を多数扱う「下村工業」では、そんな悩みを解決する「ミニトマトカッター」を販売中。同商品は「相葉マナブ」や「まちかど情報室」といったTV番組で、簡単にミニトマトをカットできると紹介されて話題に。ネット上でも「ミニトマトを乗せてハンドルを握るだけだからお手軽!」「自分で切るよりきれいにトマトを4等分できて感動」と反響を呼んでいます。

 

【関連記事】
刃先の形に合わせて変形!? 包丁のお手入れにおススメな「バウンディングエックスシャープナー」レビュー

 

●包丁&まな板いらずな「ミニトマトカッター」(下村工業)

先日サラダに添えるミニトマトをカットする際、うっかり包丁が滑って指を切りそうになった私。このままだといつか怪我をしてしまうと悩んでいた時、ロフトで「ミニトマトカッター」(800円/税別)という調理器具を見つけました。果たしてどれほど手軽にカットできるのか、性能を見ていきましょう。

 

ポリプロピレン製の本体は、トングに近い形をしています。カッター部分はトマトにきれいな切り込みを入れられる波刃。包丁でカットするよりも美しくカットできるため、来客時など見栄えを気にした料理を作りたい時におススメですよ。

 

 

 

さっそくミニトマトのヘタをとって、受け皿にセットしてみました。あとはハンドルをギュッと握るだけでミニトマトが上手く4等分に。ハンドルを押し込む際の力もあまりいらず、女性はもちろん子どもに料理を手伝って欲しい時にもぴったりのアイテムです。

 

 

ボウルやフライパンの上で使えば、そのままカットした食材が入れられるのも高ポイント。まな板いらずで洗い物を減らせるのは助かりますね。

 

実際に購入した人からも、「包丁に比べて怪我をする心配が全然無くて安心」「まな板がいらないから時間短縮になって助かる!」と好評の声が続出しています。

 

包丁を使わずにカットができる「ミニトマトカッター」。ぶどうやマッシュルームなどにも使えるため、小さな食材のカットが苦手な人は役立ててみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
みかんのお供にもってこい! 皮むきをサポートする「ムッキーちゃん」レビュー

レンゲに持ち替えなくてOK!? 麺とスープを同時に楽しめる「MoMA スガキヤ ラーメンフォーク」レビュー

味噌や塩など様々な味があるラーメンは汁まで楽しみたいもの。でも箸だと、スープを味わいたい時はレンゲに持ち替えないといけなくて面倒ですよね。キッチン用品などを扱うMoMAが販売している「MoMA スガキヤ ラーメンフォーク」は、スプーンとフォークが一体となったアイテム。ネット上でも「フォーク1本でスープと麺の両方を口へ運べて重宝してる」と好評な同商品の使い心地を、さっそくチェックしていきましょう。

 

【関連記事】
“体”ではなく“血液”を冷やす! グローブタイプの厚さ対策グッズ「CORE COOLER」レビュー

 

●1本でラーメンの全てを味わえる「MoMA スガキヤ ラーメンフォーク」(MoMA)

無類のラーメン好きな私ですが、スープと具を同時に楽しむには箸だと難しいのが悩みどころ。家ならまだレンゲを用意できるけど、出先でカップ麺を買うと割り箸しかなくて結局スープは飲まないことも多々あります。そんな時ロフトで発見したのが「MoMA スガキヤ ラーメンフォーク」(1980円/税込)でした。

 

名古屋を中心にフード店舗を展開する「スガキヤ」。「ラーメンフォーク」は元々同店で割り箸の大量消費を防ぐために開発されたアイテムです。今回ピックアップした「ラーメンフォーク」は店舗で使われているモノと同じデザイン。自宅にいながら「スガキヤ」に来た気分で食事ができますよ。

 

ステンレススチールでできた本体は、スプーンとフォークが一体化したようなデザインです。サイズは約5(幅)×20cm(高さ)ほどで、柄が長くて持ちやすい印象。スプーンも一般的なモノよりやや大きめな作りのため、具やスープをたっぷり楽しめますね。

 

 

それではラーメンフォークでカップ麺をいただきましょう。フォーク部分が短く、ちゃんと麺が絡まるのか少々不安……。ですが実際に使ってみると想像以上に麺が掬え、途中で落とすこともなく口元まで運べました。

 

スプーンもレンゲより掬える量は劣るものの、スープと具を一緒に味わうには十分な大きさ。なにより箸とレンゲを持ち替える手間がない分、集中してラーメンを楽しめます。

 

商品を購入した人からも「ラーメンを食べた後そのままデザートに使えて便利!」「洗う食器の数が減るから助かってます」と好評の声が続出中。1本で麺とスープを掬える「MoMA スガキヤ ラーメンフォーク」で、よりおいしくラーメンを堪能してみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
刃先の形に合わせて変形!? 包丁のお手入れにおススメな「バウンディングエックスシャープナー」レビュー

“体”ではなく“血液”を冷やす! グローブタイプの厚さ対策グッズ「CORE COOLER」レビュー

アスリートとの共同開発に基づいて、優れたスポーツウエアを開発するブランド「デサント」。同ブランドの「CORE COOLER(コア クーラー)」は、手のひらを冷やして体温の上昇を抑制するクーリングアイテムです。グローブのように装着しながら涼を得られるため、ネット上では「炎天下でもひんやりと体を冷やしてくれるよ!」「手を冷やしてるだけなのに体の芯から涼しくなるのが不思議」といったコメントが。実際に使用して実力を確かめたいと思います。

 

【関連記事】
刃先の形に合わせて変形!? 包丁のお手入れにおススメな「バウンディングエックスシャープナー」レビュー

 

●体の深部から温度を下げる!「CORE COOLER」(デサント)

気温の高い日が続くと心配になるのが熱中症のリスク。アウトドアで屋外の活動が多い私は、今まで数々の暑さ対策グッズを試しています。しかし時には性能が高いあまり、体が冷え過ぎてしまうなんてことも。特に保冷剤を利用したアイテムは、温度を調整するのが難しいんですよね……。そこで今回は、ロフトで発見した「CORE COOLER」(3960円/税込)をピックアップしてみました。

 

温度を12℃に保つ“適温蓄冷材”を使用して手のひらを冷やせる同商品。手のひらに通う“AVA血管(体温を調整する特殊な血管)”を冷やすことで、効率的に体温を下げることが可能です。適温蓄冷材を収納するアタッチメントはグローブ風にデザインされており、なかなかのカッコよさ。これならスポーツや買い物でも気軽に使えますね。

 

それではさっそく「CORE COOLER」を装着してみましょう。12℃という温度がいまいちピンとこなかったのですが、手のひらで触れてみるとひんやりとした心地のよい清涼感。保冷剤と違って完全には凍っていないので、冷たすぎて皮膚が痛くなる心配もありません。手を冷やしているだけなのに、体の深部から涼しくなれるのも驚き。火照っていた体がいつの間にか涼しくなり、目が覚めるようなスッキリとした爽快感を堪能できました。

 

 

実際に使用した人からは、「体温の上昇が抑えられるからランニングにもかなりおススメだよ!」「トレーニング後のクールダウンに大活躍。必要以上に体を冷やさないのがありがたい」など好評の声が続出。血液を冷やして効率的に体の熱を下げる「CORE COOLER」を、ぜひともチェックしてみてください。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
バターをプレスして瞬時に切り分け! 保存も便利なキッチングッズ「カットできちゃうバターケース」レビュー

刃先の形に合わせて変形!? 包丁のお手入れにおススメな「バウンディングエックスシャープナー」レビュー

キッチン用品や掃除用品など、暮らしに役立つ生活雑貨を製造するメーカー「協和工業」。同社の「バウンディングエックスシャープナー」は、刃の形に合わせて変形する包丁研ぎキットです。手軽に包丁をお手入れできる点が話題を呼び、ネット上では「切れ味が全然違う!」「簡単なのに本格的な仕上がりで驚き」といった反響が。実際に包丁を研いで実力を確かめていきます。

 

【関連記事】
みかんのお供にもってこい! 皮むきをサポートする「ムッキーちゃん」レビュー

 

●砥石が刃先にフィットして切れ味アップ!「バウンディングエックスシャープナー」(協和工業)

先日サラダを作るためにトマトを切っていた私。しかし包丁の切れ味が落ちていたため、2つにカットするだけでもかなり苦戦してしまいました。すぐにでも切れ味を取り戻したいところですが、包丁を研ぐのって力加減が難しくて面倒なんですよね……。そこで今回は、ロフトで発見した「バウンディングエックスシャープナー」(1650円/税込)をご紹介。誰でも簡単に包丁をお手入れできる一品です。

 

同商品は“粗目”と“仕上げ”の2種類の砥石がセットになったシャープナー。本体はハンドルのように握りやすい形をしているので、安定した状態で包丁を研ぐことができます。刃の形状に合わせて、砥石がバウンドするのが最大のポイント。砥石が刃先にフィットするおかげで、包丁研ぎが苦手な人でも本格的な研磨が可能です。それではさっそく包丁を研いでみましょう。

 

 

まずは本体を平らなテーブルに置いて、粗目の砥石に包丁をセット。続いて包丁を斜め上に向かって一気にスライドさせていきます。“シャッ”と軽快な音とともに、刃先が砥石の間を通過。仕上げの砥石も同様に刃先を滑らせていけば研磨完了です。粗目と仕上げをそれぞれ5回ほど使用してみると、包丁の切れ味はすっかり元通り。ほとんど力加減を意識することなく、本格的な研磨をかけることができました。

 

 

実際に利用している人からは、「プロに研いでもらったかのような仕上がりですよ!」「砥石が刃の形状にぴったりと密着するのがスゴいね」など好評の声が続出。包丁の切れ味を手軽にキープできるキッチングッズで、快適なクッキングライフを送ってみませんか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
一瞬で切れ味が蘇る! “音波振動”で刃物を研ぐ「ファインシャープナー」レビュー

バターをプレスして瞬時に切り分け! 保存も便利なキッチングッズ「カットできちゃうバターケース」レビュー

アイデア満載のキッチングッズを製造するメーカー「曙産業」。同メーカーの「カットできちゃうバターケース」は、バターをきれいにカットしたい時に役立つキッチンツールです。バターの塊をワンアクションで切り分けられる便利さが話題を呼び、ネット上では「全部同じ大きにカットしてくれるから軽量もラクチン!」「冷蔵庫でそのまま保存できるのがいいね」といった反響が。実際にバターをカットして、使い勝手を確かめていきます!

 

【関連記事】
お酒好き必見! 透明感抜群のロックアイスを作れる「透明氷 ダイヤモンド型」レビュー

 

●切り分けた後はそのまま冷蔵庫にイン!「カットできちゃうバターケース」(曙産業)

お菓子作りや炒め物など、あらゆる料理に活躍するバター。コクのある濃厚なテイストが味わえるため、私もよく料理に利用しています。しかしバターを少しずつカットしながら使っていると、保存用のアルミホイルが混ざったり形が崩れてしまうことがしばしば……。バターをきれいに保存するのって意外と難しいんですよね。そこで今回は、ロフトで発見した「カットできちゃうバターケース」(1341円/税込)をご紹介。バターのカットと保存をサポートする便利アイテムです。

 

同商品は、約165(幅)×95(奥行き)×68mm(高さ)ほどのバターケース。本体にはワイヤーが張り巡らされたプレートがついており、バターをのせてプレスすることで簡単に切り分けることができます。カットした後はそのまま冷蔵庫で保管できるのもポイント。おかげで利用の度にバターを切る必要はありません。

 

 

それではさっそくバターのカットにチャレンジしてみましょう。ワイヤーフレームの上にバターをセット。後は容器のフタを使って、上から“ギュッ”とプレスすればカット完了です。バターの塊が大きく「かなり力を入れないと切れないかも」と警戒していたのですが、予想に反してカットはスムーズ。見事均等な大きさにバターをカットできました。

 

 

 

200gサイズのバターを使用した場合、1つの大きさが約5gになるのも大きな魅力。いちいち軽量する手間が省けるため、分量の調整が難しいお菓子作りにも大活躍です。

 

同商品を使用している人からは、「ちょうどホットケーキにぴったりのサイズだね!」「毎回包丁で切る手間から解放されました」など好評の声が続出。バターの利用が快適になる優れものを、ぜひとも試してみてください。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
靴に潜む細菌を徹底駆除! 紫外線の力で除菌する「PEDIC SPORT」レビュー

お酒好き必見! 透明感抜群のロックアイスを作れる「透明氷 ダイヤモンド型」レビュー

電化製品やインテリア雑貨など、便利な日用品を開発・販売するメーカー「ドウシシャ」。同メーカーの「透明氷 ダイヤモンド型」は、美しい形の氷を作り出す製氷キットです。限りなくクリアな氷を作れる点が評判を呼び、ネット上では「溶かすのがもったいない!」「あまりにきれいで見とれてしまう…」といった反響が。実際に購入して、氷の作成に挑戦してみました。

 

【関連記事】
靴に潜む細菌を徹底駆除! 紫外線の力で除菌する「PEDIC SPORT」レビュー

 

●クリアな氷に思わずウットリ!「透明氷 ダイヤモンド型」(ドウシシャ)

仕事終わりにお気に入りのお酒をロックで嗜むのが、私流のリフレッシュ方法。でも冷凍庫で作ったバラ氷だと、イマイチ気分が盛り上がらないんですよね……。ウイスキーやリキュールをさらに美味しく味わいたい私は、ロックアイス用の製氷機をリサーチ。そこで発見したのが、ロフトで販売されている「透明氷 ダイヤモンド型」(1628円/税込)です。

 

 

製氷用の“形状容器”“貯水容器”“断熱容器”がセットになった同商品。本体の大きさは約170(幅)×105(奥行き)×120mm(高さ)ほどで、1度に2個の氷を作ることができます。

 

さっそく使い方を確かめていきましょう。まずは貯水容器の“MAX”ラインまで水を注いでいきます。続いて形状容器を貯水容器の中に投入。すると形状容器の穴から水が侵入して、容器の中が満たされていきました。形状容器に収まらなかった水はその場に溢れてしまうため、氷を作る時はシンクの中で作業するのがおススメ。後は貯水容器を断熱容器に収めて、冷蔵庫で約20時間ほど凍らせれば完成です。

 

 

形状容器を開くと、中からダイヤモンド型の美しい氷が登場。手に持ってみたところ、氷越しでも反対の景色がわかるほど透き通っていました。

 

 

グラスに入れた時のオシャレさも抜群。お酒を飲むのも忘れて思わず魅入ってしまうほどの完成度です。“バー”で作ったかのような美しいルックスがなんともたまりませんね。

 

実際に使用している人からも、「想像以上のきれいさにびっくり!」「物凄いクオリティーなのに簡単に作れるのがいいね」など好評の声が続出。見惚れてしまうほどきれいな氷が作れる同商品で、とびきりの“オン・ザ・ロック”を堪能してみてください!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
専用のカバーが食材の飛散をガード! 均等な大きさに刻める「小ねぎハサミ」レビュー

靴に潜む細菌を徹底駆除! 紫外線の力で除菌する「PEDIC SPORT」レビュー

暮らしに役立つモバイルアクセサリーやガジェットツールを設計・製造するメーカー「KEE Utility」。同メーカーの「PEDIC SPORT」は、靴やバッグを悪臭から守る便利グッズです。臭いの原因となる細菌を簡単に駆除できるため、ネット上では「靴のメンテナンスがラクチン!」「置くだけで簡単に除菌できるよ」といった反響が。さっそく性能をチェックしたいと思います。

 

【関連記事】
専用のカバーが食材の飛散をガード! 均等な大きさに刻める「小ねぎハサミ」レビュー

 

●紫外線の力で細菌を駆除!「PEDIC SPORT」(KEE Utility)

ファッションスタイルに大きく影響を与えるスニーカーや革靴。お気に入りの靴を履いて出掛けるのが好きな私は、お手入れにも余念がありません。ところが先日洗ったばかりのスニーカーをチェックしてみたところ、鼻にまとわりつくようなイヤな匂いが……。急いで悪臭対策グッズを調べた結果、発見したのがロフトで販売中の「PEDIC SPORT」(4818円/税込)でした。

 

 

同商品は、紫外線の力で悪臭の原因となる細菌を駆除してくれます。本体の大きさは約47(幅)×55(奥行き)×155mm(高さ)とコンパクトなため、持ち運びにも便利です。充電式でUSB接続に対応しているのもポイント。ノートPCやモバイルバッテリーさえあれば、手軽に電源を確保できますよ。

 

 

それでは実際に使用してみましょう。電源をオンにするとライトが点灯し、スタンバイモードに移行しました。待機中の間に本体を靴の中へセットしたら準備は完了。後は約10分放置するだけで、中の細菌を駆除してくれます。水洗いや天日干しなどは必要なく、作業はかなりラクチン。これなら時間のない時でも、気軽にシューズをお手入れできますね。

 

 

ここまで簡単に細菌を取り除けるのは、ランプが放出する光に殺菌力の高い「UV-C 253.7nm」と呼ばれる紫外線が含まれているから。光が届く範囲なら隅々まで除菌できるので、カバンやヘルメットといった洗濯の難しいアイテムへの利用もおススメです。

 

実際に利用している人からは、「野球用グローブに使ってみたら汗臭さを感じなくなった!」「洗濯が難しいリュックも簡単に除菌できるね」など好評の声が相次いでいました。靴やカバンの除菌に役立つ「PEDIC SPORT」をぜひともお試しあれ。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ラップよりエコロジー!? 飲みかけのドリンクを守る「マグキャップ」レビュー

専用のカバーが食材の飛散をガード! 均等な大きさに刻める「小ねぎハサミ」レビュー

家庭用の包丁を中心に様々なキッチン用品を手がけるメーカー「下村工業」。同メーカーの「小ねぎハサミ」は、人気シリーズ“フルベジ”から登場したアイデアグッズです。まな板を使わずに細かく食材を刻めるため、料理好きの人からは「素早く簡単にカットできるから時短にも繋がるよ」「ねぎを均一の大きさに刻めるのがすごい!」といったコメントが。実際に使用して、使い勝手を確かめていきます。

 

【関連記事】
ラップよりエコロジー!? 飲みかけのドリンクを守る「マグキャップ」レビュー

 

●食材を簡単に均等の大きさにカット!「小ねぎハサミ」(下村工業)

お好み焼きやお豆腐の薬味としても重宝する“小ねぎ”。料理を彩るには欠かせない食材なのですが、細かく刻むのが意外と面倒なんですよね。特に時間がない時だと、焦ってカットするせいで大きさが不揃いになってしまうことも。そこで今回は、ロフトで発見したキッチン用品「小ねぎハサミ」(968円/税込)をご紹介。食材を均一の大きさに刻める便利アイテムです。

 

本体の大きさは約170(高さ)×78(幅)×11mm(厚さ)ほど。ハサミの刃には専用のカバーが取りつけられています。カバーと刃の間におよそ5mmくらいの隙間が空いており、食材を簡単に同じ長さでカットできるのがポイント。ねぎ以外にも、きざみのりなどのカットに役立ちますよ。

 

 

それではさっそく同商品を使ってねぎを切ってみましょう。包丁を手がけるメーカーのハサミだけあって、その切れ味は抜群。チョキチョキと軽快な音を鳴らしながら、次々とねぎを刻むことができました。ハサミのカバーが落下ポイントを絞ってくれるため、ねぎが飛び散らないのもGOOD。ピンポイントに食材を切り落とせるおかげで、料理の上で直接ねぎをカットできるのがありがたいですね。

 

カバーをハサミから取り外すと、そのままキッチンバサミとして利用可能。切れ味の鋭いハサミなので、たこやバラ肉といった様々な食材をカットできます。

 

同商品を愛用している人からは、「食材を料理の上で切れるからまな板いらずだよ!」「切れ味も抜群でお肉のカットがラクチンです」など好評の声が続出。食材のカットをサポートするキッチンバサミで、快適なクッキングライフを送ってみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
3秒振ると表面の温度が変わる! 夏も冬も使える「ON℃ZONE ふるふるボトル 360ml」レビュー

区切られた文字盤で目標達成率UP!? シックなデザインの「fun pun clock with color! for table イエロー」レビュー

デザインクロックを中心に多様なライフスタイルアイテムを製造しているデザインメーカー「タカタレムノス」。同社が手掛けた「fun pun clock with color! for table イエロー」は、15分ごとに文字盤の色が違う置き時計です。ネット上では「パっと見で時間の区切りがわかりやすくていいね」「文字盤がカラフルでかわいい!」と好評の声が続出中。果たしてどのような使い心地なのでしょうか。

 

【関連記事】
時短レシピの強い味方が登場! 汁物の調理におススメなシリコンスチーマー「グラン ラウンドM」レビュー

 

●目標が達成しやすくなる「fun pun clock with color! for table イエロー」(タカタレムノス)

仕事や作業の効率を上げるために欠かせない時間把握。とはいえ、いちいちアラームをかけたりするのは余計な手間が増えて面倒ですよね。そんな時にロフトで見つけたのが「fun pun clock with color! for table イエロー」(4400円/税込)。特徴的な文字盤デザインの置き時計をさっそく購入してみました。

 

一般的な時計と同じ丸い形の本体は、150(幅)×62(奥行)×161mm(高さ)ほどの大きさ。メインの文字盤には濃い黄色と薄い黄色が、15分おきに並んでいます。15分1コマで目標設定ができるため、1時間で作業を考えるよりも明確な計画を立てられるように。なかなか上手く時間を使えない人にぴったりの商品です。

 

 

機能性だけでなく、こだわり抜かれたシックなデザインもポイントの1つ。文字盤のカラーにはインテリアペイントメーカーと協力して作った独自の色が使われています。落ち着いた配色は空間によく馴染み、悪目立ちしません。

 

足元の付属パーツを取り外せば、壁時計としても使用OK。フックに引っ掛けることができる作りなので簡単に飾れますよ。色分けされた文字盤は時間の区切りがわかりやすく、高い位置に飾っても正確な時間把握が可能です。

 

 

実際に購入した人からは、「15分ごとに細かく目標を設定したら作業効率が上がった!」「デザインもおしゃれだし、時間が見やすくて気に入ってます」と大反響。「fun pun clock with color! for table イエロー」で作業効率を上げて、時間を上手く活用してみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
“マリオファン”の宿敵がペーパーホルダーに! 噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」レビュー

時短レシピの強い味方が登場! 汁物の調理におススメなシリコンスチーマー「グラン ラウンドM」レビュー

フランスの工業技術を用いた調理器具を取り扱う専門ショップ「メトレ フランセ」。同ショップが販売する「グラン ラウンドM」は、抜群の強度を誇るシリコンスチーマーです。一般的なシリコンスチーマーと比べて型崩れしにくいため、ネット上では「容器が変形しないのがありがたい!」「平らに畳めるから収納もラクチンだね」といったコメントが。気になる性能をチェックしていきたいと思います。

 

【関連記事】
“マリオファン”の宿敵がペーパーホルダーに! 噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」レビュー

 

●スチール製フレームが容器の形状をキープ!「グラン ラウンドM」(メトレ フランセ)

電子レンジで野菜やスープを調理する時に便利な“シリコンスチーマー”。料理の時短アイテムとして活用している人も多いのでは? しかしボディの柔らかいシリコンスチーマーは、容器の形状が変形しやすく中身をこぼしてしまうこともしばしば。そこで今回は、ロフトで購入できる「グラン ラウンドM」(2750円/税込)をピックアップしてみました。

 

同商品はスチール製の骨組みが内蔵された鍋型のシリコンスチーマーです。容量は約1140mlと大きく、1度に2~3人分の調理が可能。鍋のフチを上から押し込むと平らに折り畳めるため、収納スペースにも困りません。さっそく使い心地をチェックしてみましょう。

 

 

試しに野菜入りのスープを入れて電子レンジで加熱していきます。多くのシリコン製スチーマーは液体を入れると重さでたるんでしまうのですが、同商品は鍋の形状をしっかりとキープ。スープをこぼすことなく、快適に調理できました。

 

 

シリコンゴムで作られた本体はオーブンでの調理にも対応しており、ケーキなどのお菓子作りにも便利。シンプルながらもスタイリッシュなデザインなので、そのまま食器としても利用できますよ。

 

実際に利用している人からは、「安定感のあるスチーマーだから汁物でも安心して調理できる」「コンパクトに畳めるおかげで収納もラクチンです」など好評の声が続出。安定した形状で食材を調理できる「グラン ラウンドM」を、ぜひとも試してみてくださいね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
マグカップがお弁当箱に!? 丼ものやサラダランチをおしゃれに持ち運べる「マグランチ」レビュー

“マリオファン”の宿敵がペーパーホルダーに! 噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」レビュー

ゲームソフトやトレーディングカード、玩具などを取り扱う“任天堂販売”。同社から販売されている「ロールペーパーホルダー(キラー)」は、商品名の通り“キラー”の形をしたペーパーホルダーです。ネット上では、「キラーの顔がとってもかっこいい!」「マリオ好きなら絶対に欲しくなるアイテムだね」といった声が続出中。使い心地を確かめるべく、実際にレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
マグカップがお弁当箱に!? 丼ものやサラダランチをおしゃれに持ち運べる「マグランチ」レビュー

 

●噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」(任天堂販売)

大人気ゲーム“スーパーマリオ”の敵キャラクターといえば、ミサイルの形をした“キラー”。ゲームプレイ時には私も苦しめられましたが、マリオファンの中で絶大な人気を得ているキャラクターでもありますよね。先日ネットサーフィンをしていると、可愛らしい“キラーグッズ”をロフトの公式サイトで発見。そこで今回は、「ロールペーパーホルダー(キラー)」(3080円/税込)をピックアップしました。

 

キラーの中にロールペーパーを収納できる同商品。大きさは約230(縦)×200(横)×150mm(厚さ)ほどで、本体の重量はおよそ140gです。生地はポリエステルやポリウレタンが使用されており、ぬいぐるみのような手触り。あまりの可愛さに、思わず握りしめたくなりますよ。

 

それでは、キラーの中にロールペーパーを収納していきましょう。まずはチャックを開けて、中にペーパーをセット。あとは底面の“噴射口”からペーパーを出せば、ホルダーとして使用することが可能です。キラーの噴射口から紙が飛び出している様子は、まるで煙を噴き出しているようでした。またケースには“取っ手”がついているため、フックや車の“ヘッドレスト”に吊るすのもおススメ。

 

 

 

実際に購入した人からは、「キラーのペーパーホルダーがロフトで売っているとは…。見つけた瞬間、グッと心を掴まれた」「煙のように噴射させる紙がとってもユニーク!」と大絶賛されています。

 

“マリオファン”はもちろん、可愛らしいペーパーホルダーを探している人にもピッタリな同商品。ロフトに足を運んだ際は、ぜひ探してみてくださいね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ティーポットとタンブラーが1つに! お茶の濃さを自在に調節できる「TWISTEA PLUS」レビュー

“マリオファン”の宿敵がペーパーホルダーに! 噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」レビュー

ゲームソフトやトレーディングカード、玩具などを取り扱う“任天堂販売”。同社から販売されている「ロールペーパーホルダー(キラー)」は、商品名の通り“キラー”の形をしたペーパーホルダーです。ネット上では、「キラーの顔がとってもかっこいい!」「マリオ好きなら絶対に欲しくなるアイテムだね」といった声が続出中。使い心地を確かめるべく、実際にレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
マグカップがお弁当箱に!? 丼ものやサラダランチをおしゃれに持ち運べる「マグランチ」レビュー

 

●噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」(任天堂販売)

大人気ゲーム“スーパーマリオ”の敵キャラクターといえば、ミサイルの形をした“キラー”。ゲームプレイ時には私も苦しめられましたが、マリオファンの中で絶大な人気を得ているキャラクターでもありますよね。先日ネットサーフィンをしていると、可愛らしい“キラーグッズ”をロフトの公式サイトで発見。そこで今回は、「ロールペーパーホルダー(キラー)」(3080円/税込)をピックアップしました。

 

キラーの中にロールペーパーを収納できる同商品。大きさは約230(縦)×200(横)×150mm(厚さ)ほどで、本体の重量はおよそ140gです。生地はポリエステルやポリウレタンが使用されており、ぬいぐるみのような手触り。あまりの可愛さに、思わず握りしめたくなりますよ。

 

それでは、キラーの中にロールペーパーを収納していきましょう。まずはチャックを開けて、中にペーパーをセット。あとは底面の“噴射口”からペーパーを出せば、ホルダーとして使用することが可能です。キラーの噴射口から紙が飛び出している様子は、まるで煙を噴き出しているようでした。またケースには“取っ手”がついているため、フックや車の“ヘッドレスト”に吊るすのもおススメ。

 

 

 

実際に購入した人からは、「キラーのペーパーホルダーがロフトで売っているとは…。見つけた瞬間、グッと心を掴まれた」「煙のように噴射させる紙がとってもユニーク!」と大絶賛されています。

 

“マリオファン”はもちろん、可愛らしいペーパーホルダーを探している人にもピッタリな同商品。ロフトに足を運んだ際は、ぜひ探してみてくださいね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ティーポットとタンブラーが1つに! お茶の濃さを自在に調節できる「TWISTEA PLUS」レビュー

“マリオファン”の宿敵がペーパーホルダーに! 噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」レビュー

ゲームソフトやトレーディングカード、玩具などを取り扱う“任天堂販売”。同社から販売されている「ロールペーパーホルダー(キラー)」は、商品名の通り“キラー”の形をしたペーパーホルダーです。ネット上では、「キラーの顔がとってもかっこいい!」「マリオ好きなら絶対に欲しくなるアイテムだね」といった声が続出中。使い心地を確かめるべく、実際にレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
マグカップがお弁当箱に!? 丼ものやサラダランチをおしゃれに持ち運べる「マグランチ」レビュー

 

●噴射口から紙が飛び出す「ロールペーパーホルダー(キラー)」(任天堂販売)

大人気ゲーム“スーパーマリオ”の敵キャラクターといえば、ミサイルの形をした“キラー”。ゲームプレイ時には私も苦しめられましたが、マリオファンの中で絶大な人気を得ているキャラクターでもありますよね。先日ネットサーフィンをしていると、可愛らしい“キラーグッズ”をロフトの公式サイトで発見。そこで今回は、「ロールペーパーホルダー(キラー)」(3080円/税込)をピックアップしました。

 

キラーの中にロールペーパーを収納できる同商品。大きさは約230(縦)×200(横)×150mm(厚さ)ほどで、本体の重量はおよそ140gです。生地はポリエステルやポリウレタンが使用されており、ぬいぐるみのような手触り。あまりの可愛さに、思わず握りしめたくなりますよ。

 

それでは、キラーの中にロールペーパーを収納していきましょう。まずはチャックを開けて、中にペーパーをセット。あとは底面の“噴射口”からペーパーを出せば、ホルダーとして使用することが可能です。キラーの噴射口から紙が飛び出している様子は、まるで煙を噴き出しているようでした。またケースには“取っ手”がついているため、フックや車の“ヘッドレスト”に吊るすのもおススメ。

 

 

 

実際に購入した人からは、「キラーのペーパーホルダーがロフトで売っているとは…。見つけた瞬間、グッと心を掴まれた」「煙のように噴射させる紙がとってもユニーク!」と大絶賛されています。

 

“マリオファン”はもちろん、可愛らしいペーパーホルダーを探している人にもピッタリな同商品。ロフトに足を運んだ際は、ぜひ探してみてくださいね。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
ティーポットとタンブラーが1つに! お茶の濃さを自在に調節できる「TWISTEA PLUS」レビュー

マグカップがお弁当箱に!? 丼ものやサラダランチをおしゃれに持ち運べる「マグランチ」レビュー

ランチをお弁当にすると、食費の節約や栄養管理ができてとても便利ですよね。しかし長く続けるうちに、だんだんおかずのレパートリーがマンネリになってしまうことも。そこで今回は、丼ものや麺類を持ち運べる「マグランチ」をご紹介します。ネット上でも、「丸いカップ型がすごくおしゃれ」「取っ手がついていると食べやすくていいね」と注目を集めている同商品。どんな工夫が凝らされているのか、さっそくレビューしていきましょう!

 

【関連記事】
ティーポットとタンブラーが1つに! お茶の濃さを自在に調節できる「TWISTEA PLUS」レビュー

 

●マグカップのようなデザインの「マグランチ」(正和)

私はおかずとご飯を1度に食べられる丼ものが好きなのですが、お弁当にするのはなかなか大変。持ち歩いているうちに混ざってしまい、食べる時の見栄えが悪くなる点が特に気になります。しかしロフトのオリジナル商品「マグランチ」(2090円/税込)なら、食べる直前まで具材とご飯を別にしておくことが可能に。マグカップのように取っ手がついたデザインの、おしゃれなお弁当箱です。

 

フタを閉めた状態だと、24(幅)×10(奥行)×11cm(高さ)ほどの大きさ。クリアタイプのフタを開ければ、浅めの中段ボックスと深いマグ部分に分けられます。ボックスが2つに分かれているので、親子丼や牛丼などの具材を入れる際に便利ですね。

 

中段には245mlの容量があり、おかずを入れるのにぴったり。マグ部分の大きさも320mlほどで、軽いランチなら十分なサイズでした。全体的に丸いフォルムですが、マグ部分に取っ手がついているため持ちやすさは抜群。ピクニックなど屋外で食べる時にも安心ですね。丼もの以外に、サラダランチや麺類を入れてもOK。ご飯をたくさん詰めたい場合、中段を抜いても使えますよ。

 

中段のフタ以外は電子レンジに対応しているため、牛丼や親子丼のようなメニューもホカホカの状態で食べられるように。ただし密閉容器ではないので、水気が多いおかずを入れたら横に倒さないように気をつけて下さい。

 

購入した人からは、「凝ったお弁当箱なのにシンプルなデザインなのが素敵」「丈夫な作りだから安心して持ち運べます」「安定した形でバッグの中でも転ばない。いろいろな料理に使えるね」といった声が。「マグランチ」で好きなメニューをお弁当にしてみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

【関連記事】
イライラする“フタのめくれ”問題を解消する「カップめんウエイト&コースター」レビュー

ティーポットとタンブラーが1つに! お茶の濃さを自在に調節できる「TWISTEA PLUS」レビュー

ワッフルメーカーやオーブンなど、様々なキッチングッズを手がけるブランド「Vitantonio」。同ブランドの「TWISTEA PLUS」は、ティーポットとタンブラーが1つになった便利アイテムです。手軽に茶葉を抽出できるため、ネット上では「どこでも淹れたての紅茶を味わえるのが嬉しい」「お茶の濃さまで調節できて便利」などの反響が。実際に使用して使い勝手をチェックしたいと思います。

 

【関連記事】
イライラする“フタのめくれ”問題を解消する「カップめんウエイト&コースター」レビュー

 

●ポットとタンブラーの機能がひとつに!「TWISTEA PLUS」(Vitantonio)

先日茶葉を使ってジャスミンティーを淹れた時に、濃さの調節に失敗して渋みの強いお茶を作ってしまった私。ティーポットを使って好みの濃さを実現するのって、意外と難しいんですよね。そこで今回は、ロフトで発見した「TWISTEA PLUS」(2860円/税込)をご紹介。手軽に茶葉の抽出ができるティーポットです。

 

ポットの大きさはおよそ67(幅)×67(奥行き)×215㎜(高さ)ほど。本体は茶葉を入れるフィルター部分と、お茶を入れるボトル部分に分かれています。ボトルが二重構造になっているおかげで、握っていても熱を感じにくいのがポイント。結露の発生を防いでくれるため、デスクでの利用にもおススメですよ。

 

 

それでは実際にお茶を入れて実力をチェックしてみましょう。まずはフィルターに適量の茶葉を投入。続いて容器の上下をひっくり返して、飲み口からお湯を注いでいきます。するとフィルター内の茶葉とお湯が混ざり、じわじわとお茶の抽出が始まりました。容器が透明なので、ゆっくりとお湯の色合いが変化していく様子を楽しめます。

 

 

お茶が好みの濃さになったらボトルをひねってフィルターの弁をロック。茶葉とお茶がセパレートされ、抽出濃度を一定の状態に保てます。お茶を淹れるのが不慣れな私でも、簡単に好みの濃さに仕上げることができました!

 

 

同商品を購入した人からは、「ティーポットだとお茶の濃さが変化しちゃうけど、これならお気に入りの濃さを簡単にキープできるね」「茶葉もセットで持ち歩けるから、職場のお湯を使って2煎目を堪能できるのも嬉しい!」といった声が続出。便利なだけでなく作る工程までも楽しめる「TWISTEA PLUS」で、ステキなティータイムを過ごしてみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

【関連記事】
イヤホンを手首に装着! AirPods専用リストバンド「elago Wrist Fit for AirPods」レビュー