【28日未明は皆既月食】「ブラッドムーン」で地球が滅亡されても困るよ! いつか見たい「月の七変化」まとめ

7月28日未明、今年2度目の皆既月食が起こります。まるで血に染まったように、月が赤黒く輝く皆既月食は「ブラッドムーン」と呼ばれ、不思議なエネルギーに満ちています(一部ではブラッドムーンは地球滅亡のサインだと言われていますが)。

 

さらに「ブルームーン」、「ストロベリームーン」など、月は実にさまざまなな変化を見せ、それぞれに魅惑的な名前がつけられています。そこで、本稿では月が見せる七変化についてまとめてご紹介しましょう。

 

ブラッドムーン:月が赤く染まる「皆既月食」

クレジット:国立天文台

 

月が赤色に染まるのが、皆既月食。皆既月食とは、太陽と地球、月が一直線上に並び、月が地球の影のなかにすっぽりと隠れることを言います。

 

月が地球の影にかかり始める(部分食と言う)と、月の一部が欠けて見えるようになります。月が完全に地球の影に隠れると、月が真っ黒に見えるわけではなく、赤色に見えます。これが「ブラッドムーン(血の色の月)」と呼ばれる理由。太陽から照らされる光のうち、波長の短い青い光は空気の分子によって散乱されるのに対して、波長の長い赤い光は散乱されにくく、大気を通過することができるため、月が赤く見えてくるのです。

 

スーパームーン:月が地球に接近

クレジット:国立天文台

 

「スーパー」とつくと、何やらスゴイ月のように感じますが、「スーパームーン」とは天文学の正式な用語ではありません。そのためはっきりとした定義はないのですが、一般には地球に接近して大きく見える満月のことを言います。

 

月は地球のまわりを公転していますが、軌道が楕円形をしているため、地球と月の距離は一定ではありません。だから、同じ満月でも時によって大きさは異なるのです。地球に一番近い満月は、一番遠い満月に比べて、30%も明るく見えると言われています。

 

2018年、月が一番大きく見えるのは1月2日で、一番小さいのは7月28日です。

 

ブルームーン:月に2度満月が訪れる

クレジット:NASA

 

満月から次の満月まで、平均で約29.5日の間隔があります。だから満月になるのは、ひと月に1度のペース。でも、月に2度満月になるときもあり、その2度目の満月を「ブルームーン」と呼びます。ブルームーンは天文用語ではなく、珍しい出来事を表す慣用句として使われていることが多いようです。

スーパーブルーブラッドムーン:3つの現象が重なる!?

クレジット:NASA

 

月が地球に近くなる「スーパームーン」と、ひと月に2度満月になる「ブルームーン」、さらに皆既月食「ブラッドムーン」の3つが同時に起こるのが、「スーパーブルーブラッドムーン」。名前のインパクトにも負けない希少な出来事で、2018年1月31日にこの現象が35年ぶりに起きています。

 

ストロベリームーン:赤みがかった6月の満月

クレジット:NASA

 

名前のとおり、イチゴのように赤みがかった満月を「ストロベリームーン」と呼びます。北米大陸の先住民がこう呼んだのが始まりとのこと。

 

太陽は夏になると空の高い位置に昇り、冬になると低くなりますが、これと同じように月の高度も季節によって異なり、夏は低く、冬は高くなります。高度が低い月は、大気の影響で赤みがかかって見えるため、ちょうど6月頃の満月が特に赤く染まり、ストロベリームーンという現象が見られるのです。ちなみに、高度が低いと月が赤く見えるのは、水平線近くの朝日や夕日が赤く見えるのと同じ理由です。

 

7月28日の皆既月食は、午前4時30分頃から始まります。次の皆既月食は2021年。真っ黒な夜空に赤黒く光る様子は、天体ファンではなくても見てみる価値はあります。台風が心配ですが、天候によってはぜひ夜空を見上げて、月へのロマンを感じてはいかがでしょう?

テスラ青山で宇宙ドライビング気分を!( 2/12まで)

アメリカ時間の2月6日午後(日本時間7日未明)、米スペースX社のロケット「ファルコンヘビー」によって、テスラの最初となる市販EV、初代テスラ・ロードスターが火星に向かって旅立った。このテスラ・ロードスターは、打ち上げから6時間ほど飛行したのち、地球と火星の公転軌道を遷移する楕円軌道に向かい、半永久的に太陽を周回。スペース・ドライビングのBGMは、デビッド・ボウイの「 Life on Mars? 」。テスラ・ロードスターは宇宙空間でドライブされる史上初のクルマとなった。

 

20180209_hayashi_LV_05

 

 

初代テスラ・ロードスターは、2008年に発売され(日本は2010年) 世界限定2500台を生産、2012年に販売を終了した。化石燃料依存の社会から、再生可能エネルギー主導の社会への移行を加速するために創業されたテスラは、このロードスターで、ガソリンをイチバン消費しているスポーツカーオーナーから電気自動車に対する認識を変えようとした。その後、同社はスポーツカー並みのパフォーマンスを実現したセダンの「モデルS」とSUVの「モデルX」、さらにアメリカでは「モデル3」を市場に送り出し、その役目を終えた初代ロードスターは火星へ。同社では2020年以降には新しいテスラ・ロードスターを販売開始の予定で現在予約を受付中である。

 

20180209_hayashi_LV_06

 

20180209_hayashi_LV_07

 

なお、火星をドライブをするテスラ・ロードスターのドライバー気分を日本の地上の皆さんにも少し楽しんでいただくべく、2月12日(月祝)まで、テスラ青山 (東京都港区南青山2-23-8)に初代ロードスターを展示している。

 

テスラモーターズ ジャパン=0120-982-428/japan@tesla.com

 

 

「火星で最初のビールになる!」と意気込むバドワイザー。ビールの“宇宙味”は生まれるか?

アポロ13号の月面着陸――。当時はまだ生まれていなかった人でも、その写真や映像はどこかで見たことがあるはず。歴史的な瞬間を捉えた写真は、世界中の人々の記憶に刻まれるものです。そんな作品を生み出すのは並大抵のことではありませんが、別の方向から宇宙開発の歴史に名を刻もうとしている企業があります。バドワイザーで有名なアメリカ大手ビールメーカーのアンハイザー・ブッシュ社は、「火星に人類が到着した時にバドワイザーを飲んで祝ってもらう」という目標に向かって宇宙空間でのビール醸造法研究に投資しているのです。

 

長い間、人類は火星探査を行っています。NASAは2030年までに有人探査に向けて人間を火星に着陸させる計画を進行中。2030年といったら13年後。13年前の自分が「2017年なんてまだまだ先」と考えたことを想像していただくと、「うーん意外とスグだな」と驚いてしまいませんか。

 

この計画は今年3月に発表されていましたが、ビールの原材料である水やホップなどを火星で確保・管理することは難しいとされています。そこで、バドワイザーは12月4日にSpaceXの宇宙船で国際宇宙ステーションに大麦の種を送り込み、無重力・微重力環境において発芽するのか、どのような速度で成長するのかといった実験を行いました。バドワイザーの公式リリースによると、バドワイザーに使われる大麦は地球上であれば発芽してから2週間ほどで約15センチほどに成長するとのこと。しかし火星は太陽光が地球よりも少ないので、これが種の育成を難しくするかもしれません。

20171205_kubo04

また、国際宇宙ステーションで30日間保存された種が無重力空間からどういう影響を受けるのかについても観測されるとのこと。美味しいビールを醸造するためには大麦から始まるということですが、こちらの実験結果はビール製造だけでなく、宇宙空間での植物栽培についての基礎研究としても活用されます。

 

風邪のときに何を食べても味がしないのと同じ

20171205_kubo02

宇宙飛行士が火星でバドワイザーを飲む。確かにこの映像が実現すれば、バドワイザーとしてもかなりのマーケティング効果が期待できそうですよね。しかし気になるのは「宇宙でビールを飲んで美味しいのか?」という点。米ワシントン・ポスト紙(Amazonが数年前に買収)は「重力がないと体液が下にとどまらないので鼻腔も詰まりがちになる。そうするとビールも味がしないだろう。風邪(で鼻がつまっている)のときに何を食べても味がしないのと同じだ」と指摘しています。これはちょっと残念。それにしても体液が下にとどまらないとは、どういう感覚なのでしょうね。

20171205_kubo01

他にも大気圧が低いため、炭酸の泡もシュワシュワっと上がってはこないだろうとのこと。缶を開けたときの「プシュッ!」という音もないわけですね。そう言われるとビールじゃなくて別の種類のアルコール飲料の方が良さそうな気がしてきます。米テクノロジー雑誌のWiredも「蒸留酒の方が良い」と指摘しています。

 

それでも、この計画にはワクワクしてきます。近年ではAmazonやSpaceXといったアメリカの民間企業が競って宇宙船を開発中。「火星で最初のビールになる!」とバドワイザーが名乗りを上げたことからも同国の精神が伺えますよね。他のビールメーカーが続くのか、そしてビールはどう進化するのか、要注目です。