甘酒には「米麹」と「酒粕」の2種類あるって、知ってました?

今年もインフルエンザが猛威をふるっているという。

 

寒い日が続いているし、いつかは私もかかるだろうと覚悟して暮らしているが、幸い、今のところ元気だ。毎日の生活は夜更かしも多く、健康的とは言えない。けれども、このままの調子が続くなら、インフルエンザにかからないまま春を迎えられそうだ。嬉しい。

48430157 - amazake, japanese rice drink

インフルエンザにかからなくなった理由は?

私は喉が弱く、子供の頃からよく風邪をひいた。生まれたとき心臓に問題があると言われたとかで、両親は真綿でくるむように大事に大事に育ててくれた。小学校に入学してからもあまり丈夫とはいえず、インフルエンザにもしょっちゅうかかった。落第寸前の登校日数だった。面目ない。

 

大人になってからも、風邪ばかりひいていた。インフルエンザのあと食欲がもどらず、10キロほどやせたこともある。ところが、最近はインフルエンザはもちろんのこと、風邪さえあまりひかない。

 

「何か特別なサプリメントとかあるの? タフだよね~~」と、言われたこともある。

 

しかし、特に何もしていない。本当だ。

 

甘酒のおかげ?

一つ思い当たるのは、頻繁に甘酒を飲むことくらいだ。神戸は酒どころなので、地元の方から酒粕をいただく。最初は粕汁にしていたのだが、夫婦二人の暮らしである。そう何度も作るわけにもいかない。まして、夫は粕汁が好きではない。

 

そこで、酒粕を甘酒にして一人でがぶがぶ飲んでいる。ただ水に溶いて弱火で煮込むだけだから、毎日作っても苦にならない。有り難い。

 

 

甘酒には2種類あると知っていましたか?

好物といっていい甘酒なのに、その内容についてはよく知らない。ただ冷蔵庫に酒粕があるからせっせと飲んでいるだけだ。これではくださった方に申し訳ないと、『麹甘酒パワーレシピ』(石澤清美・著/学研プラス・刊)を読んでみた。そして、知った。甘酒には2種類あるということを…。

 

ひとつは、米(お粥)に麹を混ぜて保温し、米のでんぷんを糖化させたもの。酒と呼ばれてはいるもののアルコール分は入っていない。ふたつめは、酒粕を水や湯で溶きのばして、砂糖などで甘みをつけたもの。こちらはアルコール分が含まれていて、砂糖を加えていただく。

 

私は今まで酒粕から作るふたつめの甘酒のことしか知らなかった。

 

麹で作るひとつめの甘酒も、そんなに面倒な手順は必要ない。要領さえ覚えれば自宅で簡単に作れるという。アルコール分がないので、子供や高齢者にもいい。ドリンクとして飲むのはもちろんのこと、おかずやおやつにも活用できるという。酒粕がなくなったら試してみたいと思っている。まさにホームメイドの味がするのではないだろうか?

 

甘酒の効用

私はこれまで、ただ美味しいからという理由で甘酒を好んでいた。甘酒の効用など、たいして問題にしていなかった。たとえ身体に悪くても飲んだと思う。嗜好品とはそういうものだ。

 

けれども、『麹甘酒パワーレシピ』を読み、「甘酒がこれほど優れものだったとは!」と、びっくり仰天しているところだ。甘酒が即効性のあるエネルギー源だということも知らなかった。しかし、感じてはいた。甘酒を飲むと、元気をチャージされたような気持ちになるのだ。

 

私たちはご飯などから糖質を摂取している。それを体内で消化し、分解した後にブドウ糖として、それを小腸から吸収してエネルギー源とするという過程を経る。けれども、甘酒は麹の働きですでにブドウ糖になっているので、効率よく体内に吸収することができるのだそうだ。

 

なるほど~~。だからすぐに効き目を感じることができるのか!

 

甘酒は飲む点滴

他にも、甘酒には驚くべき力が秘められていることも知った。アミノ酸やビタミンB群、ミネラルなどの栄養が豊富で、吸収率も、な、なんと90パーセント以上。こんなサプリメントは他にはない。まさに日本が誇る優れた飲み物だといえよう。

 

甘酒が「飲む点滴」と言われるのも、こうした栄養価の高さと素早い吸収率ゆえだ。とくに暑い夏にはぴったりの飲み物で、夏バテを防ぐ栄養ドリンクとして他に代えがたい効能がある。私は今まで冬の間だけ甘酒を楽しんでいたが、今年は夏も飲んでみたい。

 

疲労回復に役立ち、便秘も予防し、肌を美しくする効用もあるという。ビタミンB群が豊富で、オリゴ糖も多く、美肌にきくビオチンというビタミンも含まれているからだ。それだけではない。腸内環境を整え、ダイエットのサポートにもなり、生活習慣病の予防にもなる。

 

おしいレシピが満載

『麹甘酒パワーレシピ』に掲載されているのは、手軽にできるドリンク類だけではない。リゾットや雑炊、肉料理の数々から、おやつにいたるまで、豊富なレシピが満載だ。私はほとんど知らない料理ばかり…。もったいないことをした。

 

早速、レシピにあった「甘酒ココナッツミルク汁粉」を作ってみた。レシピは以下の通り。
1)白玉粉50グラムに水大さじ3杯を少しずつ加え、なめらかにこね、小さくまるめて熱湯でゆでる。
2)小鍋にココナッツミルク150グラムと甘酒200グラムを入れて、混ぜながら温め、器に注ぎ入れて1の白玉団子を加える。

 

 

心も体もほっこりします

次は甘酒入りの卵焼きや豚肉の甘酒生姜焼きも作ってみたいと張り切っていたら、なんだか背中がぞくぞくする。ここのところ忙しかったので、風邪をひいたのだろうか? あわてて、甘酒にショウガをたっぷり入れて丼ごと飲んだ。効いたような気がする。気のせいだと言われればそれまでだが、病は気からとも言うではないか!

 

心と体をほっこりさせる甘酒レシピを活用して、毎日を幸福に、美味しく、そして健康に送りたい。

 

【著書紹介】

GKNB_BKB0000405916543_75_COVERl

 

麹甘酒パワーレシピ

著者:石澤清美
出版社:学研プラス

麹と米で作る昔ながらの甘酒は、美容や健康に有用な栄養が満載で、かつては夏バテ予防に飲まれていたほど。鍋で手軽に甘酒を作る方法や、手作り品、市販品を使って、毎日味わいたいドリンク・スムージー、甘酒効果でぐっとおいしくなる料理などを紹介する。

kindlleストアで詳しく見る
楽天Koboで詳しく見る
iBokksで詳しく見る
Bookbeyondで詳しく見る

常夏の島ハワイでも「甘酒」によるヘルシーライフが流行中!

日本で大ブームの甘酒ですが、じつはハワイでもじわじわとブームがきているようです。ホノルルマラソンでも甘酒?なんていう声も。改めて日本食のブームに驚く、ハワイからの最新レポートです。

20171227_hayashi_FT_01

 

 

日系移民から広がりだしたAMAZAKEブーム

20171227_hayashi_FT_02

 

日系移民の方々が多く暮らすハワイ。日本食文化は深く浸透しています。

今日本でブームとなっている「甘酒」。その原材料となる米麹は、アメリカでも「Koji(米麹)」として販売されています。
Miyako Oriental Foods Inc. 社製のCold Mountain Kojiは味噌や甘酒や漬け物用として使われていて、ハワイの日系スーパーでも売られています。最近は日本直輸入の乾燥麹もハワイで見かけるようになりました。お正月のために使われるようです。

 

20171227_hayashi_FT_03

 

甘酒が日本でブームとなっていることもあり、老舗酒造会社・八海山の乾燥米麹をお土産で手にしました。米麹からつくる甘酒は、アミラーゼという酵素によってでんぷんを糖化することで自然の甘みが出ます。疲れた体に優しくしみ渡るような感覚。絶妙な味わいに感動!

 

運動前後のお供にもAMAZAKE

20171227_hayashi_FT_04

 

ハワイでは週末になると多くの人がアクティブウエアを身にまとい、公園などで運動しています。そんな運動前後のケアとして、良質な睡眠と適切な栄養補給は欠かせません。毎年12月に開催されるホノルルマラソン。それに出場するランナーたちも、走る前と後の栄養面には気を配ります。
筋肉や骨をつくるタンパク質、エネルギー源となる炭水化物、生命維持に欠かせない酵素などを、日頃からバランスよく摂取しています。食事の合間にとる水分にも気をつけています。そんな中、ランニング後に飲む甘酒は疲労回復に役立つことでしょう。生姜など加えて風邪予防にも効果的です。

 

特に米麹からつくる甘酒は「腸」を整えてくれると言われているのだそう。ローカルランナーの間でも甘酒好きの人が多いです。地元の無調整豆乳で割って飲むのもおすすめです。こちらの感覚でいえば、ほかにもホットチョコレート甘酒、コーンポタージュ甘酒などなどアレンジできそう!

 

これからますますハワイにもこの甘酒ブームの波がやってきそうです!

 

 

*写真も本人によるもの

 

写真・文/飯島寛子、ホリ・コミュニケーション

 

注目度が右肩上がり!モデルや食のプロが愛飲する「甘酒」ランキング

飲む点滴と呼ばれ、美容や健康のため日常的にとり入れている人が増えている甘酒。最近ではどの甘酒を買えばいいのか迷ってしまうほど豊富な種類が売られていたりしますよね。美容やヘルスケア分野のプロたちはどの甘酒を飲んでいるのでしょう? 「プロが選ぶFYTTEダイエット&ヘルス大賞2017」の結果から、プロがおすすめする甘酒TOP3をチェックしてみましょう!

20171108_hayashi_FT_01

プロがおすすめする甘酒3アイテム

「プロが選ぶFYTTEダイエット&ヘルス大賞2017」は、全11部門のダイエットやヘルスケアに関するカテゴリごとに、愛用している、オススメの商品・サービスをFYTTEで記事の監修や、寄稿していただいている専門家、モデル、専門ライターおよびFYTTE編集部員など、総勢85名のプロへアンケート調査したランキング企画(*1)です。

 

今回は11部門の中から、腸活<甘酒>部門の上位3アイテムをご紹介します!

 

注目を集める甘酒界で、栄えある第1位に輝いたのは、

 

【第1位】有機玄米甘酒(ヤマト醤油味噌)

 

20171108_hayashi_FT_02↑栄養たっぷり!有機栽培の玄米と米麹を使用した「有機玄米甘酒」

 

一般的な酒蔵の清酒糀がつくる酵素は1種類なのに比べ、味噌屋の糀からつくられる酵素は100種類。酵素には老廃物を掃除したり、消化を助ける働きがあります。また、糀は消化・代謝を良くし、腸内環境を整えたり、玄米のたんぱく質を分解して必須アミノ酸やペプチドなど、美容成分をつくるのに優れています。酒粕・砂糖不使用、ノンアルコールの糀の甘酒は、ヘルシー志向な人にピッタリです!

 

愛飲しているプロたちは、「玄米甘酒のこっくりとした味わいが好きですが、丸ごといただく玄米だからこそ、無農薬(有機)でつくられたものを選びたいな、と。創業103年目とだけあって、麹の良さが、奥深く、まろやかな味を通じて伝わってきます! おいしく続けたい人にぜひおすすめです。朝ごはんの代わり、運動前後の栄養補給にも活用しています」(アスリートフード研究家 池田清子さん)

 

「飲む点滴とも言われるほど栄養たっぷりで、そのままはもちろん、豆乳で割ったり、ヨーグルトにかけたり、フルーツと和えたり…いろいろなとり方ができるので、飽きない」(モデル・ヨガインストラクター 中原歩さん)と、このように絶賛。甘酒選びに困っている人は、ぜひ一度お試しあれ!

有機玄米甘酒 300ml 134kcal(100gあたり) ¥680(税込)

 

 

そして第2位に選ばれたのは……

 

【第2位】ベジキッチン すっきり甘酒(シンシアガーデン)

20171108_hayashi_FT_03↑ころっとしたかわいらしい見た目の「ベジキッチン すっきり甘酒」

 

ベジキッチン すっきり甘酒は、甘酒を乳酸発酵した、すっきり味の麹発酵飲料。山梨県産の「梨北米」を使用し、南アルプス甲斐駒ケ岳から流れだす清流「尾白川」の天然水を使い、仕込んでいます。麹の甘味のみで仕上げた、後味さっぱりの植物性乳酸菌入りなのもうれしいですね。すっきりとした飲みごこちを求めている人におすすめ。

ベジキッチン すっきり甘酒 プレーン150g ¥278(税別)

 

 

続いて、第3位のアイテムはこちら!

 

【第3位】酒蔵仕込み 純米 糀甘酒(福光屋)

20171108_hayashi_FT_04↑栄養成分が豊富な、「酒蔵仕込み 純米 糀甘酒」

 

契約栽培米と酒蔵に湧き出る恵みの百年水だけで仕込んだ栄養満点の本格甘酒。ノンアルコールで、やさしい甘さが特長です。添加物(着色料・保存料)や砂糖、食塩は一切不使用。
温めても冷やしてもよいのはもちろん、袋ごと凍らせばシャーベット状の甘酒がたのしめるようです!

酒蔵仕込み 純米 糀甘酒 150g 70kcal(100g当たり)¥248(税込)

 

 

甘酒人気の今、スーパーの陳列棚にも数種類の甘酒が並ぶ光景もめずらしくはありません。何を選べばいいか迷った時には、プロたちおすすめの甘酒をぜひお試ししてみてはいかがでしょう!

 

 

 

(*1)[調査概要]
〇調査対象:FYTTEwebの記事監修を行う専門家、寄稿していただいている専門家、専門ライター、FYTTEで連載を持つタレント・モデル、FYTTE編集部員等、計85名
〇調査方法:上記の専門家にメールでアンケート用紙を送付、記入後メールで返信
〇調査期間:2017年6月25日~7月15日
〇調査内容:全11部門で「愛用している商品」を自由記述式で1位~3位までアンケート調査。回答の多かった順にランキングで発表。

 

 

文/FYTTE編集部